キャンプで作る!ラーメンアレンジレシピとおすすめクッカー【グピコズの初心者キャンプ術!#32】

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

アウトドア

>

キャンプで作る!ラーメンアレンジレシピとおすすめクッカー【グピコズの初心者キャンプ術!#32】

キャンプで作る!ラーメンアレンジレシピとおすすめクッカー【グピコズの初心者キャンプ術!#32】

  • LINE友だち追加

よしもと興業所属・グッピーこずえさんのYoutubeチャンネル『こずちゃんネル。』とmoovooのコラボ企画!毎週木曜日にアウトドアのコンテンツを配信します。
今回の動画は、キャンプ場で作る「キャンプラーメン」のアレンジレシピをグピコズさんが実際に調理しています。

記事では、チーズや缶詰を使って作る簡単レシピや、キャンプラーメン作りにぴったりのおすすめクッカーなどもご紹介しています。

こずちゃんネル。 アウトドアとか、旅とか、DIYしながら楽しくやってまーす。毎週月・木・金・土の19時に更新〜♪ チャンネル登録はこちらから!
moovoo LINE@ こずちゃんネル。のコラボ企画など、週2回程度でオススメ記事を配信しています。 友だち追加

手軽で美味しいキャンプラーメンが熱い!

蒙古タンメンとひき肉

日本人が大好きなラーメンは、キャンプ飯としても人気です。「手軽でウマい」という単純な理由で、特にソロキャンパーさん達のキャンプのお供として親しまれているのがキャンプラーメン

カップ麺にお湯を注ぐだけというのも手軽で良いですが、近ごろ流行っているのはひと手間加えたキャンプラーメンのアレンジレシピ。ちょっとの材料ででカップラーメンやインスタントラーメンがさらに激ウマなキャンプラーメンに変身しちゃうんです。

グピコズさんおすすめ!「蒙古タンメン中本で作る汁なし担々麺」

蒙古タンメン中本で作る汁なし担々麺

動画の中でグピコズさんが実際に調理していたキャンプラーメンは、ちょっと変わり種の「汁なし担々麺」。

カップラーメンがベースなので失敗して不味くなることもないし、キャンプ場で汁なし担々麺がいただけるなんてなんだかおしゃれですよね。辛いもの好きにはたまらない、「蒙古タンメン中本で作る汁なし担々麺」のレシピがこちら!

用意する食材

・蒙古タンメン中本(カップラーメン)
・豚ひき肉
・甜麺醤
・豆板醤
・練りごま
・白髪ねぎ
・かいわれ

ラーメンクッカーでお湯を沸かし、蒙古タンメンのカップに注ぐ

ラーメンクッカーで沸かしたお湯をカップ麺に注ぐグピコズさん

ラーメンクッカーの鍋でお湯を沸かし、蒙古タンメンのカップに注いで4分。

その後ザルなどを使ってラーメンの緬とスープに分けておきましょう。

豚ひき肉を炒め、蒙古タンメンに付属の調味オイルを加える

蒙古タンメンに付属の調味オイルを加えるグピコズさん

クッカーのフライパンを使って豚ひき肉を炒め、火が通って色が変わったら蒙古タンメン付属している調味オイル(辛味液)を加えます。

炒めながらさらに調味料を加える

蒙古タンメンに調味料を加えるグピコズさん

甜麺醤、豆板醤、練りごまを加え、さらに炒めます。

蒙古タンメンのスープを少し加え、煮詰める

蒙古タンメンを煮詰めているグピコズさん

焦げ付かないように蒙古タンメンのスープを少し加え、汁気が少し残るぐらいまで煮詰めます。

分けておいた緬に具材を乗せ、薬味を乗せたら完成!

蒙古タンメン中本で作る汁なし担々麺の仕上げをするグピコズさん

取り分けておいた蒙古タンメンの緬を器に乗せ、その上に炒めた具材、白髪ねぎ、かいわれを乗せたら完成です!

果たしてお味は…?

蒙古タンメン中本で作る汁なし担々緬を作り終えたグピコズさん

見た目は完全に汁なし担々麺。グピコズさんも、「普通にお店屋さんのやつみたい」とつぶやいています。

果たしてキャンプラーメンアレンジ、蒙古タンメン中本で作る汁なし担々麺のお味はいかがでしょうか?

蒙古タンメン中本で作る汁なし担々麺を食べるグピコズさん

「美味しい!これとご飯でイケるわ」と言いながらツルツルと平らげるグピコズさん。「レタスとか温玉とか足したらカリスマランチになりそう」と、大満足のお味でした。

思ったよりも辛くないそうなので、辛いもの好きの方は調味料を多めに入れても良いかもしれませんね。

ちなみに蒙古タンメンのスープの方は…

蒙古タンメン中本で作る汁なし担々緬のスープ

キャンプラーメンを作り終えた後、緬と取り分けたスープの方はもったいないのでそのままスープとしていただくことに。

簡単キャンプ飯なのにスープとラーメンの2品できるところもポイント高いですね。

キャンプラーメンのおすすめアレンジレシピ3選

ここからは、編集部おすすめのキャンプラーメン簡単アレンジレシピをご紹介します。

キャンプラーメンレシピ1 チーズキムチラーメン

キムチ

<用意する食材>
・チキンラーメン1袋
・とろけるスライスチーズ
・キムチ


<作り方>
① ラーメンクッカーでお湯を沸かす
② チキンラーメンを器に入れ、とろけるスライスチーズを乗せる
③ 上からお湯を注ぐ
④ ラーメンの緬が食べ頃になったらキムチを乗せて完成!


