ブーム再来!おしゃれで使い勝手のいいCDラジカセ6選

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

家電

>

ブーム再来!おしゃれで使い勝手のいいCDラジカセ6選

ブーム再来!おしゃれで使い勝手のいいCDラジカセ6選

ママグロースハッカーズmami
2019-04-01
×

シェアする


人気再燃!おしゃれアイテムとしてのCDラジカセ

CDラジカセが今、若者の間で静かにブームを再燃させているのをご存知でしょうか?
CDラジカセといえば、かつては家庭に必ず一台はある生活に密着した家電のひとつでしたが、2010年ごろになるとCDが売れなくなり衰退傾向に。加えて、スマホの普及により様々な音楽の聴き方・楽しみ方が増え、世間からも徐々に姿を消してしまいました。
人気再燃のきっかけは人気アーティストによるカセットでの新譜リリースです。音も形もなんだか古臭い。だけどそこがなんだかクールでかっこいい。という様に、ファッション感覚でおしゃれアイテムの一つとしても浸透しつつあるのです。
今回はブーム再来中のCDラジカセの選び方と、機能や性能もよくデザイン性に優れた商品をご紹介します。

おしゃれさもこだわりたい!CDラジカセの選び方

機能・性能に優れているものや、デザイン性の高いおしゃれなタイプものなど、様々な種類のCDラジカセが販売されています。価格も数千円から数万円まで幅広く、一体何を基準に選んでいいのかわからない!という方も多いかもしれません。
予算内で購入するのはもちろん大切ですが、CDラジカセを購入する時にチェックしておきたいポイントや選び方のコツをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

Bluetooth搭載の商品も!まずは対応メディアをチェック

CDラジカセといえばその名の通りCD・ラジオ・カセットの基本機能が搭載された商品が一番シンプルなタイプのものになりますが、現在ではSDメモリーカードやUSBメモリを搭載している商品が数多く取り揃っています。ですから、CDラジカセで様々なメディアの音楽やラジオを聴きたい方は対応メディアを購入前に確認をする必要があります。
その他にも、最新メディアとカセットテープを併用し、録音したものをデジタルデータとして活用することができたり、 Bluetooth搭載でワイヤレス再生ができる商品など、搭載されている機能も多種多様です。どの様な対応メディアと機能が必要になるのかを明確にし、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

音質から選ぶ

CDラジカセの音質や音源は価格やメーカーによって様々で、どこまでこだわって選ぶかは、購入者の使用用途によって変わってきます。
手軽に音楽を聴いたり学習用に活用したいのであれば、聞きやすさにこだわって音質が比較的にクリアなタイプのものを選ぶといいでしょう。
コアな音質を求めるのであれば、いわゆる“ハイレゾ”音源対応のものや低音高音の調節機能付きの商品、そのほかにもグラフィックイコライザが表示される機能を搭載した商品も販売されています。自分が求める音質かどうか確認して購入したい場合は、実際に視聴させてもらえる店舗もあるので事前に問い合わせておくといいでしょう。

サイズ感も大切

家庭内のみで使用する場合も、持ち運びと兼用して使う場合も、サイズ感は購入する前にチェックしておきたい必須ポイントです。
販売されているサイズは大きなものから、軽量で便利なコンパクトタイプのものまで実に様々です。
リビングなど家族みんなで音楽やラジオを楽しみたいのであれば、大きいサイズで音量も幅広く調整できるものを。一人で音楽を楽しんだり、持ち運びをメインに考えるのであれば軽量でコンパクトなサイズのものがおすすめです。
また、 CDラジカセの設置場所や、使用人数、持ち運びをする必要があるかどうかをしっかりと決めた上で購入すると失敗がありません。

デザイン性の高いおしゃれなものを選ぶ

部屋においておくことの多いCDラジカセ。せっかくならインテリアとしても楽しめるおしゃれなタイプのものがいいですよね。
丸くてコロンとした可愛らしいフォルムの商品や、形や色がシックでクールなもの、壁にかけられる薄型タイプなど、デザインや利便性にこだわった商品がたくさん販売されています。
部屋に置かず持ち運び専用として購入する場合も、おしゃれなCDラジカセを持つことでファッションアイテムの一つとしても活用できるので、自分の好きなデザインの商品を購入することをおすすめします。
サイズ感を考慮しながら自宅のインテリアや自分のイメージにあったおしゃれなCDラジカセを選んでみてはいかがでしょうか。

デザイン性が高くおしゃれにこだわったおすすめCDラジカセ6選

CDラジカセの選び方がわかったところで、こちらでは機能性も抜群のおしゃれなCDラジカセ6選をご紹介します。

1.ソニー (SONY) CDラジオカセットレコーダー CFD-S401(ブルーグレー)

ソニー (SONY) CDラジオカセットレコーダー CFD-S401はモダンでおしゃれなデザインが目を引くCDラジカセです。取っ手付きと電池駆動で持ち運びに便利なうえ、バックモニター付きの大きな液晶大画面で夜の野外など、暗い場所でも安心して使うことができます。
また、本商品は音楽だけでなくラジオ好きの方にもおすすめです。
お気に入りのラジオの登録や、番組の予約録音機能を搭載しているので、いつも聴いているラジオ番組をうっかり聴きそびれてしまった!という事態を防ぐことができます。また、おやすみタイマー機能が付いているので、電源の切り忘れを心配することなくラジオを聴きながら眠りにつくことができます。
SDカードやUSBには対応していませんが、シンプルで使い勝手がいいのでメカが苦手な方や、純粋にCD・ラジオ・カセットを楽しみたい方にはもってこいの商品です。

