HOME

>

アウトドア

>

【最新版】ソロキャンプ用テントおすすめ21選!使うシーンや設営しやすさで選ぶ

【最新版】ソロキャンプ用テントおすすめ21選!使うシーンや設営しやすさで選ぶ

藤井広大、鳴海有梨、小川まり
2021-03-08
2021-03-19

一人でゆっくり息抜きができる、ソロキャンプ。お一人様やテレワークの需要が高まる今、人気が高まっています。

しかし、移動手段や用途によって使いやすいテントに違いがあるということをご存知ですか?正直、「知らないよ!」という方がほとんどでしょう。

そこで、今回は初めてソロキャンプでテント泊に挑戦しようとしている方に向けた、テントの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。

ソロキャンプのテントを選ぶ前におさらいしておきたいこと

ソロキャンプでは、キャンプ場に自動車だけでなく、バイク・自転車・電車(徒歩)といった手段で移動することが想定されます。移動手段によって選ぶテントや持ち物も変わってくるため、あらかじめ計画する必要があります。

また、どのようなキャンプをしたいか、考えておくことも重要です。そうすることで、自分にはどのテントが向いているか分かってきます。

移動手段は車?電車?荷物スペースも把握しておこう

自転車移動

ソロキャンプでの移動手段は、荷物スペースが多い自動車が便利です。しかし、なかにはバイク・自転車・電車(徒歩)でキャンプ場に、移動する方もいるでしょう。

移動手段が決まっているなら、次はどのくらい荷物を持っていけるかを考えます。

自動車は、ある程度大きくて重いテントでも、トランクや後部座席、助手席に積むことが出来ます。バイク・自転車もスペースさえあれば、ある程度の重量があっても問題はありません。

しかし、徒歩+電車+路線バスの場合には、荷物を持って運ばなければなりません。その場合、バックパックやキャリアを使って移動することが想定されるので、できるだけ軽くてコンパクトなテントを中心に選びましょう。

どのようなキャンプをするか計画を立ててみよう!

海辺でキャンプする男性

移動手段が決まったら、どのようなキャンプをするのか計画をたてます。以下を確認して、どんなソロキャンプにするか、考えるのも楽しみの一つです。

<リスト>
・テント以外にどんなキャンプ道具(ギア)を持っていくのか
・食材を持っていくか、現地調達して地場産のものを食べるのか
・バーナー・焚き火・ストーブ・BBQコンロなどの調理器具は使うのか
・タープ・前室を使って調理スペースやリラックスできるスペースをどれだけ確保するか

キャンプスタイルによって、持っていく荷物も変わります。必要最低限の装備が良いのであれば、コンパクトで済みますが、焚き火台や薪ストーブを使って豪華なキャンプにしたいなど、用途によってもテント選びは変わってきます。

ほかにも、おしゃれなソロキャンプにしたいというのであれば、レイアウトを考えたいところ。レイアウトについては、女子ソロキャンパーのブログやスノーピークなどのアウトドアメーカーのInstagramなどが参考になりますよ。

ソロキャンプ用テントの選び方

ソロキャンプ

それでは、ソロキャンプ用テントの選び方を具体的に見ていきましょう。移動手段やどのようなソロキャンプをするのか決まっていれば、お気に入りのテントが見つかりやすくなります。

移動手段に合わせた、重さとサイズで選ぶ

移動手段が自動車ならば、5kg以上と多少重くても車に詰めれば問題ありません。

バイク・自転車ならば、他の荷物の上に、積むなど工夫をすれば自動車同様のテントでも問題ありませんが、重くても3kg〜5kg前後でサイズはコンパクトに持ち運べるほうが良いです。ただし、すべての荷物の重量が、キャリアの積載量のキャパシティーを超えていないか注意しましょう。

また、自動車やバイクの進入が禁止のキャンプ場で、駐車場から距離がある場合などは、コンパクトなテントでないと持ち運びが大変です。

移動手段が徒歩+電車+バスの場合は、1kg〜2kgでコンパクトに持ち運べるサイズがおすすめです。それ以上の重さになると、キャンプ場に着く前に体力を消耗して、メインとなるキャンプのやる気がなくなってしまいます。

