moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

おすすめのシュラフ10選!キャンプやアウトドアを快適に

moovoo編集部
2019-02-06
  • LINE友だち追加


キャンプや登山などアウトドアシーンで大活躍のシュラフ

テントの中にある寝袋

シュラフはキャンプや登山などのアウトドアシーンにおいて、快適な睡眠を確保するために欠かすことのできないアイテムです。ひと言にシュラフといってもその種類は豊富で、特に初心者の場合どれを選べば良いのか迷うことも多いでしょう。ここでは3つの選び方のポイントからおすすめシュラフを紹介していきます。シュラフの購入にあたってこの記事を参考に選んでみてください。

シュラフ選びに抑えておきたい3つの選び方

おすすめ商品を紹介する前に、まずはシュラフを選ぶ際に抑えておきたい3つのポイントを紹介していきます。形状や素材による違いで選ぶのはもちろん、使うシーンによっても選ぶべきシュラフが異なります。実際にどのようなシーンで使いたいのか想定しながらシュラフ選びを進めていきましょう。

封筒型やマミー型など形状で選ぶ

シュラフには大きく分けて「封筒型」と「マミー型」の2種類があります。形状によって保温性や寝心地が異なるのはもちろん、使用する場所や季節によっても適したものを選ぶことが大切です。

封筒型は、その名の通り封筒のような長方形のシュラフです。シュラフ内でも比較的自由に動けるため、ゆったりとした寝心地を求める人にはこちらの形状がおすすめ。同じ種類であれば連結できるアイテムもあるため、家族での使用に最適でしょう。ただし体への密着度が低いため、冬や寒冷地など気温が低くなるシーンには不向きです。

マミー型はミノ虫のような形状で体にフィットするように作られたシュラフです。肩や頭まですっぽりと覆うこともでき保温性が高いため、気温が低くなるシーンにもおすすめ。コンパクトに折り畳めるのも特徴なので、荷物を減らしたい場合にも最適でしょう。

中綿の種類による保温性や扱い方の違い

シュラフの中綿には大きく分けて「化学繊維(化繊)」と「ダウン」の2種類があります。素材によって保温性や扱い方が異なるため、それぞれの特徴を把握することが大切です。

化繊は、水に強いため洗濯可能で濡れても乾きやすく、メンテナンスの手間がかからないのが特徴です。価格も比較的安価ですが、ダウンに比べると保温性が低く、圧縮性にも劣るため収納時にかさ張るといったデメリットがあります。

ダウンは、化繊よりも軽量で空気を含むため保温性が高く、ふかふかとした肌触りが特徴です。圧縮性に優れているためコンパクトに収納することも可能。ただし、化繊よりも水に弱く、濡れると乾くまでに時間がかかってしまいます。洗濯可能なモデルもありますが、風通しの良い場所で保管をしなければカビの恐れもあるなど、化繊よりも全体的にメンテナンスの手間がかかるため、扱いに慣れた中級者から上級者におすすめです。

快適使用温度や限界使用温度に注目

シュラフには大半のメーカーで「快適使用温度」や「限界使用温度」が表記されています。

快適使用温度は、温かく快適な睡眠が保てる温度域レベルを表しています。体感温度には個人差があるため、使用シーンからプラス5℃から10℃ほど余裕のあるものを選ぶのがおすすめです。

限界使用温度は、ウエアを着込むなどの工夫次第で使用できる温度域レベルを表しています。シュラフを選ぶ際にはこの限界使用温度に気をつけて選ぶのがおすすめ。夏用は5℃~10℃、冬用は-5℃以下、3シーズン用は-5℃~5℃を目安として選べば問題なく使えるでしょう。

ただし、メーカーによって温度の評価方法が異なるため、表記されている温度はあくまでも目安と考え、中綿や素材などと合わせて選ぶことが大切です。

封筒型のシュラフのおすすめ5選!

