moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

スマホスタンドで寝ながらスマホしませんか?おすすめ製品をご紹介!

大石祐樹
2018-10-18
  • LINE友だち追加


スマホスタンドは寝ながら使えるアーム型が最強!

アーム型のスマホスタンドは他のどのタイプのスマホスタンドよりも価格が高いです。そのため、机の上で使うスタンド型の製品や車で使う車載マウント型のものよりもどれを選べばいいか迷いますよね。寝ながら使えるスマホスタンドを選ぶ時に誰もがこだわるポイントと言えばやはり強度でしょう。そして、強度でスマホスタンドを選ぶのなら筆頭にあがるのはアーム型。どんなところにもどんな角度でも調節できるアーム型のスマホスタンドはとても便利で、まさに"寝ながらスマホ"の環境を構築するのにぴったりなタイプです。

スマホスタンドを"寝ながらスマホ"に使うなら自作はやめたほうがいい理由

"寝ながらスマホ"をするためにスマホスタンドを100均で手に入る材料で自作する人もいます。自分で自作する過程そのものが楽しくて、趣味でDIYをやっているような方であれば自作もありです。しかし、スマホスタンド市場はスマホが初めて発売された頃から洗練され尽くしてきており、1,000円から3,000円程度の出費で非常に便利で上部なものが手に入る時代です。費用と労力の兼ね合いを考えた時には、やはり既製品のスマホスタンドを保証ありで購入して、"寝ながらスマホ"の環境を整えるほうが楽でしょう。

寝ながら使えるスマホスタンドはどれがおすすめ?

ここでは寝ながら使えるスマホスタンドとしてAmazonなどの通販サイトで特に人気な製品を紹介していきます。寝ながら使うことを想定した時に、どんな部分に着目して製品を選べばいいかの判断基準としても役立つと思うのでぜひ読んでいってください。

Unique Spirit アームスマホスタンド

寝ながら使えるスマホスタンド

角度調節の自由度が非常に高い

タブレットでもスマホでも使用できるこちらのアーム型スマホスタンドは、関節の数が多くて様々な角度に調節できるという点が大きなポイント。机に固定してパソコンを使いながらスマホをチラ見で確認することもできるし、ベッドに固定すれば寝ながらスマホを見ることだってできます。

ネジで強度を調節できるタイプになるので、角度を調節しやすいように緩めに固定することもできるし、強く締めることで動かないようにすることもできたり、とにかく自分の使いたいようにカスタマイズして設置できるというのが人気の秘訣です。

六角レンチが必要ない

強度の高さを重視して製造されているアーム型のスマホスタンドは、ネジを締めるのに力が必要だったり、大がかりなものだと六角レンチをわざわざ用意してしっかりと固定してあげる必要のあるものがあったり、いちいち角度調整や強度調整をするのが面倒な製品もあります。しかし、この製品は六角レンチで締めるようなガッチリとしたネジを使用していないにも関わらず、指で回せるネジのみで強固に固定できるように設計されています。

せっかく強度が高くて角度調節の自由度が高くても、いちいちそのために六角レンチや大がかりな工具が必要になってしまうようでは、いちいち調節する気も失せてしまいますよね。そんなシーンを考慮した上でこちらの製品は子どもの力でも簡単にいじれるお手軽さが評価されています。

説明書を読まなくても簡単に組み立てれる

しっかりとした構造を持つ製品であればあるほど強度は高くなりますが、説明書を読まなければ独力では設置できないような製品もあります。しかし、このアーム型スマホスタンドは固定に使うネジの数が少ないので、どこにどのネジを使えばいいか単純明快。

寝ながら使いたい場面はベッドや布団の近くだけではないことだってあると思います。例えば、普段はベッドで使用しているスマホスタンドをコタツに持っていって寝ながら使いたい場合。そんな時もいちいち複数のネジを外す必要はなく、一度組み立ててしまえばほぼちょっと力を入れて外して移動させるだけ。

