HOME

>

グッズ

>

【30代】おすすめゴールドカードは?メリットを見極めてベストな一枚を選ぶ

【30代】おすすめゴールドカードは?メリットを見極めてベストな一枚を選ぶ

rokusaku
2021-02-12
2021-02-13

経験と同時に責任も増してくる30代。忙しい日々の中で、プライベートも充実させたいと考える方は多いはず。

友人や大切な人との旅行、食事など、支出の機会が多くなることから、ステータス性の高いゴールドカードを持つ人が増えてきています。

ゴールドカードホルダーだけが受けられるサービスや、優待特典、手厚い旅行保険などメリットはさまざま。活力溢れる30代だからこそ一枚は持っておきたいクレジットカードです。

「審査に通るのが難しそう」
「今までクレカ持ったことないけど、ゴールドカード持てる?」
「自分に合うベストなゴールドカードはどれ?」


気になる疑問に答えていきながら、30代におすすめゴールドカードをご紹介します。

ぜひ30代でゴールドカードを手に入れて、ステータスの高さを実感してみてください。

ゴールドカードは必要?30代で持つメリットはある?【A:YES】

クレジットカードには、手に入りやすいスタンダードカード(一般カード)を始めとして、ゴールドカード、プラチナカード、さらには一握りの人しか持つことができないブラックカードなど、格付けランクが存在します。

それぞれどのような違いがあるのか、利用者の多いスタンダードカード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類について比較します。

クレジットカード ランク比較

スタンダードカード

ゴールドカード

プラチナカード

代表的なクレジットカード

JCB カード W
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

代表的なクレジットカード

dカード
三井住友カードVISAカード ゴールド
JCBプラチナ

年会費

無料〜1,000円台が多い

5,000円以上

数万円〜10万円以上も

利用限度額

〜100万円

〜300万円

〜500万円

保険

付帯なし

旅行:〜5,000万円
買い物:〜500万円

旅行:1億円
買い物:500万円

空港ラウンジ利用

付帯なし

利用可能

VIPラウンジも利用可能

優待

付帯なし

さまざまな優待サービスあり

コンシェルジュサービス付き

審査

学生など収入0円でも通りやすい

世帯年収300万円以上

招待(インビテーション)制の場合が多い

表からも分かる通り、ゴールドカードは一般的に年会費がかかります。

年会費が安いゴールドカードもありますが、ゴールドカードならではのステータス性の高さや、お得な付帯サービス充実した補償内容などを求めると、1万円以上の年会費がかかるゴールドカードが一般的です。

では、ゴールドカードを30代におすすめする理由やメリットについて詳しくご紹介します。

ゴールドカードがワンランク上のステータスを感じさせる

30代男性のイメージ

ゴールドカードを持っていることは、安定して収入を得ていることを意味するだけでなく、厳正な審査に通っていることの証明にもなります。つまり、持っているだけで社会的信用を有している人だと周りは判断してくれます。

30代にとってゴールドカードのステータス性は、ビジネスシーンに限らず、プライベートの対人関係でも有利に働くことは間違いないでしょう。

30代に相応しいラグジュアリーな体験、ゴールドカードの付帯サービス

空港ラウンジのイメージ

ステータスの高さだけでなく、ゴールドカードはラグジュアリーな体験も提供してくれます。ゴールドカードの付帯サービスの中で代表的なものは「空港ラウンジの利用特典」

空港ラウンジとは、空港を利用する乗客が待ち時間などを快適に過ごすことができる施設で、主要な空港に設置されています。

例えば「カードラウンジ」とも呼ばれる空港ラウンジは、プラチナカードやゴールドカードホルダーであれば無料で利用できます。

他にも接待やデートでも使える優待サービスなどもあり、上手に使うことで周りから一目置かれることでしょう。

インビテーションでプラチナカードへアップグレードも

アメックス・プラチナ・カード

インビテーションとは、クレジットカード会社が優良顧客に限定してカードのアップグレードを案内する招待状です。

インビテーションが届かなくても、多くのゴールドカードは直接審査の申し込みができます。

ただ、審査がより厳格なプラチナカードは、多くの場合、インビテーションが届かなければ審査を申し込むことすらできません。プラチナカードや、さらに上のブラックカードを目指す方は、まずはゴールドカードで利用実績を積んでいく必要があります。

