HOME

>

スタイル

>

ヒューマンリソシアの評判とは?特徴やメリット・デメリットも解説

ヒューマンリソシアの評判とは?特徴やメリット・デメリットも解説

荒井 幹
2021-04-11
2021-04-11

派遣社員は人材派遣会社と契約を結んで派遣先の企業に在中して働く、自分の時間が作りやすい働き方です。

時給制であることが多く、決められた時間のなかで業務を行い、ほかにも勤務地や希望条件なども自由に選択できるので、ライフスタイルに合わせて仕事を選択することができます。

派遣社員を目指そうと考えるにあたって、派遣会社が多すぎて「どの派遣会社を利用しようか」迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

国内の人材派遣会社は一般社団法人 日本人材派遣業界のデータによると、2018年時点では、全国38,128カ所と非常に多く存在します。

人材派遣会社には大手から地域密着型の中小企業、業界特化型などさまざまな種類がありますが、そのなかに、強力な教育事業を背景に登録者がスキルアップをしながら働くことができる「ヒューマンリソシア」という人材派遣会社があります。

派遣社員を目指している人であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。人材派遣会社を利用するにあたって、事前に公式サイト上だけではわからない、利用者のリアルな声も気になるかと思います。

そこで今回は、ヒューマンリソシアの評判について調査してみました。また、特徴やメリット・デメリットについてもご紹介していますので、登録・利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

ヒューマンリソシアの特徴

ヒューマンリソシアは、ヒューマンホールディングスのひとつである「ヒューマンリソシア株式会社」が展開する1988年に設立された人材派遣会社です。全国各地に拠点を持っているので、さまざまな地域の求職者に対応可能です。

主に取り扱う雇用形態は派遣・紹介予定派遣、正社員までさまざまであり、登録者数は35,000人以上を誇ります。そんなヒューマンリソシアの特徴は以下が挙げられます。

1育成型の求職者支援を展開
ヒューマンリソシアは「ヒューマンアカデミー」という教育事業が背景にあるので、登録者は以下のさまざまなスキルアップ支援を割引価格で受講できるようになります。

・Excel,Word講座、OA講座、CAD講座などのPCスキルアップ講座
・リソシアカレッジのeラーニング
・通信講座「たのまな」の各種講座
・産経オンライン英会話Plus
・1級建築士や宅建などの資格取得者No.1の「総合資格学院」

派遣社員は基本的に即戦力が求められますが、ヒューマンリソシアを利用すると就業しながら自分の好きなスキルを身につけられるので、派遣業務終了後にスキルアップの時間を確保し、市場価値を高めるための勉強に時間を使うことができます。

ほかにも「リソシア奨学制度」という制度を利用することで「入学金と受講料の50%」、通信講座のたのまなでは「受講料40%」をヒューマンリソシア側で負担してもらえます。

2.全国の求人取り扱い
ヒューマンリソシアは常時さまざまな業界や職種の求人を5,000件近く取り揃えており、求人検索ページでは全国から求人を絞りこむことができます。

一般の転職エージェントなどでは東京近辺に特化しており、地方の求人がほとんどないというケースが多いのですが、ヒューマンリソシアでは地方の求人も保有しています。

求人検索は登録をしていなくてもできますので、登録前に希望の地域にどれくらい求人があるのかを確認してから登録可否を判断することも可能です。

3.ヒューマンリソシアのスタッフによるケア
ヒューマンリソシアでは求人担当者が求職者に対して、仕事上の悩みや相談をいつでもすることができます。

ほかにも、入社時に用意しておかなければならないことや経歴・希望・スキルを総合的に判断してキャリアプランを作成し、就業後も定期的に連絡を取り合ってフォローをしてくれます。

派遣社員であっても新しい環境に踏み込むのは緊張するものですので、その際にパートナーとして寄り添ってくれるというのは精神的に安心できると言えるでしょう。

ヒューマンリソシアのメリットとデメリット

次に、ヒューマンリソシアを利用する求職者のメリット・デメリットについて、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

ヒューマンリソシアのメリット

ヒューマンリソシアの利用によって求職者が得られるメリットは以下が挙げられます。

1.福利厚生が充実
ヒューマンリソシアは求職者が快適に働けるように、さまざまな福利厚生が充実しています。社会保険や労働保険はもちろん完備しており、福利厚生に関しては以下の内容を取り揃えています。

