ロフトベッドのおすすめ10選!空間を活用できるオシャレ製品を紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

ロフトベッドのおすすめ10選!空間を活用できるオシャレ製品を紹介

ロフトベッドのおすすめ10選!空間を活用できるオシャレ製品を紹介

小川フクロウ
2020-01-12

お部屋の空間を広く使えるロフトベッドを探している方の中には、選び方やおすすめ製品を知りたいという方も多いのではないでしょうか。せっかく選ぶなら、後悔しないように良い製品を選びたいですよね。

この記事では、ニッセンのおすすめロフトベッド10選を紹介しています。おしゃれで機能性の高いロフトベッドを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ロフトベッドとは?

ロフトベットとは?のイメージ画像

ロフトベッドとは、1段目に机などが入るようになっていて、2段目をベッドとして使えるシステムベッドのことです。ベッドに使うスペースを有効活用できるので、お部屋を広く使いたい方に人気があります。

また製品によって高さや幅が異なるので、机以外にもテレビ台やソファー、収納スペースなどさまざまな使い方ができます。中には洗濯物を干したり、洋服をかけるスペースに活用したりできる製品も。

限られたスペースを有効利用したい人にとって、ロフトベッドはおすすめの製品と言えるでしょう。

ロフトベッドのメリット

メリットのイメージ画像

ロフトベッドは、空間を活かせる利点をはじめとして、さまざまなメリットがあります。なおロフトベッドのメリットは、以下の通りです。

【ロフトベッドのメリット】
・空間を有効活用できる
・寝具が見えない
・冬場に暖かく眠れる
・部屋のレイアウトがしやすい

たとえば、2段目にベッドが配置されていることによって、来客時に寝具を見えにくくできます。布団が放置してあると、だらしなく見られる場合もあるので、来客の多い方にはメリットになると言えるでしょう。

また温度が高い高所にベッドがあるので、床に近いベッドより暖かく眠れます。冬場寒くて眠れない方にもおすすめです。

ロフトベッドのデメリット

デメリットのイメージ画像

メリットの多いロフトベッドですが、デメリットになる点も少なくありません。なおロフトベッドのデメリットは、以下の通りです。

【ロフトベッドのデメリット】
・基本的に一人用のみ
・組み立てが大変
・揺れや軋みが気になる
・床が痛む可能性もある
・具合が悪い時の登り降りが大変

たとえば強度の問題から、ロフトベッドは一人用であることが多いです。そのため夫婦で共同のベッドにする場合には、利用しにくいタイプと言えます。

また高所にある以上、普通のベッドよりは揺れやすい特徴があります。寝返りなどで軋むこともあるので、気になる方には利用しにくいかもしれません。

ロフトベッドを購入する際には、メリットとデメリットを比較して検討するのがおすすめです。

ロフトベッドの選び方

選び方のイメージ画像

ロフトベッドを選ぶ際には、以下の選び方がおすすめです。

【ロフトベッドの選び方】
・高さで選ぶ
・種類で選ぶ
・素材で選ぶ

選び方によって、揺れやすさや登りやすさなど製品の特徴が異なります。よりお部屋に合うロフトベッドを選びたい方は、それぞれの選び方を参考にしてみてください。

高さで選ぶ

1つ目の選び方として、高さで選ぶやり方が挙げられます。製品によって天井近くまで高いタイプもあれば、腰程度の高さのものもあるからです。

なおよりスペースを有効活用したい方にとっては、高さがあるタイプの方がおすすめです。机やテレビ台など、高さがある分さまざまな家具を収納できます。

また腰程度の低いタイプを選べば、揺れや軋みを抑えられます。なるべく安定した状態で眠りたい方には、低めのベッドの方が使いやすいはずです。

種類で選ぶ

2つ目の選び方は、種類で選ぶ方法です。なおロフトベッドには、大きく分けて以下の3つの種類があります。

【ロフトベッドの種類】
・はしごタイプ
・階段タイプ
・システムベッド

例えばはしごタイプは、階段タイプに比べてスペースを取らないので、お部屋をより広く使いたい方におすすめです。

また階段タイプでは、はしごより安定しているので、登り降りがしやすい特徴があります。強度もあるので、はしごの昇り降りに不安がある方におすすめです。

さらにシステムベッドは、机やタンスなど家具と一体型になったタイプのロフトベッドです。なのでコンパクトにさまざまな家具を収納できる特徴がありますが、選ぶ際には一体になった家具も吟味する必要があります。