ここでは封筒型シュラフのおすすめアイテムを5つ紹介します。幅が広めでゆったりとした寝心地のシュラフや、限界使用温度が低く防寒性に優れたシュラフなど総合的な使い心地からおすすめアイテムをピックアップしました。

寝返りできるゆったり感で丸洗いも可「LICLI 寝袋 シュラフ 封筒型」

シュラフとしての使用時は幅が75cmと余裕があるため、足を曲げたり寝返りがうちやすかったり布団と同じような感覚で眠ることができます。ファスナーを広げるとフルオープン出来るため、敷き布団として2人並んで使用したり、ブランケットやレジャーマットとして幅広く使用したりできます。

中綿は化繊綿で、表面には放水、防雨加工が施されたポリエステル素材を使用し手入れも簡単です。丸洗いができるためいつでも清潔に使えるのも魅力の一つ。使用可能温度は5℃~でとなっており、足元からファスナーを開けて温度調節ができるため、温かい季節におすすめです。

インナーとしてもおすすめ「CAPTAIN STAG プレーリー 封筒型シュラフ600」

表面には軽くて丈夫なポリエステル生地を使用。はっ水加工されているためキャンプなどのアウトドアシーンでも安心です。中綿には中空ポリエステルを使用し程よい保温力を保っています。裏地にはポリエステルマイクロファイバーを使用することで肌触りが良く、保湿性や速乾性にも優れています。

同じタイプのシュラフであればファスナー同士で連結して使用することも可能。ファスナーは上下から開閉できるため、温度調整にも便利です。最低使用温度が15℃なので、夏場はこれ1枚で、寒い季節にはインナーとして使用することもできます。

連結すればファミリーでの使用もおすすめ「Wonbor 寝袋 シュラフ 封筒型 」

限界使用温度が-10℃と、封筒型シュラフの中でも防寒性に優れているのが特徴です。中綿には中空繊維生地、裏地には肌触りが良く防寒性に優れたポリエステルタフタを使用。頭部や襟元は収縮コードとマジックテープで閉めることができるため、寒気を防いで保温できます。

ファスナーは上下、内外側どちらからでも開けられるため温度調節にも便利です。フルオープンにすればマットや敷物として使用することも可能。同じタイプであれば二つ連結して2人並んで眠ることもできます。ドラム式洗濯機での丸洗いもできるため、いつでも清潔に使うことが可能です。

大きめサイズでゆったり快適な睡眠が可「YOTECE 寝袋 シュラフ 封筒型」

使用時には幅が85cmと十分な余裕があるため、寝返りも自由自在で快適な睡眠が可能です。縦の長さが190cmあるので身長が高い人にも対応できます。表面の素材には撥水性の高いポリエステルを使用し、さらにナイロン繊維を縫い込んであるため摩擦や裂けにも強くアウトドアシーンでも安心です。

最低使用温度が約0℃、快適使用温度が5℃以上になっているので、少し肌寒さを感じる季節にもぴったり。丸洗いが出来るので清潔に使えます。収納時は空気を抜くようにグルグルと丸めれば収納袋に収まって持ち運びにも便利です。

コットン素材の裏地で夏場も快適に「Coleman コージー/C15」

限界使用温度が約10℃で夏から秋頃向けのシュラフです。同じモデル、同じサイズのシュラフであればファスナーで連結でき、広々と使うことも可能。ファスナーを全開にすればマットやブランケットとして使用できます。内側にはスマートフォンなどの小物が収納できるポケットが付いているのも便利です。内側にはさらりとした肌触りのコットン素材のライナーになっているため、夏場のアウトドアシーンでも快適に眠ることができます。表地、中綿にはそれぞれポリエステルを使用。水に強く丸洗いにも対応できるため、メンテナンスの手間も少なく快適に使用できます。

マミー型のシュラフおすすめ5選

ここからはマミー型のシュラフを紹介していきます。ダウンをたっぷりと使用した防寒性に優れたものから、気軽に使えるポリエステル素材の中綿を使用したものまで、さまざまなアウトドアシーンで役立つシュラフを集めました。

