HOME

>

スタイル

>

スマイルゼミの良い評判と悪い評判とは?口コミから調査し解説

スマイルゼミの良い評判と悪い評判とは?口コミから調査し解説

記助
2020-07-29
2020-07-29

今では自宅にいながら学習に取り組めるサービスが登場しており、非常に便利な時代になりつつあります。そこで、多くの人から注目されているのがスマイルゼミです。

テレビコマーシャルも頻繁に流れていることから知っている人も多いサービスで、専用のタブレットを使い、効率良く学習に取り組むことができます。幼児から中学生までのコースが用意されています。

そこで今回は、スマイルゼミの特徴やメリットなどの魅力点、さらに口コミによる評判について解説していきます。

そして、「株式会社ジャストシステム」の寺尾さんに取材をしてお話を伺いましたので、ぜひ参考にしてください。

スマイルゼミとは

タブレットで学ぶ中学生向け通信教育「スマイルゼミ」|【公式】スマイルゼミのイメージ画像

スマイルゼミは、タブレットで学ぶ通信教育です。未就学児から中学生までコースが用意されており、学習進捗や理解度に合わせて、一人ひとりに最適なオーダーメイド型のカリキュラムと教材を提供します。

子どもの学習を一番に考えて作った「専用タブレット」で、紙に鉛筆で書くようにタブレットに書いて学ぶことができます。スマイルゼミの基本情報として、概要を説明していきましょう。

スマイルゼミ 幼児コース

スマイルゼミ 幼児コースは、保護者から高い満足度を獲得している通信教育で、下記の分野が学べます。

・ひらがな
・カタカナ
・ことば
・えいご
・ちえ
・かず
・とけい
・かたち
・せいかつ
・しぜん

これらは小学校へ入学するまでに身に付けておきたい分野です。スマイルゼミ 幼児コースでは、「やればできる」経験をたくさん積み上げることを大切にしています。

「やればできる」経験を通して、自分に対する自信を育み、学ぶことの楽しさを知って、「また学びたい」と子どもが自ら学ぶ姿勢を養うことが可能です。

スマイルゼミ 幼児コースの特徴として、幼児1人でも学び進められるように工夫が随所になされていることが挙げられます。専用タブレットは学習しようと思ったときを逃さず、すぐに学習に取りかかれる設計です。

また、これからスマイルゼミを使って文字を覚えていこうというご家庭が多いため、すべて教材を読み上げてくれる機能も搭載しています。

タブレットを起動すると「きょうのミッション」が表示されます。今日は何を学習すべきかリードしてくれるため、幼児1人でも学習に取り組むことができます。

解いた問題は、すぐに自動で丸付けをしてくれるので、集中力を切らすことなく、テンポ良く学習することが可能です。

さらに、間違えた場合にはすぐに正答を見せてしまうのではなく、自分でもう一回考えてみるように誘導するので、根気よく、あきらめずに自分で考える力を育みます。

そして、ペンの持ち方もサポート。学ぶことが初めての子どもでも1人で正しい持ち方を身に付けられます。

子どもの学習に対するモチベーションを向上・維持させるには、褒めることが重要です。スマイルゼミ 幼児コースでは、保護者がずっと付きっきりにならなくても、子どもと一緒に頑張りを確認できるシステムを採用しています。

たとえばひらがなを書いて学んでいる際、タブレットでどのように書いたのかを録画したり、英語の発音練習を録音したり、描いた絵を画像保存したりできます。それらの学習記録を見ながら、学習後に親子で一緒に振り返ることが可能です。

子どもがタブレットで学習した成果に対してはスタンプや手書きのメッセージを書き込んで褒めることができ、それを見た子どもは次も褒めてもらうために学習に取り組みたくなるという仕組みです。

スマイルゼミ 小学生コース

スマイルゼミ 小学生コースは、英語・国語・算数・社会・理科に加えて、漢検ドリル、計算ドリルが学べます。新学習指導要領に対応し、学校での授業の進度にあわせて毎日の学習を行うことが可能です。

小学生コースでも、タブレットの電源を入れたら、「きょうのミッション」が表示されます。「きょうのミッション」では、クラウド上に蓄積した学習履歴から、単元ごとの理解度を分析し、一人ひとりに合わせて今日、学ぶべき講座をリストアップするので、何から手を付ければ良いかわからないということがありません。

一般的に、子どもは自分が好きな科目・単元ばかりを勉強しがちで、苦手意識がある単元はなかなか取り組まないものですが、この仕組みにより、偏ることなく、どの科目・単元もバランスよく取り組むことが可能になります。

