ドラム式・縦型洗濯機の選び方を解説。おすすめモデルも登場!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

家電

>

ドラム式・縦型洗濯機の選び方を解説。おすすめモデルも登場!

ドラム式・縦型洗濯機の選び方を解説。おすすめモデルも登場!

ママグロースハッカーズ makiko
2019-04-10

ライフスタイルに合わせたドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機の正しい選び方を、容量やサイズ、電気代・水道代、洗浄力等の違いをポイントに解説。
パナソニック、日立、シャープ、東芝など主要メーカーの最新モデルも登場します。失敗しない洗濯機選びにご活用ください!

ドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機の選び方

洗濯機を選ぶ際に最も重要なのが、洗濯・乾燥容量と、搬入経路を含めた設置サイズです。
使用する人数に合わせた容量を選ぶことで洗濯回数を減らすことができ、家事の時短にも繋がります。

次に重要なのが、ライフスタイルに合わせて選ぶことです。
ご自身のライフスタイルに照らし合わせて、ドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機のどちがら合っているか、どんな機能が必要かを一緒に考えてみましょう。

ドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機の選び方

ドラム式洗濯乾燥機の選び方

ドラム式洗濯乾燥機を選ぶ際、搬入経路・設置スペースを確保するのはもちろんですが、ドアを開けるスペースが確保できるかを事前に確認することが重要です。ドラム式洗濯乾燥機には、ほとんどの機種に「右開き」「左開き」の2種類があります。自宅の置く場所を想定して、どちらのドアにするかを検討しましょう。

また、乾燥機能付きに魅力を感じて購入される方が多いと思いますが、実は乾燥機能にはいくつか種類がありますので、購入の際はチェックしましょう。
最もおすすめの乾燥機能が「ヒートポンプ式」です。ヒートポンプが搭載されているモデルは価格がやや高めの傾向にありますが、衣類全体に温風を当てながらシワを伸ばして効率よく乾かすため、電気代が抑えられます。「ヒーター式」は電気代がかかる傾向にありますので、購入を検討する際は、電気代がどのくらいかかるのか公式サイトなどで確認しましょう。
乾燥機能については容量を確認することも重要です。洗濯・脱水容量と乾燥容量は異なりますので、乾燥機能を使うことが多い人は要注意です。

さらに、子供がいる家庭では安全性も気になるところだと思います。ドラム式洗濯機に子供が入ってしまう事故は度々聞きますので、チャイルドロックや閉じ込め防止機能が付いているかどうかを確認しておきましょう。さらに、赤ちゃんがいる家庭や、深夜に洗濯する家庭は騒音が気になると思います。インバーター搭載の洗濯機は騒音だけでなく、ドラムの回転数を調整して電気代を抑える効果もありますので、確認することをおすすめします。

縦型洗濯乾燥機の選び方

縦型洗濯機を選ぶ際に注意する点は、乾燥機付きでもドラム式洗濯機の乾燥機能には劣る場合が多いというところです。
乾燥機能を重視する場合は、ヒートポンプ式のドラム式洗濯乾燥機を購入するか、縦型洗濯機と合わせて衣類乾燥機のみを購入する方法がおすすめです。

縦型洗濯乾燥機を選ぶメリットは、たっぷり水を溜めて作って洗うため、一般的にドラム式洗濯乾燥機に比べて洗浄力が強いところです。また、価格が安いことや、使い方が簡単というところも人気の理由です。

ドラム式に比べて設置スペースがコンパクトで上部にドアがある場合がほとんどですので、右開き・左開きを気にする必要がありません。転勤や単身赴任などが想定される場合は、縦型洗濯機がおすすめです。

