スマホ用防水ケースのおすすめ10選!購入時の選び方ポイントは?

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

スマホ用防水ケースのおすすめ10選!購入時の選び方ポイントは?

スマホ用防水ケースのおすすめ10選!購入時の選び方ポイントは?

moovoo編集部
2019-08-06

スマホ用の防水ケースおすすめ商品は?選び方のポイントもチェック

水に濡れるiPhone

マリンスポーツや突然の雷雨のとき、「スマートフォンが濡れていないか」といつも気になってしまうものです。機種によっては水に濡れることで故障してしまうスマートフォンもあります。今回は水濡からスマートフォンを守ってくれる、おすすめの防水ケースをご紹介します。どのような点に気をつけて選べばよいのか、そのポイントも併せてお伝えします。

スマホ用防水ケースの選び方!購入前にはここをチェック

スマートフォン向けの防水ケースを探している人にとって、どのようなポイントに気をつけて購入すればよいのか、と迷ってしまう人も多いはずです。ここではスマホ用防水ケースを購入する際に、チェックしておくべきポイントをご紹介します。使用目的をイメージしながら、自分にあった防水ケースを探してみてください。

防水等級をチェック!利用シーンに合わせた等級のものを選ぼう

スマートフォン向け防水ケースを購入する際、チェックしておきたい項目のひとつに「防水等級」があります。この数値は製品がどの程度の防水性があるのかを示した国際基準の数値であり、「IP◯△」という形で表示されています。◯に当てはまる数値で防塵の保護等級を示し、△に当てはまる数値で防水の保護等級を示しています。また、防塵か防水どちらか一方にのみ等級がついている場合、ついていない方の数値部分にはxの文字が記されています。

防水の保護等級は0〜8に分かれており、細やかな等級の要約が記されています。たとえば、海やプールに入る時用の防水ケースを探している人は、「継続的に水没しても内部に浸水することがない」とされる8等級をおすすめします。他には急な雨からスマートフォンを守りたい人は「鉛直から60度程度で落ちてくる水滴による有害な影響はない」とされる3等級や、「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響はない」とされる4等級のものを選ぶとよいでしょう。

ケースに入れた時の操作性をチェック

スマートフォンを防水ケースに入れた場合、可能であれば実際に手にして操作性をチェックしておきましょう。防水ケースがあまりにも厚いものは、スマートフォンの液晶をタッチしても反応しないことや、うまく操作ができない場合があります。また、機種によっては様々なボタンがあるスマートフォンがありますが、このスマートフォンを入れた場合、ボタン部分がきちんと押せるかも大切なポイントになります。

海やプールで使用する場合には、防水ケースに入れたままカメラ操作が可能かという点もチェックしておきましょう。カメラのレンズ部分がケースで隠れてしまわないか、シャッターはちゃんと反応するか、など実際に使用するシーンをイメージしながら操作性をチェックしておきましょう。

海やプールでの使用は「フローティング」性のあるものをチョイス

スマートフォン向け防水ケースを探している人の中には、海やプールなどマリンスポーツをする際に使用できるものを探している人も多いでしょう。海やプールで使用する場合、スマートフォンが沈んでしまう心配から守ってくれるのが「フローティング性能」です。フローティング性能とは防水ケースにスマートフォンを入れても、そのものが浮かぶ性質のことで、海底やプールの底にスマートフォンを落としてしまう心配がありません。

自宅のお風呂で使用する人や、雨からスマートフォンを守るための防水ケースを探している人にとっては必要のない性能のため、自分がどのような目的で防水ケースを購入するのかを明確にしておくことが大切です。

ケースの種類をチェック!

スマホ用防水ケースには大きく分けて2つのタイプのケースがあります。1つはスマートフォンにフィットするハードタイプのケースで、もう1つは袋状になっているポーチタイプのケースです。それぞれのケースには異なる特徴があるので、自分にはどちらのタイプの防水ケースが使いやすいかをチェックしておきましょう。

ハードタイプのケースは、スマートフォンそのものにフィットするので、かさばらずスリムな見た目が特徴のケースです。耐衝撃性や防塵生にすぐれた商品も多く、足元が安定しないアウトドアシーンや激しいスポーツシーンでの使用に活躍してくれるケースです。

ポーチタイプのケースは、やわらかいプラスチック製のポーチにスマートフォンを入れて持ち歩くタイプのケースです。スマートフォンのサイズより大きめに作られているものが多いので、鍵や小銭など小物も一緒に入れておくことができます。

おすすめのスマホ用防水ケース5選!〜ポーチタイプ〜

まずはポーチタイプのスマホ用防水ケースのおすすめ商品をご紹介します。海やプールで使用する人、お風呂で使用する人、雨から守るために使用する人と、利用シーンは様々です。自分に合った防水ケースを見つけてみてください。

フローティグ性能搭載!「velagol 水に浮く 携帯防水ケース IPX8認定」

「velagol 水に浮く 携帯防水ケース IPX8認定」は最も高い防水レベルを意味する、IPX8を誇る防水ケースです。これは、海やプールの中で継続的に使用しても、水没する恐れがない製品であることの証です。マリンスポーツや長時間にわたり水に濡れるシーンでの利用を考えている人に特におすすめです。

また、独自のフローティング性能により水中で落下させてしまっても、水に浮く性質がある防水ケースです。水中でスマートフォンを紛失してしまわないか、という心配を軽減してくれるアイテムです。

