まるでロケット鉛筆……1本で工具22本分の機能『ツールペン』

moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

まるでロケット鉛筆……1本で工具22本分の機能『ツールペン』

kamenoko
2017-09-21
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロケット鉛筆」をご存知でしょうか。
昔、駄菓子屋や文房具店に売っていた、懐かしさを感じる文具です。
それが時を超え、クールな工具となりました。

その名も『ツールペン』です!

▲ツールペンをサクッと紹介する1分動画はこちら

後ろからビットを突き刺す

ツールペンとツールペンミニは、ペン型の工具です。
プラスドライバーやマイナスドライバーをはじめ、ビットの付け替えでいろいろな種類のドライバーになります。

この工具の面白いところは、使わないビットを本体に収納できるところ!
付け替えるときは、先端のビットを外して本体の後ろから差し込みましょう。
まさにロケット鉛筆ですね!
クセになります。

ただ、使ってみて気づいたのですが、やっかいなのは、目当てのビットが後ろの方にあった場合、5、6回後ろから突っ込まないといけない点です。
この機構が楽しいと思えるかどうかにかかってきますね。

また、軸を太くするアタッチメントはありません。ですので、回すのにはやや力が必要でした。
これも、このプロダクトデザインを愛せるかどうかが試されます。

ボディは重厚なアルミ製

デザインの美しさには感心しました。

本体はアルミ製。
金属質の、少しくすんだ色合いが特徴です。

macbookと同じ、サンドブラストという仕上げを採用しているそうです。
Apple製品のような高級感があり、用もないのに触ってみたくなります。
「ただの工具では終わらせない」というようなこだわりを感じました。

また、キャップにマグネットが仕込まれていて、ぴたっと吸い付くようにしまるのも気持ち良かったです。

本体内蔵+付属で最大22本の機能!

ツールペンとツールペンミニ(国内での流通を担う「さくらドーム」提供)

ツールペンには2種類あります。
本体に6ビット内蔵+10ビットの付属がつく「ツールペン」と、
本体に5ビット内蔵+17ビットの付属がつく「ツールペンミニ」です。

こちらがツールペン。やや軸が太いです。

こちらがツールペンミニ。よりペンぽいですね。

購入はこちらから

Makuakeでの値段は以下の通り。
ツールペン(ガンメタル、スノーシルバー、シャンパンゴールド)……税込み12,744円
ツールペンミニ(ガンメタル、スノーシルバー、シャンパンゴールド)……税込み13,824円
フルセット(ツールペン、ツールペンミニ、レンチ、専用ポーチつき)……税込み35,618円

こちらは「フルセット」(さくらドーム提供)

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!