・慶弔休暇、慶弔見舞金
・旅行やレジャーに使える会員限定優待サービス
・メンタルヘルス(Mental-Rosai)の利用
・ヒューマンリソシアのスタッフによる無料のキャリアコンサルティング

ほかにも、労働条件や保険、法律に関して質問したい人のための「社労士相談室(記事コンテンツ)」も設けており、複雑な派遣の雇用に関する内容をチェックすることができます。

2.大手からベンチャー企業までさまざまな種類の求人を保有
ヒューマンリソシアでは大手からベンチャーまでありとあらゆる求人を保有しているので、正社員では入社難易度が高い企業であったとしても、派遣社員として大手企業で勤務することが可能です。

また、求職者の希望やスキルをベースにヒューマンリソシア側で最適な情報を提供してくれるので、自分のキャリアプランに沿った仕事を選ぶことができます。

紹介予定派遣の求人も保有しているので、正社員としていきなり就業する前に現場の雰囲気を感じてみたいという人でも安心です。

3.全国に拠点があるのでアクセスが良好
求人に応募するには事前にヒューマンリソシアのホームページからスタッフ登録をする必要があります。

登録には登録会への参加が必要ですが、拠点数も各都道府県に存在するので直接登録やサポートを受けたいと考えた時にアクセスが良好なのは求職者にとって嬉しいポイントです。

ヒューマンリソシアのデメリット

メリットがある一方、デメリットもありますので、両者を総合的に判断して利用可否を決めましょう。ヒューマンリソシアのデメリットは以下が挙げられます。

1.紹介予定派遣の求人は少なめ
ヒューマンリソシアの取り扱い求人は5,000件近くにのぼりますが、そのうち紹介予定派遣の求人は600件ほどであり非常に少ないです。

紹介予定派遣とは一定期間を派遣社員として働いた後に、労働者と派遣先企業双方の同意で労働者を正社員雇用できる制度です。

正社員として働きたいけどまずは一緒に働いてどんな雰囲気かを感じてみたいという人におすすめですが、その際は求人数が大きく減ってしまうので紹介予定派遣の求人のみを探している人には不向きと言えるでしょう。

2.実務未経験の人は紹介求人が少なくなる
ヒューマンリソシアはさまざまな求人を保有・紹介可能とご紹介しましたが、誰でも平等に求人を紹介できるわけではありません。

実際にヒューマンリソシアの公式ホームページには「実務経験がなくても登録が可能か?」という質問に対して以下のように回答しています。

「可能です。ただし、実務経験が豊富な方に比べると、ご紹介できるお仕事の種類は限られてきますので予めご了承ください。」

出典:実務経験がなくても登録できますか? | 人材派遣の求人・仕事探し

そのため、紹介求人を増やすために、これまでのスキルに近い分野で仕事を探す必要があります。

3.地方の求人が比較的少なめ
地方の求人も取り扱っていますが首都圏の求人が多い分、どうしても地域によっては求人数が劣ってしまいます。そのため、地方の求人数を確保するには他社を併用することがおすすめです。

ヒューマンリソシアの利用の流れ

ヒューマンリソシアの利用の流れは以下の通りです。

1.WEB上で無料登録
公式ホームページの「派遣サービスに登録する」をクリックすると画面が遷移しますので、個人情報を含む基本情報を入力していきます。

登録が完了すると、専用のマイページにログインができますので求人紹介を受けるために面談日程の予約をします。

2.面談とスキルチェック
求人紹介には登録面談を行う必要があるので、面談日程の予約をします。現在はコロナの影響によりWEB面談での受付が基本となっていますが、自宅にネット環境がない人は直接訪問も可能です。

登録会ではタイピング入力スピードやExcelの操作など、PCを使ったスキルチェックや個人情報保護のテストを行います。

スタッフとの面談は、求職者の希望条件やスキルを考慮し、最適な求人紹介をしてもらえます。

3.求人紹介・応募
スタッフから求人の詳細を聞き、問題なければ実際に応募のプロセスへと進みます。登録会で紹介できなかった場合には後日求人紹介を受けられます。

もちろんヒューマンリソシアの「求人検索」で絞り込み検索をして出てきた求人に自分で応募することも可能です。

4.職場見学
応募企業が求職者のスキルを見て、採用したいということで話が進むと、ヒューマンリソシアの営業担当とともに職場見学へ向かいます。職場見学では実際にどのような職場で仕事をするのか、職場の雰囲気はどうか、条件面で問題ないかを双方で話し合います。

