おすすめのキャンプローテーブル10選!アウトドアで便利で使いやすいのはこれ

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

アウトドア

>

おすすめのキャンプローテーブル10選!アウトドアで便利で使いやすいのはこれ

おすすめのキャンプローテーブル10選!アウトドアで便利で使いやすいのはこれ

moovoo編集部
2019-10-24

ハイテーブルよりローテーブルが人気なわけ

テーブルの上の時計と本の写真

キャンプ用品で欠かせないものの一つ、アウトドア用テーブルはいろいろありますが、ロースタイルの方が近年は人気です。高さが低いためにより地面に近く、自然に触れやすいことや足を伸ばして座ることができるのでリラックスできることなども、人気の理由の一つではないでしょうか。キャンプファイヤーなどは低い位置から見る方が炎がきれいで暖かさも感じますよね。

小さなお子さんと一緒の場合やペットを連れてのキャンプでも、ローテーブルの方が高さや目線が同じになるので便利です。

またローテーブルは収納性に優れているので、持ち運びや設置の手間が少ないのも特徴。そんなローテーブルの選び方について紹介していきましょう。

ローテーブルの選び方

アウトドアテーブルのロータイプと言っても、いろいろなタイプがあります。大きさはもちろんですが、高さ、そして人数や持ち歩くときの移動手段など、アウトドアでの使うシーンに合わせて最適なものを選びたいですよね。それではアウトドア用ローテーブルを選ぶときにチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

収納スタイルは大きく分けて2つ

ローテーブルの収納方法は折りたたみ式のものと、天板部分をくるくる丸めて畳んで収納するロールタイプがあります。よりコンパクトに収納できるのは天板を丸めるタイプ。縦長ですっきりと収納することができます。

アウトドア用折りたたみ式テーブルももちろんコンパクトですが、天板の部分は折りたためないので、薄くはなってもその分の大きさはかさばって、収納サイズも大きくなってしまうことを覚えておきましょう。車に収納できるサイズかどうかなど、使うシーンを想定して収納スタイルと収納サイズを選びましょう。

高さをチェック

ローテーブルといっても高さもいろいろです。デザインによっても違ってきますが、座ったときにテーブルの天板が膝に当たってしまったり、椅子の高さと合わなかったりすると、せっかくのキャンプ用ローテーブルも使いにくくなってしまいます。チェアの高さと合うものを選ぶのは基本です。

おおよその目安として、テントや敷物などの上に直接座るなら脚が「30cm」前後の高さ、イスに座るならば「40cm」前後の高さがあるかどうかを確認しましょう。またアウトドア用のテーブルでも、高さを調整できる商品もあります。ローとハイで迷ったら、調整できるタイプを選ぶのもいいかもしれません。

素材を選ぶ

ローテーブルの素材では、軽いアルミや木製などの素材でできているものが多くあります。他にも柄のついたものなどいろいろあるので、気に入った素材やデザインのものを選ぶといいでしょう。

基本的には持ち運びのことを考えて軽量タイプのものを選びましょう。

大きさを選ぶ

ローテーブルの大きさもさまざまあります。料理や飲み物などを置いてゆったり使いたいのであれば、ゆとりのある大きめサイズを選びましょう。ただその場合は、折りたたみテーブルにしてしまうと天板の大きさそのままで収納しなければいけないので、アウトドア用としては使いにくさを感じる場合も。

大きいテーブルが良い場合は、ロールタイプがおすすめです。他にはキャンプでも人数が多い場合や、広くテーブルを使用したいという場合には、小さめのローテーブルをいくつか並べて使うというのもおすすめです。

敷物などがあるとより使いやすい!

アウトドア用のテーブルは、多くの場合天板の板と板の間に隙間があり、そこに汚れがついてしまったり、食べ物や飲み物、調味料などがこぼれて下に落ちてしまったりすることもよくあります。

洗濯できるランチョンマットや敷物などがあると、テーブル自体に汚れが付きにくく、何かをこぼしても地面に落ちないので便利です。軽めのマットを用意しておくと、テーブルがより使いやすくなります。

おすすめアウトドアテーブル10選!ロータイプを選ぶならこれ♪

それではおすすめのローテーブルを紹介していきましょう。使いやすさ、収納時のサイズや重さ、もちろんデザインなども考慮して、お気に入りのものを見つけてくださいね。

1.コンパクトに収納 キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル 収納ケース付 M-3713

キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル 収納ケース付 M-3713は、アルミ製で700gと軽量のローテーブル。耐荷重は30kgまでです。折りたたみ式ですが、天板もたためるので収納時は幅6×奥行40×高さ7cmとコンパクト。広げた時の大きさは幅40×奥行29×高さ12cmあります。専用収納ケースがついているので傷つけることなく、山登りなどで持ち歩くにも便利です。

