HOME

>

特集

>

「朝日宇宙フォーラム2020」が開催 月に日本人は行ける?第一人者が解説

「朝日宇宙フォーラム2020」が開催 月に日本人は行ける?第一人者が解説

信原 一貴
2020-02-14
2020-02-14

 月探査に関する最新情報や、宇宙医学の重要性を考える「朝日宇宙フォーラム2020」が1月29日、都内で開催されました。米国が「アルテミス計画」を発表するなど宇宙開発への関心が高まるなか、会場は大勢の宇宙ファンなどでにぎわいました。

イベントの様子を編集した動画はこちらです↓↓

向井さん「お年寄りでも月の遊覧飛行を」

 はじめにJAXA特別参与で、東京理科大学特任副学長を務める元宇宙飛行士・向井千秋さんが登壇。「有人宇宙飛行を支える宇宙医学」をテーマに基調講演しました。

 向井さんは宇宙医学の重要性を「宇宙探査に医学がなんで必要なの?これは、人が行く場所には必ず医学、医療技術が必要になります」と語りました。

 宇宙に滞在する飛行士は、骨が地上の10倍もの速さで弱くなったり、免疫力低下、放射線の発がん作用など、さまざまなリスクにさらされています。

 しかし、遠隔医療が発達し、放射線の被ばく量管理も進歩しています。宇宙で骨が弱る現象も予防できる薬が分かってきたといいます。

 向井さんは、過去には77歳の宇宙飛行士が活躍したことも紹介。
 「宇宙でいろんな事が起きても、宇宙医学がサポートできる時代になってきました」「77歳の方で少し病気があっても、治療がきちんとできてる人であれば、月の遊覧飛行ができるということです」と将来を展望しました。

乳酸菌も宇宙飛行士のもとへ

 続いてJAXA有人宇宙技術部門きぼう利用センター長の小川志保さん、ヤクルト本社中央研究所・研究管理センター所長の長南治さんが登壇。国際宇宙ステーションにある日本の実験棟「きぼう」で進む、共同研究を報告しました。

 ヤクルトは3年をかけ、乳酸菌のカプセル化に成功。生きた菌を宇宙に届けられる技術を開発済みです。このカプセルを宇宙飛行士に摂取してもらい、宇宙の閉鎖空間で課題になる腸内環境や免疫機能の改善につなげたい考えです。

 ヤクルトの長南治さんは「ちっぽけな乳酸菌でございますけども、宇宙飛行士の方々の健康を願っています」「登山家や海底探査など、同じように過酷な環境下でも有効利用いただければ」。

 JAXAの小川さんは宇宙で研究に励む企業が増えてきたことに触れ、「『きぼう』が非常に手に届きやすいということが最近やっと知っていただけている。この活動を広げ、民間企業の方々と一緒に、より短期間に成果を提供できれば」と力を込めました。

夢は「宇宙で観光案内」

 最後に「月探査に関する最新情報」と題したパネルディスカッションが開催されました。

 大の宇宙好きとして知られる歌手でタレントの中川翔子さん、基調講演に引き続いて向井千秋さん、JAXA国際宇宙探査センター長の佐々木宏さんが登場。朝日新聞科学医療部の東山正宜記者が司会進行を務めました。

 話題は、米国が昨年3月に発表した「アルテミス計画」に。2024年に米国人の宇宙飛行士を月面に送り込み、将来は火星探査を目指す壮大な計画です。

 まず、中川翔子さんが「アポロ以来、50年も月へ行かなかったのは逆になぜなんだろうなっていう気もします」と問いかけました。

 これに佐々木宏さんは「50年前は米ソが競争していた時代で、アメリカは国家予算の5%を宇宙開発につぎ込んでいた。現在は0.5%程度で、比率的には今の10倍の予算をかけて取り組んでいた」と当時の状況を解説。

 それが再び動き出した理由を「50年前は限られた場所に行ってサンプルを持ち帰ることしかできず、その後は科学的関心が途絶えていた。今、人が十分宇宙に滞在できる技術が身についてきて、ちょうどいいタイミングになったのだと思います」と説明しました。

 また、中川さんは「日本人も月に立っているところを見たいんですけど、可能性は?」とも。

 佐々木さんは「日本が月面車のローバーを開発したとすると、やはり日本が作ったものは日本人が操縦するというのは自然な流れ。こういう観点でも日本人は行けるんじゃないかなと思っています」と明るい展望を語りました。

 会場が大きくわいたのが、向井さんが「誰でも宇宙へ行ける未来」を語ったときでした。

 「私は次の職業は、月面の遊覧飛行のフライトアテンダントをやりたいと思ってるんですよね」「いろんな職業を創り出していけばいいんですよ。自分がやりたいという夢に向かえばいいと思うんです」

 月面を誰でも眺められる未来。宇宙が生活圏になる未来。

 中川さんは「めちゃくちゃ夢が広がる話ですね」とうなずくと、「いろんな人がガンガン身近に宇宙へ行ける時代はそう遠くなく来ると思ってていいですか? 絶対に行きたいです」と思いを力強く語っていました。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!