高音質イヤホンは何がオススメ?機能や値段などから調査してみました!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

高音質イヤホンは何がオススメ?機能や値段などから調査してみました!

高音質イヤホンは何がオススメ?機能や値段などから調査してみました!

GSD東海 ハマダアヤノ
2019-07-11

高音質イヤホンの選び方

AirPodsの写真

普段から、スマートフォンで音楽などを聞く際に使うイヤホン。

その時代に応じて、様々な形が発売されますが、iPhoneからイヤホンジャックがなくなり、AirPodsが発売されたことにより、ワイヤレスイヤホンの普及が急速に進むなど様々な進化がありました。

そして、各メーカーからイヤホンが販売される中で「高音質」という言葉を最近よく聞くようになりました。高音質イヤホンは、普通のイヤホンと何が違うのか?今回は、わかりやすく検証していこうと思います。

イヤホンの種類

ビックサイトの公式サイトによるとイヤホンの種類は以下の通りになります。

耳にしっかりと差しこむ「カナル型イヤホン」

耳にしっかりと差し込むイヤホンなので、密閉性が高いイヤホンです。そのため、音漏れも少なく音をしっかり聴くことができます。

値段がリーズナブルで高音質を楽しめる「インナーイヤー型」

耳穴に本体を軽く乗せるタイプのイヤホン。値段がリーズナブルなものも多く、種類を選ぶことができるが、カナル型に比べて密閉性は低いため、外からの音が入りやすいため雑音が気になる場合があります。

運動するときにおすすめ「フック型イヤホン」

カナル型イヤホンやインナー型イヤホンは、運動したりすると耳から抜けてしまう可能性があります。それが気になる方は、イヤーフック型を選ぶと装着時の安定感が一気にあがります。

高音質ハイレゾ音源対応とは?

ハイレゾは、CDでは入りきらなかった音の情報量をたくさん持っています。音の量、つまり「音の太さ・繊細さ・奥行き・圧力・表現力」が段違い。アーティストの息づかいやライブの空気感など、CDでは聴こえなかったディテールやニュアンスを感じ取れるのがハイレゾなんです。

出典:ハイレゾとは? | ハイレゾ・オーディオサイト | ソニー

高音質ハイレゾ音源対応とは、この高音質のハイレゾの音源に対応している高品質のイヤホンということになります。

高音質イヤホンは普通のイヤホンと何が違う?

イヤホンの写真

各メーカーから発表されている高音質イヤホン。

高音質イヤホンと聞いて「きっと音がすごくいいんだ」ということはわかりますが、「ふつうに音楽を聴きたい人でも、高音質にこだわった方が良いのか?」と、いつも疑問に思いませんか?そもそも高音質なのかどうかが音楽を楽しむ素人でもわかるのかということを、具体的に何をもって高音質と捉えるのかを考えてみました。

まず高音質イヤホンの大きな違いは「音」へのこだわり

高音質なのかどうなのかと、判断される基準は当たり前ではありますが、音へのこだわりにあると思います。高音がクリアに聞こえる、低音がずっしりと聞こえる、これらそれぞれを的確に表現できるのが、高音質イヤホンということになるのではないでしょうか?そこで大切なのは、様々な高音質のイヤホンと、自分が聞きたい音を知り、マッチングさせるということです。

高音質イヤホンを購入する前に、自分の好きな音を知る

一般的な音楽(音源)を、低音域・高音域・中音域に分けるとします。低音域は低い音、高音域とは高い音、中音域は真ん中の音となります。

音楽の構成と合わせると、低音域は、バスドラムやベースの音などで、低音域を強くするとこれらの音が強く際立ちます。音楽のジャンルでは、ロックやリズムを強く刻むものと相性が良い音域になります。


