HOME

>

スタイル

>

アートネイチャー発毛剤「ラボモ」の成分・効果を検証【使い方も解説】

アートネイチャー発毛剤「ラボモ」の成分・効果を検証【使い方も解説】

matsumura
2020-03-27
2020-05-19

林修先生のCMなどでおなじみ、アートネイチャーのミノキシジル配合発毛剤「ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5」。育毛剤や発毛剤を調べていく中で、目にした方も多いのでは?

この記事では、ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5の成分・効果・購入情報などをご紹介し、使い方も解説します。ラボモ発毛剤の購入をお考えの方は参考にしてください。

「アートネイチャー」とは

アートネイチャー提供

男性の頭髪に毛を結びつけているCM、テレビで一度は見たことがありませんか?あの「アートネイチャー♪」というメロディは耳に残りますよね。

アートネイチャーは男性、女性、年齢問わず髪の悩みを持つ人に製品とサービスを提供する総合毛髪企業です。増毛の印象が強いアートネイチャーですが、主に「増毛」「ウィッグ」「発毛&育毛を促すヘアケア」を主軸とした製品やサービスを展開しています。

世の中には育毛剤やスカルプケア剤などの製品が溢れていますが、発毛剤は唯一、髪の毛を生やす効果が厚生労働省によって認められた製品で、その成分や使い方には特徴があります。

「ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5」はどんな発毛剤で、どんな効果があるのか?本当に毛が生えるのか?そんな疑問を解消します。

アートネイチャーが調査!髪のお悩みの実態

アートネイチャーが全国の男性400人を対象にした”薄毛のケアに関する調査”によると、自身の頭髪に関して薄毛がどの程度気になるかという問いに、74.9%が気になるという回答をしています。

また、薄毛が気になる人が実際に行っている髪・頭皮のケアに関する質問では、20代の13%が発毛剤を使っていることが判明しました。

この数字は、仮に会議で10人の男性が集まったとすると、メンバーの1人は発毛剤を使っているかも!という計算になります。発毛剤はまだまだ先…と思っていても、身近な人は既に薄毛や脱毛ケアをしているかもしれません。

と言うのも、薄毛や脱毛は多くの人が必ず直面する問題です。

女性よりも男性の方が髪の悩みを持つ人は多く、加齢によって髪の毛が減ってくるので、いつかは薄毛ケアを始める必要があります。

ラボモシリーズとは

アートネイチャーの「ラボモ」シリーズは育毛を目的としたヘアケアブランドです。

①カウンセリング②サロンケア③ホームケアを継続的に行うことで、抜け毛を防いで健康な髪を生やす環境を整えてくれます。

薄毛や脱毛の原因は人それぞれです。飲酒やタバコなどの生活習慣が影響している場合や、遺伝や体質で髪の毛が抜けやすい人もいます。

ラボモ 育毛コースでは、客観的に自分の悩みタイプを分析して、効果的な対策を提案してくれるので、しっかりと根拠に基づいた育毛ケアができるんです。

なぜ発毛剤なの?

増毛やウィッグといったサービスがあるのに、なぜアートネイチャーが発毛剤を提供するのでしょうか?

これは、増毛をするにしても自毛がなければ毛を結びつけられないから。結びつける自毛がないと、毛髪の全体量を増やすことが難しくなります。

また、頭皮から毛髪が抜けて、毛根がなくなると皮膚化してしまいます。一旦皮膚化してしまうと二度と毛は生えてこないため、どんなケアをしても効果が出にくくなってしまうのです。

なるべく長い期間、豊かで健やかな髪の毛を維持するためには、髪の毛がなくなる前に薄毛ケアを始めた方がよいので、発毛剤での薄毛ケアが必要だと考えられます。

ラボモ発毛剤の成分・効果・副作用

発毛剤

  • アートネイチャー
  • ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5

  • 税込み6,960円
  • ミノキシジルを5%配合した発毛剤

  • 50年以上、髪の悩みに向き合ってきたアートネイチャーが開発した男性用発毛剤です。男性型脱毛症において、有効成分が髪を生やしながら、抜け毛の進行を防いでくれます。