ゴールドカードは、クレジットカード最高峰と呼ばれるブラックカードへの入り口でもあるのです。

30代でゴールドカード、40代はプラチナカードとステップアップしたい方は、早めにゴールドカードを手に入れましょう。

30代なら保険内容にも注目、旅行やショッピングも安心

旅行計画

安定した収入があり、活力のある30代なら、年会費がかかるとしても手厚い保険が付帯されたゴールドカードがおすすめ。旅行代金やサービス・商品などの決済をゴールドカードでしていれば、もしものトラブルが起きた場合に頼りになるからです。

各付けランクが下のスタンダードカードは、そうした保険が付帯されていない場合がほとんど。付帯保険はゴールドカードの大きなメリットです。

ちなみに、保険内容が充実しているゴールドカードほど年会費が高くなる傾向にあります。中には保険による支払い限度額が1億円というプラチナカード並のゴールドカードも。

付帯保険はゴールドカード選びの一つの基準になりますので、ぜひチェックしてみましょう。

クレカ初めて、ゴールドカードは作れる?【A:YES】

契約書にサイン

ゴールドカードを作りたいけど、今までクレジットカードを一枚も作ったことがないという方もいるでしょう。

クレジットカードどころか、ローンも組んだことがない方は信用情報が真っさらなことから、「スーパーホワイト」と呼ばれます。

ホワイトと聞くと「ホワイト企業」など良いイメージを持ちやすいですが、信用情報(クレジットヒストリー)が無いために、カード会社がその人の信用度を測れず、審査が通りにくいというデメリットがあります。

だからと言って、諦める必要はありません。そうした方でも審査を通っているゴールドカードをご紹介します。

クレカ初めての方におすすめゴールドカード①
  • dカード
  • dカード GOLD

  • 年会費1万1,000円(税込)
  • ドコモユーザーならdポイントが貯まってお得

  • ドコモケータイやドコモ光の利用料金が1,000円ごとに10%ポイント還元されるので、年会費を無理なくペイできてお得にゴールドカードを持てます。

審査条件:学生を除く満20歳以上、安定した継続収入
付帯サービス:国内とハワイの主要空港ラウンジの利用が無料、他
付帯保険:海外旅行保険最大1億円、国内旅行最大5,000万円
還元率:1ポイント/100円(税込)

dカード GOLDは、収入が安定していれば20歳から申し込みができるゴールドカードです。国税庁の調査でも20歳の平均年収は300万円未満なので、比較的持ちやすいゴールドカードだと言えます。

また、dカードはNTTドコモが発行しているカードなので、毎月ドコモのサービスを利用していている方であれば、過去の支払いなども審査対象になることが考えられます。

30代でスーパーホワイトであっても、ドコモのサービスを利用していて、毎月の支払いに滞りがなければ審査に通りやすいと言えるでしょう。

dカード GOLDは海外旅行保険の支払い限度額が最大1億円に設定されているため、心強いカードです。

年会費は1万円とゴールドカードの中ではスタンダードです。ドコモユーザーであれば、dカード GOLDはdポイントが貯まりやすいので、年会費の元を取るのも難しくありません。30代初めてのゴールドカードとしておすすめです。

クレカ初めての方におすすめゴールドカード②
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • 年会費31,900円(税込)
  • ゴールドカードの代表格、しかし今は審査に通りやすい