テントのほかにも、イス・テーブル・食材など、バックパックやキャリアにすべての荷物を収納できるか確認しましょう。

事前に道具のレンタル食材を購入することができるキャンプ場であれば、テントだけでも問題ありません。

寝室のサイズは余裕を持って

テントの大きさですが、高さはあまり気にしなくてもいいですが、横になって寝れるかはポイントです。通常、テントのサイズは約210~220cmなので、ほとんどの人が横になって寝れます。

しかし、高身長の方は、少々圧迫感を感じるかもしれません。選ぶ際は、室内が広めで約2kgと軽量な、3~4人用字を選ぶと良いです。

前室はいわばリビング!充実した室内装備で選ぶ

テントの中

登山やツーリングでは、途中の休憩や就寝が目的になりますが、ソロキャンプではキャンプをメインに楽しむことになります。したがって、寝室のみの山岳向けテントでは、少々寂しく感じてしまうのが正直なところです。

より充実したソロキャンプをするのであれば、リビング代わりに使える、前室やタープを設置できるテントを選びましょう。

車・バイク・自転車の場合

移動が自動車であれば、ハッチを使ってタープを設置したり、ソロキャンプでも贅沢な空間を演出したりできます。

また、バイクや自転車でも、収納面に心配がない場合には、2人用のテントや前室+寝室で2ルームになるようなテントがおすすめです。しかし、収納サイズが大きく、重量も4~5kg前後になることもあります。バックパックを使った登山や縦走などには、不向きなので注意しましょう。

徒歩移動や車・バイクで行けないキャンプ場の場合

コンパクトかつ拡張性の高いダブルウォールテントを選びましょう。入口のフライシートがタープ代わりになるので、別途タープを持ち運ぶ手間が省けます。ただし、拡張性が高くなる分、重さは2kg前後になります。登山に使いたいという方も、こちらのテントを選ぶようにしましょう。

移動手段や荷物の多さに関わらず、タープと連結できたりする拡張性の高いテントは、とても便利です。また、メーカーによっては、別売りのシートをタープにすることも出来たりします。

より簡単に設営・撤去ができるものを!

カモフラージュ柄のテント

ソロキャンプ用のテントでは、設営と撤去が簡単にできるものを選びましょう。設営に時間がかかってしまっては、キャンプを楽しむ時間が削られてしまいます。よほどのこだわりがない限り、ダブルウォールテントドーム型の自立式テントがおすすめです。初心者でも約20分前後と短時間で設営できます。

ペグを打つ場合には地面の硬さをチェック!

タープを設営したり張り網をしたりする場合は、ペグが打てる地面かどうかチェックしましょう。キャンプ場に着いたらペグの試し打ちをするなどして、設営がスムーズにできるかを判断することも重要です。

雨風はもちろん、火にも強い素材か

テントの近くで焚き火をする人

キャンプ場は、山に近いところが多く、急に雨が降ることも考えられます。また、焚き火や炭火を使ったキャンプでは、火の粉がフライシートに付着し穴が開いたり、最悪の場合引火する恐れもあります。

自分は焚き火をしないとしても、周りに焚き火や炭火を使っている方もいるでしょう。ソロキャンプのテントを選ぶ際は、安全のために難燃素材を選ぶようにしてください。

コットン素材のテントは、着火しても燃えにくく安全ですが、重量があるので移動を徒歩で考えている方には不向きです。

徒歩の場合には、軽量なポリエステル・タフタに難燃加工が施されている素材を選ぶといいでしょう。万が一火の粉が付着しても、すぐに火が消える作りになっているので、安心して焚き火や炭火を使うことができます。
スペックで選ぶ際には「難燃加工」と、表記されているものを選びましょう。

雨風に強く、蒸れにくいダブルウォールテント

キャンプ場は、山に近いところが多いです。悪天候になることが想定されるので、防水性・通気性に優れた、ダブルウォールテントを選びましょう。

テントでは高機能レインウエアのような、10,000mmを超える耐水圧を使用したフライシートが使われることはありません。耐水性のスペックで選ぶ際は、フロアの耐水圧2,000mm/3,000mmといった表記があれば、雨が降っても快適に過ごせます。

冬もテントをする方は対応シーズンの確認も

雪の中でのキャンプ

冬もキャンプを楽しみたいという方は、オールシーズンに対応した「4シーズン対応」といった表記のあるテントがおすすめです。

メーカーによっては、春~冬対応・4Sなど表記が異なります。スペックにシーズンの記載がなければ、説明文や商品名で冬に使えるかを確認しましょう。オールシーズン・冬でも使用可能、などの記載がなければ3シーズンということです。

