ベースパスタにあうレシピとは?既存のソースや簡単アレンジ方法を紹介!

記助
2021-04-14

ベースパスタとは「ベースフード」が提供している、約30種類の栄養素が含まれているパスタです。栄養をバランスよく摂れるので完全栄養食*とも呼ばれ、忙しい方や健康に気をつかっている方から支持され人気があります。

しかし、生麺の状態で提供されているため、食べるためには茹でて好みのソースと絡める必要があります。飽きずに長く続けるためには、多くのレシピが必要になるでしょう。今回は、ベースパスタのレシピについて紹介します。ベースパスタの基本情報にも触れるので参考にしてください。

*栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。


ベースパスタとは?

ベースブレッドとベースパスタの画像

ベースパスタとは「ベースフード」が提供している、1食に必要な栄養素が摂取できる*パスタのことです。主食であるパスタに、26種類のビタミンやミネラルのほか、タンパク質や食物繊維など約30種類の栄養素が含まれています。

ベースフードでは、ベースパスタのほかにもベースブレッドを提供しています。ベースパスタはベースブレッドと違い、生麺の状態なので食べるためには一度調理する(茹でる)必要があります。しかし、その分ベースブレッドと比較すると食べ応えがあります。

*栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

「主食を完全栄養食*に」がコンセプト

ベースパスタはベースフードが産んだ、主食で最初の完全栄養食*です。開発者はもともと渋谷のIT企業で働いていて、仕事の忙しさから食事の栄養バランスが崩れ健康診断の結果が少しずつ悪くなっていったそうです。

そこで、仕事と栄養バランスを両立させられるように「主食だけで健康になれないか?」と考えつき、ベースパスタが生まれました。普段の食事の主食をベースパスタに置き換えると、栄養バランスを整えやすくなります。

*栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含*7

◎ベースパスタの各種類の栄養素

フェットチーネ

アジアン

カロリー

383kcal

394kcal

たんぱく質

29.8g

30.1g

食物繊維

6.9g

6.7g

鉄分

5.2g

5.0g

おすすめ①
  • ベースフード
  • BASE PASTA®(ベースパスタ)フェットチーネ

  • 税込み312円~/食
  • 平打ち麺、ゆで時間2分

  • もっちり食感の雑穀生パスタで、理想的な栄養バランスに。フェットチーネは濃厚ソースとの相性がよく、もちもちとした食感が特徴です。

おすすめ②
  • ベースフード
  • BASE PASTA®(ベースパスタ)アジアン

  • 税込み328円~/食
  • 細麺、ゆで時間1分

  • アジアンは幅1.3mmの細麺で、焼きそばやペペロンチーノなどの味付けにピッタリ。アレンジの幅が広いので初心者におすすめです。

既存のソースは2種類ある!

ベースパスタには既存のソースが2種類あります。ただし、ソースのみを購入することはできません。「BASE FOOD®継続コース スタートセット」の「パスタ&パン12食セット」を注文すると、おまかせソースとして1つ付属しています。

【既存のソース】
<リスト>
・コクと旨みのボロネーゼソース(1人前120g)
・ピリ辛 台湾まぜそばソース(1人前30g)

おすすめ③
  • ベースフード
  • BASE FOOD®継続コース スタートセット「パスタ&パン12食セット」

  • 税込み5,420円
  • パスタとパンの大容量お得セット

  • 継続コースにすることで、毎月ベースフードが届きます。初回は20%オフ・2回目以降は10%オフの価格で利用できてお得です。

ベースパスタを食べるメリット

ベースパスタのイメージ画像

ベースパスタは栄養素が豊富なので、食事に取り入れるメリットが多くあります。ここからはベースパスタを食べるメリットを紹介します。

主食を置き換えてバランスよく栄養摂取

ベースパスタは食べ応えのある主食です。普段食べているご飯やパンをベースパスタに置き換えることで、いつもよりもバランスよく栄養を摂ることができます。

ベースパスタは、茹で時間が1分~2分と短いので調理が簡単です。茹でた後、好みのソースに絡めれば完成。パスタ自体はプレーンな味わいなので、自分の好みにあわせてメニューを考えやすいのもメリットです。

低カロリーで高たんぱく!食事制限中にも

一般的に栄養素を多く摂ろうと考えると、品数が増えてしまいます。比例して食事量が増加し、摂取カロリーも多くなることに。カロリーを抑えながら1日に必要な栄養素をバランスよく摂取するのは意外に難しいことです。

しかしベースパスタを使えば、カロリーを控えながら健康的な食生活が望めます。ベースパスタ1食には30g近いたんぱく質が含まれているので、ダイエットや筋トレで食事制限をしている方にも向いています。

