HOME

>

>

マイク命のYouTuberがハマった RODE「Wireless Go」【Moovooモノ語り】

マイク命のYouTuberがハマった RODE「Wireless Go」【Moovooモノ語り】

ワタナベカズマサ
2020-08-04
2020-08-04

ワタナベカズマサ
ガジェットをこよなく愛する北海道在住のYouTuberです。2016年よりWEBマーケティング事業を展開し、自ら合同会社Fulfillingを立ち上げて現在も代表を務めています。2018年よりガジェット系YouTuberとして本格始動。スマートフォンやタブレット、PCなどのガジェット全般やワイヤレスイヤホンなどのオーディオ関連機器、カメラや撮影機材に至るまで幅広くガジェットレビューを発信中です。物欲MAXで大人のロマンを追い求めるチャンネルを運営しています。
連載「Moovooモノ語り」
その道の著名人や専門家が愛用品へのこだわりと、それにまつわる物語を綴る連載、「Moovooモノ語り」。第6回目となる今回は、ガジェットをこよなく愛するYouTuberのワタナベカズマサさん。

今回はYouTuberとして活動している中でも特に、撮影機材で使用頻度が高く気に入っている商品を一つ紹介していきます。記事一覧は以下のリンクから。

YouTuberの中でも人気のマイク

私の場合はガジェット系YouTuberということもあるのでやはり撮影機材にはこだわりを持っています。
少しでも動画の品質を上げていきたいという気持ちも強いですし、撮影にかかる負担を少なくしたいという気持ちもあります。そのためには便利で使いやすい撮影機材を揃えるのが一番です。

今回紹介するのは私のお気に入りのワイヤレスマイクRODE「Wireless Go」になります。
こちらはすでにYouTuberの中でも使っている人が非常に多い人気のマイクです。私もこちらが発売になった当時に購入して現在も愛用し続けています。

おすすめ
  • RODE(ロード)
  • Wireless GO

  • 税込み23,100円
  • 世界最小のワイヤレスマイクシステム

  • さまざまなシチュエーションに最適。送信機にはラベリアマイク内蔵なので、複数台のカメラ撮影時や、外撮影でも、快適に安定したいい音で余裕の収録。

視聴者の指摘で気づいた「マイク命」

喋っている声が安定しなかったり、ノイズが多い音声だとYouTubeを見る側も辛くなってくるので動画を最後まで見てもらうのが難しくなります。
もちろん画質にもこだわりを持っていますが、画質はある程度綺麗であれば問題ありません。それよりもこだわるべきなのは誰もが聞き取りやすい音声だと思います。

私も最初にYouTubeを始めた頃はマイクの音にこだわりがなく、カメラの内蔵マイクでそのまま撮っていた時期もありました。それから安価な外付けマイクを購入して続けていましたが、視聴者さんのコメントで「音がよくない」とか「音にはこだわらないんですか?」といった声も目立つようになってきました。

その頃から視聴者がより快適に動画を見られるようにするには「マイクが重要」ということに気がついたのでより快適に安定したいい音で動画を撮れるように工夫しようという気持ちが強くなりました。

カメラ側に受信機、自分自身に送信機を装着

カメラ側に受信機を装着

自分自身に送信機側のマイクを装着

RODE「Wireless Go」はワイヤレスマイクなので、カメラ側に受信機を装着して自分自身に送信機側のマイクを装着します。
するとカメラとある程度距離が離れても自分の喋っている声が安定して収録できるようになります。

一般的にYouTuberが使っているマイクはカメラの上に装着するガンマイクが主流だと思いますが、ガンマイクの場合はカメラ正面の位置から外れてしまった時に収録できる音が小さくなったりして安定しません。

その点、ワイヤレスマイクの場合はカメラ(マイク)の位置と自分の位置を全く気にすることなく撮影してもずっと安定した音声で撮り続けることができます。

私の場合はこのマイクを毎回必ず使っているわけではなく、使う必要があると感じているときに使っています。
例えばカメラ正面からトークするだけの動画の場合はガンマイクの方が音声は綺麗に収録できるのでそっちを使います。

利用シーンは無限大!

複数台のカメラでマルチアングルの撮影を行う場合などはマイクの位置を意識して喋るのが難しくなるのでRODE「Wireless Go」を使うようにしています。

他にも利用シーンは無限大で、カメラから数メートル離れて撮影するときなどもガンマイクだと喋っている声を大きく撮るのが難しいですが、ワイヤレスマイクなら余裕です。驚くことにメーカーによると最大で70mくらい離れていても収録できるらしいですよ。

私はそこまでカメラから離れて撮る機会はないですが、外撮影などで使う場合などもこれだけ離れて使えるというのは魅力的だと思います。

さらなるサウンドクオリティを求めて

ピンマイクを接続して使うこともできます

RODE 「Wireless Go」は本体にもマイクが付いているのでピンマイクなしでも使えますが、よりいい音で撮りたい場合はピンマイクを接続して使うこともできます。

最近は完全にRODE 「Wireless Go」とRODE 「Lavaier Go」のセットで使っていますが、安定していて使い勝手も音質も十分かと思っています。

ワンオペYouTuberの心強い味方

マイク沼は一度ハマるとなかなか抜け出せないもので、今でももっと快適にいい音で収録したいという気持ちは強いです。現状だとこのセットはなかなかに使いやすいのでワンオペで撮影をしなければならないYouTuberにとっては心強い味方になってくれると思っています。

おすすめ
  • RODE(ロード)
  • Wireless GO

  • 税込み23,100円
  • 世界最小のワイヤレスマイクシステム

  • さまざまなシチュエーションに最適。送信機にはラベリアマイク内蔵なので、複数台のカメラ撮影時や、外撮影でも、快適に安定したいい音で余裕の収録。

※商品金額は2020年7月時点のAmazon価格となります。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!