moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

おすすめミニベロ10選!長所、短所を知り、お気に入りを見つけよう

moovoo編集部
2018-11-19
  • LINE友だち追加


車輪が小さく、女性にも乗りやすい。人気のかわいい自転車ミニベロ

自転車と共に立つ男性

フランス語で小さな自転車を意味するミニベロ。車輪が20インチ以下の自転車をミニベロと呼び、マウンテンバイクや折りたたみ自転車などもその1つです。車輪だけではなく、車体全体もコンパクトでかわいい印象のミニベロですが、車体がコンパクトであることは長所にも短所にもなります。実際の使用シーンにミニベロの長所が活かせるかどうかが、快適なサイクルライフのポイントです。この記事では、選び方のポイントとおすすめのミニベロを紹介します。

ミニベロ選びで気をつけたい4つのポイント

小さな自転車であるミニベロは、小型ゆえの弱点があります。しかし、ミニベロの中には製造時の工夫で弱点を目立たなくした製品もあります。利用シーンでミニベロが十分に活躍できるかを知ることが、大切なポイントになります。

通勤自転車に使うか、ロングライド用か、用途で選ぶミニベロ

ミニベロ選びでもっとも大切なのは、使用シーンを想定することです。車輪が小さなミニベロは、長距離走行には不向きです。また、路面の状態がサドルに伝わりやすいため、段差の多い道や凸凹の多い道では運転者の負担が大きくなります。このような短所を知った上で、どんなシーンで利用するのかを想像してみることが大切です。
比較的短距離の通勤やおでかけ用なら、上記のような短所もさほど気にならないでしょう。しかし、ロングライドも楽しみたい、悪路もどんどん走ってみたいのというのであれば、それに適したミニベロを選ぶ必要があります。ロングライドならロードバイク、悪路走行ならMTBバイクと呼ばれるタイプのミニベロから選ぶのがおすすめです。

変速ギアや電動アシストなど、必要なオプション機能を見極めよう

街乗り用だからといって、低い走行性能でもよいとは限りません。小径車は平地では楽にスタートができ、きびきびと走ることができますが、街中には意外にたくさんの起伏があります。ちょっとした丘のような長い坂道や橋も小径自転車であるミニベロには辛い道となります。
このような土地を走るなら、ぜひとも変速ギア搭載モデルを選んでおきたいところです。もっと長い坂道を登るなら、電動アシスト機能がついたミニベロがおすすめです。
ミニベロは、スタイリッシュでかわいい自転車と思い込まれがちですが、このように走行性能を高めたモデルも販売されています。

旅行のお供には輪行袋で持ち運べる折りたたみ式

旅行先の街並みを自転車で観光して周るのも楽しいことでしょう。ミニベロには折りたたみ可能なモデルもあるので、旅行先でのサイクリングにもおすすめです。折りたたんだミニベロは、輪行袋と呼ばれる専用の袋に入れれば、列車などの公共交通機関で持ち運ぶこともできます。
折りたたみ式のミニベロを選ぶ際は、フレームが丈夫で重量も軽めのものを選びましょう。旅行先でもより快適な乗り心地が楽しめる、変速折りたたみ自転車も販売されています。
折りたたみ式自転車は、輪行だけでなく普段の収納でも便利です。マンションなどでは、自転車置き場が狭くて使いづらいこともあります。折りたたみ式の自転車なら、室内に持ち込むことも容易です。愛車をより安全に保管することができます。

デザインと予算と相談しよう

ここまで紹介してきたミニベロ選びのポイントは、主に機能面に関することでした。ミニベロの特徴を紹介しながら、使用シーンに合わせた機能選びの例を挙げてきましたが、最終的に愛車選びではデザインが大きな比重を占めるケースも多いでしょう。ハンドルの形状やフレームのデザイン、色も大切な要素です。それに上記で挙げた様々な機能性を加味して、希望の愛車を選ぶことになるでしょう。しかし、高性能なモデルになると、かなり価格が高くなることもあります。さまざまな用途に対応した高い機能性を持つミニベロは、数万円からときには数十万円もすることがあります。価格の高いミニベロは確かに魅力的な機能を多く備えていますが、自身の使用目的も考慮してベストな製品を選びましょう。

