愛知県でグランピングがしたい!おすすめのキャンプ場も調査してみた

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

アウトドア

>

愛知県でグランピングがしたい!おすすめのキャンプ場も調査してみた

愛知県でグランピングがしたい!おすすめのキャンプ場も調査してみた

河端 麻紀
2019-06-11

グランピングとは?東海地方の施設も気になる!

「グランピングは初めて」「キャンプとの違いがよくわからない」という人のために、グランピングの意味と愛知県をはじめとする東海地方のグランピング施設事情について紹介します。

グラマラスなキャンプがグランピングの語源!

グランピングという言葉は「グラマラス(=魅力的な)なキャンピング」の略称です。
その名の通り、一般的なキャンプよりもおしゃれで魅力的なキャンプをグランピングと捉えるといいでしょう。
グランピングは海外から始まった流行であり、グランピングという言葉以外にも「comfortable(=快適な)camping」「luxuary(=贅沢な)camping」などと表現されることもあります。

手軽にグランピングを楽しめる施設が急増中!

2015年頃から始まったグランピングブームの影響で、現在は日本全国にグランピングを気軽に楽しめる施設が増えてきています。
グランピングに特化した施設には、おしゃれなテントやキャンプ用品がそろっていて、ホテルよりもカジュアルな雰囲気で自然をより身近に感じられるでしょう。
一方で、水回りや食事施設はしっかり整っているところが多く、ホテルとキャンプのいいところどりをできるのが魅力です。
山や海など自然の近くだけではなく、最近では繁華街にできたグランピング施設もあります。
まだまだ数は多くはありませんが、ブームが続けばますますグランピング施設の数は増えていくのではないでしょうか。

愛知県のグランピング専門施設はとても少ない!

調べてみたところ、愛知県で宿泊できて、なおかつ誰でもグランピングできる専門施設は岡崎市にある「ウッドデザインパーク」の1カ所のみ。
同じ東海地方である三重県にはグランパや伊勢志摩エバーグレイズ、岐阜県にはほしとせせらぎのぐらんぴんぐやひるがの高原などたくさんあるのにちょっと寂しい気がしますね。
東海地方で楽しむには、三重や岐阜まで足を伸ばすという手もありますが、県内でもキャンプ場を上手に使ってグランピングを楽しむこともできます。
次の項では、愛知県でグランピングを楽しめる施設を紹介していきます。

自分たちでグランピングを楽しめる施設を紹介!

愛知県には大都市・名古屋をはじめ、西・東三河、尾張、知多などさまざまなエリアがあります。
都心部の名古屋にはグランピングを楽しめそうな施設はありませんでしたが、少し足を伸ばせば他の地域で見つけられそうです。
各エリアでおすすめのグランピング施設を紹介します。

【岡崎】ウッドデザインパーク

名古屋から車で東に1時間程度走ると西三河エリアに入ります。
豊田や岡崎などほど良く栄えた場所で見つかるグランピング施設を紹介しましょう。

https://wood-designpark.jp/okazaki/glamping/

岡崎インターから車で約15kmほどの場所にある『ウッドデザインパーク』。
三河産の杉や檜を使用してつくられた施設では、バーベキューやグランピングを楽しむことができます。
グランピングは完全予約制になっていて、エスニックな雰囲気満点のテントで素敵な時間を過ごせるでしょう。
日帰りでも宿泊でもOK!
手ぶらで利用できるため、グランピング初心者にぴったりの施設です。
水洗トイレやバスルームも備わっているので、女性も快適に過ごせます。

施設名:ウッドデザインパーク
住所:愛知県岡崎市鍛埜町字日面8番地4
電話番号:080-5810-6322(受付時間:11:30~14:00、15:00~17:00)
食事:バーベキュー(食材セットあり・持込可能)
料金:1サイト利用時36,000~48,000円(時期と平日・休日で異なる)

【名古屋市内】温ったかガーデンマイアミ

「大都市・名古屋ではグランピングは無理…」と思っていませんか?
そんなことはありません!名古屋初のグランピング施設として生まれた『温ったかガーデンマイアミ』は、栄にある三越栄店の屋上にあり、冬季限定で日帰りグランピングを楽しむことができます。
おしゃれなテントの個室空間で、おいしいランチやディナーを味わえますよ。
いつもの居酒屋やレストランに飽きてしまった人におすすめです!