見た目やメーカー、コスパで選ぶのも大切

テント

移動手段や用途で、ある程度は絞り込めたのではないでしょうか。あとは見た目やメーカーで選ぶだけですね。予算に上限があるならば、コスパで選ぶのも重要な選び方になります。

かわいいデザインで選ぶなら、ワンポールテントがおすすめです。ドーム型と違って非自立式になるので、ペグで固定する作業が増えます。しかし、ほかの非自立式テントに比べれば、設営は簡単なので初心者でも安心です。

コールマン・モンベル・スノーピーク・ロゴス・キャプテンスタッグといった有名なアウトドアブランドで選べば、ホームページでスペックも確認しやすいです。また、SNSでハッシュタグ検索すれば、どんなレイアウトをしているのかを見ることもできます。

コスパがいいテントを選ぶのであれば、1万円以下からテントの購入が可能です。Amazonならバンドッグというメーカーのテントが、1万円以下でレビュー数も多く、設営した写真も多いです。なかなか聞いたことのないメーカーのテントだと手を出しづらいですが、お試し用として購入してみるのもいいかもしれませんね。

【2kg未満】ソロキャンプ用テントのおすすめ7選 

ソロキャンプ用テントのおすすめ商品を、2kg未満・2kg〜5kg・5kg以上の3つに分けてご紹介します。それぞれの特徴を参考に、交通手段や予算にあうモデルを選んでください。

はじめはコンパクトで軽く初心者も簡単に組み立てられ、徒歩や電車・バスといった移動に最適な、2kg未満のソロキャンプ用テントからです。

おすすめ①
  • BUNDOK(バンドック)
  • ソロドーム1 BDK-08

  • 税込み6,880円
  • 3000mmの耐水圧が魅力!雨のキャンプに

  • 縫い目をカバーするシーム加工とタフな生地で、急な悪天候に耐えるアイテムです。1.8kgと携帯しやすい重さのため、電車やバスで移動する方に向いています。

出入口はファスナーで閉められ、プライベートを守りたい方に最適。ダブルウォールタイプで、昼間はフライシートを巻き上げれば風を通せます。空気を循環させるベンチレーションがあり、テント内のムレを防ぐ優れものです。

ポールは丈夫な7001アルミ合金を使用し、風が強い日も安心です。サイドと天井部分のポケットへ、小物を入れておけます。上部にあるフックは、ランタンだけでなくツールをぶら下げるときに便利です。

おすすめ②
  • Naturehike
  • テント1人用 専用グランドシート付

  • 税込み11,900円
  • 二重のカバーで雨に負けないテント

  • 210Tポリエステル生地を採用し、4000mmの高い防水性を誇ります。内側の布にも防水加工を施して、突然の雨に耐えうる頑丈な仕様です。

横に長いデザインで高い居住性を確保したモデルです。230cmの広さがあるので、長身の方でもゆったりと眠れます。65cmの前室を搭載し、ギアや靴置き場に最適。荷物で内部スペースが圧迫されず、有効に活用できます。

1.6kgと持ち運びやすい重さなのもメリットです。収納ケースへ入れると45cmになり、カバンに入れて移動ができます。アルミニウム合金のポールを付属し、強風でもテントが崩れる心配はありません。樹脂塗装で、紫外線もカットします。

おすすめ③
  • DUNLOP(ダンロップテント)
  • コンパクトアルパインテント VS-10

  • 税込み32,030円
  • 頑丈な作りが魅力! タフな日本製

  • 太く丈夫な75DNの糸で織ったポリエステル生地と、交差部分を半固定した設計で、耐久性抜群。国内工場で作られ、安心して使えます。

上下左右に引っ張っても破れにくいダイアゴナル構造の布を採用し、強靭な仕様です。剛性のあるデザインながら、1.77kgの軽量を実現。ダメージが少ない直線タイプのファスナーを搭載した、長く使い続けたい方へぴったりなモデルです。

フライ・インナーの両方に防水加工を施し、雨に濡れてもすぐ乾くのがうれしいポイント。サイドはスリーブで覆われているため、地面からの跳ね返りをシャットアウトします。

おすすめ④
  • icamp(アイキャンプ)
  • ソロテント solo2

  • 税込み7,980円
  • 下からの浸水をガード!雨の日でも快適にすごしたい方へ

  • フライカバー2000mm・フロア8000mmの高い防水性を発揮します。シームレス仕様の縫い目で、すきまからの漏水も許しません。

1.6kgと軽量でコンパクトなため、自転車で移動する方におすすめなアイテムです。軽くて丈夫なジュラルミンの部品を使用し、風が強い水辺のキャンプに向いています。ポール・ペグ・本体のカラーが統一され、デザイン性に優れている点も魅力です。

