moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

マウスのDPIを調整して使い勝手を向上!基礎知識から活用方法まで解説

よつば
2018-10-09
  • LINE友だち追加


マウスのDPIとは?

DPIとは、もともと印刷業界で使用されていた用語であり、画像の密度のことを指します。
デジカメやプリンターの解像度をイメージするとわかりやすいかと思います。

DPIが高いということは、同じ面積でもたくさんのドットが使用されているということであり、細かな部分まで精密に表現できるということになります。

マウスで言うDPIとは、マウスを1インチ移動したときにマウスポインタがどれだけ動くかという指標です。例えば一般的な800DPIのマウスの場合だと、手でマウスを1インチ操作すると800ドットポインタが移動することになります。

DPIの数値が上がるほど、より少ないマウス操作で大きくポインタが移動します。

よく混同される用語にマウス感度(センシ)がありますが、こちらはマウス移動距離に対してマウスポインタが移動する距離の割合のことを指します。高感度だとマウスが敏感に反応して、低感度だとマウスを操作してもポインタがあまり動きません。

似ていますが、マウス感度についてはDPIのように機器の性能を示すものではなく、OSのマウスプロパティや、プレイするゲーム内の設定により調整します。

Windowsにおけるマウス感度設定は、倍率で変換する方式が採用されており、DPIとは関係がありません。低DPIのマウスで無理にマウス感度を上げてしまうと、ドットが粗いものを倍率で無理に引き延ばすことになるため、ものすごく雑な操作性になってしまいます。

基本的には、DPIとマウス感度はセットで調整を行ってベストを探ることが殆どです。

DPIの調べ方

【OS→コントロールパネル→マウスのプロパティ】から調べることができそうですが、上述の通りDPIはマウスの性能ですから、こちらでわかるのはOSで制御しているマウスの感度であり、DPIではありません。

DPIは基本的にマウスを購入したときのマニュアルやパッケージに記載されています。もし無ければ使用しているマウスの型番を調べてメーカーのサイトを訪問すれば、大体記載されています。

「DPI」とハッキリ表記されていることが一般的ですが、メーカーによっては「分解能」と表記されていることもあります。800/1200/1600等の数字が見当たると思います。

安価なノーブランドのマウス等では情報が見当たらないこともありますが、ゲーミングやクリエイティブ以外の一般用途のマウスはおおよそ800DPIに設定されていますので、こちらに指定されていると考えてよいでしょう。

DPIの設定方法は?

マウスのDPIの設定は、マウス本体自体にDPI切替機能が搭載されている製品のみで行うことができます。一般用途のマウスは基本的にDPIが固定されたものを使用していますので、設定変更等によるDPIの調整はできません。

OSからの設定は、倍率指定によるマウス感度やマウス加速を調整するものであって、操作性を調整することはできますが、DPIそのものを変化させているわけではない点に注意が必要です。

DPIの設定変更は、可変DPI対応マウスに付属する設定用のソフトを使用します。切り替えについては、本体にDPI切り替えボタンが搭載されている製品であれば、利用シーンに合わせてワンタッチで切り替えをすることができます。

DPIを細かく設定する必要があるのは、基本的に正確で細かい動作が求められるFPSゲームや、精密な画像処理を行うクリエイティブワーク等です。

ネットサーフィンや一般的なオフィスワークでは、固定DPIの汎用マウスで実は十分です。どうしても操作性が気になる場合は、上記でご紹介したOSからのマウス感度やマウス加速の調整で十分に対応できます。

目的別のおすすめ設定を紹介

クリエイティブワーク(デザイン・DTP)

可変DPIが搭載されているのはゲーミングマウスが多いのですが、別にゲームだけに使わなければいけないわけじゃありません。

WebデザインやDTPといった細かい作業を行うクリエイティブワークにおいては、効率性と精密性を兼ね備えたゲーミングマウスを使用すると、非常に便利です。特に画像処理においては役立つシーンが非常に多いかと思います。

クリエイティブワークにおいて、可変DPI機能搭載のゲーミングマウスを愛用しているユーザーは意外と多いです。

設定と活用例ですが、基本的には作業効率を向上させるためセンシ(マウス感度)を高く上げて少ない動作でポインタが大きく動く設定にします。高DPIのゲーミングマウスは、マウス感度を上げても動きが雑にならないのでおすすめです。

