大型クーラーボックスで快適に!用途に合った商品を見つけよう

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

大型クーラーボックスで快適に!用途に合った商品を見つけよう

大型クーラーボックスで快適に!用途に合った商品を見つけよう

がねりん
2019-10-16

キャンプで冷たい飲み物を運んだり、釣りでしめた魚を持って帰ったりするに、大型クーラーボックスは重要です。これがあれば、冷たい状態を保ってドリンクをいつまでも冷たいままに。魚だったら新鮮さをキープしてくれます。

ただ大型であるゆえに、持ち運びなど、気になるポイントもあるでしょう。そこで今回は、大型クーラーボックスを選ぶ際のポイントやおすすめ商品を紹介します。アウトドアを快適に過ごしたい方は、参考にしてください!

大型クーラーボックスを選ぶならこの特徴を見逃すな!

大型クーラーボックスを選ぶポイント

大型クーラーボックスがあれば、大量のドリンクや魚を詰め込んでも大丈夫です。しかし、大きいために持ち運びや耐久性の面でデメリットがあることも。

現在販売されている大型クーラーボックスには、そのようなデメリットをカバーしてくれる特徴を備えている商品もたくさんあります。

この項目では、選ぶ際に注目して欲しい特徴をまとめてしているので、参考にしてください。今回ピックアップした特徴は以下の通りです。

■注目して欲しい特徴
・特徴1.キャスター付き
・特徴2.サイズ感
・特徴3.素材

次の項目では、各特徴をもう少し掘り下げて解説します。

特徴1.キャスター付き

持ち運びを重視するなら、キャスター付きがおすすめです。大型のクーラーボックスを持ち運ぶのは非常に大変。

キャスターがついていれば、キャリーバックのように手軽に持ち運びできます。労力をかけず、大量の荷物を運べるので、持ち運びを考えるならキャスター付きを選びましょう。

ただ、悪路だと少し難しいことも。石がゴツゴツしている場所などでは、上手くキャスターが回らない可能性もあります。どの状況で利用するかも考えて、キャスター付きを選んでください。

特徴2.サイズ感

入れるものが多いなら、サイズ感にも注目しましょう。大型と入っても、商品によってサイズ感はさまざま。いくら大きいと言っても、氷などを入れるスペースを考えていないと、あまり詰め込めないかもしれません。なので、収納予定のものを考慮し、想像よりひと回り大きいサイズ感のものを選びましょう。

特徴3.素材

素材が変わることで、大型クーラーボックスの耐久性も変化します。例えば衝撃に強い「ポリエチレン」を使っている商品だと、多少の衝撃でも問題なく利用できます。

さらに軽い素材なので、持ち運びにも便利です。保冷性も求めるなら、「発泡ウレタン」を使っている商品がおすすめ。その他にも、商品によって使われている素材は違い、予算も変わってきます。値段、用途、素材を参考に、あなたに合った大型クーラーボックスを選んでください。

大型クーラーボックスの人気メーカーはここだ!

大型クーラーボックスの人気メーカー

大型クーラーボックスを販売しているメーカーはたくさんあります。今回はその中でも、人気メーカーを紹介。今回ピックアップした人気メーカーはこちらです。

■大型クーラーボックスの人気メーカー
・コールマン
・大和
・シマノ
・シンワ

メーカーによって強みは違います。あなたに合った大型クーラーボックスを見つけるなら、メーカーの特徴も知りましょう。次の項目では、各メーカーの特徴を詳しく解説します。

コールマン

コールマンは、アメリカで創業されたキャンプ用品の会社です。高品質かつ安い商品が多いので、アウトドアを楽しむ方々からの支持も大きい会社となっています。クーラーボックスも多数販売しており、どれも高品質で低価格。汎用性に優れているため、初心者から上級者まで安心して利用できるのも魅力の一つです。

大和

釣り具メーカーとしても有名な大和。基本的に釣り用の大型クーラーボックスが多いですが、高性能・高品質なので、アウトドア全般でも活用できます。高い保冷性も魅力で、キャンプならドリンクをしっかり冷やし、魚は新鮮さを高い水準でキープ。高価な商品が多いですが、アウトドアを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