容量・人数による選び方

洗濯機を選ぶ際に共通する重要ポイントは、必要な容量を知ることです。
一般的に1人当たりの1日分の洗濯容量は1.5kgと言われていますので、一人暮らしでしたら最低1.5kg、2人暮らしのご夫婦でしたら最低3kg、4人家族でしたら最低6kgは必要という計算になります。ただし、これは毎日洗う場合の最低容量ですので、日常で使うタオルなどは含まれていません。2〜3日に1回洗う家庭や、週末にまとめて洗う家庭、厚手のバスタオルを使う家庭ですと更に容量が必要です。布団など大きいものを洗いたい場合も大きな容量のものを選んだ方が良いでしょう。

ただし、洗濯容量が大きくなるほど、洗濯機の外寸も大きくなりますので、設置スペースを考慮しながら選びましょう。
ライフスタイルにもよりますが、3人以上の家族の場合は8kg以上の洗濯容量を確保することをおすすめします。

各メーカーの最新便利機能で選ぶ

最新の洗濯機には、スマホやタブレットを使って外出先から操作できる洗濯機や、AI機能を搭載して生地や汚れを判別し最適な洗濯方法を提案してくれるモデル、自動掃除機能が搭載されたモデル、洗剤の自動投入ができるモデル、温水で洗う機能が搭載されたモデルなど、各メーカー独自の機能を搭載しているモデルが人気です。
高機能になりますと価格も高くなりますので、価格と機能のバランスを考慮して、ご自身に優先すべきものは何かを考慮して購入を検討しましょう。

メーカー別の特徴とおすすめ2019年最新人気モデル

パナソニック、日立、シャープ、東芝の2019年最新ハイエンドモデルを紹介します。各メーカーこだわりの最新機能が搭載されていますので、どんな最新機能があるのかを知り、ライフスタイルに合わせて価格と機能のバランスの良いモデルを選ぶのがおすすめです。

Panasonicのドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機には、ヒートポンプ式乾燥機付きでダニバスターコースを搭載した「VXシリーズ」と、おしゃれなデザインでインテリアにこだわる方に大人気の「Cubleシリーズ」があります。それぞれ上位モデルには温水機能が付いており、おしゃれ着など優しく洗いたいものも、黄ばみを落としてスッキリ洗い上げます。外出先からも操作できる「スマホで洗濯」、水洗いできないアイテムをケアできる「ナノイーX」、「液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能」なども人気です。

Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900L/R

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機「VXシリーズ」の最上位モデルです。
人気モデルのため、価格.comのドラム式人気売れ筋ランキングでも常に上位に入っています。

風量約4.6 m3/分という強力な風量で乾かしシワを伸ばす「ふんわりジェット乾燥」が搭載されており、乾燥容量6kgクラスで「洗濯~乾燥」がスピードNo.1(2018年8月28日現在)です。この後に紹介する日立のドラム式洗濯乾燥機「BD-NX120C」の洗濯〜乾燥までの所用時間が約165分なのに対し、本モデルは約98分と約67分も速いです。スピーディーに乾燥まで行える洗濯機をお探しの方におすすめです。

洗剤の計量・投入を自動でしてくれる「洗濯洗剤・柔軟剤の自動投入」や、14コースの中からメニューを選べる「スマホで洗濯」、温水の力で皮脂汚れを落とす「約40 ℃おしゃれ着コース」、コートや帽子などの花粉など洗えないものもケアできる「ナノイーX」など、パナソニックの最新技術が1台に集結しています。

パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機「NA-VX9900」
タイプ ドラム式洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 11kg / 6kg
外寸 幅639mm×奥行き722mm×高さ1,058mm
乾燥方式 ヒートポンプ乾燥
特徴 パナソニック「ななめドラム洗濯乾燥機」最上位モデル
価格 右開き:税込297,000円 / 左開き:税込279,800円

Panasonic インバーター全自動洗濯機「NA-FA120V1」

パナソニックのインバーター全自動洗濯機(縦型洗濯機)「FW・FAシリーズ」の最上位モデルが「NA-FA120V1」です。
洗濯・脱水容量が業界最大クラスの12kgモデル(国内家庭用タテ型全自動洗濯機において。 2018年4月5日現在。)ですので、大家族でも安心です。
毛布コースは洗濯容量6kgで、1.5kg以下の薄手の毛布なら4枚同時に洗えます。