タイプによって、デメリットになる部分も改善できるので、それぞれ合う製品を選んでみてください。

素材で選ぶ

3つ目の選び方には、素材で選ぶ方法が挙げられます。なおロフトベッドには、以下の2つの素材が使われています。

【ロフトベッドに使われている素材】
・木材
・金属パイプ

たとえば木製のベッドには、軋みにくい特徴があります。寝返りを打った拍子に音がなるのが嫌な方は、木製のベッドがぴったりです。

また金属パイプのロフトベッドは、種類が豊富で比較的安価で購入できるメリットがあります。軽くて耐久性もあるので、多少軋んでも構わないという方にはおすすめです。

大人も使える!ニッセンのロフトベッドのおすすめ13選

ベッドのイメージ画像

大人も使えるおしゃれで機能性の高いロフトベッドをニッセンから13商品ピックアップしました。ニッセンのおすすめロフトベッドは、以下の通りです。

【ニッセンのおすすめロフトベッド】
・ニッセン木製システムロフトベッド
・ニッセン階段付ロフトベッド
・ニッセンロータイプベッドにもなるロフトベッド
・ニッセン天然木階段付ロフトベッド
・ニッセン階段付天然木製ロフトベッド
・ニッセンヴィンテージ調カゴ付パイプロフトベッド
・ニッセン棚付天然木すのこロフトベッド
・ニッセン天然木パイン材のロフトベッド
・ニッセン高さが変えられる太パイプロフトベッド
・ニッセン高さ2段階調整できる階段付ロフトベッド
・ニッセン高さが変えられる宮棚・コンセント付太パイプロフトベッド
・ニッセン木製システムベッド
・ニッセン高さ2段階調整できる階段付ロフトベッド


それぞれ特徴が異なる製品を選んでいるので、使いやすさやデザインなど、好きな製品を見つけてみてください。

おすすめ①
  • ニッセン
  • 木製システムロフトベッド

  • 税込み61,490円
  • ベッド・机・収納を全てひとつに。はしごタイプの木製ベッド

  • ベッド・机・収納が全てセットになった木製システムロフトベッド。ベッドは取り外し可能で独立させることもできます。限られた空間を最大限活かせるおすすめ製品。

ベッド・机・収納が全てセットになった木製システムロフトベッド。ベッドの部分は取り外し可能となっていて、単体だけでも使えます。床面はメッシュになっていて、通気性も◎。ハシゴタイプで場所を取らないので、お部屋の限られたスペースを最大限有効に使いたい人におすすめの製品です。

おすすめ②
  • ニッセン
  • 階段付ロフトベッド

  • 税込み36,190円
  • 収納・ソファー・テレビ台など。便利な宮棚付きのスチール製ベッド

  • 1階部分は収納・ソファー・テレビ台など、さまざまな用途に利用可能。便利な宮棚や安心感のあるサイドフレームも付いていて、快適なベット空間となっています。

1階部分は収納・ソファー・テレビ台など、さまざまな用途に利用できる幅広めのスペースが魅力。2階
部分は、便利に利用できる宮棚、寝返りを打っても安心な大きめのサイドフレームがあり、快適なベッド空間になっています。登り降りは階段になっているので、子供でも安心して利用できる製品です。

おすすめ③
  • ニッセン
  • ロータイプベッドにもなるロフトベッド

  • 税込み27,390~32,890円
  • デッドスペースを活用!ウォークインクローゼット並みの収納力

  • ロータイプの普通のベッドとしても利用できるスチールタイプのロフトベッド。ウォークインクローゼット並みの収納力で、お部屋を広く使いたい方にぴったりの製品。

切り離せば、ロータイプのシングルベッドとしても利用できるスチールタイプのロフトベッド。下段の収納部分は、ウォークインクローゼット並みに高さがあるので、洋服の収納からテレビスペースまで、さまざまな用途に利用できます。デザインもシンプルなので、お部屋のレイアウトを邪魔しません。

