NURO光の評判・口コミって実際どうなの?100人の本音とメリット・デメリット

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

NURO光の評判・口コミって実際どうなの?100人の本音とメリット・デメリット

NURO光の評判・口コミって実際どうなの?100人の本音とメリット・デメリット

記助
2020-01-28

現在ではさまざまな光回線が登場しており、快適なネット環境にするうえでどこを選ぶかは非常に重要です。

そのなかでも、「NURO光」は現在多くの契約者を獲得しており、テレビコマーシャルによる宣伝効果により知名度も高まっています。

「世界最速インターネット」という耳に残るキャッチフレーズで、その速さからネットを利用するうえで注目すべき光回線といえるでしょう。

ここからは、NURO光の料金やプロバイダ、さらに工事費や契約期間などの基本情報を紹介し、あわせて口コミから良い評判と悪い評判をピックアップしていきます。

また、NURO光のメリット・デメリットも解説し、Softbank光との比較もしますので、検討している方はぜひ参考にしてみてください。

NURO光とは

NURO 光 世界最速 光回線インターネットのイメージ画像
【基本情報】
項目 NURO光 G2V(戸建タイプ) NURO光 G2(戸建タイプ) NURO光for マンション
料金 4,743円 7,124円 1,900円〜
プロバイダ So-net So-net So-net
SoftBankおうち割 1端末ごとに、500円〜1,000円料金割引 1端末ごとに、500円〜1,000円料金割引 1端末ごとに、500円〜1,000円料金割引
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
工事費 40,000円(30ヶ月の分割にて請求) ※キャンペーンを利用することで実質0円 40,000円(30ヶ月の分割にて請求) ※キャンペーンを利用することで実質0円 40,000円(30ヶ月の分割にて請求) ※キャンペーンを利用することで実質0円
契約期間 2年間 なし 2年間
解約料 9,500円 なし 9,500円
光でんわ工事費 3,000円 3,000円 3,000円
光電話基本料金 北海道・関東: 500円(税抜) 東海・関西・九州:300円(税抜) 北海道・関東: 500円(税抜) 東海・関西・九州:300円(税抜) 北海道・関東: 500円(税抜) 東海・関西・九州:300円(税抜)

NURO光は戸建てとマンションあわせて3種類のプランがあり、月額料金は業界的にも安い設定です。
基本的に契約期間は2年間ですが、NURO光G2は期間が設けられていません。また、解約料もかからないため自由度の高いプランといえるでしょう。

光回線を取り入れるにあたり気になる工事費に関して、基本40,000円かかりますがキャンペーンを利用することで実質無料です。

NURO光の評判・口コミ

NURO光は上記にある基本情報の表からもわかる通り、料金が安いうえに高速通信を実現していることから人気を集めています。

しかし、より詳細を把握するうえで世間の口コミは重要で、検討材料として参考にできます。

NURO光の評判を知るために、口コミを見ていきましょう。

NURO光の良い評判・口コミ

NURO光に対して良い評価をしている人は、やはり速度についての口コミが多いです。動画やゲームなどを頻繁に楽しむ人であれば、快適なネット環境にすることは必須といっても過言ではありません。

データ量が大きく負荷のかかりやすいものを利用する人にとって、NURO光の速度は満足度が高いようです。

NURO光の悪い評判・口コミ

一方で、NURO光の悪い口コミとしては工事が完了して開通までの期間が長すぎることが挙げられています。

また、工事の日程がなかなか押さえられないことも悪い評判として挙がっているため、申し込みを検討している人は早めに行動をした方が良いでしょう。

そして、NURO光が対応しているエリアは限られており、対応可能エリアのなかでも構造上NGとなっている場合が多いという声もあります。

NURO光のメリット

NURO 光 世界最速 光回線インターネットのイメージ画像

NURO光は世界最速インターネットというキャッチフレーズで宣伝されていることから、多くの人に注目されている光回線です。

現代ではインターネットがなければさまざまな行動が制限されるため、より良いネット環境にすることは必須といえます。

NURO光への申し込みを検討している人、そしてどの光回線を利用すれば良いか迷っている人の参考になるようメリットを見ていきましょう。

個人差はあるがNURO光の回線速度は2Gbpsと圧倒的に速い

まずはじめにNURO光のメリットとして挙げられるのが、やはり高速通信に対応している点です。NURO光の回線速度は最大2Gbpsであり、他の光回線よりも高速となります。

大抵の光回線の速度は1Gbpsなので、容量の大きい動画などを扱うことが多い人には最適です。

NURO光なら月の料金が5,000円以下!

NURO光は高速通信を実現しつつ、月額料金が安い点もメリットとして挙げられます。プランにより異なりますが、NURO光 G2Vでは月額4,743円と5,000円を下回るためお得に利用可能です。

5,000円を超えてくる光回線が多いなかで、速さと安さを誇っている点はNURO光が支持されている大きな理由といえるでしょう。

ソフトバンクならスマホ割引が適応される

NURO光ではスマホがソフトバンクの場合、セット割によりスマホ代の節約ができます。ソフトバンクユーザーがNURO光の契約をした場合、「セット割(おうち割 光セット+ホワイトコール24)」が適用され、スマホが最大毎月1,000円割引で利用可能です。

これはNURO光がソフトバンクのIP電話サービスを利用しているため提供できるサービスとなります。

適用条件はNURO光でんわを利用することや、NURO光の契約者名が個人名義であること、登録する携帯電話がNURO光の契約者本人、もしくは家族名義であることなどです。

電気をNUROでんきに変更するとセット割引になりお得

今まで使っていた電気からNUROでんきにすることで、光回線の月額料金が500円割引で利用できます。

申し込みにあたり手数料はかからず、解約についての違約金もありません。また、工事に関しては電気メーターがスマートメーターであれば必要ないため、手軽に契約できる割引サービスといえます。