シマノ

アウトドア用品を数多く手掛けているシマノ。高い耐久性や安全を考慮した商品が特徴の人気メーカーです。さらに、ひとつひとつ手作業で作られているので、高い品質を保っているのも魅力の一つ。安心して使えるもの、衝撃に強いものを選ぶなら、シマノの大型クーラーボックスがおすすめです。

シンワ

長年、愛されるアウトドア用品を販売し続けているシンワ。丁寧な作業で作られた、安全性の高い商品が魅力となっています。さらにデザイン性も考えられた大型クーラーボックスもたくさん販売しているので、おしゃれさを求める方にもおすすめのメーカーです。

【釣り編】おすすめ大型クーラーボックス3選

釣りで使える大型クーラーボックス

まずは釣りで使える大型クーラーボックスを紹介します。釣りで使う場合、魚を持ち帰ったり、餌を保存したりすることが多いでしょう。臭いや汚れが付きやすく、氷も入れるので重くなりがち。耐久性や洗いやすさなども考慮して選ぶのがおすすめです。それらを踏まえた上で、今回紹介する大型クーラーボックスはこちら。

■釣り用おすすめ大型クーラーボックス3選
・ダイワ シークールキャリーII SU2500
・ダイワ ライトトランク4 VSS3000RJ
・ダイワ ビッグトランクII SU8000

各大型クーラーボックスの特徴も詳しく解説します。

釣り用おすすめ①
  • DAIWA
  • シークールキャリー II

  • 税込み19,190円
  • キャリー付き!持ち運び重視の大型クーラーボックス

  • キャリーを設置し、持ち運びやすさにもこだわった商品。バスの中にも持っていけるので、公共交通機関を利用する方にも便利なクーラーボックスとなっています。

25Lの大容量とキャリーでの持ち運び安さを両立した、「ダイワ シークールキャリーII SU2500」。釣り場までの持ち運びも簡単で、バスや電車の改札も手軽に利用できる大型クーラーボックスとなっています。釣った魚を入れるのも良いですし、ペットボトルや弁当などを持ち歩くのもおすすめです。

釣り用おすすめ②
  • DAIWA
  • ライトトランク4

  • 税込み37,939円
  • 大容量でありながら軽量で持ち運びも楽ちんなクーラーボックス!

  • 軽量化に成功しているので、楽に持ち運びが可能。さらに内部は科学的消臭方法を採用しており、臭いの心配はありません。釣りを嗜む方におすすめクーラーボックスです。

高い保冷性と大容量さを兼ね備えた「ダイワ ライトトランク4 VSS3000RJ」。キャスターは付いていませんが、軽量化に成功しているので、持ち運びやすいのも魅力の一つです。

内部は科学的消臭方法を採用しているので、臭いの心配はありません。魚を保存していても、外部に臭いが漏れることはないので、安心して持ち歩けます。

釣り用おすすめ③
  • DAIWA
  • ビッグトランクII

  • 税込み47,475円
  • 収納製抜群!大物も楽に入れられる大きさが魅力のクーラーボックス

  • 横幅がしっかりと取られているので、大きな魚もスッポリ収納。沖釣りにも安心して持っていける商品となっています。大物狙いの方におすすめのクーラーボックスです。

収納力重視で選ぶなら、「ダイワ ビッグトランクII SU8000」がおすすめです。底が若干浅いのに対し、横幅が広く取られているので、80cm級の青物でもスッポリ収納できます。

川釣りはもちろん、沖釣りにも使える大型クーラーボックスなので、大物を狙っている方は、ぜひ使ってみてください。

【キャンプ編】おすすめ大型クーラーボックス4選

キャンプにおすすめの大型クーラーボックス

次はキャンプ用のおすすめ大型クーラーボックスを紹介します。キャンプで使う場合、飲み物や食材を運ぶことが多いです。

いつまでも冷たい状態を保つため、保冷性に優れたものや、ドリンクや食材の重さにも耐えられる耐久性も不可欠。これらを考慮した上で、今回ピックアップした大型クーラーボックスはこちらです。

