moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

カレンダーの再発明!? ホワイトボード式のロールカレンダーが登場

伊藤祐介
2018-10-29
  • LINE友だち追加


カレンダーのシーズンが到来!2019年はこれで決まり!?

ホワイトボードのように書いたり消したりできる、新発想のロールカレンダーが登場しました。

大きなポイントは2つ。

①書いたり消したりできる

②表示期間を変えられる


「webでスケジュール管理するから大丈夫」と言われかねない時代に、あえてアナログで勝負!!

アナログのカレンダーならではのメリットもあるはずです。

ビジネスシーンではもちろん、家庭でも使えるアイデアグッズ「ロールカレンダー」の特徴をご紹介します。

まずはロールカレンダーを簡単に紹介した1分動画をどうぞ↓↓

①書いたり消したりできる

市販のホワイトボードマーカーで、自由に書いたり消したりできます。

スケジュールを間違えても書き直せますし、予定が変わっても大丈夫。

赤や青、黒のペンを使ってカラフルにカレンダーを彩れます。


※オフィスで使う人へ
オフィスにあるホワイトボードのマーカーペンがそのまま使えます!新しく買う必要はありません。

※家庭で使う人へ
軽いので、賃貸の部屋でも大丈夫。壁にピンがあれば掛けられます。
親と子供がSNSでスケジュールを共有するのはまれですから、ロールカレンダーが家族の輪をつなぎます!!

スモールオフィスの情報共有に革命!!
webをあまり使わない年配者がいるオフィスにぴったりです!
会社のミーティングの時にカレンダーを横に持ってくる。そうすると、その場でスケジュールを確認したり、書き直したりできます。

ホワイトボード式のカレンダーという発想は頭になかったはず。アイデア次第で生産性をどんどん高めましょう。

②表示期間を変えられる

ロール式だから、巻物のように巻いたり伸ばしたりすることで、表示期間を【1月~2月】から【3月~4月】へと簡単に変えられます。

【1月~2月】から【5月~6月】の表示に変えるのも簡単ですよ。

もちろん、巻いて戻せるので、期間内をいったりきたりできるんです。


ビニール素材だから何度ロールしても破損しません。(紙ならいたみますよね)

ロール式のいいところ満載です!!

表示期間も選べます。

直近だけの2ヶ月表示でもよし、半年を振り返りたいなら6ヶ月表示にするもよし。

用途に合わせて表示期間を1ヶ月から6ヶ月まで変えられます。

便利なカレンダーですね。

ロールカレンダーの仕様

サイズは横幅約50cm、縦幅は最大約180cmになります。

ロール部分の奥行は約4cm。

本体の重さは約530gです。

付属品:
・カレンダー本体(2018年12月~2019年12月まで
・曜日シート
・透明パイプ
・ボールチェーン
・クリップ4つ(上下用)

取り付けはとっても簡単。

ピンにボールチェーンをかけるだけ。

説明書を読みながら10分で取り付けられます。

購入はこちらから

「ロールカレンダー2019」はクラウドファンディングサイト・Makuake(マクアケ)で2018年11月8日まで支援を募集中です!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!