ベースパスタのデメリット

パスタのイメージ画像

ベースパスタはメリットだけでなく、デメリットだと感じる部分もあるのでご紹介します。

味の好みが分かれる

ベースパスタは栄養価を重視しています。味も改善を繰り返してますが「口に合わない」「続けられない」という意見もあります。誰でもおいしいと感じるわけではなく、味は好みが分かれるようです。

比較的プレーンな味わいなので、調理を工夫すればおいしく食べられます。ただし調理に時間をかけられない方には、デメリットの部分が大きくなってしまうでしょう。

調理する手間がかかる

ベースパスタは1分~2分ほど茹でる必要があります。ベースブレッドは袋を開けるとそのまま食べられるので、比較すると少し手間がかかります。実際に、ベースブレッドであればカバンに入れて携帯することも可能です。簡単かつ、自分の好きなときに食べられます。

茹でる工程が必要なベースパスタは、調理をするのが面倒に感じる方には向いていないでしょう。

ソースを豪華にするとカロリーが大きくなりやすい

ベースパスタのフェットチーネもアジアンもプレーンな味わいなので、茹でたパスタをそのまま食べるとあまりおいしくありません。そのため、市販のソースか自作したソースと絡めるのがおすすめです。

先程の通り好みが分かれる味なので、おいしく食べようとするとソースが豪勢になりがちです。せっかく低カロリーなベースパスタでも、ソースによってはカロリーが高くなることも。1食のカロリー総量が増えることに繋がるので、食事制限中の方は気をつけましょう。

ベースパスタを続けるための簡単アレンジレシピ9選!

ベースパスタのレシピのイメージ画像

最後にベースパスタをおいしく食べるためのレシピを紹介します。

まずは麺の特徴を押さえよう!

ベースパスタのフェットチーネは、もちもちとした食感が特徴です。あっさりとした味付けよりも、クリームソースやボロネーゼのようにハッキリとした味付けが向いています。

フェットチーネに対してアジアンは、麺が1.3mmと細いのでアレンジの幅が広く使いやすいのが特徴です。この特徴を押さえて、どのように調理するか決めるとよいでしょう。

ベースパスタ:麵の特徴

茹で時間

麺の細さ

おすすめのアレンジ

フェットチーネ

2分

5mm(平打ち麺)

クリームソース、ボロネーゼ

アジアン

1分

1.3mm(細麺)

焼きそば、ペペロンチーノ

ベースパスタ×焼きそば

ベースパスタのシンプルなレシピが、ソースをかけて作る「焼きそば」です。焼きそばのソースは味が濃いため、ベースパスタが焼きそばの味になります。

【材料】

ベースパスタ1食
焼きそばソース1食

【作り方】

茹でたベースパスタに焼きそばのソースをかけて、軽く炒める。
※油にオリーブオイルを使うのもおすすめ。

ベースパスタ×ボロネーゼ

ベースパスタは市販のパスタソースともよくあいます。特にフェットチーネの麺とボロネーゼソースは相性がよく、おいしく食べられます。好みでオリーブオイルや粉チーズをかけると、より一層おいしくなります。

【材料】

ベースパスタ1食
市販のボロネーゼソース1食
オリーブオイル適量
粉チーズ適量

【作り方】

茹でたベースパスタに温めた市販のパスタソースを絡めて完成。

ベースパスタ×トマトとシーチキンのあっさりパスタ

ベースパスタを使ったあっさりとした味わいのパスタです。比較的手軽に作れ、好みでにんにくをひとかけら入れてもおいしくいただけます。あっさりしているので、夏の時期におすすめです。

【材料】

ベースパスタ1食
トマト1個
シーチキン1/2缶
オリーブオイル 大さじ1
塩こしょう 少々

【作り方】

・フライパンにオリーブオイルをしき角切りにしたトマトを炒めて水分を飛ばす。
・弱火にしてシーチキンを加え、さっと混ぜ合わせてソースを作る。
・茹でたベースパスタを水切りしてから加えて、弱火にしながら混ぜ合わせる。
・最後に塩こしょうで味を整えて完成。

