コードレスEMS「SLIMPAD」の効果は?おデブ歴10年の運動不足女が試してみた!

chihiro78
2020-03-06

スリムパッドを使うことになったきっかけ

スリムパッドケース入りの画像

若いころはそれなりに美しいプロポーションを維持していましたが、年を重ねるごとに脂肪を蓄え、今ではすっかり肥満体型に。

元々スポーツや運動は好きな方ですが、子育てや仕事・家事に追われる毎日で運動する時間がありません。

スリム時に比べて20キロ以上は体重が増え、いい加減2020年は体格改造をしたいなと決意。重くなった体でいきなり運動するのは危険なので、まずは筋力を付けることに。

ネットでエクササイズ機器を検索していると、EMSのスリムパッドが目に入りました。「EMSは邪道」と思う自分もいましたが、手軽さに魅了され、さっそく購入。

そもそもEMSとは?

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略語で、電気の力を使って筋肉を刺激するエクササイズ機器のこと。

ただ刺激を与えるのではなく、筋肉にしっかりアプローチをし、効果的に鍛えていくことができるものです。

元々はリハビリなどで使われていた医療用機器だったのですが、今では家庭でも利用できる便利な筋トレアイテムとして馴染んできました。

EMSは本格的に筋肉を鍛えたい方や、ダイエットの一貫として利用している人も多く、手軽に運動できることから注目されています。

私のように「忙しくて運動する時間がない」人に嬉しい、画期的なアイテムなんですよ。

SLIMPAD(スリムパッド)とは
  • クルールラボ株式会社
  • SLIMPAD(スリムパッド)

  • 税込み41,580円→税込み38,669円(7%オフ)
  • 運動する時間が取れない方にオススメ。1日20分で体を引き締める!

スリムパッドの3つの魅力

スリムパッドを3つ並べた写真

数あるEMSの中から、なぜスリムパッドに注目したのか。私が気に入ったこの商品の魅力を3つ紹介します。

コアマッスルを効率的に刺激

EMSはただ身に付けるだけで、効率的な筋肉運動が行える画期的なアイテムですが、スリムパッドはコアマッスルにまで着目した商品。

比較的刺激の弱い低周波だけではなく、中周波を起用することで、お腹の深いところまで刺激が届き、コアの部分を鍛えることができます。コアマッスルを鍛えることで、女性らしいボディイランを作れると言われていることから、益々スリムパッドに魅了されていきました。

大人の女性に多い、「だらしない体型」や「しまりのない体」を効率的にしっかり鍛えあげていけるのではないでしょうか。

コードレス仕様だからどこでも使える!

実は私、10年ほど前にEMSを使ったことがあります。当時はまだEMSというものに馴染みがなく「ただお腹に貼るだけで筋肉を鍛えられる」ものに、とても感動しました。

昔購入したEMSは心電図を測る機械のように細い線でパッドと本体が繋がっており、コードを繋げなければ電源を入れられません。コンセントが近くにある場所でしかEMSを使えないので、使用場所が限られ、身動きが取れないことから次第に使わなくなってしまいました。

以前の経験から二度とEMSは購入しないと思っていたのですが、スリムパッドはコードレスで利用可能とのこと。

本体がパッドの中央に付いており、配線の煩わしさを感じず、本当の「~ながら運動」ができるのです。家事や仕事中にも使えるなら、今の私にはピッタリのダイエット補助になると思い、購入に至りました。

15レベルまで調整が可能

他社のEMSと比較したポイントの1つ刺激レベルです。

ここ数年まともな運動をしていなかったので、体力に自信がありません。今回は着実に肉体改造をしていこうと考えているので、細かく強さを選べるものがいいなと考えていました。

スリムパッドは1~15までの幅広いレベルで調整することが可能とのこと。私のような運動にブランクがある人からアスリート並みのトレーニングまでできるなら、長い期間愛用できると思いました。

今はほんの少しの運動程度に留まっていますが、いずれは目で見てわかるような女性らしい筋肉質な体を目指していきたいという願いをスリムパッドに掛けてみたのです。

スリムパッドの使用方法

まずはスリムパッドのセット内容や使い方を解説していきましょう。

スリムパッドのセットの中身は?