施設名:温ったかガーデンマイアミ
住所:愛知県名古屋市中区栄3丁目5−1
営業期間:2019年11月15日~2020年3月29日予定
営業時間:11:00~22:00
食事:180分コース料理+飲み放題
料金:5,000円

【尾張】アウトドアベース犬山キャンプ場

名古屋から車で1時間ほど走った場所にある『アウトドアベース犬山キャンプ場』は、ワンちゃんと一緒にグランピングを楽しめると評判。
釣り堀の上に浮かぶ水上デッキが最大の売りで、水辺でひと味違ったアウトドアを満喫できるでしょう。
ただし、グランピング専用施設でないため、宿泊するときにはテントの持参が必要です。

さらにこの施設ではピザ作りや餅つき、窯炊き風呂などさまざまな体験ができるところが魅力といわれています。
少し変わったグランピングを楽しみたい人にぴったりです。
トイレはとてもきれいなので、水回りを重視する人にもおすすめですよ。

施設名:アウトドアベース犬山キャンプ場
住所:愛知県犬山市今井東山95番地
電話番号:0568-61-6316
営業時間:9:30~17:00
食事:各自で用意(BBQ食材販売や売店あり)
入場料:大人600円(デイ)、大人900円(1泊)

【豊橋】Roots7

新幹線が停車する豊橋市は東三河の中心都市。しかし、駅前から車で1時間ほど走ると海辺に近いグランピング施設『Roots7』があります。
おしゃれな宿泊施設や露天風呂、薪ストーブやキャンプファイヤを楽しめる大変魅力的な施設です。
企業の研修やセミナーを目的として作られた施設であるため、家族よりも職場やサークルなどの仲間との利用をおすすめします。
仲間との一致団結を目指している人にとっては大変有意義な空間といえるでしょう。
農業体験やBBQワークショップも体験できます。

施設名:Roots7
住所:豊橋市東七根町暗リ谷18-80
電話番号:0532-29-5353
営業時間:10:00~17:00
※料金については要問合せ

【知多半島】南洋の父サウス

http://1010hiroba.com/pick_up2/

知多半島は伊勢湾を望む海辺の街です。美浜町にある「南洋の父サウス」はスリランカカレーを提供するレストランで、目の前には海が広がっています。
海辺ではレンタルスペースを設けていて、1日3組限定で海辺のキャンプを楽しめます。
スペースのみ借りれる場所もありますが、2つのスペースにはパーティーシェードテントやピクニックテーブルなどが設けられているため、手ぶらでキャンプを楽しめます。
他にもグランピング施設もあり、お試しプランでは5~10名でレストランでランチセットを注文した場合、1組1時間半だけ海辺のスペースを利用可能です。
1日1組限定でグランピングスペースのレンタルも行っていて、駐車場や女性専用シャワー、大型ハイスペックシェルテントやLPガスBBQグリル、テーブルウエアなどを自由に使えます。
宿泊はできませんが、デイキャンプや海辺でのアウトドアを楽しみたい人にはぴったり!
食事はオードブル&カレー、またはBBQのいずれかで選べます。
プロの料理を堪能しながら、海辺で思い切りグランピングを楽しみましょう!

施設名:南洋の父サウス
住所:愛知県知多郡美浜町奥田天野56-2 1010てんてん広場内
電話番号:090-1620-0998
営業時間:11:00〜17:00(夏)11:00〜15:00(冬)
定休日:木・金曜日(祝日は営業)
キャンプサイト料金:エリア使用料 5,000~15,000円
          施設使用料 大人1人800円
         おすすめ簡単BBQセット(エリア利用料・食材・BBQセット・レンタルテント含む) 大人1人4,500円~
グランピング料金:スタンダード(オードブル&カレー)プラン 大人1人3,700円
   スペシャル(BBQ)プラン 大人1人4,200円~
※5名以上、3日前までの予約が必要

まとめ

愛知県には宿泊できるグランピング施設は決して多くはありませんが、期間限定や日帰りで楽しめるグランピング施設が徐々に増えてきていることがわかります。
海も山もある愛知県はアクセスも良好で、これからますます施設が増えていきそうですね。
これからグランピングを始めたいと考えている人は、まずは近場から始めてみることをおすすめします。

※価格はいずれも2019年5月時点のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!