moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

ランニングシューズおすすめ10選!シューズの用途や履き心地が製品選びのポイント

moovoo編集部
2018-11-27
  • LINE友だち追加


ランニングシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します

用途に合わせてシューズを選ぼう

近年の健康志向を受けて、健康づくりやダイエット、ストレス解消のためにランニングやウォーキングを行う人も多くなりました。
時と場所を選ばずに行えるランニングやウォーキングは、忙しい現代人の運動方法としても人気です。快適なランニングやウォーキングに必須となるのがランニングシューズです。自分の足の形や履き心地、用途に応じてランニングシューズを選べば、快適にスポーツや趣味を楽しめます。

ここでは、ランニング初心者から買い替え目的の上級者まで納得の、ランニングシューズの選び方とおすすめの製品を10点紹介します。

ランニングシューズを選ぶ4つのポイント

ランニングシューズを選ぶ4つのポイントを紹介します。いずれも、長時間快適にランニングシューズを使う上で重要なポイントになります。

ランニングシューズを履くシーンやこだわりたいポイントによって製品を選べば、納得のランニングシューズに出会えます。

ランニングの熟練度で選ぶ

これからランニングやウォーキングを始める初心者と、すでにランニングの大会に多く出場している上級者では、ランニングシューズに求める機能性が異なります。

ランニング初心者は、まだランニングのための筋力がついていないため、長時間使用しても腰や膝に負担がかかりにくい、衝撃を吸収する反発性やクッション性の高い物を選びます。
上級者なら、長時間のランニングにも耐えられる筋力がついています。そのため、長時間ランニングできるようにクッション性よりも耐久性や軽量性を重視してランニングシューズを選ぶのがポイントです。

ランニングの時間によって選ぶ

ランニングをどのくらいの時間行うかによっても、ランニングシューズに求めるポイントは異なります。
趣味の一環でランニングをしたい、日々の健康づくりやダイエット目的で軽いランニングがしたいときには、一回当たりのランニングの時間は短くなります。そのため、足や膝への負担がかかりにくいクッション性の高いものや、短い間長期間使える耐久性の高いモデルを選びましょう。

大会用や、長距離ランナーなら一回当たりのランニングの時間は長くなります。長時間履いていても快適に走れる、通気性や軽量性の高いモデルを選ぶのがおすすめです。

足の形によって選ぶ

ランニングシューズを含めて、靴を選ぶときに一番重要なのが、自分の足のサイズに合った靴を選ぶことです。ところが、同じサイズの足を持つ人同士でも、足の幅や指の長さが違います。そのため、サイズはもちろん、自分の足の形に合ったランニングシューズを選びましょう。

例えば、足の親指が一番長く、親指から小指にかけて徐々に長さがそろっていく足の形は一番日本人に多いタイプです。この場合は、親指がシューズに当たりやすくなるので、親指がぶつからない縦幅にゆとりを持った製品を選びます。逆に足の指の長さがあまり変わらない人や、偏平足の人は、小指が圧迫されやすいので縦幅よりも横幅にゆとりのある製品を選ぶのがおすすめです。

メーカーによって選ぶ

国内外合わせて、豊富なメーカーがランニングシューズを製造、販売しています。メーカーによってランニングシューズのサイズ展開や構造も異なりますので、メーカーごとの特徴を掴んでランニングシューズを選ぶのもおすすめです。

例えば、日本メーカーのアシックスやミズノは、日本人の足に合った、フィット感の高いランニングシューズを展開しています。海外メーカーのナイキは、デザイン性が高い反面やや細身の構造になっています。海外メーカーでも、ニューバランスは幅広の構造になっているため、日本人のメンズにも合いやすい特徴があります。

ランニングシューズのおすすめ製品10選

ランニングシューズのおすすめ製品を10点厳選して紹介します。クッション性または軽量性どちらを重視しているか、通気性と耐久性、シューズの構造など、各製品の特徴に合わせて、どんなランニングシーンに適しているかも紹介しています。

これからランニングを始めたい初心者の方から、新しいランニングシューズを選びたい上級者の方まで、納得の製品選びに役立てて下さい。

デザイン性も高く初心者女性も使える「ナイキ(nike) エア ズームマライア フライニットレーサー」

2012年に発売された「フライフライニットレーサー」の復刻モデルです。ナイキのズームシリーズは、ソールに反発性の高い素材を使っているのが特徴のモデル。瞬発性の高いモデルのため、スピードの欲しいランナーに最適になっています。さらに、アッパーの素材にクッション性の高いアッパーニットを採用しています。足へのフィット感も抜群なので、ランニングを初めてばかりの初心者ランナーにもおすすめです。

デザイン性も高いおしゃれな外見も人気のポイント。街中のランニングも楽しくなる一足です。メンズ、ウィメンズモデルともに展開しているため、ランニングを始めたい初心者女性にもぴったりです。

上級者ランナーのレースやトレーニング用に最適「ナイキ(nike)ズームフライ」

アッパー部分には通気性の高いフライメッシュとフライワイヤーを採用したモデルです。ナイキの中でも耐久性の高い従来モデルヴェイパーフライ 4%を元に生まれたモデルで、長時間の使用にも耐えられるタフな製品です。ソール部分にはカーボン混ナイロンプレートを使用し、従来モデルよりもより高い反発性も兼ね備えています。

ランニングに必要な筋肉やフォームがすでに身についている人向けです。上級者ランナーの本格的な長距離レースから、長時間のトレーニングにも耐えられる一足です。

メンズ、レディースのサイズ展開も豊富で扁平足も安心「アシックス(asics)GT-2000NEWYORK6」

日本人の足に合った形のランニングシューズを探しているなら、アシックスがおすすめ。中でも「GT-2000NEWYORK6」は、これからランニングを始める初心者にもおすすめのモデルです。中敷きとソールにクッション性の高い素材を使用しているため、フィット感も高い心地良い履き心地が特徴。