おすすめ④
  • ニッセン
  • 天然木階段付ロフトベッド

  • 税込み54,890円
  • 木の温もりが暖かい。程よい高さの木製ロフトベッド

  • ちょうど良い高さで、木の優しい色合いが魅力の木製ロフトベッド。昇り降り用の階段は、左右どちらにでも変更できるので、お部屋のレイアウトにも合わせやすい製品です。

ちょうど良い高さで、木の色合いが暖かい木製ロフトベッド。昇り降りに使う階段は、左右どちらにでも変更できる仕様となっていて、お部屋のレイアウトにも合わせやすい点が魅力です。2階ベッド部にはコンセントが付いているので、スマートフォンの充電もバッチリ。木目調をお部屋に取り込みたい方にぴったりの製品です。

おすすめ⑤
  • ニッセン
  • 階段付天然木製ロフトベッド

  • 税込み60,390~93,390円
  • 静止耐荷重100kg!横揺れに強い頑丈設計の木製ロフトベッド

  • 柱やフレームがしっかりしていて横揺れに強い頑丈設計のロフトベッド。階段部分にも収納スペースが付いていて、限りあるスペースを有効活用できるおすすめ製品です。

柱やフレームがしっかりしていて、横揺れに強い頑丈設計の木製ロフトベッド。昇り降り用の階段部分にも収納スペースが付いていて、限りあるスペースを余すことなく有効活用できます。ベッドの床部分は、通気性抜群の「すのこ」になっているので、湿気がたまらず快適に過ごせる点も魅力です。

おすすめ⑥
  • ニッセン
  • ヴィンテージ調カゴ付パイプロフトベッド

  • 税込み32,890円
  • 天然木とアイアン!ヴィンテージ感がおしゃれなロフトベッド

  • マットな色合いのアイアンに、暗めの木目がおしゃれなロフトベッド。1段目が使い勝手の良い高さとなっていて、収納スペースとして利用したい方にぴったりの製品です。

マットな色合いのアイアンに、暗めの木目がおしゃれなロフトベッド。1段目の部分は、高すぎず低すぎず程よい高さとなっていて、収納スペースにぴったりです。2段目のベッド部分には、カゴが付いているので、スマートフォンやリモコンなど、小物を収納できるようになっています。デザインと実用性、両方求める方におすすめの製品です。

おすすめ⑦
  • ニッセン
  • 棚付天然木すのこロフトベッド

  • 税込み38,390~43,890円
  • 収納スペースとしての利用にぴったり!程よい高さのロフトベッド

  • 高すぎず低すぎず、収納スペースに使いやすいロフトベッド。大人も子供も使いやすい高さになっていて、お布団の上げ下げも楽にできる、使い勝手の良い製品です。

高すぎず低すぎず、収納スペースに使いやすいロフトベッド。子供から大人まで誰でも使いやすい高さになっているので、お布団の上げ下げも簡単にできます。比較的コンパクトなサイズ感なので、圧迫感がなく、はしごに登らなくても子供の寝顔を覗くこともできます。60分程度でセッティングできる手軽さも魅力。

おすすめ⑧
  • ニッセン
  • 天然木パイン材のロフトベッド

  • 税込み47,190~50,490円
  • 高さを選べる!通気性抜群の天然木材のロフトベッド

  • 二段階の高さを選べる、優しい木目が印象的なロフトベッド。安心感のあるロングガードが付いているので、ベッドから落ちてしまう心配がいりません。

優しい木目が印象的なロフトベッド。ベッドの高さは二段階から選べるので、高い場所で眠るのが不安な方も安心です。またベッド部分には、安心感のある大きめのロングガードが付いているので、ベッドから落ちてしまう心配がいりません。コンセント付の宮棚、小物掛けのフックなど、細かい部分にも配慮されたおすすめロフトベッドです。