入口の反対に大きな窓があり、通気性抜群。虫が気になる季節は、メッシュカバーを閉めましょう。テント上部にベンチレーションを設置し、夜間の息苦しさを抑えます。215cmとゆったり使えるサイズで、身体が大きい方も満足できるモデルです。

おすすめ⑤
  • Sutekus
  • コンパクト 迷彩柄 キャンプテント

  • 税込み2,680円
  • コスパ最強!リーズナブルなモデル

  • 3,000円以下の良心的な価格が特徴です。控えめな値段ながら、ペグや収納バッグが付属。気軽に使えるアイテムがほしい方に向いています。

920gと軽量で、テント以外に多くのツールを持って行きたいときにぴったりな商品です。強度のある180Dオックスフォード生地を装備し、タフな使用感を実現。紫外線カット加工がされ、夏の日焼け予防に役立ちます。

緑豊かな景観になじむ、かっこいい迷彩柄も魅力的。天井のカバーは取り外し可能で、寝転んで空を見られます。ECサイトの口コミでは「ソロツーリングに最適な携帯性」「風をシャットアウトするので中が暖かい」と高評価です。

おすすめ⑥
  • GEERTOP
  • コンパクト ツーリングテント 登山 ハイキング

  • 税込み11,089円
  • 春・夏・秋と3シーズンOK!電車移動派におすすめ

  • 900gの軽さと、シリコン加工ナイロンの丈夫さを両立したモデルです。収納バッグを使うと42×11cmと小さくなり、カバンに入れて持ち運べます。

フライシートは3000mmの高い防水性を誇り、悪天候の日も使用可能です。220cmの広い前室が付き、夜は荷物置き、日中はひさし替わりとして役立ちます。2つの換気窓があるため、息苦しさは感じません。

入口はジッパーでフルクローズでき、プライバシーを守れます。換気したいときは、虫よけのメッシュカバーを付けましょう。ファスナー部分の反射テープで、暗闇でも出入りしやすさを確保。ランタン用フックや小物ポケットもあり、かゆい所に手が届くアイテムです。

おすすめ⑦
  • HAIKUSOUBI
  • アウトドアテント HKZP01

  • 税込み10,500円
  • ワイドなフロアで居住性抜群のテント

  • 210×125cmの広い室内で、ゆったりとすごせるモデル。60cmの前室にツールや靴を置け、内部スペースを有効活用できます。

ダブルウォール仕様で、通気性に優れています。入口を開けてメッシュだけにすれば、虫をよけながら換気できます。軽量で丈夫な航空アルミポールを使用して、1.5kgの軽さを実現。シリコンコーティングを施し、4000mmの防水性を持たせています。

付属の収納袋に入れると40×13cmとコンパクトに。バイクの荷台へ括り付けても邪魔になりません。シンプルなグレーと、キャンプ場で見つけやすいオレンジをラインナップし、自分らしい色を選べます。

【2kg〜5kg】ソロキャンプ用テントのおすすめ7選

続いてバックパックやキャリアに積めば、ロードバイク・自転車でも持ち運び可能な2kg〜5kgのソロキャンプ用テントをご紹介します。

おすすめ①
  • DOD(ディーオーディー)
  • ライダーズワンタッチテント T2-275

  • 税込み17,973円
  • ワンタッチでスピーディーに設営完了!

  • トップにある紐を引くだけでセットが可能なモデル。口コミに「はじめてでも5分で組み立てられた」とあり、テント張りに自信がない方も安心です。

225×145cmの広々スペースで、荷物が多くワイドなスペースがほしい方に最適な商品です。半メッシュ仕様のインナーと、ベンチレーターを搭載したフライシートのダブルウォール設計。通気性に優れているほか、3000mmの耐水圧を誇ります。大きな窓があり、暑い季節も快適に使える柔軟性が魅力です。

フロアを保護するグランドシートが付属し、地面からの浸水や冷気を遮断します。バックルで固定できるため、動いているうちにめくれてしまう心配はありません。収納バッグが付き、車へ運び込むときに便利です。

おすすめ②
  • BUNDOK(バンドック)
  • ツーリングテントUV BDK-18

  • 税込み5,436円
  • UVカットで夏にぴったりなコンパクトモデル!

