HOME

>

フード

>

おすすめキムチ10選!キムチ選びのポイントは?

おすすめキムチ10選!キムチ選びのポイントは?

jpno
2020-04-26
2020-05-29

監修者

  • 管理栄養士・料理家
  • 内藤まりこ

  • 18年の料理講師の経歴と管理栄養士の知識から、「食をカスタマイズする」をモットーに健康で美味しい料理を提案している。 他フードコーディネート、フードフォト、レシピ動画など視覚的な食から、企業のメニュー開発などの食のPR、ダイエット相談や栄養相談、栄養講座、食育講演会、コラムの執筆などヘルスケアに関する食まで幅広い分野で活動中。

キムチにはどんな種類がある? おすすめキムチもご紹介!

食卓のキムチ

キムチといえば「韓国」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、日本の食卓にも非常に馴染み深い食材の一つです。ごはんのお供としてそのまま食べるだけでなく、豚キムチなどのおかず料理などにも幅広く活躍しています。しかし、スーパーの売り場にはたくさんの種類のキムチが陳列しており、どれを選べば良いか悩んだことのある人も多いはずです。今回はキムチの種類や選び方をご紹介するとともに、おすすめ商品を10選ピックアップしてご紹介します。

まずはキムチにはどんな種類のものがあり、それぞれどのような特徴があるのかをご紹介していきます。キムチと言っても、その味や辛さはさまざまです。自分や家族の好みに合わせて、食べやすくおいしいキムチ選びの参考にしてみてください。

キムチの種類を知ろう! 使われている食材をチェック

キムチには種類があり、使われている食材もさまざまです。まずはどのような種類のキムチがあるのかを知っておきましょう。

まず、ポピュラーなものとして白菜を漬け込んだキムチがあります。これは「ペチユキムチ」と呼ばれ、一般的に「キムチ」と言えば白菜のキムチを思い浮かべる人も多いでしょう。スーパーでも手軽に手に入り、さまざまな辛さのものが販売されています。

「カクテキ」と呼ばれるキムチは、大根をサイコロ上に切って漬け込んだものです。大根特有の、歯ごたえがある触感が特徴です。

他にも「オイキムチ」と呼ばれる、キュウリに切り込みを入れ、そこにキムチの素を挟んでいるものや、からし菜の「カトキムチ」、若ネギの「バッキムチ」、青唐辛子の「プッコチユキムチ」などがあります。

美容効果にも期待! キムチの効果をチェックしておこう

「キムチが美容に良い」と聞いたことはありませんか。なんとなく体に良いことはしっているけど、具体的にどのような効果が期待できるのかを知っておきましょう。

まず、キムチは発酵食品であることから、熟成することで乳酸菌が増加していきます。乳酸菌は腸内の酸度を下げて、有害菌の増加を抑制してくれる効果があります。腸内環境を整えてくれることで、便秘によるニキビやむくみ解消の期待ができるのです。

また、キムチを漬ける際に使用する唐辛子には、胃液の分泌促進・消化を助けるカプサイシンが豊富に含まれています。加えて、ビタミンA・ビタミンCの含有量も豊富なため、抗酸化作用を通じて老化を抑制する働きがあります。

キムチはいろいろな食べ方ができる! 毎日の食卓にキムチを

漬物のイメージがあるキムチですが、白いご飯と一緒に食べる以外にもさまざまな食べ方ができます。いろいろなアレンジレシピを知っておき、毎日の食卓にキムチを取り入れてみてください。

キムチと相性の良い食材として人気なのが「納豆」。納豆とキムチを混ぜ合わせて食べるだけで、醗酵食品×発酵食品の相乗効果が期待できます。また、納豆キムチにオリーブオイルをスプーン一杯程度混ぜるのもおすすめ。よりマイルドな味わいになります。

また、卵との相性もよくさまざまなレシピにアレンジできます。キムチオムレツ、キムチ入りのたこ焼き、キムチ入り卵焼きなどは、ぜひ一度試していただきたいおすすめレシピです。小さなお子様がいる家庭では、卵焼きやたこ焼きにキムチを入れる際には、チーズも一緒に混ぜると、よりマイルドな味わいになりキムチの辛さが気にならなくなるのでおすすめです。

国産か、韓国産かをチェック!

