moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

アクションカメラ3者を比較!あなたに合うのはGo Pro?格安モデル?国内有名メーカー製?

Mizuki
2018-09-13
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

臨場感あふれる映像を瞬時に広角撮影できるアクション(ウェアラブル)カメラの代表といえばGo Pro。
しかし価格は3〜9万円とお高め。

今回は類似の格安メーカー製・ソニーなど国内有名メーカーの人気商品・Go Proシリーズの3者を、実際に使用しながら比較してみました!

アクションカメラとは

アクションカメラは、ビデオカメラと比べると小型で軽量であるため、旅行用カメラとしても◎
多くが耐水・耐衝撃性能に優れているため、スポーツやアトラクション、サイクリングなどのアクティブなシーンでの撮影にピッタリです!

また人間の体やバイクなど様々なところに取り付けられるため、ウェアラブルカメラとも呼ばれています。
自撮り棒など、体だけでなく専用アクセサリーにも装着可能!
「撮りたい」と思った瞬間に撮影できるため、アクションカメラを使えば一瞬の時も逃しません。

さらに通常のカメラより広範囲を撮影できるため、普段とは一味違った迫力のある写真を撮る事もできます。

今回Go Proシリーズ、国内有名メーカーの人気商品、格安メーカー製の3者を比較するため、以下の3つのアクションカメラを使用しました!

(左から)
・Go Pro HERO4
・SONY HDR-AS300R
・SAC AC600

Go Proシリーズの使用感

Go Pro( HERO4)の概要・スペック

Go Pro物撮り

今回試用する Go Proのシリーズは「HERO4」(税込51,300円)
※2018年8月13日現在、正規代理店では販売終了しています。最新版が気になる方は「GoPro HERO6」をチェック!

今回比較した3つの中では、一番小さくコンパクトで、見た目もスタイリッシュな印象を受けます!

Go Pro HERO4
サイズ 59㎜(横)×40.5㎜(高さ)×30㎜(奥行)
重量 83g
防水 40m
ビデオ/4K15 ウルトラHD(4K)画質で最大15fps撮影が可能
ビデオ/1080p60 フルHD(1080p)画質で最大60fps撮影が可能
静止画 最高30枚/1秒の1200万画素静止画を連続撮影可能

使用感

GoProは他のアクションカメラと比べ、専用アクセサリーが充実しているようです!
日本正規代理店では、胸部に固定するものやサーフボードにつけるもの、犬につけるものなど、全30種もの取り扱いがありました!

自撮り棒をつけてスキーをしながら撮影した様子がこちら。
臨場感のある動画を、広角で迫力満点に撮影することができます。

また、動画を撮影しながら静止画も同時に撮影することもできます。
一瞬のスキも逃したくない時には役に立つこと間違いなし!

撮影しながらライブビュー画面で確認できるのもGoProの特徴です。

のちに紹介するソニーのアクションカメラはカメラ本体にライブビュー画面が付いていないので、撮影したものをすぐ確認できるという意味ではGoProの方が使い勝手がいいかもしれません。

また今回比較した3つの中でタッチパネルが搭載されていたのはGo Proだけでした。
操作も簡単で、初めてでも簡単に撮影することができそうです!


【まとめ】
ライブビュー画面がついていたり、アクセサリー種類が豊富であったり、長期的な目で使用するには使い勝手もよく、様々なシーンで楽しめるように感じます!
GoProシリーズは値段は少々張りますが、スタイリッシュにアクションカメラを楽しみたいという人にはオススメです!

国内有名メーカー製の人気アクションカメラの使用感

SONY HDR-AS300の概要・スペック

次に使用するのはSONY HDR-AS300(税込31,000円、2018年8月13日現在)
ソニーのアクションカムはAmazonや価格コムのアクションカメラランキングでもいつも上位に見られます。

今回比較に使用した中では唯一縦型の本体で、レンズの付いている位置が違うのが特徴です。

また、メーカーによると、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」。をアクションカム用に超小型サイズで新規に開発して搭載したそうです。。
自転車やドライブなど、ブレが発生するシーンでもブレを抑えて安定した映像が撮影でき、4K撮影やハイスピード記録中の作動も可能だそうです。