  • 初年度特典で合計30,000ポイントが獲得可能。プラチナカード並のステータスや付帯サービスが魅力。持っているだけで一目置かれるゴールドカード。

審査条件:不明
付帯サービス:国内とハワイの主要空港ラウンジの利用が無料、空港VIPラウンジ年会費が無料、ゴールド・ダイニングby招待日和、他
付帯保険:海外旅行保険最大1億円、国内旅行最大5,000万円
還元率:1ポイント/100円(税込)

ゴールドカードの最高峰とも称される、アメリカン・エクスプレス・ゴールド・カード(通称アメックス・ゴールド)。

「クレカ初めてでは審査に通らないだろう」と考える方は多いでしょうが、それは国内での一般的な考え方。日本で唯一の外資系カード会社であるアメックス社は、独自の審査基準を設けています。

一昔前は、年収500万円以上しか審査に通らないと言われていたアメックス・ゴールド・カード。今では年収300万円台で、しかも勤続年数がそう長くない20代の会社員でも審査に通っているという報告があります。

また、「限度額〜万円」など、利用可能枠に一定の基準を設けているのが一般的なクレジットカードですが、アメックス社では会員ごとに支払い能力を審査して、個別に限度額を設定している点が特徴的です。

つまり、限度額を調整することで、幅広い方に利用してもらおうと間口を広くしていることが考えられます。信用情報のないスーパーホワイトの方でも、安定した収入があれば審査に通る可能性は高いでしょう。

信用情報が今まで無かった方でも、クレジットヒストリー(通称クレヒス)を磨くのに適したカードだと言えます。

30代、初めて手にするゴールドカードとして、アメックス・ゴールド・カードはおすすめです。

ゴールドカードの選び方は?【A:メリットに注目】

ゴールドカード

年会費がかかるゴールドカードは、ただ持っているだけでは宝の持ち腐れです。ぜひメインで使えるゴールドカードを手に入れましょう。

ゴールドカードもさまざまありますが、自らのライフスタイルの中でメリットを感じられるカードを選ぶのがポイント。自身のライフスタイルの中でクレジットカードのメリットを活かせたら、毎日はさらに輝かしいものになることでしょう。

メリットの違いに注目しながら、30代におすすめゴールドカードをご紹介します。

30代におすすめ、旅をアップグレードしてくれるゴールドカード

仕事もプライベートも充実させたい30代にとって、気持ちをリセットできる旅行は楽しみの一つと言えるでしょう。

ゴールドカードは海外・国内問わず、旅行の楽しみ方をアップグレードしてくれるサービスが魅力です。

優待特典による一流ホテルの割引や、マイルが加算される機能付きのゴールドカードなど、カードによってメリットが異なるので、旅行で重視しているポイントに合わせて特典が得られるゴールドカードを選びましょう。

旅行に安心・便利なおすすめゴールドカード①
  • 三井住友カード
  • 三井住友カード ゴールド

  • 年会費11,000円(税込)
  • 一流ホテル・旅館の優待、最高のサービスをお得に受けられる

  • 空港ラウンジの利用無料に加え、宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」が提供している価格から5〜7%割引

審査条件:満30歳以上、安定した継続収入
付帯サービス:空港ラウンジの利用が無料
付帯保険:海外・国内旅行保険最大5,000万円
還元率:1ポイント(最大2ポイント)/200円(税込)

「宿泊先にはこだわりたい、でもお得に利用したい」という方におすすめのゴールドカードです。

厳選されたホテルや旅館を紹介している「Relux(リラックス)」のラインナップの中なら、どれも割引価格で利用できるのが魅力。

行動力に溢れた30代にとって、高いメリットを感じさせてくれる一枚になることでしょう。

旅行に安心・便利なおすすめゴールドカード②
  • ANA
  • ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • 年会費34,100円(税込)
  • ANAを利用する方にはメリット豊富なアメックス・ゴールド・カード