サイズ展開も豊富で、24.5センチから最高30センチまで対応しています。カラーバリエーションも豊富で、男性女性ともに好きなデザインでも選べます。足幅もスリム、レギュラー、スーパーワイドに対応しているため、偏平足の人も選択肢に入れられるランニングシューズです。

幅広展開あり、フォアフット走法や中学生やジュニア用シューズにも使える「アシックス(asics)GEL-KAYANO25」

アシックスの中でも、反発力が高く軽さも兼ね備えたモデルが「GEL-KAYANO25」です。フォアフット走法のランナーや、ランニングに慣れてきた中級者ランナーに最適のモデル。初心者用のシューズからの履き替えや、マラソンの完走を目指したい時にもおすすめです。

カラーも豊富で、メンズ、レディース、ジュニアモデルともに展開していて、サイズは22cmから32cmまで対応しています。足幅もスリムからスーパーワイドまで展開しているため、幅広のシューズを探している人も安心して選べます。男性女性はもちろん、中学生用の部活用ランニングシューズとしても使用できます。

ウォーキングにもおすすめ、初心者にもコスパも良い「ミズノマキシマイザー20」

ミズノのマルチに使えるランニングシューズモデル「マキシマイザー」シリーズ。最新モデルが、20代目の「マキシマイザー20」です。クッション性と軽量性を兼ね備えたモデルなので、ウォーキングから軽めのランニング、通勤通学用と幅広く使用できます。マルチに使えるだけでなく、値段も安いため、手にしやすい製品です。

メンズやレディースのほか、シンプルなデザインのユニセックスモデルも展開。これからランニングやウォーキングを始めたい初心者から、できるだけコスパの良いシューズを探している人、普段使いもできる製品を探している人にもおすすめです。

スタッド付きでトレイルシーンのシューズならこれ「ミズノウエーブハヤテ4(トレイル)」

ランニングやウォーキングだけでなく、山道も安心して走れるならグリップ性の高いソールのシューズが選択肢に入ります。安定したトレイル用のランニングシューズを探しているなら「ウエーブハヤテ4(トレイル)」がおすすめ。ミズノのランニングシューズでも、軽量モデルであるウェーブシリーズに、スタッドが付いたトレイル用モデルです。

スタッドはミシュランのアウトドア用タイヤからヒントを得た構造で、抜群のグリップ力を誇ります。険しい山道でのトレイルシーンにも安定性が高く安心です。軽量モデルのため、足への負担も少なく、快適なトレイルを楽しみたい人にもおすすめです。

フィット感と通気性の良さで初心者ランナーにおすすめ「アディダス(adidas)Pureboost」

世界的にも有名なスポーツブランド「アディダス」は、ランニングシューズも豊富に展開しています。ランニング初心者向けで、アディダスで選びたいなら「ピュアブースト(Pureboost)」シリーズがおすすめ。シティランナーのために開発されたモデルで、フィット感と通気性の良さが特徴。スニーカー感覚で履けるため人気になっています。

軽量のニットアッパーを素材として使用し、軽さと通気性の高さで、素足に近い感覚でのランニングをサポートします。ミッドソールはクッション性が高く、フィット感も抜群。アスファルトの衝撃も和らげてくれます。長時間のランニングやウォーキングにも最適です。

サブ4達成や短距離ランナーに、世界最速マラソン記録を出したモデルの日本人向け「adiZEROjapanBOOST3」

アディダスのランニングシューズの中でも、2014年男子マラソン世界記録を樹立したモデルの3代目が「adiZEROjapanBOOST3」です。より速さを求める短距離ランナー向けです。通気性と軽さが高いオーバーレイメッシュアッパーに、日本人の足に合ったマイクロフィットラストを採用しています。独自のコンチネンタルラバーソールで、グリップ力の高さも魅力。また、足幅E相当のため、足幅の広い短距離用シューズを探している人におすすめの一足です。

初心者から長距離チャレンジまでサポート「プーマ(puma)イグナイトリミットレス2EVOKメンズ」

世界最速の男ウサイン・ボルトも愛用しているランニングシューズブランドが「プーマ」です。幅広い用途で利用できるモデルが「イグナイトリミットレス2EVOKメンズ」です。反発性と衝撃吸収性の高いプーマ独自開発のインソール「イグナイト」を採用したシリーズの最新モデルです。

また、ストリートランナー向けに開発されたモデルのため、デザイン性の高さでも人気。プーマロゴは刺繍であしらうなど、随所にこだわりがあります。ランニングを長続きさせたいときや、初めての長距離ランニングチャレンジにもおすすめの一足です。

ジムやトレーニング用シューズを探すなら「ニューバランス(new balance)MHANZTC1」

上級者用のニューバランスランニングシューズシリーズ「HANZO」モデルでも、トレーニング用に特化した製品が「MHANZTC1」です。厚めのラバーを採用し日々の練習にも耐えられる耐久性の高さがあります。アッパー素材はメッシュのため通気性も抜群。

REVLITEなどのセーフティ機能も充実しているので、夜間のランニングやトレーニングにも使用できます。

ランニングシューズはランニングの熟練度やシーンで選ぼう

納得のシューズで楽しもう

ランニングシューズの上手な選び方を、おすすめのランニングシューズ製品10点とともに紹介しました。ランニングシューズは、有名なメーカーからも多くのモデルがリリースされているため、自分のランニングの熟練度や使用するシーン、足の形で選ぶのが重要です。用途や足に合ったランニングシューズを選べれば、もっとランニングを楽しめるようになります。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!