本体の防水機能に関しては生活防水程度なので、ダイビングなどで使用する場合は別途ウォータープルーフケースが必要なようです。

SONY HDR-AS300
サイズ 29.8x59.2x41mm
重量 58g
防水 IPX4相当(生活防水程度)
静止画 記録画素数約1,200万画素相当
動画 有効画素数818万画素

使用感

HDR-AS300は本体にライブビュー画面が搭載されていないので、付属のリモコンで写りを確認できるようになっています。

このリモコン、時計のように腕につけることも可能なんです。
本体をバイクなどにとりつけ、手元で操作をしながら写っている様子を確認…なんて使い方をするには便利ですね!

HDR-AS300を使って撮影した動画の様子はこちら↓↓

【まとめ】
見た目の特徴としては、GoProに比べるとスタイリッシュさというよりも、機能面を重視した少し大きめなサイズ感でした。
ライブビュー画面が本体についていないのが不便と感じる人もいるかもしれませんが、手元での操作を想定している人には問題ないと思われます。

値段もGoProシリーズと比べると少し安めの設定になっていながら、最高画素数は1200万画素と同レベルで、手ぶれ補正機能もついています。
万が一の修理の対応のことも考えたら、国内の有名メーカーの方が安心で早いなんて考えもできるかもしれませんね。

格安メーカー製のアクションカメラの使用感

SAC AC600の概要・スペック

最後に使用するのはSAC AC600(税込7,538円、2018年8月28日現在)
格安カメラというと中国製のものをイメージする人も多いかもしれませんが、今回使用するSACはアクションカメラやワイヤレスイヤホンなどのオリジナル製品の販売及び数社の海外メーカーの代理販売を行う日本の会社です。

今回比較に使用した中では一番安く、GoProの約7分の1の価格で手に入るのが魅力的ですね。

SAC AC600
サイズ 29.8×59.2×41.0mm
重量 58g
防水 水深30mの防水ハウジングケースが付属
静止画 16,12,10,8,5,2メガピクセル
動画 4K対応(標準1080P)

このSAC AC600、並べてみるとGoProとサイズ感も重さも見た目もそっくりなんです!

GoProのようなスタイリッシュなアクションカメラを探しているという方にはぴったりかもしれませんね!

SAC AC600の使用感

静止画モードで撮影した様子がこちら。
170度広角レンズが搭載されているので、GoProなどの高価なアクションカメラと同様に広範囲の撮影ももちろん可能です!

▼格安アクションカメラ SAC AC600/CRF1000L Africa Twin(@Shingo upload movie)

SAC AC600の4Kモードを使用して、ツーリングの様子を撮影した様子だそうです。
GoProやSONYのアクションカメラと比較して大きく異なる点は、手振れ補正機能がついていないということ!

静止画を撮影する分には、この価格を考えたら十分なカメラのように感じますが、ツーリングやスキーなどのスポーツをしながら動画を撮影したいという方には手ブレが少し気になるかもしれません。

またビックカメラオンラインサイトの商品レビューでは
「高画素広角がこれほど使えるとは正直驚いています。」
「腕につけるスタートストップのリモコンスイッチが、アンサーバックが無く、動いていなかったりなど多発、結局メットを脱いでのオンオフとなり、煩わしかった。」
「音声がこもり過ぎだけどこの金額で画質はとても良い。定点撮影には十分。」
などの声も見られました。

【まとめ】
なんといってもアクションカメラを1万円以下で購入できるというのは魅力的です。
本格的に使用するわけではないけれど、ちょっとアクションカメラを使ってみたい…なんて人には手が出しやすい価格設定です。

また静止画の撮影や定点撮影を行う分には十分な画質のようです。

ただし手ブレ補正機能がついていなかったり、少し音がこもってしまったりしたという声も見られるので、本格的に動画を撮影したいという人は検討が必要かもしれません。

編集者から

いかがだったでしょうか。
一言にアクションカメラといってもメーカーや性能によって、価格帯も様々です。

自分にぴったりのアクションカメラを見つけて、「撮りたい!」と思った瞬間を瞬時に残しちゃいましょう♪


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!