  • 入会特典として50,000マイル獲得可能、他にもポイントとマイルが貯まるサービスが豊富。旅行好きの方をサポートしてくれるゴールドカード。

審査条件:不明
付帯サービス:国内外29の空港ラウンジの利用が無料、空港内やANAオリジナル商品の買い物優待、他
付帯保険:海外旅行保険最大1億円
還元率:1マイル/100円(税込)

アメックス・ゴールドは旅行の付帯サービスが充実していることで知られています。中でも、ANAを出張や旅行で利用している方におすすめなのが、こちらのANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。

アメックス・ゴールドならではの手厚い保険に加え、ポイントやマイルが貯まりやすいのが魅力。

30代におすすめ、デートや接待がお得になるゴールドカード

付帯サービスの中でも特に大きなメリットと言えるのが、グルメ優待です。

割引される額が大きいので、グルメ優待を利用して年会費の元を取っている方は多いでしょう。

30代になれば自らセッティングすることの多くなる接待やデート。優待を使うことでお得に、しかもラグジュアリーなひとときをセッティングすることができれば、一目置かれる存在になることでしょう。

グルメ優待がお得、おすすめゴールドカード①
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • 年会費31,900円(税込)
  • グルメ優待がかなりお得、極上のひとときで年会費の元をとる

  • 初年度特典で合計30,000ポイントが獲得可能。プラチナカード並のステータスや付帯サービスが魅力。持っているだけで一目置かれるゴールドカード。

審査条件:不明
付帯サービス:国内とハワイの主要空港ラウンジの利用が無料、空港VIPラウンジ年会費が無料、ゴールド・ダイニングby招待日和、他
付帯保険:海外旅行保険最大1億円、国内旅行最大5,000万円
還元率:1ポイント/100円(税込)

数あるゴールドカードの中でグルメ優待と言えば、他でもなくアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをおすすめします。

数あるゴールドカードの中で、アメックス・ゴールド・カードにだけ付帯されているサービス「ゴールド・ダイニングby招待日和」は、高額な年会費がかかるプラチナカードホルダーや医師が利用できる優待特典です。

「ゴールド・ダイニングby招待日和」とは、200店舗を超える全国の一流レストランの所定のコースメニューを2名以上で予約すると、一名分が無料になる特典です。

しかも何度でも使えます(同じ店舗を続けて利用する場合は半年に1度ずつ)。

中には2万円を超えるコースメニューもあるので、年会費の高いアメックス・ゴールドですが、使い方次第で最もコスパの良いゴールドカードと言えます。

グルメ優待がお得、おすすめゴールドカード②
  • JCBカード
  • JCBゴールド

  • 年会費11,000円(税込)
  • 全国250店舗のレストランで飲食代20%OFFになるグルメ優待が魅力

  • 国内唯一の国際カードブランドJCB。手厚い保険に加え、30代に相応しい一つ上の体験を提供してくれる付帯サービスがラインナップ。

審査条件:学生を除く満20歳以上、安定した継続収入
付帯サービス:国内とハワイの主要空港ラウンジの利用が無料、全国250店舗で飲食代金20%OFF、他
付帯保険:海外旅行保険最大1億円、国内旅行最大5,000万円
還元率:1ポイント/1,000円(税込)

JCBゴールドの魅力は何と言ってもグルメ優待。全国250店舗で、事前予約と専用クーポンを提示し、JCBゴールドで支払いを行えば、飲食代金から20%割引されます。

1万円の利用なら2,000円が割引されるので、レストランをよく利用する方にとって年会費を元を取るのはそれほど難しくありません。

提携しているレストランは全国にあるので、出張や旅行などの際にネットで調べて利用してみるのがおすすめの使い方です。

ゴールドカード、見た目の良さで選ぶならどれ?【A:厳選して2枚を紹介】

クレジットカードを眺める

ゴールドカードと言えば、例外もありますが、その名の通りゴールドに輝く券面デザインが特徴的。一つ上のステージにいる自分を実感できます。

見た目から魅力のあるゴールドカードは、ついつい周りに見せたくなるものですが、そこをグッとこらえてさりげなく日常の中で使うのがゴールドホルダーとしての上品な使い方。

