moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

HOME

>

アウトドア

>

ポケットストーブミリタリーで手軽にキャンプ飯を楽しもう!

ポケットストーブミリタリーで手軽にキャンプ飯を楽しもう!

  • LINE友だち追加

よしもと興業所属・グッピーこずえさんのYoutubeチャンネル『こずちゃんネル。』とmoovooのコラボ企画!毎週木曜日にアウトドアのコンテンツを配信します。
今回の動画はアウトドアや防災に何かと便利なポケットストーブ。記事ではポケットストーブの特徴や、おすすめポケットストーブなどを紹介していきます!

こずちゃんネル。 アウトドアとか、旅とか、DIYしながら楽しくやってまーす。毎週月・木・金・土の19時に更新〜♪ チャンネル登録はこちらから!
moovoo LINE@ こずちゃんネル。のコラボ企画など、週2回程度でオススメ記事を配信しています。 友だち追加

ポケットストーブとは?

ポケットストーブ

ポケットストーブとは、持ち運びが便利な小型のコンロのようなもの。
動画で紹介していた製品はEsbit(エスビット)のポケットストーブミリタリーと、名前の通り、軍のサバイバル用品として使われているそうなのですが、その見た目や、持ち運びの便利さ、使いやすさから多くの登山家、キャンパーにも愛用されています。

ちょこっとアウトドアをするときなんかにも気軽に持ち運べるため、女子のデイキャンプなどにも最適なアイテムです。

エスビットポケットストーブの使い方

ポケットストーブと固形燃料

使い方もとても簡単です。
ふたを開けて、真ん中に固形燃料を置くだけで小さなコンロが完成します。

固形燃料はエスビットについているものでも良いのですが、少し臭いが強いため、100均などで売っている別の固形燃料を使うことをおすすめします。
基本的に中に収まる大きさであればどの固形燃料を使っても良いので、臭いや燃焼時間、火の強さなどを確認して使いやすいものを使い続けるのが良いでしょう。

ポケットストーブ加熱

固形燃料に火を点けたら、あとはメスティンや、鍋、スキレットなどを置いて加熱できます。

直接火に当てることになるので、ムラが気になる場合は、ポケットストーブと調理器具の間にバーナーパッドを挟むことによって熱が均一に行き渡るため、安定した調理が可能になります。

ポケットストーブ使用後

燃料を使い終わったあとは周囲が非常に熱くなっているためやけどには十分注意してください。
片付けるのはしばらく時間が経ってからにしましょう。

エスビットポケットストーブの特徴

一番はなんといっても持ち運びやすさ。
Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリーではふたを閉じたときの大きさは10cm×7.7cm×2.3cmと、ポケットに収まるほど小さなサイズ。
重さも85gと固形燃料と合わせても十分な軽さを誇ります。

ふたの角度も45度と90度で変えられるため、調理器具によって合わせて安定させることができます。

風に弱いというデメリット

ポケットストーブ風防

動画でも紹介している通り、風が吹いている場所であると火が風に流されてしまい、火力が落ちてしまいます。
そのため、アルミホイルで左右の隙間を塞いだり、周囲に風防を置くなりをして風対策が必要になるでしょう。

しかし、周囲をガチガチに固めすぎても、逆に酸素が入りにくくなり火力が落ちてしまいますので、風の強さと方向に合わせた風対策を行なってください。

その他おすすめのポケットストーブ3選

エスビット以外にも同じように持ち運び可能なコンロとして使える製品はたくさんあります。
その中でもエスビットのものとサイズや価格帯が近いものを3選紹介していきたいと思います。
ポケットストーブではなく、主に五徳や焚き火台という名前で販売されています。

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 テトラ ST-941

こちらはステンレスの板でできた簡易的な焚き火台。
中心に固形燃料やアルコール燃料を入れて調理に使用できます。

組み立ては多少めんどくさいかもしれませんが、持ち運びに邪魔になることもなく、4面なので調理器具も安定して設置することができます。

サイズはかなり小さいため、固形燃料やバーナーを入れる際は大きさをチェックしてください。
4面で入らない場合は6面タイプのものもあるのでそちらも考慮してみると良いでしょう。

Lixada ステンレススチール

こちらは3面のストーブ。
1辺18cmのためSOTOのものと比べると少し大きめ。
固形燃料だけでなく、アルコールバーナーも設置することができるため、燃料の面では使いやすいでしょう。
少し大き目の調理器具でも安定して支えることができるのも特徴の1つです。

ただし、サイドの窓が空いていないため、火の調節はわざわざ調理器具を外し、上からしなければいけない点は少しめんどくさいかも...。

アルコールバーナー固形燃料用五徳【MGTRAIL】

1辺10cmほどの4面五徳。
少し大き目のメスティンなどでも安定して使うことができますが、小さいシェラカップなどはバーナーパッドを挟まなければ置けない点に注意。

風防も火を調節する穴もついています。
2段階に受け皿の位置を調整できるため、固形燃料、アルコールバーナーどちらも使いやすく非常におすすめです。

まとめ

アウトドアをする際には1つ持って置くと非常に便利なポケットストーブ。
1~2人旅にはちょうど良い大きさなのでぜひ使ってみてください!

新着動画