  • 紫外線をシャットアウトでき、日差しが気になる方におすすめです。1000mm防水加工のポリウレタン生地で、小雨に対応します。

2.3kgと軽量で、電車・バスで移動する方に向いています。取手付きの収納ケースは、持ち運びに便利。メッシュインナーで涼しい風をテント内に入れられ、暑い季節も快適にすごせます。

前後にある出入口を開ければドームのように使用でき、開放感は抜群です。コンパクトな前室付きで、靴や荷物を雨からカバー。内側にインナーポケット・ランタンフックが付いています。満足度の高いスペックで、5,000円以下とコスパのよいアイテムです。

おすすめ③
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • クレセント3人用ドームテント M-3105

  • 税込み4,891円
  • 初心者におすすめしたいドーム型

  • 2本のポールで支えるシンプルな構造で、設営が苦手な方にぴったりなアイテム。2.5kgと軽く、携帯性が高いのもうれしいポイントです。

テント全体をカバーするフルフライ仕様。撥水加工され、雨でも安心です。出入口にメッシュのカバーを設置し、虫の侵入を防ぎながら風を通せます。頑丈なグラスファイバーを使用したポールは、風が強い山のキャンプ場に最適です。

フロアは200×200cmの広さで、両手足を伸ばして寝転がれます。収納袋に入れると66×14cmとコンパクトに。ECサイトの口コミでは「荷物・靴を置いても問題ない広さ」「大人2人でも快適にすごせる」と高評価が集まっています。

おすすめ④
  • Snow Peak(スノーピーク)
  • ミニッツドーム Pro.air 1

  • 税込み76,780円
  • ワイドな内部スペースが魅力

  • インナーは220×130cmの広さで、成人男性でもゆったりすごせるモデルです。約90cmの前室がつき、ギアを外のすぐそばに置けます。

両サイドに大きな窓を取り付け、通気性抜群。ムレを防ぎ、結露が発生しにくい仕様です。インナーは吊り下げ式で、難しい設営は必要ありません。キャンプ場になじむシックなデザインもうれしいポイントです。

フレームは弾性のあるジュラルミンを採用し、強い風にあおられても壊れにくい設計です。フライシートとインナーはポリエステルミニリップストップ生地を使用し、1500mmミニマムの耐水圧を実現。ECサイトでは「雪の日でも寒くなかった」と口コミがあり、冬の宿泊にも向いています。

おすすめ⑤
  • CanadianEast(カナディアンイースト)
  • ドーム型テント CETN3001

  • 税込み14,080円
  • UV対策と高い通気性で夏にぴったり!

  • 約90%の紫外線カット率で、強い日差しをシャットアウト。涼しい風を通す大きな入り口が2つあり、暑い日も快適に過ごせます。

短時間で設置が可能なドーム型で、初心者に最適です。210×100cmの内部スペースがあり、長身の男性でも足を伸ばして眠れます。フライシートは1500mmの耐水圧で、急な雨に対応。フロアは3000mmのため、地面をつたう水も防ぎます。

換気用ベンチレーションの働きで、締め切る夜間も息苦しくなりません。重量は3.4kgと、車移動の方におすすめな設計。収納ケースは持ち運びに便利な取手が付き、キャンプ場からトランクの移動時に役立ちます。

おすすめ⑥
  • LOGOS(ロゴス)
  • ツーリングドゥーブル DUO-BJ

  • 税込み20,450円
  • ベンチも置けるスペースでゆっくりすごせるテント

  • 約190cmの前室があり、ポールを用意すればキャノピーとして使えます。難燃性バルキーポリタフタ製で、焚火を楽しみたい方に最適です。

210×100cmの広さで、荷物が多くても悠々とすごせます。4.1kgの重さですが、保管ケースが付き、持ち運びに便利。ポールは、腐食しにくい6061アルミ製のため、長く使いたい方へぴったりな仕様です。

UVカット仕様・2000mmの防水性を誇るフライシートで、快適なキャンプライフをサポートします。大きな窓にメッシュのインナーカバーを搭載し、通気性抜群。ベンチレーションの働きで、内部の熱や湿度を調節します。