また、タブレットならではの特性を活かした教材を提供します。算数では立体を指で動かして展開図を確認する、理科では実験をシミュレーションするなど、自ら教材を「触る・見る・聞く・話す」と体感しながら理解していくので、紙教材ではわからなかったことも、無理なく理解できます。

また、問題を解くとすぐに自動で丸付けがされるので、自分がどう考えてどう解いたのかを覚えているうちに正誤がわかり、間違えた場合には考え方や解き方の解説をその場で受けることが可能。苦手を苦手なままにせず、無理なく学力向上を狙えます。

スマイルゼミ 中学生コース

スマイルゼミ 中学生コースは、部活動などで時間がないなかでも、効率よく勉強し、志望校合格を実現することを目的としています。

教科書準拠で、授業の進度に合わせた学習が可能です。クラウド上に蓄積した学習履歴から一人ひとりの理解度や学習進捗を分析し、優先度や取り組むべき問題のレベルを判断して、“自分専用のカリキュラム”をリアルタイムに生成し、個別配信するのが最大の特徴です。

「何を、いつまでにやるのか」「今日は何をするのか」を具体的に提示し、成績アップのために必要な教材だけを個別配信します。「スマイルゼミ」の誘導に従って学習を進めるだけで、効率的に無駄なく学習が行え、定期テストでの成績アップが狙えます。

日々の学習においては、蓄積した学習履歴から教科、分野ごとに学力を指標化したデータと直近の学習結果を総合的に分析し、「今日のミッション」として、今取り組んで効果がより上がる教材を高精度に提示します。

また、定期テスト2週間前になると、「定期テスト対策モード」に切り替わり、テスト範囲と自分の理解度に合わせ、最も効果的なカリキュラムを組み、対策教材を生成します。苦手と判定された単元や、未履修の単元には「優先」マークが表示されるので、やり残しも防ぎます。

主要5教科に加え、音楽・美術・保健体育・技術家庭といった実技4教科にも対応。内申点で重視される実技教科の対策まで行える点も魅力的です。

さらに、単元や学ぶ内容にあわせて、文字による解説、アニメーションによる解説、映像授業による解説と、最適な解説方法を組み合わせているので、効率的かつ効果的に理解を深めることができます。

タブレットなので、リビングや外出先など場所を選ばずどこでも取り組めるので、自分のペースで進めやすい点も見逃せないポイントです。

スマイルゼミのメリット

株式会社ジャストシステム提供画像

株式会社ジャストシステム提供画像

スマイルゼミが多くの人から支持される理由とは何なのでしょうか。ここからは、スマイルゼミのメリットについて見ていきましょう。

苦手を苦手のままにしないシステム

スマイルゼミのメリットは、苦手な点をそのままにせず、その場で正誤がわかり、内容に合わせて最適な方法で解説を受けられる点です。

間違えた問題は、後日優先的に出題されるので、自然と反復学習でき、無理なく克服できます。また、正解した問題も、一定の時間が経過したら、再度取り組むよう促すので定着をはかることができます。

新学習指導要領に対応している

2020年度から、小学校の学習指導要領は大きく改訂されました。小学生ではプログラミングが必修化されるなど、新たな時代に突入したといえるでしょう。

その点についても、スマイルゼミは新学習指導要領に完全対応しているため、英語やプログラミングなども家庭でしっかり取り組めます。

タブレットならではの学習

今の子どもたちは、習い事や部活など忙しい毎日を送っています。そんな忙しい毎日でも、スマイルゼミなら、教科書や筆記用具などといろいろ用意しなくても、タブレット一つで場所を選ばず、ちょっとした隙間時間に取り組むことが可能です。

また、「触る・見る・聞く・話す」と体感しながら学べるので、紙の教材ではわからなかったことも、より理解が深まるというメリットもあります。

スマイルゼミにデメリットはある?

タブレットで学ぶ小学生向け通信教育「スマイルゼミ」|【公式】スマイルゼミのイメージ画像

スマイルゼミは、多くの人から支持されている人気の学習サービスですが、デメリットとして挙げられる点について、寺尾さんにお聞きしました。

中学受験には、+αで専用の対策も

ネット上にはほぼデメリットが見受けられないことから、スマイルゼミが多くの人から評価されている通信教育であることは間違いありません。寺尾さんにスマイルゼミのデメリットについてお聞きしました。

「あえて挙げるとすれば、スマイルゼミの唯一のデメリットといえる部分は、中学受験における学校別の対策に対応していないことです。スマイルゼミは学校の学習をサポートするために使うもので、基礎学力は十分に身につきますし、スマイルゼミ 小学生コースの発展クラスなら、中学受験が視野に入る実力の養成も可能です。しかし、中学受験には、+アルファで志望校別の対策が必要です。志望校別の対策を行いたい場合は、志望校の入試問題対策に特化した塾などを利用した方が良いですね。」