ラボモ発毛剤にはどんな成分が配合されているのでしょうか。
下記に各成分の効果や作用をご紹介します。

有効成分:ミノキシジル 5.0g(100mL中)
その他成分:エタノール、1,3- ブチレングリコール、プロピレングリコール、pH調整剤

ラボモ発毛剤の成分について

・ミノキシジル…日本で最も使われている発毛成分で、AGA治療薬や市販の発毛剤に含まれています。日本皮膚科学会の説明でも、その効果が表記されています。

毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促す成長因子を出させる作用があります。

日本皮膚科学会HP

ラボモ発毛剤に含まれるミノキシジルが毛周期の成長期に働きかけることで、毛髪を長くして、数を増やしてくれます。

ミノキシジルは、男性用商品では成分中の濃度5%まで、と厚生労働省によって決められています。

ラボモ発毛剤には、その濃度の上限にあたる5%が含有されているので、市販されている製品の中では最も高い濃度で有効成分を含んでいると言えます。

・その他成分…2種類の保湿剤は頭皮環境を整える作用があります。潤いを保ちながら、頭皮を柔らかくすることで、より生えやすい状態に導いてくれます。

他の保湿剤に比べて、使用感がさっぱりとしていることも特徴で、女性用コスメなどにも広く使われている安全性の高い成分です。

以上のことから「ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5」の成分は、髪の毛を生やすことにフォーカスをした、ムダのないシンプルな処方と言えるでしょう。

使用上の注意点や副作用について

規定以上の量を使用すると、かゆみや発疹などの肌荒れを起こす可能性があります。1日2回、各1mlずつの使用量を守りましょう。

また、高血圧などの心臓疾患や甲状腺疾患がある人は使えません。

ミノキシジルは毛根に働きかける成分なので、頭髪以外に塗布すると体毛などに影響が出ることがあります。髪を生やしたい部分のみに使用しましょう。

ミノキシジルは発毛を促す有効成分だからこそ、安全に使うために注意事項を事前に確認してください。

各社の発毛剤と徹底比較

今回は日本で市販されている発毛剤の中から、代表的な製品を比較しました。

代表的な発毛剤の比較
ラボモ発毛剤 T社 製品R R社 製品R A社 製品M
価格 6,960円 7,048円 7,000円 7,800円
ミノキシジル 5% 5% 5% 5%
その他成分 エタノール、1,3- ブチレングリコール、プロピレングリコール、pH調整剤 エタノール、プロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、酒石酸 セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール グリセリン、1,3-ブチレングリコール、エタノール、リン酸
購入場所 オンライン※ 薬剤師のいる販売店 薬剤師のいる販売店 オンライン※

発毛剤は第一類医薬品になるので、厚生労働省によってオンライン上の口コミやレビューが禁止されています。個人の感想や評判を参考にするよりも、メーカーの成分表示を読み解いて効果のある・ないを判断した方がよいです。

4製品はどれもミノキシジルを5%含有しているので、発毛効果についてはほぼ同じと言えます。ただし、価格で比較するとラボモ発毛剤が唯一、7,000円をきった値段で販売されているので最安値と言えます。同じ効果を求めるのであればコスパにも注目したいです。

そして、オンラインで購入できるのは髪の悩みを持つ人にとっては便利です。医薬品である発毛剤は、薬剤師のいる薬局やドラッグストアなどの販売店に出向いて対面販売で購入しなくてはなりません。他の人もいる空間で「発毛剤をください」と言うのは、どうしても心のハードルが高くなります。

オンラインで注文する際には薬剤師と問診票をやり取りすることで第一類医薬品でも購入できるので、誰にも会わずに入手できるのはメリットになります。

Amazonや楽天市場などでも販売されていることがありますが、薬剤師の確認が不明瞭なショップも存在します。また、購入の度に薬剤師の問診が必要となるため「定期購入」のような未確認での購入もできません。

安心・安全に購入するためにも公式サイトにある販売店や、公式オンラインストアで購入することをおすすめします。

ラボモ発毛剤の購入方法

ラボモ発毛剤はオンラインで購入を完結させることができます。

「アートネイチャー・オンライン」で問診票の13項目に答えることで申し込みが完了します。薬剤師から届いた問診結果を確認すると、ご自宅にラボモ発毛剤が届きます。

ラボモ発毛剤の使い方

ラボモ発毛剤は有効成分を正しく使うために、独自のノズルを採用しています。

その特徴は2つ。

1.「はかる」マークにあわせて逆さにすると、しっかり1mlが計れます
2.「ぬる」マークにあわせないと液がでないので、容量を守って塗布できます

このノズルがあることで、誰でも簡単に使うことができます。

まとめ

「ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5」は発毛に働きかける有効成分ミノキシジルを国内で認可されている最大濃度5%配合した発毛剤です。髪の悩みの専門企業であるアートネイチャーから開発された、発毛することに注視した製品です。

コスパの高さやオンライン購入できるなどメリットも多くあります。

脱毛や薄毛に悩んでいる方や、発毛剤の購入を検討する際には「ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5」を試してみてはいかがですか。

matsumura
インテリア会社や駅ナカ商業施設のマーケティングを経験後、5年間シンガポールで現地メディアの編集に従事。日本へ帰国してからはフリーランスのマーケター&ライターとして活動しながら、事業会社での経験を活かしモノ系取材記事を中心に執筆中。趣味は旅行で、海外22カ国53都市を訪れ、国内も離島や僻地を中心に巡っています。
  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!