moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

一輪電動スケボー『Onewheel+』で街とオフロードを制覇せよ!

塚本直樹
2018-09-28
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近にわかにブームになりつつある、モーターの力で走る「電動スケートボード」。そんな電動スケートボードに、スポーツの楽しさとオフロード性能を追加したのが、今回ご紹介する『Onewheel+』なんです。

『Onewheel+』をサクッと紹介する1分動画はこちら↑↑

街を快適に駆ける電動スケートボード

『Onewheel+』の特徴はなんといっても、本体中央に配置された極太の一輪タイヤ。このタイヤをまたぐようにしてボードに乗り、バランスを取りながら移動します。またタイヤが太いおかげで、かんたんにバランスが取れるんです。

オフロードもなんのその

さらに、極太タイヤを活かしたオフロード走行も得意中の得意。タイヤサイズが11.5インチと大きいため、オフロードのデコボコや木の根っこもラクラク乗り越えられます。

さらに、街中の段差をジャンプして飛び降りることも。このような挙動ができるのも、大口径タイヤのおかげでしょう。

走行性能だって自慢です

『Onewheel+』の走行スピードは最高時速30kmと、かなり高速。スポーツ走行だけでなく、通勤通学にも活躍してくれます。また上位モデルの『Onewheel+ XR』なら最大約29km、標準モデルの『Onewheel+』なら最大11kmの移動が可能なんです。

また、操縦にはリモコンを必要としません。前方に体重を移動させれば走行がスタートし、後ろに体重を移せばブレーキがかかります。だから、走行に集中することができるんです。

かっこよく光って安全確保

本体の前後にはそれぞれホワイトとレッドのLEDライトが搭載されており、安全確保だけでなく暗闇でのファッション性も向上。24時間、楽しく乗り回すことができます。

購入について

オンラインストアでは『Onewheel+ XR』が1799ドル(約20万円)、『Onewheel+』が1399ドル(約16万円)で販売されています。アメリカ国外への配送にも対応していますが、残念ながら日本では閉鎖された私有地などでしか乗車できなさそうなのが残念でもあります。

動画・写真はいずれもFuture Motion提供


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!