ソニー (SONY) CDラジオカセットレコーダー CFD-S401(ブルーグレー)のスペック
対応メディア CD/MP3、カセットテープ
サイズ 約320×134×199mm
重さ 約2.8kg

SANSUI(サンスイ) Bluetooth搭載ラジカセ SCR-B2(レッド)

昭和の雰囲気漂うノスタルジックなデザインが特徴のSANSUI(サンスイ) Bluetooth搭載ラジカセ SCR-B2。
おしゃれなデザインに目がいきがちですが、SDカードやUSBメモリーでMP3再生ができる上、Bluetoothを接続すればスマホの音楽も手軽に楽しむことができるなど機能性に富んだCDラジカセです。また、豊富な機能を搭載していながら重さ1.2kgという軽さで持ち運びにも便利です。
SDカード/USBメモリーや、Bluetoothで接続した音楽をCDラジカセに録音することができるので、自分の持っているメディアを活用しながら幅広く音楽を楽しみたい人におすすめです。

SANSUI(サンスイ) Bluetooth搭載ラジカセ SCR-B2(レッド)のスペック
対応メディア CD/MP3、カセットテープ、SDカード/USBメモリー、Bluetooth対応
サイズ 約317×115×95mm(突起物含む)
重さ 約1.2kg

東芝 ラジカセ TY-CDK9(S) (シルバー)

東芝 ラジカセ TY-CDK9(S) (シルバー)はフロント部分が木目調のレトロなデザインで、インテリアとしても活用できるおしゃれさが魅力のCDラジカセ。
最大出力3W+3Wの高音質スピーカーを搭載しているので、広いスペースや野外でも活用することができます。コンパクトながら音量の幅も広く高音質なので、リビングなどで家族と音楽を共有して楽しむことができます。
また、エコーやマイク音量の調整、ボーカルダウン機能も搭載しており、カラオケ好きの方へのギフトとしてもおすすめです。

東芝 ラジカセ TY-CDK9(S) (シルバー)のスペック
対応メディア CD、カセットテープ
サイズ 約316x130x215mm
重さ 約2.2kg

コイズミ ラジカセ SDD-4337

コイズミ ラジカセ SDD-4337はメタリックな雰囲気とスリムなフォルムがとってもおしゃれ。薄さ53mmというスッキリとした形で置き型としても、壁に掛けても使用することができます。CDラジカセは欲しいけれど置き場所がない!という方におすすめの商品です。
MP3の再生が可能でCDやラジオの音源をSDカードやUSBメモリに録音できる機能もついており、デザイン性と機能性をバランスよく兼ね備えた商品といえるでしょう。

コイズミ ラジカセ SDD-4337のスペック
対応メディア CD/MP3、カセットテープ、SDカード/USBメモリー
サイズ 約326x142x53 mm
重さ 約1.2kg

ソニー(SONY)CDラジオ Bluetooth

Bluetooth機能搭載のソニー(SONY)CDラジオ Bluetoothは、丸いフォルムとシックな色合いのバランスが絶妙。シンプルながら、部屋に置いておくだけでおしゃれ感漂うCDラジカセです。
SDカードやUSBメモリに対応し、自分のメディアから音楽の再生や録音を楽しむことができます。そして、その再生方法にも特徴があります。
リピート再生やシャッフル再生のほか、自然な音程のまま速度を変えることができる再生速度調節(デジタルピッチコントロール)を搭載。そのほかにも、一定の秒数を巻き戻したり早送りしたりしながら再生できるイージーサーチの機能があり、音楽やラジオを楽しむだけではなく語学学習にも活用できるマルチ機能型のCDラジカセといえるでしょう。
小さな音源で迫力のある音を感じることができる低音増強機能MEGA BASSを搭載しているので、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY)CDラジオ Bluetooth
対応メディア CD/MP3、カセットテープ、SD/SDHC/microSD/microSDHC/USBメモリー、 Bluetooth対応
サイズ 約320×133×215mm
重さ 約2.7kg

パナソニック ポータブルCDラジカセ RX-D47-S(シルバー)

パナソニック ポータブルCDラジカセ RX-D47-S(シルバー)はスタンダードでありながら飽きのこないおしゃれなデザインで、どんなシーンでも活用できるシンプルさが魅力です。
マイク端子を搭載しているので、マイクを接続すれば音楽に合わせて自分の声を同時に録音することができ、お稽古やカラオケの練習にも便利です。
音質はHEAVY・CLEAR・SOFT・VOCALの4つのモードから選択可能。使用用途や音楽によってボタン一つで簡単に自分好みの音質に変換することができます。

パナソニック ポータブルCDラジカセ RX-D47-S(シルバー)
対応メディア CD、カセットテープ、 Bluetooth対応
サイズ 約408×148×271mm
重さ 約3.8kg

自分に必要な機能を知っておしゃれなCDラジカセをGETしよう!

CDラジカセは様々な機能を搭載したオールインワンタイプの音響機器なので、機能の後付けをすることは基本的に難しいです。だからこそ、自分が必要とする機能や使用用途をしっかりと把握してから購入することが大切なポイントになります。ブーム再来のCDラジカセ。本記事を参考に、ちょっとおしゃれで自分にぴったりの商品をGETしましょう。


※価格はいずれも2019年3月1日時点のものです


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!