学校で習う学習範囲をきっちりと身につけたい場合には、塾よりも、スマイルゼミの方が十分な学習量がありますし、自分のレベルに合わせたカリキュラム・教材法が生成されますので進めやすいでしょう。

スマイルゼミの口コミを調査

ここからは、スマイルゼミの口コミについて見ていきましょう。

一人ひとりに合った学習プログラムを生成してくれる

スマイルゼミの口コミで、一人ひとりに合った学習プログラムを生成してくれることは、高い評価を獲得しています。この点について、寺尾さんに話を聞きました。

「スマイルゼミでは、お子様自身の学習状況と、全国の会員の中で成績優秀なお子様の学習パターンなどの情報を組み合わて、一人ひとりに最も効果的な学習カリキュラムを生成しています。毎日の学習でも、タブレットの電源を入れれば、今日学ぶべき講座のリストがすぐに表示されます。自分がやるべき学習に自然と取り組める点は、評価されていますね。これを勉強しておけば大丈夫というミッションが与えられるので、お子様からしても何をすべきかわかりやすく、取りかかりやすいと言えます。」

保護者が子どもの勉強の成果に対してコメントができる

スマイルゼミでは、毎日の学習を継続できる点が口コミで評価されています。寺尾さんに聞いたところ、「幼児コース、小学生コース、中学生コースともに、それぞれの年代のお子様の成長にあわせて、学習を続けたくなる仕組みを随所に採り入れています。たとえば、幼児コースでは、勉強の成果を保護者と一緒に振り返りができる点が評価されていますね。今日勉強した内容のまとめが録画や録音、画面ショットの保存としてタブレットに表示されて、お母さんがハナマルを付けられるんです。保護者に褒められるとお子様は嬉しいですし、それがモチベーションに繋がっています。」

保護者から褒められるために子どもは勉強を頑張る、そして保護者も子どもの学習内容をしっかりと確認できるため、どちらにとっても良い仕組みとなっていることがわかります。

1講座が短時間なので取り組みやすい

スマイルゼミが高く評価されている点に、1講座が15分と短時間で取り組めるように設計されているため、学習に取り組みやすいというものが挙げられます。この点についても、寺尾さんに話を伺いました。

「習い事をしているお子様からすると、なかなか忙しく学習時間を確保できないという問題も考えられます。スマイルゼミでは、講座の一つひとつは短時間でも学び終えられるようにすることで、朝、学校に行く前や、習いごとの待ち時間などちょっとした隙間時間を、学習時間として使えるようにしています。1回1回は短時間でも、トータルすると1時間以上取り組んでいるというスタイルは、利用者からも評価されています。」

集中力をキープしやすい15分間という1講座に対する学習時間と、楽しく勉強できる内容で、無理なく取り組めるのは高評価に繋がっている理由です。

学習が継続できるか不安に考えている声もある

良い口コミだけでなく、きちんと学習に取り組めるか心配している声もあります。なかでも、学習が継続できるか不安という声が少なくありません。不安を払拭するための対策について、寺尾さんにお聞きしました。

「スマイルゼミでは、1つの講座が15分程度と短いため、集中力が持続しない子どもでも取り組みやすくなっています。さきほど説明したとおり、隙間時間をうまく活用してスマイルゼミに取り組んでいるお子様も多いです。長時間の学習を前提にせず、短時間の学習でもきちんと効果を実感できることで、やる気が継続しているようです。」

まとめ

自宅にいながら気軽に取り組めますし、理解度や進度に合わせて、一人ひとりに最適なカリキュラムや教材を生成し、配信してくれる点は、高評価を獲得している理由となります。

楽しく学べる、継続して取り組める点は、子どもが学習するうえで非常に重要な要素といえます。また、スマイルゼミなら、保護者も無理せずに、子どもの学習を見守ったり、褒めてあげることが可能。保護者の適切なフォローは、子どものモチベーションアップにつながり、学習習慣の定着にも、学力の向上にも効果が期待できます。学校の授業のサポートとして、幼児の学びとして、ぜひスマイルゼミを活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ!
  • 株式会社ジャストシステム
  • スマイルゼミ

  • 月額2,980円~
  • タブレットで気軽に学べる学習サービス

  • スマイルゼミは、幼児コースから中学生コースまである学習サービス。一人ひとりに合った内容をもとに学習することが可能。

タブレットを使い効率良く学べる点は、スマイルゼミの大きな特徴です。塾に通わず自宅や好きな場所で、好きな時間に学習できるのは、まさにこれからの時代に沿ったスタイルといえるでしょう。

記助
大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!