布団圧縮袋でコンパクトに収納しよう!選び方からおすすめ10選を一挙に紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

スタイル

>

布団圧縮袋でコンパクトに収納しよう!選び方からおすすめ10選を一挙に紹介

布団圧縮袋でコンパクトに収納しよう!選び方からおすすめ10選を一挙に紹介

moovoo編集部
2019-02-18
×

シェアする


布団圧縮袋でコンパクトに収納しよう!選び方からおすすめ10選まで紹介

掛け布団のイメージ

シーズンオフの布団や使わなくなった布団、来客用の布団など、押し入れに入れているとスペースを取ってしまいます。それに、布団をむき出しのまま収納すると、カビやダニが発生するリスクも・・・。何とかコンパクトにまとめて収納したい方も多いです。おすすめは布団圧縮袋を使うことです。空気を抜いて圧縮することで、布団を非常にコンパクトにまとめ、収納しやすくしてくれます。さらに、最近ではダニなどを予防してくれるものもあるので、使って損はありません。ただ、どんなものが良いのかわかりませんよね。そこで今回は、布団圧縮袋の選び方やおすすめ10選を紹介します。

布団の圧縮袋を選び方はこれ!

どんな布団圧縮袋を使いたいか、決まっていますか?布団圧縮袋は種類が多く、何が自分に合っているのかわかりませんよね。適当に選んで「全然使い物にならなかった」というのは嫌なはず。自分の用途に沿った布団圧縮袋を選ぶなら、まずは選び方を覚えましょう。この項目では、布団圧縮袋の選び方を紹介します。これから購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

密封性で選ぶ

密封性は布団圧縮袋を使用するにあたり最も重要視したいポイントです。密封性が低いと、コンパクトにまとまってくれません。時間とともに大きくなってしまい、収納を圧迫してしまうこともあります。なので、密封性が高い布団圧縮袋を選びましょう。特にジッパーやスライダーの密封性が高いものがおすすめです。

クローゼットに合うサイズかどうか

せっかくコンパクトにまとめられても、クローゼットに合わなければ収納できないので、なるべく小さくまとめられる布団圧縮袋を使用すると良いでしょう。もしくは、クローゼットの大きさに合う布団圧縮袋を見つけましょう。

衛生的かどうか

布団圧縮袋の中には、ダニやカビ予防が施されたものがあります。その他にも抗菌作用など、種類によってさまざまな特徴があるのも魅力です。衛生的に保管したいのなら、ダニやカビ予防ができるものを選ぶのがおすすめです。

羽毛布団も安心して使えるものを選ぼう

羽毛布団に使えるのかも確認しておいた方が良いでしょう。布団圧縮袋の中には、羽毛布団には使用できなかったり、羽毛の比率に制限があったりすることも。せっかく布団圧縮袋を購入したのに、使っている羽毛布団には利用できないといった事態は避けたいですよね。布団圧縮袋を購入するなら、お持ちの羽毛布団にも使えるものを選びましょう。

バルブの厚さで選ぶ

布団圧縮袋の種類によってバルブの厚みは違います。分厚いと重ねた時に邪魔になったり、かさばったりとデメリットが目立ちます。薄い方が、スッキリと収納しやすくなります。バルブで選ぶ際は、なるべく薄いものを選ぶと良いでしょう。

使わない時も安心!布団の圧縮袋おすすめ10選

布団圧縮袋を選ぶ際のポイントをいくつか紹介しました。
空気を抜くことで、かさばりやすい布団もスッキリ収納できることに加え様々な特徴があるので、自分の重視するポイントによって選ぶと良いでしょう。次の項目では特におすすめの布団圧縮袋10選を紹介します。ぜひ参考にしてください!

日本製布団圧縮袋Mサイズ

立てて布団を収納したい方は「日本製布団圧縮袋Mサイズ」がおすすめです。縦方向に立ち上がる底マチ付きで、立体型に布団を圧縮できるのが特徴となっています。さらに、奥行きが85cmなので、日本の押し入れにもスッポリ収まってくれるのも嬉しいポイントです。スライダーは圧縮袋に取り付けてあるので、簡単で確実にチャックを密閉できるため、季節の変わり目でもすぐに使えます。収納力の高さや手軽さのある布団圧縮袋を使いたい方は、「日本製布団圧縮袋Mサイズ」を使用してみてはいかがでしょうか。

超薄型バルブ式ふとん圧縮袋

短時間で驚くほど薄く布団を圧縮したいなら、「超薄型バルブ式ふとん圧縮袋」はいかがでしょうか。バルブ部分が薄型となっており、掃除機での吸引も楽にできます。さらに、薄型のおかげでかさばらず、収納の邪魔にならないのも嬉しいです。圧縮できる布団の種類も幅広く、ダウン80%以上の羽毛布団にも使えます。季節の変わり目で布団を片付けたい時などにピッタリですね。短時間で簡単に圧縮できるので手軽に布団を片付けたい、さまざまな布団を圧縮できる袋が欲しいという方は、「超薄型バルブ式 ふとん圧縮袋」を使ってみましょう!