ベースパスタ×たっぷりきのこの豆乳クリーム

ベースパスタは豆乳を使った濃厚ソースとも相性がいいです。アジアンでもあいますが、麺の食感を楽しみたい方はフェットチーネにするとよいでしょう。

【材料】

ベースパスタ1食
ぶなしめじ・マッシュルーム適量
にんにくひとかけら
塩こしょう少々
無調整豆乳150cc
オリーブオイル 大さじ1
味噌 大さじ1/2

【材料】

・フライパンにオリーブオイルをしきスライスしたにんにくを香りが立つまで炒める。
・食べやすいサイズにカットしたきのこを加え、水分が抜けてしんなりするまで炒める。
・豆乳と味噌を加えて煮立てる。
・ソースに塩こしょうを加えて味を整える。
・茹でたベースパスタを水切りして加え弱火でソースと絡めて完成。

ベースパスタ×ほうれん草の白和え

カロリーを抑えつつ、しっかりとした味付けのパスタを食べたい方は、ほうれん草の白和えパスタがおすすめです。ソースに使っている具材も低カロリーなので、カロリー総量を抑えられるでしょう。

【材料】

ベースパスタ1食
味噌小さじ2
めんつゆ大さじ1
ほうれん草3束
木綿豆腐1/3丁
すりごま適量

【作り方】

・木綿豆腐をキッチンペーパーにくるみ、レンジで5分温める。
・ベースパスタとほうれん草を茹で、ほうれん草を食べやすい大きさに切る。
・木綿豆腐、ほうれん草、味噌、めんつゆをボウルに入れて混ぜる。
・できあがったものに茹でたベースパスタを水を切って絡め、最後にすりごまをかけて完成。

ベースパスタ×山芋のパスタ

山芋を使ったとろろパスタです。冷製パスタなので夏にピッタリで、食欲がないときでもツルツルしていて食べやすいでしょう。

【材料】

ベースパスタ1食
卵1個
オリーブオイル大さじ1/2
めんつゆ大さじ2
長芋5~10cmくらい
青のり適量

【作り方】

・茹でたベースパスタを冷水でしめ、めんつゆとオリーブオイルを大さじ1/2ずつ入れて混ぜる。
・別ですりおろした長芋を卵黄1個、めんつゆ大さじ1と混ぜる。
・パスタを器に盛り、ソースと青のりをトッピングして完成。

ベースパスタ×ツナの和風ガーリック

ベースパスタを濃い味で食べたい方におすすめのレシピです。和風テイストなのでしつこくないのに、しっかりとした味に仕上がります。

【材料】

材料
ベースパスタ1食
卵1個
たまねぎ1/4個
ツナ缶1/2缶
オリーブオイル大さじ1
にんにく1かけら
めんつゆ大さじ2
かつお節適量

【作り方】

・卵は8分ほど茹でて温泉卵にする。
・オリーブオイル・みじん切りにしたにんにく・玉ねぎの薄切りをフライパンに入れ、しんなりするまで炒める。
・そこにツナ缶と茹でたベースパスタを入れて炒め、めんつゆをかける。
・器にパスタを盛り付け、温泉卵とかつおぶしを乗せて完成。

ベースパスタ×オリーブオイルと塩のパスタ

忙しくて時間がないときにおすすめなのが、シンプルで簡単に作れるオリーブオイルの塩パスタです。実質、パスタを茹でる時間だけで完成します。ソースには具がないため、好みで足してください。

【材料】

ベースパスタ1食
オリーブオイル適量
塩10g

【作り方】

・水1,000mlに対して塩10gを入れて、ベースパスタを塩茹でする。
・茹であがったベースパスタを水切りし、オリーブオイルをまわしかけて完成。

ベースパスタ×ブロッコリーと鮭のオイルパスタ

ブロッコリーと鮭を使うレシピです。食べた満足感がえられ、腹持ちは良好。ブロッコリーをたくさん入れてボリュームを増やせば、食べ応え十分です。

【材料】

ベースパスタ1食
オリーブオイル大さじ2
塩こしょう少々
にんにく適量
鮭ひときれ
ブロッコリー3〜4房
糸唐辛子適量

【作り方】

・ベースパスタとひと口大に切ったブロッコリーを茹でる。
・鮭をひと口大に切り、塩こしょうで味付けをして焼く。
・フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくの薄切りと茹でたブロッコリーを入れ炒める。
・火が通ったら、ベースパスタを加えて弱火にして塩で味を整える。
・器にパスタを盛り付け、焼いた鮭を乗せて完成。お好みで糸唐辛子を乗せる。

まとめ

ベースパスタは栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む主食です。

手軽に栄養素を摂取できて低カロリー&高タンパク。ただし、長くベースパスタを食事に取り入れるためには、飽きないためのレシピが必要です。レシピをたくさん用意して、健康的にすごしてください。

筋トレ大好きマルチライター
記助
大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。

HOME

>

フード

>

ベースパスタにあうレシピとは?既存のソースや簡単アレンジ方法を紹介!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!