おすすめ⑨
  • ニッセン
  • 高さが変えられる太パイプロフトベッド

  • 税込み28,490円
  • 2段階の高さ調節!太めのパイプが安心なスチールパイプベッド

  • ハイタイプ・ミドルタイプの2種類の高さに調節可能。50.8mmの極太パイプを使用しているので、安定感が魅力のベッドです。シンプルなタイプが好きな方におすすめ。

ハイタイプ・ミドルタイプの2種類の高さに調節可能なスチールパイプベッド。50.8mmの極太パイプを使用しているので、どっしりした安定感が魅力です。スチールネット部分には、帽子やバッグなどを収納可能。収納部分が幅広い設計なので、ベッド下の空間を自由にアレンジしたい方におすすめの製品です。

おすすめ⑩
  • ニッセン
  • 高さ2段階調整できる階段付ロフトベッド

  • 税込み49,390円
  • 大満足の収納力。4色カラーから選べるおしゃれロフトベッド

  • 部屋のレイアウトに合わせて、ハイタイプ・ミドルタイプの2段階に調節可能。下段部分が大きめの設計になっているので、本棚からテレビ台まで収納可能です。

お部屋のレイアウトに合わせて、ハイタイプ・ミドルタイプの2段階の高さに調整可能。ブラウン・ホワイト・ブラック・シルバーの3色展開で、カラータイプも豊富です。下段部分は、大きめの設計になっているので、利用用途はさまざま。お部屋のスペースを広く使いたい方にぴったりの製品です。

おすすめ⑪
  • ニッセン
  • 高さ2段階調整できる階段付ロフトベッド

  • 税込み36,190円
  • メッシュ床で通気性抜群!宮棚が便利なパイプロフトベッド

  • メッシュ床になっていて通気性が抜群なパイプロフトベッド。ベッド部に取り付けられたコンセント付の宮棚があり、スマートフォンや小物を収納できます。

メッシュ床になっていて通気性が抜群なパイプロフトベッド。ベッド部分に取り付けられるコンセント付の宮棚は、睡眠時にスマートフォンを充電しておくのに便利な収納スペースです。2段階の高さに調整可能となっており、お部屋のレイアウトを考慮してセッティング可能。耐荷重120kgの安定感も魅力の製品です。

おすすめ⑫
  • ニッセン
  • 木製システムベッド

  • 税込み65,890円
  • シェルフ・デスク・キャビネットが一体になったシステムベッド

  • ロフトベッドかシングルベッドの2タイプで利用できるシステムベッド。シェルフ・デスク・キャビネットが一体になっていて、高い収納性が魅力の製品です。

ロフトベッドかシングルベッドの2タイプで利用できるシステムベッド。シェルフ・デスク・キャビネットが一体になっているので、高い収納性が魅力です。側面部にも収納用の棚が付いているので、ベッド全体を余すことなく収納に利用できます。お部屋のレイアウトに合わせやすいおすすめ製品です。

おすすめ⑬
  • ニッセン
  • 高さ2段階調整できる階段付ロフトベッド

  • 税込み38,390円
  • レイアウトが自由自在!階段部分も収納に使えるロフトベッド

  • デッドスペースになりやすい階段部分にも収納できるロフトベッド。メッシュ床には9本の支柱があって、安定感も抜群。転落防止のサイドガードが安心なおすすめ製品です。

デッドスペースになりがちな階段下の部分も収納に使える、階段タイプのロフトベッド。通気性抜群のメッシュ床には、9本の支柱が入っていて安定感も魅力です。宮棚部分には、2口のスライド可能なコンセントがあるので、就寝時にスマートフォンの充電もできます。収納性と利便性を兼ね備えた便利なロフトベッドです。

まとめ

機能性が高くおしゃれなロフトベッド。さまざまな種類やでデザインがあって迷ってしまいますよね。今回ご紹介した選び方や、ニッセンのおすすめ製品を参考にして、ぜひ自分にあったロフトベッドを探してみてくださいね。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!