2.コールマン テーブル ナチュラルウッドロールテーブル

コールマン テーブル ナチュラルウッドロールテーブルは、天板がナチュラルな木製で、アウトドアで馴染みやすいローテーブル。ロールタイプなので、収納するときには天板と脚を折りたたんでコンパクトに持ち歩くことができます。

高さが2段階で調節可能なので、使うシーンによって自由に高さを変えることが可能。収納ケースがついて、耐荷重は約30kg、組み立て時の大きさは約125×70×40cm、収納時は約18×20×70cm、重さは約5.1kgです。

3.Moon Lence キャンプ テーブル アルミ

Moon Lence キャンプ テーブル アルミは、ブラックの落ち着いた色のローテーブル。傷つきにくい天板を使用しており、テーブルの下にものが置けるのも便利。大きさは使用時長さ56×幅40×高さ36cm、収納時45×12cm 重量は1.6kgで、耐荷重30kgまでとなっています。

別売りのジョイント天板を使えば2つ以上のテーブルを繋げて使うこともできるので、シチュエーションに合わせて使うことができる応用範囲が広いローテーブルです。

4. Linkax アルミ製 アウトドアテーブル

ブラック、ホワイト、ブラウンの3色があるLinkaxのアルミ製 アウトドアテーブル。脚には凸凹の滑り止めが付いていて防水性にも優れているので、キャンプに最適です。ロール式なのでコンパクトに収納できます。

広げた時の大きさは縦35cm×横39.5cm×高さ32cm、折りたたみ時は縦6cm×横13cm×高さ44cm。重さ約900gと軽量。耐荷重は30kgまでです。キャリーバッグがついているので、持ち運びも楽々行えます。

5.キャプテンスタッグ テーブル CSクラシックス FDパークテーブル

ナチュラルな色合いの天然木を使用したキャプテンスタッグのテーブル CSクラシックス FDパークテーブル。アウトドアにしっくりくる色あいです。大きさは幅59×奥行53×高さ27cm。脚を折りたたむだけのスタイルなので収納時は高さが6cmになるだけの違いです。重さは約2.7kg。耐荷重は約10kgです。

素材や風合いを楽しみたい方におすすめのローテーブルです。

6.Xishinアウトドアテーブル

Xishinアウトドアテーブルは、2つに折りたたんでバッグのように持ち歩けるコンパクトなローテーブル。アルミフレーム素材を天板の周囲に貼り付け強度を高めています。テーブルの脚には滑り止めが付いていて、耐熱と耐水性にも優れているのでキャンプで重宝します。

天然木加工合板なので乾燥しているときは水分を放出し、湿度が高い時は水分を吸収してくれ結露やカビも防止できる優れもの。サイズは、縦62×横41×高さ26cm、折りたたみ時は縦41×横31×高さ4cm、重さ1.3kg、耐荷重30kgです。

7.コールマン テーブル ナチュラルモザイクミニテーブルプラス

コールマン テーブル ナチュラルモザイクミニテーブルプラスは、カラフルなナチュラルモザイクデザインで抗菌加工をしたローテーブル。こちらも折りたたんでバッグのように携帯することができます。使用時のサイズが約53×40×高さ23cm、収納時は約40×6×高さ26.5cm、重量約1.4kg。耐荷重は約10kgです。

8.FIELDOOR ウッドロールトップテーブル

ブナの天然木を使用したFIELDOOR ウッドロールトップテーブル。ロールタイプでコンパクトに収納バッグに収まります。素材が高級感があり、アウトドアだけではなく、室内のインテリアとして使うのもおすすめ。

使用時サイズ、約90×60×45、 折りたたみ時 、約90×12×23cm、重さ約7.4kgで耐荷重 30kgまでです。

9.MYCARBONアウトドアテーブル

MYCARBONアウトドアテーブルは頑丈なステンレス素材使用。耐荷重はなんと40kgまでOKです。高温にも強いので、鍋などを乗せても大丈夫。焚き火の近くでも安心して使えます。折りたたみも簡単で、サイズは使用じが長さ51×幅35×高36cm、収納時は長さ51×幅35×厚25cm、重量2.1kg。専用バッグが付いているので持ち歩きにも便利です。

10.KingCamp アウトドア テーブル

KingCamp アウトドア テーブルは竹製のローテーブル。4つに折りたたんでスッキリ収まります。高さは42〜65センチで自由に調節可能。大きさは展開時、約長さ65×幅50×高さ42-65cm、収納時は65×11×14cm、重さ約4.2kg、耐荷重は30kgです。

キャンプローテーブルがあればピクニック・海水浴などにも大活躍

冬のキャンプの写真

ローテーブルを紹介しました。天板自体が小さいものが多いですが、繋げたり他のものとセットで使ったりすることができるので、とても便利です。またデザインによっては、室内での使用などにもおすすめなものも。価格も手頃で使い勝手がいいローテーブル。ぜひさまざまなシーンで使いこなしてくださいね。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!