「NA-FA120V1」の最大の特徴は、下位モデルには搭載されていない「温水泡洗浄W」が搭載されているところです。
温水専用ヒーターで洗剤液を温めることで、洗剤の酵素を活性化させ浸透力を高めます。また、温水の洗浄力で繊維の奥の皮脂汚れや黄ばみ、臭いなどをスッキリ洗い流します。

槽洗浄コースも搭載しており、気軽にお手入れできる6時間コースや、しっかり掃除したいときの11時間コースなど、洗濯機を使う予定に合わせて選べます。
段差の少ないフラットフェイスも見た目がスッキリしていておしゃれなので、インテリアにこだわる方にも人気です。

パナソニック インバーター全自動洗濯機「NA-FA120V1」
タイプ 全自動洗濯機(縦型洗濯機)
洗濯・脱水容量/乾燥容量 12kg / 化繊2kg
外寸 幅643mm×奥行き672mm×高さ1,056mm
乾燥方式 送風乾燥(化繊2kg)
特徴 「温水泡洗浄W」搭載モデル
価格 税込129,615円

HITACHIのドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機

日立の洗濯機には、ドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」、縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」、全自動洗濯機「ビートウォッシュ」「シャワー浸透洗浄白い約束」、二槽式洗濯機「青空」があります。

日立のドラム式洗濯機の特徴は、洗濯物の汚れ具合や繊維の種類を判断して自動で的確に洗ってくれる「AIお洗濯」、アイロン不要なほどシワを伸ばしながら乾燥する「風アイロン」です。また、大流量で洗う「ナイアガラ洗浄」の洗浄力にも定評があります。

縦型洗濯機にも上位モデルには「AIお洗濯」が搭載されており、大流量で洗う「ナイアガラビート洗浄」の強力な洗浄力が人気です。縦型洗濯機では業界初(国内家庭用タテ型洗濯乾燥機において。2018年10月23日現在。)の「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」にも注目です。

HITACHI ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム「BD-NX120C」

日立のドラム式洗濯乾燥機の中で、業界最大クラス(国内家庭用ドラム式洗濯乾燥機において。2019年2月5日現在)の洗濯・脱水容量12kgを誇るハイスペックモデルが日本製「BD-NX120C」です。

細かい設定不要で洗い方を自動で判断してくれる「AIお洗濯」が最大の特徴で、汚れや繊維の種類を判断して適切に洗ってくれます。また、アプリとの連携で外出先から操作したり、運転終了時にお知らせしてくれるなど、便利機能が満載です。

中でも特に人気の高い機能が「風アイロン」です。時速約300kmの風でシワを伸ばしながら乾燥するため、アイロン不要で着られるレベルまでパリッと仕上げてくれると評判です。

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム「BD-NX120C」
タイプ ドラム式洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 11kg / 6kg
外寸 幅735mm×奥行き620mm×高さ1,060mm
乾燥方式 風アイロン / ヒートリサイクル乾燥
特徴 AIお洗濯、スマホアプリ対応、風アイロン搭載で、シワを伸ばしながら乾燥
価格 右開き:税込249,800円 / 左開き:税込253,800円

HITACHI 縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ「BW-DX120C」

日立の縦型洗濯乾燥機で唯一「AIお洗濯」を搭載モデルが日本製「BW-DX120C」です。
洗濯・脱水容量が業界最大クラス(国内家庭用ドラム式洗濯乾燥機において。2019年2月5日現在)で12kgとたっぷり洗うことができますので、大家族や布団を洗いたい家庭におすすめです。

縦型では珍しい「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能搭載で、手を汚さずに自動で計量・投入してくれます。
また、大流量で洗う「ナイアガラビート洗浄」はミートソースの食べこぼしも落とせるほどの洗浄力です。また、「温水ナイアガラビート洗浄」も搭載しており、皮脂汚れや黄ばみ、臭いなどをすっきり落としてくれます。

