HOME

>

スタイル

>

ブックサプライの評判・口コミって実際どう?50人の本音とメリット・デメリット

ブックサプライの評判・口コミって実際どう?50人の本音とメリット・デメリット

記助
2020-01-29
2020-05-19

大量にあるの本やCD、DVDを効果的に処分するときに困ったことはありませんか。ゴミとして捨ててしまうと、手間がかかってしまうだけです。そこで、自宅にいながら宅配買取できる「ブックサプライ」を使うのがおすすめです。

ブックサプライでは、本以外にもゲームや貴金属、切手など買取対象が幅広いサービスです。特に買取強化中の品であれば高い値も期待できるの、他の業者よりも高くなることも多いでしょう。

しかし、ブックサプライはメリットだけでなくデメリットもあるので利用前に、買取方法や評判をチェックするのがおすすめです。

ここからはブックサプライの概要やメリット・デメリット、客観的に判断するための評判・口コミを紹介していきます。

ブックサプライとは

ブックサプライのイメージ画像
【ブックサプライ基本情報】
サービス名 ブックサプライ
運営会社 株式会社ブックサプライ
買取方法 宅配買取
対象 CD、DVD、本・文庫、ゲーム本体・ソフト、携帯電話、金・プラチナなど貴金属、切手・切手シート、ハガキ、金券、贈答品
宅配ダンボール 初回無料(査定額2,000円以上で次回も無料)
送料 有料(査定額2,000円以上で無料)
宅配業者 指定・自宅まで集荷
実績 累計2,000万点超

ブックサプライは本やCD、DVDなどの買取サービスです。インターネット上で申込みをして、本などダンボールに詰めて送るだけで簡単に査定・買取してもらえます。
買取品のジャンルによって、買取強化キャンペーンを随時行っているため、条件が合えば他社よりも高額で買い取ってもらうこともあるでしょう。

買取できる商品とできない商品

買取の対象商品は多く、先程の表以外にも下記商品の買取も行っているので、長く使っていないものがあれば、売ってお金にするのがおすすめです。

【その他の買取対象商品】

・酒類
・アウトドア用品
・イヤホン
・スニーカー
・ドローン
・ミラーレスカメラ
・小型家電
・電子楽器
・電動工具

しかし、対象商品であっても売れない物もあるので注意してください。主な売れない商品は以下の通りです。

【売れない商品】
音楽CD・映像DVD CD-R製品、DVD-R製品・VHS・カセットテープ・レコード・レーザーディスク・リージョンコードが「ALL」か「2」以外のDVD・リージョンコードが「ALL」か「A」以外のブルーレイディスク・ベータ・輸入版、サンプルCD・レンタル落ち品・雑誌の付録・個人製作品・バーコードのないCD
本・文庫 同人誌・通信販売カタログ・通信販売関連商品・コミック雑誌・週刊誌・隔週誌・月刊誌・百科事典・文学全集・コンビニコミック・教科書・パンフレット・カタログ・100円ショップの本・バーコードが記載されてないもの・一段バーコードのもの
ゲーム本体 本体、付属品の破損しているもの及び付属品の欠品しているもの また専用コントローラーは買取可能機種専用のみ可能
ゲームソフト 同人ゲーム・認証が必要なオンラインソフト・オンラインゲーム・専用コントーラーがついていないゲームソフト
携帯電話 ネットワーク利用制限をかけられた端末(赤ロム)
貴金属 メッキなど
切手・ハガキ 外国の切手・日本郵便以外が発行した切手・日本郵便以外が発行したハガキ
金券 電子系の金券・図書カードNEXT
贈答品 食品・飲料品

ブックサプライの評判・口コミ

ブックサプライのサービスを客観的に判断するためには、どのような評判や口コミがあるのか参考にしてみるのがおすすめです。では、どのような評判・口コミがあるのか見ていきましょう。

ブックサプライの良い評判・口コミ

まずは、ブックサプライの良い評判・口コミを見ていきましょう。

ブックサプライは宅配業者が自宅まで集荷に来るため、本の量が多く重たい場合でも楽に利用できます。ダンボールも初回であれば自分で用意する必要はないので便利という意見が多いです。

読んですぐ売るとお得です
本を購入してから1か月以内にこのお店に届くように送れば、買取申込1回につき1冊限定ですが、定価の半額で買い取ってくれます。本を10冊以上まとめて買取依頼すれば送料が無料になりますので、買取を依頼するときは手元の本が10冊になった時点で、購入後1か月以内の本を1冊含めて送付しています。小刻みな買取依頼になりますが自宅の本の収納場所に困りませんし、数十冊入れられる大きさの段ボールが無料でもらえますので、段ボールを自分で用意する必要もありません。本以外にもDVD・金券・お中元等、様々な商品の買取を行っていますので、本以外に不要なものが手元にあった場合に一緒に買取依頼ができるのも便利です。当然、今後も利用し続けるつもりです。

出典:ブックサプライの口コミ・評判 | みん評

ブックサプライでも、発売日が新しい商品は高値で売れる傾向があります。査定金額が2,000円以上であれば送料は無料、初回以外でも梱包用ダンボールを送ってもらえます。

新しい本は高値で買い取ってもらえれるため、気になった本を購入し、あまり気に入らなかった場合はブックサプライで売ると便利という声もあります。

ブックサプライの悪い評判・口コミ

では、ブックサプライにはどのような悪い評判・口コミがあるのか見ていきましょう。

古い本や状態が悪い本であれば、買取金額が「1円」にしかならないことも多いです。そして、ブックサプライは査定金額が1,000円未満だと代金を振込まれることはなく、自動的に「寄付」になります。

