専門店のようなフワフワかき氷を自宅で!KaiHouse「本格かき氷器」

moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

専門店のようなフワフワかき氷を自宅で!KaiHouse「本格かき氷器」

Mai Koike
2017-06-13
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近流行のフワフワなかき氷。
大好きだという人も多いのではないでしょうか。

でも、専門店のかき氷は人気があり、長時間並ぶこともありますよね。
暑すぎて外に出るのは億劫だし、炎天下の中並ぶのもきつい…

そんな人のために、お家で手軽にかき氷を楽しむことができ、かつプロ仕様の本格的なかき氷器があります。
その名も、KaiHouse「本格かき氷器」
粉雪のようなフワフワのかき氷を作ることができるんです!

かき氷器全体(不要であれば消す)

まずは1分動画をご覧ください↓↓

こだわりポイント① 薄く削れる刃

「本格かき氷器」という直球のネーミングなだけあって、こだわりも本格です。

まずは大手刃物メーカーならではの「刃」。
かき氷のフワフワ感は、薄く重なった氷が、同じ厚みで何層も重なっていなければ作ることができません。
氷を均質な薄さで削れる刃を採用し、かつ設定角度にもこだわることで、プロ仕様のフワフワ感を作れるのです。

こだわりポイント② 軽い力でも安定させるウォームギア構造

ハンドルを回して氷を削るわけですが、人の力を一定に保つのは難しいですよね。
歯車を組み合わせるウォームギア構造を内蔵することで、安定した圧力を刃に加えることができるので、削れる氷の厚みや柔らかさが一定になるんだそうです。

こだわりポイント③ 均質な氷を作る2重構造の製氷器

2重のを出し入れしているところ

貝印提供

セットで付いてくるオリジナル設計の製氷器は、特別な2重構造。
空気穴や不純物を残さないように、時間をかけてじっくりと凍らせる設計になっています。

実際に作ってみた

氷を削っている様子

軽い力でも心地よい感覚で削れます。

ミキサーで攪拌し、凍らせたマンゴー氷をつかえば、こんなこともできます!
今年の夏は、ちょっとぜいたくなかき氷を自宅で楽しんでみては。

仕様

本体サイズ:220×220×435㎜
重さ:1,820g

購入はこちらから

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!