公道も走れる折り畳み電動キックボード「Airwheel Z5 BagIn!原付スクーター仕様」

moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

公道も走れる折り畳み電動キックボード「Airwheel Z5 BagIn!原付スクーター仕様」

sakura
2018-05-19
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くの電動キックボードがありますが、
今回ご紹介するのは、公道OK!
そしてバッグに入れて楽に持ち運べる
電動キックボード「Airwheel Z5 BagIn!原付スクーター仕様」。

家から駅までや会社や学校から訪問先へなど、
ちょっとした移動でもスイスイと走れます。

▲Airwheel Z5 BagIn!原付スクーター仕様をサクッと紹介する1分動画はこちら

日本の道路法に配慮した安全設計!

ナンバープレート

Airwheel社の電動キックボードをベースに、
UNITS社が日本でも公道を走れるように車両ナンバープレートや制動灯、
バックミラーなどの日本の公道でも走行できるように制御装置が装備できるように改良。
クラウドファンディングでのプロジェクト展開の末、
日本での発売が可能となったものです!

走行面ではサスペンションシステムによって、
どんな路面状態にも柔軟に対応し、安定した走行を実現。
ヘッドライトは20m先まで照らし、
ブレーキライトは5m後ろの車両まで存在を知らせてくれるので、
安全に公道を走ることができます。
発進時は足で蹴り出してから、
アクセルを回すとふらつくことなくスムーズに走り出せます!

ちなみに車種区分は第1種原動機付自転車となり、
原付免許とヘルメット装着が必須ですよ。

専用キャリーバッグに入れて持ち運びができる!(Bag in!)

折りたたんでいる様子

こちらの製品の最大の利点は折り畳んで、
バッグに入れられることです!

本体を折り畳むのにかかる時間は、なんと15秒!
ハンドルを曲げて、ポールを倒すだけなんです!

折り畳み時の本体サイズは
長さ85cm、幅19.5cm、高さ39cmとコンパクト。

さらに、専用のキャリーバッグに入れることで、
持ち運びも楽チンです。
重さも約13kgと女性でも持ち上げられるほどの軽さなのも嬉しいですよね。

バス亭で並んでいる様子

電車やバスの車内にも持ち込めるので、
最寄りの駅まで使用して、
目的地付近の駅から目的地まで再度利用ができるのです。
車に積んでキャンプなどのアウトドアシーンでも活用できそうです。

家庭用コンセントで充電が可能

モーターの出力は350Wで、最高時速は20km/h。
家庭用コンセント(AC100V電源)で充電ができ、
2時間半ほどで満タンに!
約20kmの継続走行が可能となります。

またスマホアプリと連動させることによって、
速度やバッテリー残量、走行距離などが確認できます。
ハンドルにもインジケータがついているので、
そちらでもバッテリー残量がチェックできます。

またバッテリーにはUSB端子(5V/1.5A出力)が備わっているので、
「あ! スマホの充電がない!」
なんていう外出先でのピンチには大助かりの機能ですね。

購入はこちらから

カラーバリエーションは、
キュートなホワイトとシックなブラックの2色。
身長に合わせて、ハンドルの高さを1.5m~2.1mまで調整ができるほか、
購入後のアフターサービスも充実しています。

Airwheel Z5 BagIn!原付スクーター仕様はクラウドファンディング用の特別仕様。
しかし出品終了後も問い合わせが殺到し、急遽次回生産の計画が決定したとのこと。
販売予定価格は税込115,000円。
遅れを取らぬよう予約をするのが吉です!

【仕様】

       カラー:ホワイト、ブラックの2色
      最高速度:20km/h
      定格出力:350W
   バッテリー種類:リチウムイオンバッテリー
   バッテリー容量:162.8wh
      充電時間:約2時間(家庭用100V電源で充電可)
      走行距離:約20km(乗員体重70kg/平坦路無風時)
  サイズ(展開時):840×556×1100(mm)
サイズ(折り畳み時):850×195×390(mm)
      車両重量:約13kg(バッテリー込み)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!