おすすめ⑦
  • mont‐bell(モンベル)
  • ムーンライトテント1型 ML-1

  • 税込み円
  • 難燃加工で安心して使えるモデル

  • 着火しにくい生地を採用したテント。薪を使った料理を楽しみたい方に向いています。腐食に強いアルマイト酸化皮膜コーティングのポールで、耐久性抜群です。

フライシート1500mm・フロア2000mmの耐水圧で、雨や朝露を予防。220cmの広さがあり、高身長の男性でも足を伸ばして眠れます。荷物や靴を塗らさずに保管できる前室が付いているのも魅力です。

40×15cmとコンパクトにまとめられ、持ち運びに便利。2.3kgの軽量で、たくさんツールを持って行きたいときに向いています。A型フレームのため、スピーディーに組み立て可能です。ECサイトの口コミでは「慣れれば設営に5分もかからない」「ポールが勝手に自立して感動した」と声が寄せられています。

【5kg以上】ソロキャンプ用テントのおすすめ7選

最後は居住性に優れゆったりしたおしゃれなデザインで、自動車移動にぴったりな5kg以上のソロキャンプ用テントです。

おすすめ①
  • DOD(ディーオーディー)
  • ライダーズバイクインテント T2-466

  • 税込み27,699円
  • ビッグサイズのタープ部分でカスタマイズ性抜群

  • 270×123cmと広いキャノピーが特徴のテントです。外を眺めながらの食事や雨よけといったさまざまな使い方ができます。

引っ張るだけで設置が完了するワンタッチシステムを採用。スピーディーな撤収が可能です。フライシートを閉じれば2部屋になり、就寝とリビングの空間を分けられます。テーブル・調理器具を出したまま眠れて便利です。

215cmのスペースで、窮屈さを感じずにのびのびとすごせます。3000mm耐水圧のダブルウォール仕様のため、結露や雨漏りを予防。メッシュカバーが付けられる大きな窓の働きで、内部のムレをおさえます。

おすすめ②
  • Coleman(コールマン)
  • ツーリングドーム/LX 2000038142

  • 税込み16,556円
  • 1人でスムーズに設置できる!ポールポケット式

  • インナーにあるフックに骨組みを引っかけるだけで立ち上げ可能なアイテムです。テントの組み立てが苦手な方でも簡単にセットできます。

210×180cmの広々としたスペースなら、外に出られない悪天候の日も心地よくすごせます。1500mm防水で、雨漏りを予防。収納バッグへ入れるとコンパクトになり、バイクの荷台に乗せられます。

ポールでフライシートを持ち上げれば、日差しをよけたリビングスペースに。クッションシートを敷いて、ゆったりとしたランチを楽しめます。入口をファスナーで閉めると、プライバシー保護に役立つ点もうれしいポイントです。

おすすめ③
  • THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
  • ワオナ4 NV21703

  • 税込み円
  • 高さ173cmのワイドスペース!

  • 220×241cmの大きめサイズで、長身の男性でものびのびとくつろげます。ソロはもちろん、家族との旅に併用したい方へぴったりな商品です。

クロスドーム設計で、風の強い海辺の施設に向いているモデルです。両サイドに出口があるため、晴れた日は内部に風を通しましょう。メッシュカバーが付き、大きなゴミや虫よけに役立ちます。

春・夏に最適なシングルウォールで、設営が簡単です。ライトフック・小物入れ・ギアラックがあり、収納性抜群。124cmの広々とした前室にギアを置け、雨から守ります。目を惹くオレンジ色で、キャンプ場で見つけやすい点も魅力です。

おすすめ④
  • FIELDOOR(フィールドア)
  • パップテント T/C320

  • 税込み円
  • かっこいい二又ポールでキャンプが楽しくなる

  • T/C素材を採用し、男らしく無骨なデザインが魅力的。200×105cmのインナーを内蔵した二層構造で、靴や荷物を置くスペースを確保します。

燃えにくいポリエステルとコットンをミックスした生地を使用し、バーベキューをしたい方にぴったりなモデルです。遮光性・撥水性に優れ、どんな天候にも対応。防カビ加工で、衛生的に長く使えます。

フライシートはファスナーで開閉でき、夏はメッシュ面を使って快適にすごせます。ダブルジッパーを搭載し、少しだけ開けて風を通すときに便利です。裾のスカートで冷気をシャットアウトするため、寒い時期も活躍します。