意外と辛みが少ないので、お子様にも好評なのだとか。

キャンプ場に行くのにチキンラーメンの袋緬を常備しているキャンパーさんは多いと思いますが、次からはぜひキムチとチーズも一緒に用意してはいかがでしょうか。簡単に激ウマキャンプラーメンが作れますよ。

キャンプラーメンレシピ2 味噌バターコーンラーメン

味噌バターコーンラーメン

<用意する食材>
・インスタントラーメン味噌味1袋
・コーン缶
・バター
・焼き豚、煮卵、ネギなど具材(コンビニにあるものでお好みで)


<作り方>
① ラーメンクッカーでお湯を沸かす
② インスタントラーメンとスープの素を入れる
③ ラーメンの緬が食べ頃になったらバターと具材を乗せて完成!


間違いなく美味しい、味噌ラーメンにバターと具材を加えたアイデア。

缶詰とコンビニの食材だけで味噌バターコーンラーメンがすぐできる、ぜひ試していただきたいキャンプラーメンレシピです。

キャンプラーメンレシピ3 チキン入りマルタイ棒ラーメン

鶏肉

<用意する食材>
・マルタイ棒ラーメン1袋
・鶏肉
・もやし


<作り方>
(仕込み) 前日のうちに鶏肉を一口大に切り、保存袋に入れて塩コショウでもんでおく
① ラーメンクッカーの鍋に鶏肉の皮を下にして入れ、こんがりするまで焼く
② 水を加えて煮る 
③ マルタイ棒ラーメンを入れる
④ スープの素を入れる
⑤ もやしを入れ、蓋をする
⑥ もやしが柔らかくなったら完成!


マルタイ棒ラーメンもキャンプラーメンとしては定番のアイテム。通常のインスタントラーメンと違い、短めのパスタのような形状なのでクッカーの大きさや形を選ばず調理することができるのが人気の理由です。

そのまま食べてももちろん美味しいですが、最初に鶏肉を焼くことで鶏の旨味がスープに広がり絶品キャンプラーメンができあがります。

キャンプラーメンのおすすめクッカー3選

キャンプ場でラーメンを作るならラーメンクッカーは欠かせません。

クッカーとは、アウトドア用の鍋類のこと。様々なサイズや形があり、素材は錆びないステンレス製やアルミ製が主流です。

そのなかでも、ラーメン用のクッカーはキャンプや登山でインスタントラーメンを調理することを想定して作られているので大変使いやすくて便利なんです。

キャプテンスタッグ ラーメンクッカー 570ml

□容量 約570ml
□製品サイズ 約105×150×75mm
□重量 約170g
□価格 ¥1,190


キャプテンスタッグはキャンプで人気のアウトドア専用金物メーカーです。国産商品にしては値段が安く、容量や大きさを含めて使い勝手が非常に良いので、初めてキャンプ用にラーメンクッカーを購入するという人には自信を持っておすすめできます。

キャプテンスタッグ 角型ラーメンクッカー 1.3L

□容量 約1.3L
□製品サイズ 約171×262×111mm
□重量 約305g
□価格 ¥2,336


こちらもキャプテンスタッグのラーメンクッカーですが、角型の利点はなんといっても四角いインスタントラーメンがそのまま入れられること。容量も丸型の倍以上なので、キャンプ場でたくさんのお湯を沸かしたい時にも重宝します。

つまみが木製なので熱が伝わりにくいことや、フタに湯切り穴がついていることなど、細かい工夫が効いていて痒い所に手が届くラーメンクッカーです。

ユニフレーム 山クッカー 角型3

□容量 1L/0.6L
□製品サイズ 約127×127×74.5mm/108×108×64mm/フライパン130×130×34mm
□重量 約204g/約139g/フライパン約106g
□価格 ¥6,900


人気キャンプ用品メーカーのユニフレームから発売しているラーメンクッカーの3点セット。アルミ加工なので焦げ付かず、サイズ違いの鍋と、フライパンが付いているのでラーメンと具材の同時調理にはぴったりです。

便利な分価格もそれなりにするので、本格的にキャンプラーメンデビューをしたい方向け。

まとめ

おすすめキャンプラーメンのアレンジレシピと、ラーメンクッカーをご紹介しました。

キャンプ飯は美味しくて手軽なのが一番ですが、キャンプラーメンならアレンジも無限大!こちらの記事と動画を参考に、ぜひオリジナルのキャンプラーメンに挑戦してみて下さいね。

Recommended

おすすめの動画


最新の記事はこちら