おすすめミニベロ10選!コスパ重視から走りで魅せるタイプまで紹介

ミニベロと一言でいってもさまざまな特徴、個性があります。それらの中から人気の製品をその特徴や長所、注意点などとともに紹介していきます。

451タイヤで快適な走行性を誇る、ダホンSpeed Falco 20インチホイール 折りたたみ自転車

折りたたみ自転車専門のメーカー、ダホンの人気モデルです。3ステップで折りたためるダホンならではの優れた構造に加えて、451タイヤと8段変速を搭載した高い走行性は、スピードファルコの名の通りの快適な乗り心地を約束してくれます。
精悍なデザインは男性向けにも見えますが、マットブラック、ライムグリーン、フラッシュレッド、クールグレーの4色のカラーが用意されており、女性にも似合うスポーティーな1台です。

14インチの小径車輪を採用、軽量さに特化したダホン折りたたみ自転車K3

小径の車輪がミニベロの特徴ですが、14インチの車輪を採用した本製品は、車輪の小ささが一層際立ちます。見た目にもキュートなイメージが強く、街乗りでも注目を集めそうです。
一方で、車輪の小ささはフレームへの衝撃が大きくなる、走行性が犠牲になるというリスクも抱えることになります。しかし、K3はフレームへの負担を抑えるDeltecテクノロジーを採用。更に3段変速も搭載することで、快適な走行性を保ちつつ、本体重量7kgのコンパクトさを実現しました。
この軽さ、コンパクトさは折りたたみ自転車の理想のスタイルともいえそうです。

ユニークな車体デザインが魅力の折りたたみ自転車。ダホンCiao(チャオ)

大きく湾曲したフレームがかわいらしい印象を与えてくれます。その印象の通り、本製品は本格的なロードバイクではなく、街中でのちょっとした外出を想定した作りになっています。低床設計で乗り降りが容易、乗車姿勢もアップライトポジションになるので、自然にこぎやすい製品です。ただ、アップライトボジションは、長距離運行には向きません。20インチの車輪も406サイズを採用しており、あくまでも街乗りを目的として設計された折りたたみ自転車です。

5万以下でも十分な性能。SCHNEIZER(シュナイザー) ミニベロ

10万円以上するモデルも少なくないミニベロの中で、コストパフォーマンスに優れた製品を送り出しているメーカーがシュナイザーです。本製品も3万円台半ばほどで市販されています。だからといって、性能を犠牲にしてはいません。ボディにはアルミを使用し、9.9kgの軽量性を実現しました。さらに8段変速ギアも装備しており、高い走行性も備えています。
製品は70%組みでの状態で発送され、ハンドル、ペダル、フロントタイヤなどは購入者が自分で組み立てる必要があります。それによって、コストダウンを実現し、さらにユーザーが自分の体格に合わせて調整できるというメリットもあります。

泥はねをしっかり防ぐフルサイズの泥除けを装備。荷物運びに便利なDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 20インチ 小径車ROADYACHTシリーズ

コストパフォーマンスに優れた個性的なミニベロを多く手がけているドッペルギャンガー。その中でも個性的な製品がこのROADYACHT(ロードヨット)シリーズです。最大の特徴は、フレーム中央部に荷物置きスペースを作っていることです。自転車の荷物置きといえば、前ハンドル部分に設置されたカゴが定番ですが、重い荷物だとバランスを崩しやすくなることもあります。その点、中央に設けられた荷物置きスペースはバランスを崩すこともなく、快適に走ることができます。
荷物を泥はねから守るため、前輪にはフルサイズの泥除けを装備しています。

輪行袋とともに出かけたい、軽量コンパクトなパナソニックトレンクルB-PEHT423

パナソニックのトレンクルは、本体重量6.9kgで折りたためば中型のコインロッカーにも入るほどコンパクトになります。しかも、工具なしで折りたたむことができます。輪行袋にいれて、旅先に連れていくのにぴったりのミニベロです。
タイヤサイズは14インチとミニベロの中でも小径です。変速機は備えていますが、長距離をガンガン走るのにはあまり向いていません。長距離移動はおりたたんで公共交通機関を使い、旅先でサイクリングを楽しむのがおすすめのスタイルです。