次に中音域ですが、こちらは一般的な音楽の中で、ボーカルが出す音が中音域に入ります。歌声をメインに音楽を楽しみたい方は、この中音域に対応したイヤフォンを選ぶと良いでしょう。歌声を楽しみたいのに低音域対応のイヤフォンを選ぶと、低音が際立つのでボーカルが聞き取りにくくなります。

そして高音域は、高音を出した時の歌声や、高音を出す楽器の音になります。

高音質イヤホンとは、これらの音の種類に特化して音にこだわりのあるイヤホンといえます。普段音楽を聴いていて、ボーカルを重視して聴いているか、演奏を重視して聴いているのか、どちらの音を重視して聴きたいかが重要となり、それらをふまえて高音質イヤホンとは、自分の望んでいる音を自分に届ける方法が叶うイヤホンということになります。

高音質イヤホンの接続方法と音との関係

有線型

先ほどもお伝えした通り、最近のiPhoneにはすでにイヤフォンジャックがないので、iPhoneのイヤフォンを探している人の候補としては外れてしまいますが、無線のものにくらべて有線の方が確実に音は良く聴こえます。

その理由は、音を圧縮しないから。無線型の場合、Bluetoothなどで接続します。その際に「音を飛ばす」必要があるので、音を圧縮することとなり必然的に有線のほうが音は良いまま伝わるということです。

無線型(ワイヤレス)

無線型の一番のメリットはワイヤレスなので、コードのわずらわしさがないということになります。しかし、音に関しては先ほどの優先イヤホンでお伝えした通り、音を圧縮してしまう分有線のイヤホンより劣ってしまいます。

しかし、最近ではAppleのAirPodsからはじまり、ワイヤレスがトレンドなので、ワイヤレスでも高音質対応のイヤフォンは増えていくと思います。

実際に使っているオススメの高音質イヤホン

今回は、実際に筆者が購入して使用しているイヤホンを検証して、紹介します。

【中音域におすすめ】Apple AirPods with Charging Case (第1世代)

AirPodsの写真

iPhoneユーザーとしては、音楽を聴く際に一番使いやすく、高音質のワイヤレスイヤホン。他に比べると、値段は若干高いですが、音飛びなどもないのでクリアな音で、音楽を楽しむことができます。

またiPhoneとの接続の相性もシンプルなので、ストレスなく使いたい人にはおすすめの高音質イヤホンです。デザインもさることながら充電方法もシンプルなので気に入っています。
問題点としては、遮音性が低く、音漏れがしやすいと感じることがあります。

【低音域から中音域におすすめ】JBL×アンダーアーマーUA SPORT WIRELESS

JBL×アンダーアーマーUA SPORT WIRELESS

ワークアウト用に使いやすいということだったので、購入。

見た目のデザインもおしゃれで、充電も長時間持つ優れものです。防水機能装備なので、汗や雨が降ってきても気になりません。また周りの音をシャットダウンして遮音性が高いので、ジム内で走る際や動画の視聴の際にも、重宝しています。音質も重低音の響きや中音域の音までカバーしてくれるので、音質がクリアでとてもおすすめの高音質イヤホンです。

ドン・キホーテオリジナル 完全ワイヤレスイヤホン

ドン・キホーテオリジナル完全ワイヤレスイヤホン

最初に、ワイヤレスのことをあまり知らずに購入したワイヤレスイヤホン。

高音質にこだわって購入したものではないが、音楽を聴くには十分な高音質「AAC」対応なので、音楽は問題なく十分に聞くことが可能です。また安価な値段設定なので、購入しやすい価格です。

高音質イヤホンまとめ

高音質イヤホンにはさまざまなものがありますが、まずは何にこだわりたいかで、高音質の捉え方が変わります。普段から、どんな音楽を聴くのか、その音楽にあった機能のあるイヤフォンを選ぶと高音質に音楽を聴くことが可能になります。

そして何よりそのイヤホンを使って「聴いて感じてみないとわからない」というのが、人それぞれのイヤホンとの相性や評価になるのではないでしょうか?


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!