■キャンプ用おすすめ大型クーラーボックス4選
・コールマン エクストリーム ホイールクーラー 62QT
・シンワ ホリデーランドクーラー33H
・コールマン クーラーボックス 54QT
・シンワ レジャークーラーストリーム1000

各大型クーラーボックスの特徴を詳しく解説します。

キャンプ用おすすめ①
  • Coleman
  • エクストリーム ホイールクーラー

  • 税込み11,880円
  • 大容量+高い保冷性で連泊でも安心のクーラーボックス

  • 保冷性が優れており、最長で5日間も冷たさを保ってくれる。さらに大容量なので、連泊用にたくさん蓄えを用意しても大丈夫!キャンプに持っていきたい商品です。

連泊する方におすすめなのが、「コールマン エクストリーム ホイールクーラー 62QT」です。保冷性と大容量が魅力の大型クーラーボックスで、保冷期間は最大5日とのこと。長期間、ドリンクを冷たいまま維持してくれるので、冷蔵庫がないキャンプ地で活躍してくれるでしょう。

大容量なので、数日分のドリンクや食材を持っていけます。そして、キャスターが付いているので、持ち運びも楽なのも魅力です。連泊を考えているなら、使ってみてください。

キャンプ用おすすめ②
  • SHINWA
  • ホリデーランドクーラー

  • 税込み6,164円
  • ポップなカラーでキャンプに彩りを加える!

  • 特徴的なカラーバリエーションで、おしゃれなのが魅力。さらに水抜きなど機能性も備えており、キャンプにあると便利な商品となっています。

カラーバリエーションも特徴的な、「シンワ ホリデーランドクーラー33H」。ポップなカラーが魅力なので、おしゃれさも求めている方にピッタリです。さらに大容量なので、キャンプでも活躍してくれます。

水抜き栓も付いているので、水分を抜き軽量化させることも可能です。機能性にも優れてカラーバリエーションも魅力的な商品となっています。

キャンプ用おすすめ③
  • Coleman
  • クーラーボックス

  • 税込み24,670円
  • スチール製で収納したものを芯まで冷やしてくれるクーラーボックス

  • 大容量かつ、保冷性にも優れているスチール製クーラーボックス。中には発泡ウレタンも使い、長時間冷やし続けてくれるのも魅力です。

スチール製の大型クーラーボックスが欲しいなら、「コールマン クーラーボックス 54QT」がおすすめです。スチール、ステンレス、発泡ウレタンを使っているので、高い保冷性を実現しています。

さらに大容量なので、ペットボトルを楽に収納できるのも魅力です。保冷性も考えて選びたい方に、使って欲しい大型クーラーボックスとなっています。

キャンプ用おすすめ④
  • SHINWA
  • レジャークーラーストリーム

  • 税込み15,305円
  • 大容量で持ち運びもバッチリ!海や川でも使えるクーラーボックス

  • 深さと横幅を広く保ち、たくさん持ち運べる大容量さ。そしてキャスター付きで大きくても手軽に運べるのも魅力です。海や川などにもおすすめの一台

持ち運びやすさと大容量を併せ持つ、「シンワ レジャークーラーストリーム1000」。キャスターが付いているので、海や川、山などどんな状況でも、楽に持ち歩けます。

さらに深さと横幅も大きいので、ドリンクや食材をたくさん詰め込めるのも魅力です。大きくて持ち運びやすい大型クーラーボックスを求めているなら、ぜひ使って欲しい商品となっています。

用途に合った大型クーラーボックスを選ぼう!

以上が大型クーラーボックスの特徴やおすすめ商品です。アウトドアを快適に楽しむなら、大型クーラーボックスを持っていくと良いでしょう。

ただ大きい分、不便もあります。それを補うようにキャスターが付いていたり、素材をこだわっていたりと特徴もさまざま。

今回紹介したことを踏まえて、自分に合った大型クーラーボックスを吟味してください。


長友選手が実践する『脂質を活用する』秘訣とは(PR)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!