スリムパッドは以下の3つがセットになっています。

スリムパッドセットの写真

・スリムパッドコア×1(腹部用)
・フィット×2(腕や脚などの部分用)


それぞれ1つずつに付属品が同梱。

スリムパッドコアの付属品の写真
スリムパッドフィットの付属品の写真

・本体(スイッチの部分になるコントローラー)
・シリコンパッド
・ゲルパッド
・保管用トレイ(パッドの台紙)
・USBケーブル
・電源アダプター

まずはシリコンパッドにゲルパッドをつけていく作業がありますが、位置がきちんと指定されているのでそのまま張り付けてOKです。

スリムパッドのゲルの写真

USBケーブルや電源アダプターは全て同じ規格のものですが、それぞれに1セットずつ付いているので、3つの本体を同時に充電することが可能です。

スリムパッド本体の写真

充電する際は、コントローラー横の差し込み口にコードを差します。

スリムパッドコアの充電中の写真

充電中はコントローラーが赤く光るので、しっかり差し込めているかどうかを目視で確認することが可能。

スリムパッドフィットの充電中の写真

コントローラー部分は取り外しも可能なのですが、私の場合、力技で壊してしまいそうなので、シリコンパッドに装着したまま充電しています。

使用後は保管トレイにシリコンパッドを貼り付けておくだけ。

スリムパッドの裏面と台紙の写真

シール台紙のようになっているので、何度もつけはずしが可能です。

使い方

使い方も写真を使って説明していきましょう。

まずはシリコンパッドを体の鍛えたい部分に装着します。(見やすいように、ケースにいれたまま撮影しています。)

ゲルパッド粘着力が強いので、落ちることはありませんが、しっかりと体にフィットさせるのがポイントです。

スリムパッドの電源をONにした写真

次に「+ボタン」を2秒以上押し、電源をON。さらに+ボタンを押すことで、レベルの調整ができ、刺激が入るようになります。

スリムパッドはレベル1でもしっかりと感じられる刺激なので、最初はレベル1~2から試すことをおすすめします。(刺激がものたりないときは レベルを上げてくださいね。)

スリムパッドフィット装着中の写真

稼働中はコントローラーの部分は特に光りませんので、羽織ものをすればスリムパッドを付けているかどうかはわかりません。

スリムパッドコアの装着中の写真

自分で撮影しているので、お腹の写真はややわかりにくいですが、私の立派なお腹もしっかりカバーしてくれる程の大きさ。

少しわかりにくいので、小学校5年生の息子のお腹にも貼ってみました。

スリムパッドコアのサイズ感を示した写真

息子は身長153cm/体重50kgほどで、スポーツをしているので体はかなりがっしりしています。ウエストで言うと、スリムな女性よりやや太めぐらいの体型です。

息子のお腹サイズであればすっぽりと包み込むほどのサイズであることがわかりますね。

スリムパッドは「1回=20分」のトレーニングとなっており、時間が経つと自動的に電源がオフになるので「電源をつけてからトレーニングが終わるまではほったらかし」で大丈夫です。

スリムパッドを実際に試してみた!

もう5年以上はまともな運動をしていない私が、実際にスリムパッドを1か月利用してみました。

使用前の私の体型

スリムパッドを使用する前の体型の写真

出産をしてから早11年。すでに「産後太り」は通用しないただの肥満になってしまった私の体は、立派な鏡餅体型。

二の腕もしっかりたるんでしまい、とても30代前半の体型とは思えません。太っていることに強いコンプレックスを感じていたものの、数年何もせずに過ごしてきてしまった結果がこの体型。