レック防ダニふとん圧縮袋

ダニ予防ができる布団圧縮袋を探しているなら、「レック防ダニふとん圧縮袋」はいかがでしょうか。この布団圧縮袋は2層フィルム構造をしており、内側には防ダニ剤配合の特殊フィルムを採用しています。そのおかげで圧縮中にダニが増殖するのを防いでくれているのです。そして、バルブは自動ロック式バルブを使っているため、吸った後の空気の逆戻りを心配しなくて大丈夫。満足できる圧縮具合を実現してくれます。その他にも、海外の掃除機に対応しているといった、便利な特徴も持っています。収納しながらダニ予防をしたい方は、「レック防ダニふとん圧縮袋」を使ってみましょう。

圧縮+plusシリーズ圧縮袋付収納ケース

どんな布団にも対応し、楽に密封できる布団圧縮袋を探しているなら、「圧縮+plusシリーズ 圧縮袋付収納ケース」がおすすめです。この布団圧縮袋は、ダウン80%以上の羽毛製品にも対応しているので、羽毛布団も安心して圧縮できます。さらに、ダニやカビが悪化しないよう、湿気から守ってくれるため、清潔に布団を保存することも可能。その他にも、スマート設計できれいに折り畳めたり、収納物がひと目でわかる窓が付いていたりと便利な機能が盛りだくさんです。機能性重視でさまざまな布団圧縮して収納したい方は、「圧縮+plusシリーズ圧縮袋付収納ケース」を使ってみてください。

東和産業圧縮袋Ag抗菌ふとん圧縮パック

抗菌作用のある布団圧縮袋で清潔に収納したいなら、「東和産業圧縮袋Ag抗菌ふとん圧縮パック」はいかがでしょう。この布団圧縮袋は、銀による抗菌効果を利用して、収納した布団をいつまでも清潔に保存してくれます。効果期間は6ヶ月もあるため、長期間布団を収納していても安心ですね。さらに、スライダー部分は乳幼児が誤飲しないように、T型スライダーを採用しています。チャックも段違いで配置されているため、開け閉めのストレスをカットしてくれています。抗菌作用があり、使い勝手の良い布団圧縮袋を探しているなら「東和産業圧縮袋Ag抗菌ふとん圧縮パック」がおすすめです。

逆止弁付布団圧縮袋

不慣れでも失敗無く布団を圧縮できるものを探しているなら、「逆止弁付布団圧縮袋」を使ってみてください。逆止弁が付いているため、たとえ圧縮するのが不慣れな方でも、失敗なく簡単に圧縮ができます。さらに、付属のハイパーノズルを使うと、スピード吸引ができ短時間で布団を圧縮できます。布団以外にも座布団やジャンパーなどにも対応しているため、シーズンオフには全て圧縮してコンパクトに収納できるのは嬉しいポイントです。失敗なくできる布団圧縮袋を探しているなら「逆止弁付布団圧縮袋」がおすすめです。

オリエント羽毛ふとん圧縮袋

圧縮袋でコンパクトに収納したいけど、布団は傷めたくないという方には「オリエント羽毛ふとん圧縮袋」がおすすめです。丸めて空気を押し出すタイプなので、布団を全く傷めません。それでいて、湿気やホコリ、害虫などはシャットアウトしてくれる優れものです。さらに、羽毛布団特有の嫌な臭いを逃さず吸着してくれるので、取り出した後も快適に使用できるのは嬉しいですね。その他にも、コンパクトにまとめたものは、縦に収納できるので、スペースにも困りません。羽毛布団を傷めずコンパクトに収納するなら、「オリエント羽毛ふとん圧縮袋」を使いましょう!

東和産業圧縮袋らくジッパー

楽に開け締めができて、使い勝手が良い布団圧縮袋を求めているなら、「東和産業圧縮袋らくジッパー」はいかがでしょうか。この商品では、独自で開発したスライド開閉ジッパーを使用。これまで、圧縮袋のジッパーは基本的に閉める機能だけでしたが、スライド開閉ジッパーは、開け閉め両方が可能です。そして、スライダー部分も軽くてスムーズ、本体取り付けなど嬉しい特徴が盛りだくさんとなっています。まさに使い勝手の良さを追求した布団圧縮袋です。使いやすい布団圧縮袋が欲しい方は、「東和産業圧縮袋らくジッパー」を選びましょう。

オリエントQ-PON!電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋

専用のポンプが付いた布団圧縮袋を探しているなら、「オリエントQ-PON!電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋」を使ってみてください。電動吸引ポンプがセットになっており、圧縮袋のバルブに電動吸引ポンプをはめ込めば、自動的に空気を抜いて布団を圧縮してくれます。わざわざバルブに合う掃除機を買うことなく、布団を圧縮できます。さらに、手間がかからないので、季節の変わり目の空いた時間にササッと収納できてしまうのも魅力的です。手軽に布団を圧縮したいなら「オリエントQ-PON!電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋」がおすすめです。

石崎資材バルブ式ふとん圧縮袋

押し入れにスッキリと収納するなら、「石崎資材バルブ式ふとん圧縮袋」を使ってみてください!奥行きが85cmなので、押し入れにもスッキリと収まってくれるコンパクトさが魅力です。さらに、バルブ自体も厚さが12mmの超薄型バルブのため、布団を重ねてもほとんど邪魔になりません。そして、バルブは逆流防止弁となっているので、ノズルを外しても、空気が漏れ出る心配がありません。不慣れでも失敗せず圧縮できるのも強みです。収納のしやすさと使いやすさを求めている方は、「石崎資材バルブ式ふとん圧縮袋」を選びましょう!

布団圧縮袋でコンパクトに収納!

キレイな布団のイメージ

少しでも収納スペースを有効活用したい時や、季節の変わり目で布団を変える場合などは、布団圧縮袋があると便利ですね。また、使わない布団をそのまま収納していると、ダニやカビが繁殖するリスクがあります。様々な特徴の布団圧縮袋の中から、自分のニーズに合ったものを使用して、清潔にスッキリと布団を保管・収納できるようにしましょう!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!