iPhoneを一眼レフ化!? 『Pictar One(ピクターワン)』

moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

iPhoneを一眼レフ化!? 『Pictar One(ピクターワン)』

reichanya,mottty
2017-07-28
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneでよく写真を撮るんだけど、ズームしにくかったり、持ちにくくて手ぶれしたり、明るさなどの設定を変えづらかったり……意外とストレスを抱えるものです。

そんな悩みを解決してくれるのが、今回紹介する『Pictar One(ピクターワン)』です。
取り付けるだけでiPhoneを一眼レフのように操作できるように変えてくれるカメラグリップ。
これを使ってプロのような写真を撮っちゃいましょう!

編集部が使ってみた様子は1分動画でもどうぞ↓↓

超音波でアプリと連携

上の写真のように、iPhoneに半分くっついているのがピクターワン。
シャッターやホイールがついているので、一眼レフを扱うように写真を撮れるというわけです。
ホイールは、露出補正・撮影モード切替・ズーム操作用の3つ。

通常、こういうアイテムって、本体とスマホをつなぐのにBluetoothなどの接続をしなければならず、それが面倒なんですが、ピクターワンは、アプリを立ち上げて装着するだけ。本体が出す超音波でアプリを操作する仕組みなんだそうです。

こんな風に、装着してアプリを立ち上げるだけ。

手ぶれ写真よさらば!

カメラ撮影で大事なのは、ぶれないようにカメラを固定してシャッターを切ること。
iPhoneのカメラ機能はとても優秀なんですが、持ちやすさとシャッターの押しやすさには限界があります。

上の写真のように、ズームして、シャッターを押して、となると、本体を支えるのは人さし指と小指、なんてことありませんか?
とくに被写体が動いているときにはぶれが大きくなっちゃいます。

ピクターワンは、グリップ部分が膨らんでいるので、しっかりと持つことが出来ます。
さらに、指さしている表のダイヤルを回すと……

簡単にズーム!
シャッターも一眼レフと同じように、半押しで撮影できます。
手ぶれ率がぐっと下がりました。

誰でも簡単にプロのような写真を

手前左の撮影モード切替用ホイールを回すと、撮影モードを切り替えることができます。
通常のオートモードの他に、マニュアルモードやシャッタースピード優先モード、ISO優先モードもあるので、
自分が撮りたい設定にして、綺麗な写真を撮ることができる!

手前右のホイールは露出補正ができます。

便利機能もたくさん

1/4ネジ穴
三脚を取りつけることができるので、固定して写真を撮れるようになりますね

ボタン一つでセルフィーに変えられる
外側のズーム操作用のホイールを、ボタンのように押すだけで、簡単に自撮りができるようになります。

付属品にはストラップも
撮影中にiPhoneを落とす心配もないし、持ち歩くのにもラクラク!

対応機種はiPhone 7/SE/6s/6/5s/5/4sです。
iPhoneに「Pictar One」をくっつけて、一眼レフユーザーになってしまいましょう!

購入はこちらから

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!