つまり、ある程度値が点つくように送らないと、1円にもならないケースがあるので注意が必要です。この「自動寄付制度」は送料だけかかってしまうことになるので、不満の声が多いです。

事前査定の価格と実際の買い取り価格が違いすぎ
事前査定の価格と実際の買い取り価格が違いすぎで驚きました。
15点の新品同様の本を事前査定して9300円くらいと出たのに、実際の査定結果は15点中8点しか買取対象にならず、7810円という大幅に低いものとなりました。
高い事前査定価格で客を釣って、デタラメな査定をしているとしか思えません。
どう査定したらこんなデタラメな結果が出るんでしょう。本当に阿漕な商売してますね。
しかも商品の集荷は遅い、買取のキャンセルはできない、と、ろくなもんじゃありませんでした。このショップはもう二度と利用することはないでしょう。

出典:ブックサプライの口コミ・評判 | みん評

ブックサプライでは、公式ホームページ上で商品のバーコードを入力すると事前に査定してくれる機能があります。事前査定で高い値がついた商品だけ売れば効率的でしょう。

事前査定と実際の査定金額が一致するとは限りません。例えば、商品の状態が悪い場合は事前査定よりも値は下がってしまうでしょう。しかし、場合によっては事前査定と実際の査定金額に大きな差が生まれてしまい、「信用できない」という声は少なくありません。

ブックサプライのメリット

ブックサプライのサービスにはメリットが多くありますが、具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

無料でダンボールが送付(制限あり)され、それに詰めて集荷を待つのみなので楽

口コミでもあったように、ブックサプライでは買い取ってもらいたい本をダンボールに詰めて、自宅で集荷を待つだけでOKです。一般的な宅配買取の場合、自分でダンボールを用意したり、伝票を書いたりしなければなりません。

ブックサプライであれば、初回限定でダンボールを送ってもらえ、指定された宅配業者が記入済みの伝票を持っているため、箱に詰めるだけ良いのです。

お試し査定ができる

ブックサプライの公式サイトでは、バーコードを入力するだけで手元にある商品を試しに査定してもらえます。事前に査定金額が分かれば、他の買取サービスと比較することもできるので便利でしょう。

査定合計金額が2,000円以上になると送料無料

ブックサプライの送料は有料であり、査定結果から送料分が引かれます。しかし、査定金額の合計が2,000円以上であれば、送料が無料になるため、自宅に読まない本が多くある人は利用しやすいでしょう。

査定から入金まで最短2営業日

ブックサプライは査定から入金までの日数が短いことで有名です。実際に公式サイトでも、振込目安は査定から最短2営業日と案内しています。しかし、繁忙期など混雑している時期であれば、必要になる日数は変動するので注意してください。

ブックサプライのデメリット

ブックサプライはメリットだけでなくデメリットもあります。利用後に後悔しないためにも、どのようなデメリットがあるのか把握して買取をお願いするか判断すると良いでしょう。

繁忙期は無料ダンボールの数が制限される

ダンボール数の希望のイメージ画像

初回利用時は無料でダンボールを受け取れますが、繁忙期の場合は画像のように無料のダンボールの数が制限されてしまいます。案内にもある通り、ダンボール1箱に単行本で80冊ほど入るので、400冊以上売りたい場合は利用するかどうか検討するのがおすすめです。

銀行振込以外で買取代金を受け取ることができない

ブックサプライの欠点は銀行振込以外で代金を受け取れないことです。他の買取サービスの場合、Amazonギフト券や各種ポイント、電子マネーで受け取れることもあります。そのため、銀行口座を開設していない人や外部に口座情報を伝えたくない人は注意してください。

ブックサプライのお試し査定と価格が違う

悪い口コミでもあったように、事前査定と実際の査定金額が異なるケースも多いようです。主な原因はお試し査定ではバーコードの情報をもとに査定金額が算出しているため、本の状態を詳しく見ていません。

キズや汚れなどで想定以上に本の状態が悪ければ、事前査定と実際の査定金額に差が出てしまうので注意してください。

悪評が目立つ

ブックサプライでは「査定が遅い」「査定金額が安すぎる」「事前査定と金額が全然違う」といった悪評が多いです。悪い口コミや評判があることはどのサービスでも同じですが、少なからずマイナスな評判があることを覚悟しておきましょう。

ブックサプライの申し込み方法と買取までの流れ

宅配買取の流れのイメージ画像

ブックサプライの利用は非常にシンプルです。まずはインターネット上で必要項目を入力して申込んでください。ダンボールを希望する場合は、箱の到着を待ち査定を希望する商品を梱包しましょう。

伝票を用意する必要はありません。申込時に希望を出した時間に宅配業者が集荷に来るためダンボールを渡しましょう。後は、査定が行われ結果に満足すれば査定金額が入金されます。

まとめ

ブックサプライは本以外にも買取できる品が多く、便利で使いやすいので人気があります。査定金額が2,000円以上であれば、送料やダンボールの料金も無料になるのでお得です。また、公式サイトでは商品のバーコードを入力するだけで、簡単にお試し査定を行えます。

しかし、時期によっては無料で受け取れるダンボールの数が制限されるので注意してください。ブックサプライを利用する前に、概要やメリット・デメリットをしっかり押さえることが大切です。また、評判を参考にブックサプライを有効活用しましょう。

記助
大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!