日立 縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ「BW-DX120C」
タイプ 縦型洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 12kg / 6kg
外寸 幅650mm×奥行き715mm×高さ1,060mm
乾燥方式 速乾ビート乾燥(ヒーター乾燥)
特徴 「AIお洗濯」「温水ナイアガラ ビート洗浄」搭載モデル
価格 税込195,513円

SHARPのドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機

シャープのドラム式洗濯乾燥機の特徴は、毎秒100万個以上の水滴を噴射して洗う「マイクロ高圧洗浄」、シャープ独自の「乾燥フィルター自動お手入れ」です。
縦型洗濯機はシャープだけの独自技術「穴なし槽」が魅力で、黒カビを抑制して清潔に保ったり、洗濯槽と外層の間の水を節水して水道代を節約してくれたりします。
シャープならではの「プラズマクラスターの槽クリーンコース」もカビを抑える効果があります。

SHARP ドラム式洗濯乾燥機「ES-W111」

GOOD DESIGN AWARD 2018を獲得したシャープのドラム式洗濯乾燥機「ES-W111」です。
無線LAN搭載で、AIとIoTの最新技術を駆使したクラウドサービス「COCORO WASH」から様々な情報を発信してくれます。お天気をお知らせして洗濯方法を提案してくれたり、スマホアプリから洗濯機に専用コースを送信したり、洗濯機の運転状況を確認できたりと、快適な洗濯をサポートします。

また自動お手入れの機能が充実しており、「乾燥フィルター自動お掃除」は週に1回ダストボックスのゴミを捨てるだけ、「乾燥ダクト自動お掃除」は排水口についた汚れや糸くずを自動で洗い流してくれます。お手入れが面倒と感じている方におすすめです。

シャープならではの洗浄機能は「マイクロ高圧洗浄」です。毎秒100万個以上の微細な水滴が高圧シャワーノズルから噴射され、繊維の奥に入った汚れもスッキリ落としてくれます。また、洗濯機に搭載されている「超音波ウォッシャー」はシャープならではの工夫です。毎秒約38,000回の振動が気になる部分の予洗いに便利です。

シャープ ドラム式洗濯乾燥機「ES-W111」
タイプ ドラム式洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 11kg / 6kg
外寸 幅640mm×奥行き728mm×高さ1104mm
乾燥方式 ヒートポンプとサポートヒーターのハイブリッド乾燥
特徴 「COCORO WASH」対応モデル。「乾燥フィルター自動お掃除」「乾燥ダクト自動お掃除」搭載。
価格 右開き:税込250,000円 / 左開き:税込242,771円

SHARP 縦型洗濯乾燥機「ES-PU11C」

ハーフミラーガラストップがスタイリッシュなシャープの縦型洗濯乾燥機「ES-PU11C」です。
特徴は、シャープ独自の「穴なし槽」。穴がないので黒カビを抑えて清潔で、洗濯槽と外層の間に溜まる無駄な水がないため、節水効果もあります。また、穴がないことによって生まれる竜巻状の水流とダイヤカット形状の洗濯槽で、もみ洗い・こすり洗いの高い洗浄力を実現しています。

また、「ES-PU11C」に搭載されている「超音波ウォッシャー」を使えば、汚れの気になるところに毎秒約38,000回の振動を与え、予洗いを手軽にすることができます。

洗濯槽の掃除にも工夫があり、シャープ独自の技術「プラズマクラスター槽クリーンコース」を使えば、カビ菌の繁殖を抑制します。また、脱水の水を利用して洗濯のたびに自動で洗濯槽の外側を流水で洗い流すため、いつでも清潔に保つことができます。

シャープ 縦型洗濯乾燥機「ES-PU11C」
タイプ 縦型洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 11kg / 6kg
外寸 幅600mm×奥行き650mm×高さ1,050mm
乾燥方式 ヒーターセンサー乾燥、ハンガー乾燥
特徴 毎秒約38,000回の振動を与える「超音波ウォッシャー」、カビ菌の繁殖を抑制する「プラズマクラスター槽クリーンコース」搭載。
価格 税込149,000円