何としてでも健康体に戻りたいので、スリムパッドの効果に期待することにしました。

はじめてスリムパッドを使用した感想

はじめてスリムパッドを使う時は「刺激の強さ」や「痛み」などの不安が先立ち、非常にドキドキしながらスイッチON。

最初はレベル1から始めてみたのですが、思った以上にしっかりとした刺激の強さに少々驚きました。しかし、痛みや不快感はなく電気風呂に入っているような心地良さです。

お腹は脂肪が厚いせいか、最初は奥まで刺激が届かないことにもどかしさを感じました。しかし、刺激のリズムが変わると深層部分から筋肉を動かされているのがわかります。

スリムパッドは一定のリズムではなく、20分間に12種類のパターンが組み込まれているので、常に新しい刺激を味わっている感覚です。

スリムパッドの刺激リズムは「痩身サロン」のような動きをイメージしているそう。一定のリズムではなく、多彩なトレーニングが可能なので飽きることなく使えそうですね。

スリムパッドを3日連続で使い続けた結果…

せっかく購入したので、スリムパッドをフルで使い倒そうと考えていました。しかし、3日ほど使い続けたころに、体がだるくなるほどの筋肉痛に。

「筋肉痛=EMSの効果」と喜んでいる反面、私生活がままならないほどの痛みに悩み、少しお休みすることに。

以前、スポーツジムに通っていた時に「筋トレは毎日するのではなく、1日おきぐらいか良い」とインストラクターの方が言っていたのを思い出し、スリムパッドは1~2日おきに使用することに決めました。

レベル1~2程度で、これほどまでに体の変化を感じるのは予想外でしたね。私のように、運動不足で筋肉が少ない方は、スリムパッドの使用頻度を工夫した方が良さそうです。

約1ヶ月使用後の体型は…?

ひとまず、筋肉痛の様子を見ながらレベル1~2でスリムパッドを使用してみました。

スリムパッドを1か月使用した後の写真

使用前に比べて少し体が引き締まったのがわかりますか?

細くなったとまではいきませんが、お腹や二の腕のたるみが軽減されたので、同じ服を着ていても少し違った印象になります。

食事の内容や生活リズムなどは一切変えていませんが、気づけば体重も2.5㎏ほど減っていて驚きました。おそらく筋肉を動かしていることで、むくみも解消されつつあるのだと思います。

心のどこかで結果が出ないことを想像していたくらいで、体重まで減るとは思っていなかったので、素直に感動です。

スリムパッドのメリット・デメリット

最後に、スリムパッドの総評をメリット・デメリットに分けてまとめていきます。購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

メリット

スリムパッドのメリットは、きつい運動をしないで結果を出せるという手軽さです。

コードレスなので場所に捉われることなく、テレビを見ながら使ったり、部屋を片付けながら使ったりしています。ゲルパッドの粘着力も高いので、作業中にスリムパッドが剥がれ落ちることもありません。

思ったよりもしっかりとした刺激を味わえるので、筋肉痛になるほどの運動感を体感できるのは嬉しいポイントでしょう。

何よりもしっかりと結果にコミットしたことが、この商品の最大の満足度と言えます。

デメリット

パッドの粘着力が強すぎて、剥がすときにたるんだお腹の皮までしっかり引っ張られてしまいます。10回ほど使用したあたりからパッドの粘着力がやや弱まり、剥がすときに痛みを感じなくなりましたが、最初は留意しておいた方が良いですね。

スリムパッドのもう1つのデメリットは、今どのレベルでトレーニングしているかわからないところ。プラスとマイナスのボタンは操作こそ簡単ですが、レベルを上げる時に「自分が何回プラスボタンを押したか」覚えておく必要があります。

簡易的でも良いので、レベルが表示されたらもっと良かったなと思いました。

運動嫌いにおすすめしたいスリムパッド!隙間時間を使って効率的にダイエット♪

スリムパッドの写真

スリムパッドは本当にただ鍛えたい部位に貼るだけの手軽さなので、忙しくて運動する時間がない方におすすめしたいアイテムです。

運動嫌いでも自分の意識とは関係なく体を鍛えてくれるので、ダイエットや健康に関心がある方は使わない手はないでしょう。

スリムパッドに興味がある方は、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

SLIMPAD(スリムパッド)とは
  • クルールラボ株式会社
  • SLIMPAD(スリムパッド)

  • 税込み41,580円→税込み38,669円(7%オフ)
  • 運動する時間が取れない方にオススメ。1日20分で体を引き締める!

HOME

>

グッズ

>

コードレスEMS「SLIMPAD」の効果は?おデブ歴10年の運動不足女が試してみた!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!