おすすめ⑤
  • XGEAR
  • オールシーズン アウトドア 登山テント

  • 税込み17,980円
  • 足を伸ばして座れるスペースが魅力のテント

  • 長さ160cmの前室があり、イス・テーブルを置けば食事を楽しむリビングに最適です。3000mm耐水圧のフロアシートで、雨から荷物を守ります。

260×215cmのフロアは居住性抜群。50+のUVカット率で、日差しが気になる夏の日でもリラックスしてすごせます。ポールは剛性のある7001航空アルミを付属し、長く使いたい方におすすめです。ECサイトの口コミでは「生地が分厚く頑丈だ」と声が寄せられています。

入口にファスナーが付き、着替えたいときも安心。2層構造で、メッシュカバーを閉じれば虫を防ぎつつ風だけを通せます。内側の収納ポケットは、スマホやツールを入れておくのに便利です。

おすすめ⑥
  • HEWFLIT
  • オールインワンテント ツールームドーム キャリーバッグ付

  • 税込み11,680円
  • 悪天候・強い日差しに負けないタフ設計

  • 3000mmの耐水圧を誇るフライシートで、雨の日に使えるテントです。シルバーコーティングの生地は、夏の紫外線をカットします。

フライシートをポールで持ち上げれば、日陰のリビングルームが完成します。テーブルを置いてランチを楽しむだけでなく、バイクの雨よけとして利用可能。入口の反対側に大きな窓があり、通気性抜群で暑い季節も心地よくすごせます。

カラーはコーヒー・シルバー・イエローをラインナップ。淡い配色でキャンプ場になじみ、かっこいいデザインが魅力です。7kgでバイク・車の方向きですが、取手のある収納ケースが付属し、持ち運ぶときに活躍します。

おすすめ⑦
  • HEWOLF
  • ワンタッチテント UVカット 収納バッグ付き

  • 税込み8,313円
  • 225×225cmの広々空間を確保したモデル

  • アウターテントは、大人が4人眠れるほどのスペースがあります。高さは165cmで、開放感抜群。10,000円以下とリーズナブルな価格も魅力です。

ワンタッチシステムを採用し、1人でもスピーディーに設営できる商品です。3000mm防水で突然の雨に対応します。縫い目からの漏水を防ぐ、シリカコーダコーティング仕様が特徴。内側にシルバー加工が施され、紫外線が気になる方に最適です。

4面に大きな窓を配置し、通気性に優れています。高密度のメッシュカバーが付き、虫やゴミの侵入を予防。グラスファイバーのポールが付属し、シートを広げればタープとして使えるのもうれしいポイントです。

たっぷり楽しんだあとは、メンテナンスもしよう!

洗濯バサミ

ソロキャンプをたっぷり楽しんだら、自宅でのメンテナンスも欠かせません。

<自宅でのメンテナンス方法>
① 撤去する際にシート・ポールの破損がないかをチェック
② コーティングを劣化させないために簡単に落とせる汚れは撤去時に落とす
③ シートは真ん中を起点として折りたたむことで劣化を防げる
④ ジッパーの開閉時はやみくもに操作しない

以上を気を付けることで、より長持ちさせることができます。

汚れが目立つようになったら、洗濯することも可能です。

<自宅での洗濯方法>
① お風呂場・屋外・物干し竿にシートを裏返して置き水をかける
② 柔らかなスポンジを使って中性洗剤で内側の汚れを落とす
③ 中性洗剤を使った個所を水でよくすすぐ
④ 十分なすすぎができたらシートを元に戻す
⑤ 外側のメッシュ部分やトップ部分を洗う
⑥ 地面に付けないようにして折りたたみながら水ですすぐ
⑦ 日の当たらないところで陰干しをして乾燥させる

劣化をさせないためにも洗濯機の使用は避けましょう。長期間テントを使わない時は、1ヶ月に1回程度広げて湿気がないか確認してください。テントは直射日光・高温・湿気に弱いので、日の当たらない室内の押し入れなどに保管しておきましょう。

まとめ

オーロラ下のテント

ソロキャンプは、居住空間を演出することが大事です。そのため登山用のシンプルなものを選ぶよりも、広めなテントを選ぶことをおすすめします。そうすることで、より開放感のあるソロキャンプを楽しむことができます。

週末のソロキャンプでは、お気に入りのテントで何をして過ごすのか、想像するだけで楽しくなりますね。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!