指紋認証・顔認証付き!「Auwet iPhone Android 対応 スマホ防水ケース フローティング構造 」

「Auwet iPhone Android 対応 スマホ防水ケース フローティング構造 」は、ケースにスマートフォンを入れた状態でも指紋認証や顔認証機能を利用することができるスマホ用防水ケースです。ホームボタン部分に特別設計された指紋認証機能は、もちろんタッチ操作も可能となっています。

防水レベルはIPX8となっており、海やプールでの使用でもスマートフォンが浸水する心配がありません。

かわいいデザインが特徴!「エレコム 防水ケース スマホ用 収納ポケット付」

「エレコム 防水ケース スマホ用 収納ポケット付」は普段使いに便利なスマホ用防水ケースです。粉塵・防水レベルはIP45となっており、これは噴流からスマートフォンを守ってくれるレベルの防水性を示します。

暮らしの中で雨からスマートフォンを守りたい人、キッチンでレシピを見るなどスマホを操作したい人向けの防水ケースです。また、背面にはコインや鍵を収納できるポケット付です。開閉部分はジッパーとマジックの2段階になっており、開閉部分からの水の侵入を防いでくれます。

防水レベルipx8!「Othurgi 防水ケース スマホ用指紋認証対応」

「Othurgi 防水ケース スマホ用指紋認証対応」は、防水レベルIPX8を獲得している防水ケースです。水深30mで30分間の防水実験をクリアしているため、海でも安心して使用することができます。

また、こちらのスマホ用防水ケースは、ケースに入れた状態で指紋認証機能を使える点がポイントです。ホームボタン専用の指紋認証機能を搭載し、透明度と感度の高いスクリーンフィルムを採用しているため、タッチスクリーンの操作性に優れています。

お風呂など日常での使用に!「Coperranmy&Landy 防水ケース」

「Coperranmy&Landy 防水ケース」は豊富なデザインが特徴のスマホ用防水ケースです。ケースの表面にはPVCという材質を使用しており、タッチ操作がスムーズで違和感なく使うことができます。もちろん、ケースに入れていない状態と同じように写真撮影をすることも可能な商品。

また、フローティング機能も搭載されているため、お風呂やプール・海に落としても自力で浮いてくる性質を持つ防水ケースです。

おすすめのスマホ用防水ケース5選!〜ハードタイプ〜

続いて、ハードタイプの防水ケースをご紹介します。アウトドアシーンで使用する場合や、激しいスポーツをする際に使用する場合に活躍するハードタイプのケース。防水性能はもちろん、耐衝撃性や防塵生も併せてチェックしてみましょう。

防塵性と防水性にすぐれている!「KYOKA iPhone8/iPhone7 防水ケース」

「KYOKA iPhone8/iPhone7 防水ケース」はIP68を取得しているスマートフォン用防水ケースで、防塵性・防水性にすぐれているため、激しいスポーツやアウトドアシーンでも安心して使用することができます。

加えて、耐衝撃性に強いシステム搭載しているため、2mの高さから落としてもiPhone本体を傷つけることはありません。また、ケースを装着したまま充電もできる点も魅力のひとつです。

細かい埃もしっかりガード!「Lapeno iPhone X 防水ケース」

「Lapeno iPhone X 防水ケース」は、水の侵入だけでなく、細かな粉塵や埃の侵入からもスマートフォンを守ってくれる防水ケースです。最高防水レベルのIP68認証を取得しており、水深さ2メートルの深さで48時間水没させても水が侵入する心配はありません。

また、ケース本体のスピーカー部分に防塵フィルムが貼られており、細かな部分から侵入する埃もしっかり防いでくれる防水ケースです。

高い操作性が特徴!「Vearpod Galaxy S10Plus 防水ケース」

「Vearpod Galaxy S10Plus 防水ケース」は、わずか0.188mmの超薄型の液晶カバーで、スマートフォンを入れた状態でもスムーズな操作性がある防水ケースです。

防水レベルは最高基準のIP68の取得しており、水深さ2mの水中に30分まで水没できます。また、耐衝撃性にも優れており、落下・擦れ傷などあらゆる衝撃からギャラクシーを守ってくれるため、日常でも激しいスポーツ時でも安心して使用することができます。

バイクや自転車にも!「UA(ユーエー)iPhone Plus専用 ハードケース」

「UA(ユーエー)iPhone Plus専用 ハードケース」は、イギリス UA社から発売されている、全天候型スマートフォンケースです。別売りの専用マウントを取り付ければ、ツーリング用のスマートフォン用防水ケースとしても活躍してくれます。

防水レベルはIPX5となっており、噴流からフマートフォンを守ってくれるレベルの防水性能です。キャンプ時の激しい雨や、ツーリング時の突然の雨など、天候の変わりやすいアウトドアシーンで活躍してくれる防水ケースです。

最高防水等級を取得!「SydixonギャラクシーS10 防水ケース」

「SydixonギャラクシーS10 防水ケース」は、IP68の最高防水等級を取得しているスマホ用防水ケースです。防水性能のみならず防塵性にも優れているため、砂や塵・埃などの細かい粉塵による障害からスマートフォンを守ってくれます。

また、本体には音声伝達に優れた防水素材が使用されており、ケースを装着したままでもクリアな音で心地よい通話をサポートしてくれる点も特徴です。

用途に適したスマホ用防水ケースを選ぼう!

ディスプレイされたスマホケース

今回ご紹介したように、スマホ用防水ケースにも様々な種類のものがあります。どのようなシーンで利用するのかにより、求める防水等級は異なります。また、ケース本体の素材の違いや、水に浮くフローティング性もケース選びのポイントとなります。利用シーンをしっかりイメージしながら、用途にあった防水ケースを選んでみましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!