無線イヤホンのメリットとは?価格や用途別おすすめイヤホンも紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

無線イヤホンのメリットとは?価格や用途別おすすめイヤホンも紹介

無線イヤホンのメリットとは?価格や用途別おすすめイヤホンも紹介

Tanaka
2019-11-03

無線イヤホンのメリットを知った上でどれを購入したらよいのか、おすすめの商品が知りたいという方のために、まとめました。

無線イヤホンのメリット

無線イヤホンは、機種にもよりますが、有線と比較して以下のメリットがあります。

●ケーブルがからまない
●端末の近くでなくてもOK
●タッチノイズなし

一番のメリットはケーブルが無いので、絡んだり引っかかったりしないことですが、同時にこのコードが体に当たった際に生じるタッチノイズが無いということもあります。また、範囲は限られるものの、スマホなどから離れていても使用できるのもメリットと言えます。

おすすめの無線イヤホン|価格別

それではさっそく無線イヤホンの価格別おすすめをご紹介します。

格安おすすめ
  • ANBES
  • ANBES 358

  • 税込み1,733円
  • 2019年進化版 Bluetooth5.0 Hi-Fi 高音質

  • ワンボタン式ワイヤレスイヤホン&両耳通話対応。Bluetooth V5.0+EDR技術&Hi-Fi高音質。自動ペアリング&IPX5防水。

1000円台で買える完全ワイヤレスイヤホンはなかなかありませんが、こちらのANBESの最新モデルは音質はもちろん、機能性も高いのが人気の理由です。ケースから取り出す際に自動的にスイッチがオンになるので、便利です。

5000円程度でおすすめ
  • TaoTronics
  • SoundLiberty 53

  • 税込み4,599円
  • IPX7防水 Bluetooth 5.0 合計40時間連続再生

  • イヤホン本体は単体で最大約6時間の連続再生が可能。バッテリーを内蔵した充電ケースで充電しながらの使用で合計最大40時間の音楽再生が可能。

Amazonでは2019年10月現在で5000円より安い価格で購入可能となっており、セールやクーポンでさらに安くなることもあるため、大変お得と言えます。防水性能がIPX7と高いため、スポーツの汗はもちろん小雨でも使用できます。

1万円台でおすすめ
  • ゼンハイザー
  • CX 7.00BT

  • 税込み16,151円
  • Bluetooth内蔵ネックバンドカナル型イヤホンモデル

  • 軽量のネックバンドデザインは高品質の素材で構成され、革新的な音響設計と融合。Apt-Xオーディオコーデックによりクリアで高音質なワイヤレス伝送を可能に。

通話もできて音楽再生の際も高音質で聴けるワイヤレスイヤホンとしては大変おすすめの製品です。接続はワイヤレスですが、左右の耳をつなぐコードがついているネックバンドタイプなので、コードがある方が安心という方に人気です。

おすすめの無線イヤホン|機能・用途別

次に機能や用途別に無線イヤホンのおすすめ商品をご紹介します。

有線無線両用おすすめ
  • TaoTronics
  • TT-BH045

  • 税込み2,959円
  • Bluetooth密閉型ヘッドホン マイク付き 折りたたみ式

  • 約2.5時間充電するだけで、最大24時間の連続再生が可能。電源が切れても付属の3.5mmオーディオケーブルを利用できる有線無線両用タイプ。

無線イヤホンでネックとなる充電問題を解決できる有線両用タイプで、充電切れの際に付属のコードを使用できるので、無線と有線のいいとこどりになります。折りたたみ式なので、持ち運びも便利です。

ノイズキャンセリングでおすすめ
  • Panasonic
  • RP-HD600N

  • 税込み26,824円
  • 密閉型ヘッドホン ワイヤレス ハイレゾ音源対応

  • 外部の騒音状態に合わせてノイズキャンセル強度を選べる3つのノイズキャンセリングモード搭載。ハイレゾ音源の精緻な音を忠実に再生するドライバー採用。

3段階のノイズキャンセリング機能付きで、ハウジングにワンタッチで機能をオフにできるため、聞き逃したくない音を聞く際もヘッドホンを外す手間が無いのが便利です。その上、カラーもブラック以外にオリーブグリーン、マルーンブラウンとおしゃれなバリエーションが人気です。

テレビ用におすすめ
  • JVC
  • HA-SD70BT

  • 税込み12,065円
  • 高音質化技術 K2テクノロジー搭載 連続20時間再生

  • 簡単にペアリング&接続ができるNFC対応。キレのある重低音サウンドを実現する、チタンコート振動板。高音質化技術「K2テクノロジー」を搭載。

JVC独自のK2テクノロジーによるハイレゾ相当の音質なので、どんな音もバランスよく聞こえるのがテレビ用としておすすめのポイントです。快適な装着感で、長時間のテレビ鑑賞でも気になりません。

ランニング用におすすめ
  • SoundPEATS
  • Force

  • 税込み3,980円
  • 重低音 20時間連続再生 IPX5防水&防汗

  • 医療用グレードのシリコーン製ネックバンド採用で首まわりになじみやすく、快適で安定した装着感と収納時のコンパクト化を実現。

ネックバンドタイプなので、ジョギングやジムでの使用も安心です。外した時にはイヤーピースに組み込まれたマグネットで左右を連結でき、コードについているリモコンで簡単に操作できるのも便利な点です。

まとめ

こうしてまとめてみても、無線イヤホンのバリエーションは幅広く、価格も様々、機能も様々ということがあらためてよくわかりました。やはり最初に予算を決めて、その価格帯の中でより良いものを購入していくのが一番手っ取り早いかもしれません。

※価格は、いずれもAmazonの2019年10月現在のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!