ダウン使用でも丸洗いができる「YOGOTO 寝袋 シェラフ マミー型」

頭からつま先まですっぽりと包み込むようにフィットするため保温力が抜群。中綿はダウンを90%使用しているため防寒性に優れたシュラフです。限界使用温度が-25℃なので冬のアウトドアシーンにもおすすめ。表面にはポリエステル地を使用しはっ水加工が施されています。

裏地はサラサラとした肌触りになっているため、肌にくっついたり引っ掛かったりしにくく快適に眠ることが可能です。インナーポケット付きなのでスマートフォンなどの小物収納に便利。丸洗いできるため、いつでも清潔な状態で使用できるのも魅力でしょう。

立体的なデザインでゆとりのある内部空間が魅力「Soomloom マミー型 高級ダウン650FP寝袋」

フィット感の高いマミー型シュラフですが、立体感のあるデザインを取り入れているため、内部の空間に余裕ができ自然な姿勢で眠ることが出来ます。中綿には1,000gのダウンを使用。精密構造によってダウンがズレにくくなっているため、保温効果が高くなっています。

顔周りを包み込むように、フードにもダウンを使用。ジッパーや紐の締め具合で温度調節が可能です。最低使用温度は-15℃なので、肌寒い季節のアウトドアシーンでも対応できます。表面の生地には丈夫な400Tナイロンを使用。摩擦や傷に強く、軽防水なので多少の水分にも耐えられます。

高級ダウンたっぷりで冬キャンプにもおすすめ「MerMonde 高級ダウン 寝袋 シュラフ マミー型」

最低使用温度が-30℃と極寒の屋外でも使用できるのが特徴。中綿には高級ダックダウンを贅沢に1,500gも使用しているため、とにかく保温性に優れています。より保温効果を高めるために、内部には中綿の入ったチューブ情の襟巻きがついており、首周りを温かく包み込んでくれます。

顔周りは保温性を高めるトンネル形のフードで寒さをしのぐ事が可能。内側と外側のどちらからでもファスナーの開閉ができるのも便利な工夫でしょう。足元にはハンガーループが付いているため、乾燥や天日干しをする際にも便利に使うことができます。

シュラフを装着したまま手足を出せる「Coleman コルネット/L15」

フットジッパーとアームジッパーによってシュラフを装着したまま手足を出すことが可能。就寝前などのちょっとした用事もシュラフから出ずに対応できるのが便利です。フットジッパーは温度調整にも効果的です。使用可能温度が10℃なので比較的温かい時期のアウトドアシーンにおすすめです。

手洗いによる丸洗いができるため、いつでも清潔な状態で使うことが可能です。中綿や表地、裏地にはそれぞれポリエステルを使用しているため乾きやすくなっています。重量が800gと軽量タイプで、グルグルと丸めるとコンパクトになるため持ち運びにも便利です。

コンパクトサイズでツーリングにもぴったり「CAPTAIN STAG アクティブ シュラフ600」

表地と裏地には軽くて丈夫なポリエステルを使用。はっ水加工が施されているため多少の水分があっても安心です。中綿にはポリエステルホローファイバーを使用。使用限界温度が5℃となっているため冬のアウトドアシーンには向きませんが、その他のシーズンであれば十分対応できます。

肩口にはショルダーチューブによって放熱と冷気をカット。フードにはドローコード付きなので適度に締めることで保温性をアップさせることができます。内部にはスマートフォンや財布など貴重品を入れるのに最適なポケットが付いているため便利です。

キャンプやアウトドアを楽しむために快適に使えるシュラフを手に入れよう

屋外に置かれた寝袋

シュラフは使うシーンをイメージしてデザインや素材を、使用温度など大切なポイントをしっかり確認してから購入しましょう。使い心地のよいシュラフがあれば、キャンプや登山などのアウトドアシーンをより楽しむことができます。紹介したシュラフの中に気になるアイテムがあれば詳細をチェックしてくださいね。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!