スマホの向きをを360度自由に固定できる

スマホを取り付ける部分の根っこの部分が球体のジョイントとなっているので、三次元の角度で自由に調節することができるのも、同じようなアーム型スマホスタンドの類似製品とは大きく異なるポイントです。寝ながらスマホをしたいという方ですと、横を向いて寝るのか仰向けで寝るのかで調節したい角度が変わってくると思います。このスタンドの場合は可変部の球体で自由に回転させることができるので、「同じ寝方をしないと良い角度でスマホがに見れない」といった事態も起こりません。

AKEIE フレキシブルアーム スマホスタンド

寝ながら使えるスマホスタンド

関節が無いタイプのスマホスタンドも寝ながら使える

先ほどご紹介したアーム型スマホスタンドとは異なり、関節がないタイプのスマホスタンドになります。寝ながらスマホに向いているスマホスタンドの絶対条件は何と言っても角度調節機能の自由度と、その強度です。見た目からも分かるように、この製品はアーム部分をグニョグニョと自由自在に変形させることができるので、最も自由に角度調節ができるタイプのスマホスタンドになります。

長所であり短所でもあるアームの固さ

アームが固いタイプのスマホスタンドは、ちょっと手が触れてしまったくらいで角度調整をし直さないといけないということが起こらないというメリットもあります。しかし、最初に角度調節をする時に力が必要で疲れてしまうこともあるという点をデメリットとして感じる人もいるので、そこは考えどころです。

でも、ベッドや布団やソファーの近くに設置して寝ながらスマホを楽しむのであれば、そこまで頻繁に大きく角度を変えることも少ないでしょう。大きく角度を変えるためにはそこそこ力がいる製品ですが、微調整であれば力なんて必要なく指先だけで変えられるので、アームの固さに関してはメリットとして捉えている人も多いです。

グニョグニョな見た目からは想像できないほどの安定感

アーム部分がグニョグニョと動かせるタイプの無関節型のスマホスタンドは、寝ながら使用する事を考えた時には曲がりやす過ぎるものは避けたほうが良いです。しかし、先ほどもお伝えしたようにこのスマホスタンドは適度かつ十分過ぎるほどの強度を持っているので、ベッドで寝ながらスマホを使用したいという人に非常に人気が高いです。グニョグニョタイプのアーム型スマホスタンドでは、こちらが最もおすすめできます。

JOPREE スマホ&タブレット スタンド

寝ながら使えるスマホスタンド

壁に貼り付けられる3次元の活用性

このアーム型スマホスタンドは先ほどご紹介しました2点とはかなりタイプが異なるものです。というのも、このスマホスタンドはアームの根っこ部分が机の上や壁に貼り付けられる吸盤式になっているのです。驚くべきはお風呂の壁にも貼り付けられるという点で、壁や机の上に限らず"面"として接着面と接することができる場所にならどこにでも貼り付けられるのです。

角度調整の自由度は少し低め!その分安定感が凄い!

このアーム型スマホスタンドは、アームの可変部分の調整の自由度は少し低めと感じる使用者が多いようです。しかし、その分安定感に関する評価は非常に高く、落としてしまう心配がないです。ただ、角度調整の自由度が低いとは言っても、壁に吊るすことだってできます。設置面を好きな場所に設定できるというカスタマイズ性が、それらの欠点を補っている素晴らしい製品と言えるでしょう。

スマホスタンドのおすすめ製品をもっと見たい方はこちら

以下の記事ではスマホスタンドのおすすめ製品をもっともっとたくさん紹介しています。寝ながら使える製品以外にもどれかスマホスタンドの購入を検討している方はぜひご覧ください。

まとめ

アーム型のスマホスタンドの中でも特に寝ながらダラダラするのにおすすめな2製品をご紹介致しました。毎晩就寝する前に動画サイトを観たりSNSをチェックしているという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!