TOSHIBAのドラム式洗濯乾燥機・縦型洗濯機

東芝の洗濯機の特徴は、強力な洗浄力を誇る「ウルトラファインバブル」です。ナノサイズの泡を作り、洗剤の力を最大限に発揮し繊維の奥の汚れまですっきり落とします。ドラム式洗濯乾燥機の上位モデルには温水で洗える「温水ウルトラファインバブル洗浄W」、縦型洗濯機の上位モデルには、洗剤と衣類を温めてから洗う「温かウルトラファインバブル洗浄W」が搭載されているモデルがあります。

TOSHIBA ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON「TW-127X7」

東芝ドラム式洗濯乾燥機の最上位モデルが「TW-127X7」です。
グレインブラウン、グランホワイトのふたつのカラー展開があり、GOOD DESIGN AWARD2018を受賞しています。

「TW-127X7」の特徴は「ウルトラファインダブル洗浄W」「温水ウルトラファインバブル洗浄W」です。直径1μm未満のナノサイズの泡が繊維の隙間に浸透し、洗剤の洗浄力を最大限に高めて洗います。また、温水を組み合わせることで更に洗浄力が増し、皮脂汚れや黄ばみをスッキリ落としてくれます。

乾燥フィルターのお手入れ「プッシュdeポン」は人気の機能のひとつで、レバーをワンプッシュするだけで掃除することができます。乾燥ダクトの糸くずも自動でお手入れしてくれるので、お手入れが簡単です。

東芝 ドラム洗濯乾燥機 ZABOON「TW-127X7」
タイプ ドラム洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 12kg / 7kg
外寸 幅645mm×奥行き750mm×高さ1,060mm
乾燥方式 ヒートポンプ除湿乾燥
特徴 「ウルトラファインダブル洗浄W」「温水ウルトラファインバブル洗浄W」搭載。「プッシュdeポン」で乾燥フィルターのお手入れ簡単。
価格 右開き:税込224,300円 / 左開き:税込223,200円

TOSHIBA 全自動洗濯機(DDインバーター)ZABOON「AW-10SV7」

東芝の人気シリーズ「ZABOON」の最上位モデルが「AW-10SV7」です。
特徴は、ドラム式洗濯乾燥機にも搭載されている「ウルトラファインダブル洗浄W」です。直径1µm未満のナノサイズの泡を作り、繊維の隅々まで綺麗にしてくれます。
また、衣類と洗剤液を温風で温めて洗剤の効果を最大限に高める「温かウルトラファインバブル洗浄W」が搭載されており、頑固な泥汚れや食べこぼし、黄ばみなどを素早く落とすことができます。

東芝 全自動洗濯機(DDインバーター)ZABOON「AW-10SV7」
タイプ 縦型洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 10kg / 5kg
外寸 幅614mm×奥行き628mm×高さ1,048mm
乾燥方式 ホットサイクル乾燥 空冷除湿(排気)タイプ
特徴 「ウルトラファインダブル洗浄W」「温かウルトラファインバブル洗浄W」搭載。
価格 税込124,900円

まとめ

国内メーカー各社のハイエンドモデルを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

筆者が注目しているモデルは、ドラム式洗濯乾燥機ではパナソニック「NA-VX9900」です。本体価格はお高めですが、スマホに対応していたり、ヒートポンプ式の「ふんわりジェット乾燥」でシワを伸ばしてくれるところ、「約40 ℃おしゃれ着コース」でホームクリーニングができるところが魅力です。

縦型洗濯機で注目しているのは日立のビートウォッシュ「BW-DX120C」です。縦型洗濯機で唯一の「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」がついており、地味に面倒な作業がなくなるのが魅力的です。

※価格はいずれも2019年3月時点のものです。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!