無線LANやネットセキュリティは標準装備なので購入する必要がない

NURO光は無線LANが標準装備されているため、契約をした人全員に無料で付いてきます。そのため、他社ではレンタル料がかかっていた場合は費用の節約が可能です。

また、NURO光は無線LANだけでなくセキュリティも無料で付いているため、インターネットを安心して使用できます。

他社では費用が発生するものが、NURO光では無料となる点はメリットとして支持している人は少なくありません。

工事費は割引が入って実質無料

NURO光では基本工事費が40,000円となっており、それを30ヶ月分の分割で支払うため月額1,333円です。

しかし、NURO光の公式特典として初期工事費が実質無料になるキャンペーンが実施されています。

これはNURO光に申し込みをしてから12ヶ月後の末日までに利用開始となれば適用されるもので、月々の割引額がご利用開始月は1,351円、2ヶ月目から30ヵ月目は1,334円です。また、とくに手続きもなく条件を満たせば自動的に割引が開始されます。

この特典を利用することで工事費は実質無料となりますので、ぜひ注目してみてください。

NURO光は公式サイトから申し込むと45,000円のキャッシュバックが受けられる

NURO光では公式サイトから申し込みをした場合に限り、45,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを開催しています。

ご利用開始月の2ヶ月後にキャッシュバックされ、NURO光の公式特典なので設定サポートが1回無料というサービスも付帯されています。

特典は予告なく終了したり、内容が変更したりする可能性があるためご注意ください。

NURO光のデメリット

では、一方でNURO光にはどういったデメリットがあるか見ていきましょう。

NURO光を使える地域が少ない(北海道・関東・関西・東海・九州のみ)

NURO光では、現在使える地域は下記に限られています。

関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
東海 愛知 静岡 岐阜 三重
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良
九州 福岡 佐賀
北海道 札幌のみ

もちろん今後拡大していく可能性はありますが、契約前にお住まいの地域が対応しているかを確認してください。

プロバイダーはSo-net以外選べない

例えばフレッツ光であれば複数のプロバイダーから選択できますが、NURO光はSo-netのみです。

とくにプロバイダーにこだわりがなければ気にする必要はありませんが、他社との違いとして覚えておきましょう。

ONU(光回線終端装置)は新旧どちらがくるかわからない

NURO光を契約するとルーター機能を搭載しているONU(光回線終端装置)が無料で貸し出されます。

しかし、NURO光で貸し出されているONUのうち、何が割り当てられるかはわかりません。周波数は2.4GHzと5.0GHzのものがあり、高速通信を実現しているのは5.0GHzです。

また、IEEE 802.11acに対応している機種とそうでないものもありますので、どちらが来るかわからない点はデメリットといえるでしょう。

申し込みから開通まで約1ヶ月かかる(工事2回のため)

NURO光は工事が2回実施されるため、開通するまで1ヶ月程度時間を要する場合があります。上記でも口コミで開通までの期間が長いとあったように、待たされてしまうのはデメリットです。

地域によっては2ヶ月程度かかることもありますので、事前に注意点として把握しておいてください。

初回事務手数料が3,000円、契約期間が2年と定められいる

スマホなどでお馴染みなので慣れている人も少なくありませんが、NURO光は契約期間が2年と定められています。

また、初回事務手数料は3,000円かかりますので、工事費の実質無料がなければ43,000円と覚えておきましょう。

マンションタイプは4人以上の利用者が必要

NURO光のマンションタイプのプランは、3階建て以上で4人以上の利用者がいなければ申し込みができません。

利用する人数で料金が変わるという特殊なプランなので、固定料金でない点は注意が必要です。

仮に、利用者が3人以下になると契約は解除されます。

結局NURO光は申し込むべき?ソフトバンク光と比較

項目 NURO光 ソフトバンク光
月額料金 戸建て:4,743円 マンション:1,900円から4,737円 戸建て:5,700円 マンション:4,300円
工事費 40,000円のところが実質無料 24,000円のところが実施無料
解約金 9,500円 9,500円
事務手数料 3,000円 3,000円
通信速度 2Gbps 1Gbps
対応エリア 制限がある NTT回線を使っているため広範囲に対応している

NURO光とソフトバンク光を比較すると、価格や通信速度、対応エリアに違いがあることがわかります。

NURO光は、とにかく高速通信を希望する人におすすめです。しかし、対応可能なエリアは制限があるため事前に確認しておきましょう。

一方でソフトバンク光は、通信速度はNURO光ほど速くはありませんが、NTT回線を使っているため対応しているエリアは非常に広いです。

そのため、あらゆる場所で安定した通信を希望する人に向いています。

まとめ

NURO光は通信速度が2Gbpsであり、高速通信を可能にしている光回線です。

快適なネット環境を作るうえで人気を集めており、口コミでも高評価を獲得しています。しかし、一方で工事に時間を要するため開通が遅いという声や、利用できないエリアが多いというものも少なくありません。

メリットは価格の安さと通信速度の速さが挙げられ、NURO光における最大の特徴です。また、ソフトバンクユーザーはスマホ料金が安くなるプランもあるため見逃せません。

ただし、プロバイダーはSo-net以外選べないというデメリットもいくつかあるため、契約前には確認しておきましょう。

ソフトバンク光との比較においては、高速通信を希望する人はNURO光、幅広いエリアで安定した通信を希望する人はソフトバンク光が向いています。

動画やゲームなど容量の大きいデータを扱う際に快適なネット環境を作るうえで、NURO光は非常におすすめの光回線です。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!