ドアが前についたキュートな小型電気自動車『Microlino』

moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

ドアが前についたキュートな小型電気自動車『Microlino』

塚本直樹
2018-03-29
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今流行の電気自動車。性能やデザインなどさまざまなバリエーションの車両が登場し、正直どれを選んだらいいのか迷ってしまいそうです。

一方スイスを拠点とするMicro Mobility Systemsからは、パカっと車両前面のドアが開くキュートな電気自動車『Microlino』が登場しています。普段の買い物など、近所を気軽に移動するのにぴったりな1台になるかもしれませんよ?

『Microlino』をサクッと紹介する1分動画はこちら↑↑

車の前からラクラク出入りできる小型電気自動車

『Microlino』の特徴は、なんといってもそのキュートなデザイン。2人乗りの車体はおにぎりのような丸いシェイプを描き、さらに車両の前部にドアが設置され出入りする構造となっています。これなら、狭いスーパーの駐車場でも楽々出入りができそうです。

車両の大きさも全長約2.4×幅1.5mと非常にコンパクトなので、このように小さな隙間でもスルスルと駐車することができるんです。さらに、車重も450kgと軽量に仕上がっています。

小さなボディで軽快に走ります

『Microlino』の最高速度は時速90km。普段使いなら十分なスペックですし、ピンチヒッター的な高速道路の走行もOKでしょう。また車内に搭載される標準バッテリー(8kWh)なら120km、大容量バッテリー(14.4kWh)なら215kmの移動が可能です。

充電は自宅のコンセントからの給電でOK。コンセントからなら4時間で充電が完了します。また電気自動車用の専用コネクタ「Type 2」を利用すれば、1時間で充電可能です。

意外と収納力も高いんです

車内には2人乗り用のシートが設置されています。あまり広い車内空間とはいいづらいのですが、カップルならお互いの距離が近くなるというメリットも!?

一方、車両後部には買い込んだペットボトルなどを積み込むスペースを用意。一部のストイックなスポーツカーよりは、よっぽど荷物が積載できるはず。買い出しや荷物の運搬に、ぴったりな車両でしょう。

詳細はこちらから

『Microlino』は2018年中頃の量産を予定しています。販売価格は1万2000ユーロ(約160万円)前後となり、公式ホームページでは予約のための申し込みフォームも用意されています。車両カラーはシック系からポップなカラーリングまで8色から選べ、予約国としては日本も選択可能でした。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!