細かい画像処理などを行う時には、状況に合わせて切り替えボタンでDPIを下げることにより、ポインタの移動距離を少なくして対応します。

両者をボタンで切り替えながら作業することで、サクサクとクリエイティブワークが進みます。プログラム可能なボタンも搭載されている製品なら、併せてカスタマイズして限界効率を追求してみるのも楽しいですよ。

ゲーム用(FPS等)

まず前提として、OSに搭載されている「マウスの加速」機能をOFFにします。これはマウスを動かす速さに応じてポインタが移動する教理が変わってしまうというもの。
一般用途だと便利なこともあるのですが、素早くて精密な動作が求められるゲームにおいては、都度マウスの移動距離が可変する機能はかえって邪魔になります。DPIとマウス感度で調整してゆくのが基本です。

設定はさまざまあるのですが、これからDPI設定をはじめていく方向けの方法をご紹介します。

まずDPIはできるだけ高く設定して固定、ゲーム内マウス感度は低めに抑えて、各動作が適切に行えるように「マウス感度」の方を微調整するのが基本的な設定方法です。

ただし、10,000DPIを超えるようなハイスペックマウスの場合は別です。センサーがより正確に捉えることができる範囲は3,500以下という意見もありますので、大体このあたりを上限に抑えると良いでしょう。

ゲームのプロでも異常に高いDPIに設定しているプレイヤーはまずいません。

可変DPIは、ゲーム中のシーンによって使い分けてゆきます。
例えば、敵に照準を絞る精密な動作を行うためにマウスポインタが小さく動くように設定して、その場から一瞬で離脱するような極端な挙動はわずかな動作でマウスポインタが大きく動くように設定して、状況に応じて使い分けます。

上記は極端な例ですが、可変DPI機能が搭載されたマウスはいくつか切り替えができますので、自分好みのパターンをいくつか作成すると良いでしょう。

また、ゲーム時だけでなく、一般用途のために標準的な設定も作成していくことも重要です。ゲーム用設定では、ネットサーフィンや等の一般的な用途には不自由します。

DPIを細かく設定できるおすすめのマウス

Logicool ロジクール PRO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス G-PPD-002WL

G-PPD-002WLは、多数のプロのeスポーツプレイヤーのアドヴィスを受け、厳しいニーズを満たすべく開発されたロジクール屈指のプロ仕様ゲーミングマウスです。

非常に高いパフォーマンスを発揮するHEROセンサーが搭載されており、エラーの無い高精度なトラッキングを実現。DPIも100~12,000の範囲で設定可能です。

DPI切替ボタンはゲーム中の想定外の操作を防ぐために裏面に配置されています。

他にも、ワイヤレス/軽量/エルゴノミクス/マクロキー搭載/左右対称/etc…と、文句のつけどころのない仕上がりとなっています。

【PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア】ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G903 ワイヤレス充電対応 LIGHTSPEED 軽量構造 左右対称

G903は、世界最高峰のゲーミングセンサーとも呼ばれているPMW3366光学センサーを搭載した、eスポーツのプロやゲームファンから幅広く支持されているゲーミングマウスです。

マウスを高速で操作しても、ネガティブなレスポンス無く高精度なトラッキングが可能。
DPIも200~12,000の範囲で設定可能です。

DPI切替ボタンは5種類の設定をプログラミング可能ですので、狙撃のターゲッティングから高速旋回まで幅広いシーンに対応できます。

【PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア】ゲーミングマウス ロジクール G402 DPI切り替えボタン プログラム可能ボタン ファイナルファンタジー XIV Windows版 推奨周辺機器

G402は、安価ながらFPSをプレイするには十分な性能を持ったゲーミングマウス。

DPIは240~4,000の範囲で設定可能で、ボタン操作で4種類の設定をコントロールできます。

センサーもロジクール独自のデルタゼロセンサーテクノロジーが採用されており、高速ゲーミングを十分に実現できるスペックです。

狙撃からの高速離脱といったヒット&アウェイを手軽に体験してみたい方や、DPI切り替え機能搭載のマウスをとりあえず手にしてみたい方の、ファーストチョイスにおすすめの製品です。

まとめ

いかがでしたか。マウスのDPIについて基礎知識からおすすめの設定方法まで解説してきました。

ゲームやクリエイティブワークでのDPI設定は、上手く調整して使いこなすと結果が大きく違ってきます。

是非ともあなたなりのベストを見つけて、快適なPCライフを楽しんでいただけますと幸いです。

DPI設定を突き詰めるには、使用するマウスの性能も重要となりますので、今回ご紹介したおすすめ製品もぜひ参考にしてみてください。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!