問題がなければヒューマンリソシアと契約をし、勤務先の決定となります。

5.仕事の決定
勤務前にはヒューマンリソシアのスタッフによるオリエンテーションがありますので、完了次第実際に派遣先での勤務開始となります。

勤務中でも定期的に営業担当が勤務先に伺い、快適に仕事ができるようにサポートをしてくれます。

ヒューマンリソシアの評判

教育事業がバックボーンにあり、さまざまな職種の紹介に強みがあるヒューマンリソシアですが、実際の評判はどうなのか調査をしましたのでぜひ参考にしてみてください。

ヒューマンリソシアの良い評判

まずは、ヒューマンリソシアの良い評判をいくつかご紹介します。

オンライン研修が充実していたという内容です。強みである教育事業が背景にあることにより、研修の質が高いことが伺えます。

ヒューママンリソシアを実際に利用してみて良かったという内容です。ツイートにある「釣り求人」はタイミング悪く募集終了してしまった求人案件などが該当する可能性がありますが、応募前にまだ案件は稼働しているか確認するのも対策方法のひとつです。

ヒューマンリソシアのWinActorの研修がお得だったという内容です。WinActorはRPAツールの一種ですが、他では数万かかるところをヒューマンリソシアでは給与付きで受講できることがわかります。

ヒューマンリソシアの悪い評判

次に、ヒューマンリソシアの悪い評判についてもいくつかご紹介していきます。

営業担当者にひどい対応をされたという内容です。コロナの流行り始めの時期には、派遣社員の人が人員削減の対象となってしまうことが多く、職場に残っても契約更新期間が短くなるなどの弊害があったようです。

求人内容と違う条件を提示されたという内容です。派遣先企業とのやりとりにより条件が変更される可能性がありますが、WEB上の内容は更新がされていないこともありますので、条件などはスタッフへ念入りに確認することをおすすめします。

遅い時間に連絡が来て、さらに求人応募しても連絡がないという内容です。連絡がない場合は同時並行で進めていた他の求職者に決まってしまったという可能性が考えられますが、ヒューマンリソシアのスタッフに直接聞いてみても良いかもしれません。

まとめ

これまでヒューマンリソシアの特徴やメリット・デメリット、実際の評判などをご紹介してきました。以下が今回のまとめになります。

・ヒューマンリソシア教育事業がバックボーンにある人材派遣会社であり、研修内容がお得に受けられ、内容も充実している。
・幅広い業界や職種の求人を扱っているが、首都圏に求人が集中しているので地方での就業を希望している人は他の人材派遣会社との併用もおすすめ。
・評判については賛否両論だが、求人の内容が実際と違う、条件が下がったという場合にはスタッフからの説明を受けて納得した状態で就業を決定すること。

ヒューマンリソシアはご紹介したように人材派遣会社ですので、最初から正社員を目指している人は人材紹介会社(転職エージェント)を利用するのが効果的です。

また、コロナ禍では求人数を多く保有するためにも、1社のみで求人を探すのではなく、他社サービスをいくつか併用して求人を探すことをおすすめします。

多くの人材派遣会社はさまざまな業界・職種の求人を保有しており、全国展開している大規模な人材派遣会社も存在します。

そのため、ヒューマンリソシアだけで求人を探すのではなく、スタッフサービスなどの派遣会社にも登録して優良求人をひとつでも多く確保しておきましょう。

以下にヒューマンリソシアとスタッフサービスのリンクを掲載しておりますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

おすすめ
  • ヒューマンリソシア株式会社
  • ヒューマンリソシア

  • 登録・利用は無料
  • 仕事をしながらさまざまな講座でスキルアップ

  • 強力な教育事業がバックボーンにある人材派遣会社です。登録者は働きながらさまざまな講座を割引で受講することが可能。スキルアップを図り自分の市場価値をあげていきたい人におすすめです。

webライター
荒井 幹
海外営業、左官工、webディレクターを経て現在はフリーランス。3年ほど前から自身で就職・転職系のメディア運営を手がける。得意ジャンルは転職、ファッション、英語など。趣味はシーシャとダンス。
就職メディア


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!