ただ、ゴールドカードは券面の輝きだけが魅力ではありません。描かれたデザインを読み解くことで、ゴールドカードの魅力をより深く感じることができます。

ぜひ手にしたいゴールドカードを2選ご紹介します。

券面デザインが魅力、おすすめゴールドカード①
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • 年会費31,900円(税込)
  • ゴールドカードの中でも一つ上のステータス性を感じさせるデザイン

  • 初年度特典で合計30,000ポイントが獲得可能。プラチナカード並のステータスや付帯サービスが魅力。持っているだけで一目置かれるゴールドカード。

審査条件:不明
付帯サービス:国内とハワイの主要空港ラウンジの利用が無料、空港VIPラウンジ年会費が無料、ゴールド・ダイニングby招待日和、他
付帯保険:海外旅行保険最大1億円、国内旅行最大5,000万円
還元率:1ポイント/100円(税込)

アメックス・ゴールド・カードが放つ存在感は数あるゴールドカードの中でも際立っています。

アメックス・カードの特徴とも言える中央に描かれている人物は、古代ローマで百人隊長と呼ばれた「センチュリオン」。

軍の中核を担っていたセンチュリオンは、古代ローマ人からの信頼が厚かったことで知られ、アメックス社では信頼や尊敬の証として、1958年に初めて発行したクレジットカードからすでに券面の図柄に取り入れています。

初めて発行されたアメックス・カード

現在、審査に通りやすくなったと言われるアメックス・ゴールド・カード、それでも一目置かれるカードであることに変わりなく、見た目もステータス性も30代におすすめのゴールドカードです。

券面デザインが魅力、おすすめゴールドカード②
  • JCBカード
  • JCBゴールド

  • 年会費11,000円(税込)
  • 日本で唯一の国際ブランド、和のデザインが高級感を感じさせる

  • 国内唯一の国際カードブランドJCB。手厚い保険に加え、30代に相応しい一つ上の体験を提供してくれる付帯サービスがラインナップ。

審査条件:学生を除く満20歳以上、安定した継続収入
付帯サービス:国内とハワイの主要空港ラウンジの利用が無料、全国250店舗で飲食代金20%OFF、他
付帯保険:海外旅行保険最大1億円、国内旅行最大5,000万円
還元率:1ポイント/1,000円(税込)

三菱一号館美術館のロゴデザインなどを手がけた服部一成氏による日本の伝統を感じさせるデザインが特徴的なJCBゴールド。

枯山水を思わせるような文様はよく見ると「JCB」の文字をベースにデザインされていることが分かります。日本生まれの国際ブランドであるJCB。日本の文化や誇りを感じさせるデザインは、海外で活躍する30代の心を勇気づけてくれることでしょう。

中央の結び目のようなデザインは「ネットワークの信頼性」や「お客様との縁」をイメージしているとのこと。さまざまな意味が込められたJCBゴールドは、堂々とした風格を感じさせます。

30代が選ぶゴールドカード、メインで使いたくなる一枚がおすすめ

クレジットカード

ゴールドカードはデザイン性や付帯サービスに加え、充実した補償内容も魅力です。長く付き合えるクレジットカードだからこそ、自身のライフスタイルに合ったものを選びたいところです。

今回、数あるゴールドカードの中から、30代におすすめできるカードを厳選してご紹介しました。ぜひ、サービス内容やデザインなどから自分に合った一枚を選んでみてください。

ITと自然を愛するフリーライター
rokusaku
生活に役立つスマホアプリ探しとタバタ式トレーニングを日課にしています。山小屋が好きで息子が大きくなったら魅力的な山小屋を一緒に巡る旅に出るつもりです。おすすめは福島県にある吾妻小屋


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!