韓国産のキムチは数日間の発酵を経て製造されるため乳酸菌が多く辛みと酸味が特徴です。
一方、国産キムチは日本人好みにあっさりした辛さに仕上げられています。国産白菜は水分が多くみずみずしい食感なのに対し、韓国産は水分が少なく、シャキシャキした味わいです。
どちらもそれぞれに特徴が異なるので、お好みで選びましょう。

おすすめのキムチ10選! お気に入りを見つけよう

ここからは具体的に、どのようなキムチがおすすめかをご紹介していきます。前述した選び方のポイントや、キムチの種類を参考にしながら、自分好みのキムチを探してみてください。いろいろなキムチを試してみて、それぞれの違いや特徴を見つけるのも、キムチの楽しみ方の一つです。

おすすめ①
  • 大象デサンジャパン株式会社
  • 宗家白菜キムチ

  • 税込み950円
  • そのままでも!料理にも!

  • 本場韓国から仕入れた味!開封後は家庭で好みの熟成度まで発酵させて食べることが可能。そのまま食べても、アレンジしても美味しい!毎日の食卓に欠かせない、常備キムチとしておすすめ!

大象デサンジャパン株式会社の「宗家白菜キムチ」は、そのまま食べても美味しく、各種料理の具材としても美味しく食べられる白菜キムチです。パウチタイプになっており、中にはカットされた白菜キムチが封入されています。

あっさりとした味わいが特徴で、食べやすくシンプルな宗家白菜キムチ。本場韓国から仕入れており、家庭で好みの熟成具合まで発酵させて食べることができます。ごはんのお供としてはもちろん、キムチ鍋や豚キムチなど毎日の食卓に欠かせない常備キムチとしておすすめです。

おすすめ②
  • マルセイ
  • はんごろしキムチ

  • 税込み800円
  • 国産の激辛野沢菜キムチ!

  • 昔話からヒントを得てつくられた、国産の超激辛野沢菜キムチ。長野県の方言である「はんごろし」とは、炊いた米をつぶした餅のこと。米のつぶし具合によって食感や味が変化することをヒントにつくられたキムチ。

マルセイの「はんごろしキムチ」は、炊いた米のつぶし具合で、変化する味と食感をヒントにつくられた、国産の超激辛野沢菜キムチ漬です。

「はんごろし」とは、昔話に登場する言葉でもあり、長野県の方言で餅米を半分つぶして作ったおはぎのことを指します。また、類似語で「みなごろし」とは良くついた餅のことを指します。このキムチは、炊いた米のつぶし具合で、味や食感が変化することに注目してつくられたキムチ。通年発売されている「通常タイプ」と、冬季にのみ発売される「生タイプ」があります。

おすすめ③
  • やがちゃんキムチ
  • 頂 無添加450g

  • 1,780円
  • アミノ酸も酵母エキスもすべて無添加!

  • キムチの「頂」の味。アミノ酸や酵母エキスなど、すべてが無添加でつくられた白菜キムチ。塩漬け用の塩には宮古島産の雪塩を使用し、味付けには牡蠣やホタテを仕込んだ無添加のヤンニョムジャンを使用。

やがちゃんキムチの「頂 無添加450g」は、アミノ酸も酵母エキスも無添加でつくられたキムチです。

「頂」の製造では、塩漬けに使う塩は宮古島雪塩を使用し、それに昆布やしいたけホタテなどの天然素材を加えています。重石を使用せずに漬け込むため、白菜が痛まず、ソフトな食感と旨味がたっぷりといきわたったキムチに仕上がります。漬け込んだ白菜には、牡蠣やホタテを仕込んだ無添加のヤンニョムジャンで味付けを施します。

※商品リンク先の販売量が異なっている場合がございます。

無添加で作られる贅沢なキムチ

頂は名前の通り、無添加で原料にこだわったキムチです。
旨み成分であるアミノ酸をくわえずに鶏・豚スープや海鮮素材を贅沢に使用して美味しさを生み出しているのが特徴です。
カット白菜を漬け込むことで、シャキシャキとして歯ごたえも楽しめます。
おすすめ④
  • 東海漬物
  • こくうま 320g

  • 税込み370円
  • コク味・うま味・辛味のバランスのとれたキムチ。

  • 唐辛子と魚介エキスでつくられた、国産の白菜キムチ。コク味・うま味・辛味のバランスがとれた味わいが特徴で、白いごはんに合うように、ホタテエキス・カキエキスなどを使用!