バッテリーパック、サドル、グリップでデザインを合わせたおしゃれな電動自転車。DAYTONA PotteringBike20インチ電動折りたたみ自転車DE01

一見するとクラシカルな雰囲気を持ったおしゃれなミニベロですが、実は折りたたみも可能な電動自転車です。折りたたみ可能といっても、重量は16.8kgとやや重く、持ち運びにはあまり向いていません。ホイールは20インチの406タイプなので長距離走行は苦手ですが、いざという時の7段変速と電動アシストで、より快適な街乗りを提供してくれる自転車です。バッテリーのフル充電にかかる時間は4〜5時間、走行可能距離は50kmです。
電動自転車はデザインに重量感のあるものも多いのですが、本製品は見た目もスマートで電動自転車に見えないところも魅力的なポイントです。

大容量バッテリーとモトクロススタイルのスポーティーなデザインで颯爽と走る。パナソニックEZ(イーゼット) 20インチELZ032A

モトクロスタイプのアルミフレーム、悪路にも強い極太の20インチタイヤ、そして高いアシスト力を誇るタフパワーアシスト機能を装備した、スポーティーなクロスバイクスタイルのミニベロです。耐荷重10kgの荷台を備えた本製品ですが、荷物を積んだ際もタフパワーアシスト機能がしっかりと走行をアシストしてくれます。アシスト機能はパワー、オートマチック、エコの3段階に切り替え可能。走行条件に合わせて最適なモードを選ぶことで、適切なアシストをしてくれます。エコモードの場合の走行可能距離は、52kmにもなります。バッテリーの充電時間は約3時間ですが、容量80%までは急速充電が行われるので、急な使用にも対応できます。

専用箱に入れて簡単に運べるミニベロ、DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) HaKoVelo(ハコベロ)140

運びやすさにこだわった製品が、このHaKoVeloです。本製品は14インチタイヤを採用することで折りたたみサイズをコンパクトにし、スーツケースのような専用箱に収納可能にしました。専用箱のサイズは中型コインロッカーにも入る程度です。折りたたみも専用工具は不要、専用箱の裏面に折りたたみ方法が書いてあるので、外出先でも安心です。本体重量は8.5Kgなので、持ち運びの負担にもなりません。
また、走行性能にも工夫があります。14インチタイヤを採用した本製品ですが、後輪と前輪のギア比を調整することで、一漕ぎの走行距離を一般的な20インチ自転車の106%にまで伸ばしました。コンパクトでもしっかり走る、それがこのHaKoVeloの特徴です。

イタリアの老舗ロードバイクメーカーのミニベロ、おしゃれで速いGIOS(ジオス) FELUCA PISTA(フェルーカ ピスタ)

すっきりしたデザインで9.5Kgと軽量のミニベロです。イタリアの老舗メーカーの製品だけあって、乗り心地、耐久性に優れています。街乗りから、ロングライドまで楽しめる万能型のミニベロです。ボディカラーはブラック、シルバーの他に人気のジオスブルーも用意されています。
ただし、ドロップハンドルなので慣れないと少し怖いかもしれません。ドロップハンドルは、乗車姿勢が前傾になるため風の抵抗を受けにくく、ロングライドでもお尻が痛くなりません。高性能ながら10万円以下とコストパフォーマンスも高い逸品です。

ロード系、街乗り、サイクリングと幅広い楽しみ方ができるミニベロ選び

ミニベロでジャンプしているシルエット

10種のおすすめのミニベロを紹介しました。それぞれに個性があり、どれがよいのか迷ってしまうかもしれません。街乗りのイメージが強いミニベロですが、中長距離のサイクリングや旅先へ持ち運ぶ輪行などさまざまな楽しみ方があります。単なる外出時の足と考えずに、個性を比べながらミニベロを選ぶことが新たな人生の楽しみのきっかけになるかもしれませんね。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!