バーベキューの持ち物!絶対に持っていきたい必需品を紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

アウトドア

>

バーベキューの持ち物!絶対に持っていきたい必需品を紹介

バーベキューの持ち物!絶対に持っていきたい必需品を紹介

中間睦月
2019-02-06
×

シェアする


バーベキューを行う上で、服装や食材など悩むポイントはいくつかありますが、最も多くの人が抱える疑問として、一体何を持っていけば良いかという点があります。
いくら食材を揃えていても、道具が揃っていなければ存分に楽しむことはできなくなります。
ここからは、バーベキューに必須の持ち物から、あれば活躍する便利なグッズまでを紹介し解説していきます。

バーベキューに必須の持ち物とは?

バーベキューをする上で、必ず持ち物として持って行くべきアイテムがいくつかあります。
まずは、マストアイテムと言える物をピックアップして挙げていきます。

コンロ・バーベキューグリル

当たり前ですが、バーベキューをする上でコンロやバーベキューグリルがなければ話になりません。
ホームセンターやショッピングモールではバーベキュー専用のコンロやグリルが販売されているため、必ず持って行くようにしましょう。
また、最近ではバーベキューを行う専用の施設が多くなってきており、場所によってはバーベキューグリルやコンロをレンタルできる所もあります。
事前に調べておき、もし必要がない場合は持ち物として省くことができるため荷物も大幅に減らすことができます。
また、コンロやバーベキューグリルを持って行く際は、バーベキューに参加する人数によってサイズが変わってきます。
こちらも事前に把握をして、適切な大きさのコンロ等を持って行くことが大切です。

鉄板・網

コンロやバーベキューグリルを使うということは、必然的に鉄板や網も持ち物として必須です。
レンタルができる場所であれば一緒に借りることができますが、そうでない場合は自分たちで準備をして持って行く必要があります。
コンロやバーベキューグリルに合わせた形・大きさの網や鉄板が必要ですし、網は一枚だけでは焦げた場合に美味しく食材を調理できなくなります。
そのため、万が一に備えて二枚は持っていくことをおすすめします。

バーベキューには炭は必須の持ち物です。
ガスで行う人もいますが、やはり危険性もあるため炭を持って行く方が良いです。
炭はホームセンターで簡単に購入することができるため入手もしやすくなっています。
また、炭を持って行く量は重要で、バーベキュー中に足りなくなると大問題です。
少なくなるのであれば、余っても良い量を持って行く方が無難といえます。
バーベキュー施設では炭を用意しているところもあるため、一度問い合わせをしてみましょう。

皿・コップ

料理を取り分けるために、皿は必ず必要です。
バーベキューに適した皿は紙皿です。
最近ではコンビニでも売っていることがあるため、現地付近で購入することもできます。
また、コップも必ず持ち物として忘れてはならないものです。
コップも皿も、人数分以上を持って行くようにします。
落としてしまう人も現れることが想定されるため、替えがきくように余裕を持っておくと安心できます。

軍手

軍手は忘れがちになる持ち物ですが、バーベキューでは準備をするときや後片付けをするときに大活躍してくれます。
無理に全員分を用意する必要はないですが、手を汚れや怪我から守ってくれるため、できるだけ多く持って行く方が良いです。
コンビニでも軍手は売っており、特別事前に持ち物として用意をしておく必要はない道具です。

ウェットティッシュ

バーベキューでは必ずと言っていいほど手が汚れます。
そのため、綺麗にするためのウェットティッシュは必須の持ち物と言えます。
参加人数によって変わってきますが、おそらく相当な量を使うことが想定されるため、ボックスタイプのウェットティッシュは最低でも2つは持って行く方が良いです。

トング・包丁

バーベキューには必ず必要な持ち物です。
トングは肉や野菜など、調理を取り分けるために必ず必要となります。
できるだけ多くあった方が全員が料理を取りやすくなるため、人数にもよりますが多めに準備をしておいた方が良いです。
また、トングは火傷防止にも繋がるため、安全性も高いことから持って行くべき道具と言えます。
そして、包丁は肉や野菜を調理する上で必ず必要です。
最近ではバーベキュー用の包丁も発売されていたりと、便利なアイテムがありますので活用できます。

アルミホイル

アルミホイルは、バーベキューで様々な料理を食べるために必要となる道具です。
ホイル焼きをするために使うことができ、バーベキューを一層盛り上げるためにも必要な持ち物です。
忘れがちになる道具でもあるため、出発前にはきちんと確認をすることが必要です。

食材

これも当たり前の話ですが、バーベキュー専用の施設で行わない場合、食材は必ず持って行く必要があります。
最近では、バーベキュー施設に行くと食材もセットで用意されていることがあるため利用する人が多いです。
仮に用意をしてくれる施設であった場合でも、好みの食材があるとは限りません。
そのため、自分たちが食べたい食材はしっかりと持ち物として把握しておくことが大切です。

椅子・テーブル

バーベキューをする場所によっては、椅子やテーブルを用意してくれている施設もあります。
しかし、人数分の椅子やテーブルがあるとは限らないため、自分たちで用意しておくことは必要です。
アウトドアブランドから、ドリンクを置くことができるポケットが付いた便利な椅子も発売されています。
コンパクトに収納できるタイプの椅子やテーブルであれば、持ち運びもしやすく活用することができます。

ライター

バーベキューでは火を起こす作業が必ず必要です。
そのため、ライターやマッチ、チャッカマンなどのアイテムは必須となります。
コンビニでもチャッカマンのような形をしたライターが売っているため、現地へ向かっている最中に購入することができます。

バーベキューにあれば便利な持ち物とは

上記では、必須と言える持ち物を挙げてきました。
では、あれば便利な話題のグッズとはどんなものなのでしょうか。
ここからは、今人気があるバーベキューに活用できるアイテムを紹介していきます。

ユニフレーム チャコスタ2

バーベキューの持ち物の画像

こちらのアイテムは、簡単に火を起こすことができる便利な商品です。
バーベキューでは、炭に火をつける作業が非常に面倒で手間がかかります。
ユニフレーム チャコスタ2では、筒状になっている道具の中に炭を入れ、下から火をあてるだけで熱が伝わりやすく簡単に炭に火を起こすことができます。
ネットでも話題の商品となっており、多くの人が愛用をしています。

VERTEX 20徳ツールナイフ

バーベキューの持ち物の画像

バーベキューではナイフを使うことが多くあります。
こちらの商品は肉や野菜を切ることができるナイフに加えて栓抜きや缶切り、ハサミなど全部で20通り以上の使い方ができます。
そのため、幅広く物事に対応することができるため、バーベキューでの持ち物として最近人気が高くなっています。

まとめ

バーベキューでは定番となる持ち物の他に、あると便利な道具もあります。
存分にバーベキューを楽しむために、必ず必須の持ち物はチェックをしておくことが大切です。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!