東海漬物の「こくうま 320g」は、唐辛子と魚介エキスを使ってつくられた白菜キムチです。コク味・うま味・辛味のバランスのとれた味わいが特徴で、より一層ごはんにあうように、ホタテエキス・カキエキス・醤油を新たに使用しています。

使用する白菜には国産のものを使用。製造過程において、雑菌だけでなく乳酸菌や酵母菌の増殖抑制を図り、加えて窒素ガスを充填包装することで、賞味期限まで美味しく味わうことができます。

子どもでも食べやすいマイルドキムチ

みずみずしい国産の白菜を使用しているので、さっぱりした味わいが特徴です。辛さもマイルドで甘さもプラスされているので、子どもでも比較的食べやすいです。
ホタテエキス・カキエキス・醤油を新たに使用することで、ごはんに合うキムチに仕上げています。
おすすめ⑤
  • 韓国農協
  • 白菜キムチ 1kg

  • 税込み1,950円
  • 白菜半株を丸ごと漬け込んだキムチ

  • 約1kgの白菜半株を丸ごと漬け込んだキムチ。丁寧に葉の一枚一枚に薬味を塗り込んで製造するため、白菜全体にしっかりと味が染み込んでいます。日に日に熟成していく、深い味わいを楽しめます。

韓国農協の「白菜キムチ 1kg」は、白菜半株を丸ごと漬け込んだキムチです。たっぷりの薬味と一緒に漬け込んでおり、日を追うごとに深い味わいへと熟成していきます。

製造過程において、白菜の葉一枚一枚に薬味を塗り込んでいるので、すみずみまでしっかりと味が染み込み、日を重ねていくにつれて味わい深くなっていきます。キムチビビンバや豚キムチなど、さまざまなアレンジレシピにも活用できるキムチですので、毎日食べて熟成する過程も楽しめます。

ボリュームたっぷりの本格キムチ

原料にはいわしのエキスやアミの塩辛、昆布エキスなど、天然の旨み成分がたっぷり使用されています。特徴は白菜の半割を丸々漬けたキムチなので、カットする手間はありますが茎や葉を自分好みに分けて食べることができます。
おすすめ⑥
  • 韓国農協
  • チョンガクキムチ1kg

  • 税込み1,450円
  • 日本にはない歯ごたえが特徴

  • 韓国で馴染み深い大根の一種である「チョンガク」を漬け込んだキムチ。日本にはない、独特の歯ごたえと旨味が特徴のキムチです。韓国では広く馴染みのあるキムチの一つです。

韓国農協から発売されている「チョンガクキムチ1kg」は、韓国でとれる大根のキムチです。日本にはない、コリコリとした歯ごたえが特徴で、そのままはもちろん、ご飯のお供として食べても美味しい一品です。

チョンガクとは、形が未婚男性の髪型に似ていることから名付けられた名前。韓国では馴染み深い大根の一種です。いわしエキスや、えびの塩辛、しいたけ、しょうが等と一緒に漬け込んだ、独特の旨味と深い味わいが特徴のキムチです。

おすすめ⑦
  • ほし山
  • きゅうりキムチ 300g

  • 税込み750円
  • 手づくりにこだわった専門店のキムチ

  • 国産きゅうりのみを使用した、キムチ専門店のオイキムチ。創業50年、出荷するその日にキムチのタレを塗り込んで出荷しているこだわりのキムチ。コクのある深い味わいのきゅうりキムチ。

キムチの専門店である、ほし山の「きゅうりキムチ 300g」。きゅうりは国産のみを使用し、その中からまっすぐに成長したものだけを厳選して漬け込んでいます。まっすぐに伸びたきゅうりを使うことで、塩漬けにする際やキムチのタレを塗りこむ際に、均等に味が染み渡ります。

使用するキムチのタレには、新鮮なアミえびの塩辛をたっぷりと練りこんでいます。このことにより、味にコクが生まれます。他にも、青森県産のニンニク、天日干しの韓国産唐辛子などを使用しています。

キムチ専門店の作る本格オイキムチ

国産のきゅうりのみを使用し、塩漬けの段階でムラができないように形の揃ったきゅうりを使っています。
あみの塩辛と一緒に漬け込んでいるので、天然のアミノ酸がたっぷり味わえおすすめです。
おすすめ⑧
  • 大黒や
  • チャンジャ大根キムチ 300g

  • 税込み682円
  • 技ありのチャンジャ大根キムチ

  • 大根のコリコリとした食感と、チャンジャの柔らかい食感が特徴のチャンジャ大根キムチ。白いご飯のお供にぴったりの一品です。辛味に加えて、香ばしさがあり、さっぱりとした味わいが魅力。

韓国のキムチを多く取り扱う大黒やの「チャンジャ大根キムチ」は、大根キムチとチャンジャを組み合わせた、ごはんに良くあう一品です。大根のコリコリとした食感と、チャンジャの柔らかい食感が特徴。

ただ辛いだけではなく、チャンジャやごま油が入っているので、香ばしさがある点がポイント。大根は国内産のものを使用。漬けたてのキムチを新鮮なまま味わうため、機密性の高いパッケージに封入しています。

おすすめ⑨
  • ハンウル
  • 韓国産無添加白菜キムチ・熟成用辛口 1kg

  • 税込み1,188円
  • 韓国トップブランドの無添加白菜キムチ!

  • 旨味調味料を使用せず、辛口に仕上げた韓国産の白菜キムチ。葉の一枚一枚に、丁寧にヤンニョムを塗り込んでいます。韓国トップブランドの無添加白菜キムチです。

ハンウルの「韓国産無添加白菜キムチ・熟成用辛口 1kg」は、旨味調味料を使わず、切れ味の良い辛口に仕上げた韓国産のキムチです。韓国産の白菜は、葉の緑の部分が多く水分が少ないため、塩漬けする時の重石がなくても十分にします。そのため白菜本来の旨みが損なわれることがありません。

ハンウルのキムチは、白菜の美味しいところだけを使用して作られています。葉の一枚ずつに丁寧にヤンニョムを塗りこんで製造するため、自然な旨味がある点が特徴です。

おすすめ⑩
  • 大黒や
  • 元祖長芋キムチ

  • 税込み1,760円
  • 北海道産の長芋を使用!

  • 選び抜かれた北海道産の長芋を使用したキムチ。新鮮で噛みごたえがあり、はじめた食べた人も驚くほど。食感を楽しむために大きめにカットしています。

大黒やの「元祖長芋キムチ」は、厳選した北海道産の長芋を使用したキムチです。食べた人が思わぬ美味しさに驚き、リピーターが続出している大黒やの長芋キムチ。

長芋の新鮮で噛みごたえのある食感が魅力で、一つ一つしっかりした食感を楽しめる大きさにカットしています。キムチ作りの鍵であるヤンニョムジャンは、こだわり抜いた自家製のものを使用しています。

いろいろ食べてお気に入りのキムチを見つけよう!

白菜キムチ

今回はおすすめのキムチをご紹介するとともに、キムチの選び方や種類、栄養や体にもたらす効果についてご紹介してきました。「キムチ」と一言で言っても、その種類や味はさまざまです。たくさんあるキムチの中から、自分や家族の好みに合った一品を見つけだしてみてください。発酵食品であるキムチ、整腸効果などさまざまな効果を期待できますので、ぜひ毎日の食卓に取り入れてみませんか。

原材料と旨み成分でで味が決まる

調味料の旨み成分と発酵過程によって特徴が異なります。旨み成分では中でも青魚のエキスを使用したものはコク深いパンチの効いた味わいなので、より本格的な味を楽しむことができます。また国産のキムチはあっさり、韓国産のキムチは発酵に数日かけることが多く、深みのある熟成された味を楽しむことができます。
  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!