Technology

人の力加減がわかるロボット技術「リアルハプティクス」

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がbouncyに還元されることがあります。


人に代わる労働力として期待されているロボット。しかし、柔らかいものを掴む、そっと持ち上げて運ぶといった、人ならではの繊細な動作は、まだまだ難しそうに思える。

そこで紹介したいのが、日本のモーションリブが開発した「リアルハプティクス」。ロボットでも人に近い力加減が可能になるという技術だ。

人と同じように物の感触を感じ力を加減する

「リアルハプティクス」は、力情報の高速取得と伝送、さらに独自の動作制御によって、ロボットが人と同じように物の感触を感じ、物に合わせた力加減を可能にするという。

危険作業の遠隔操作や、繊細な作業の自動化、VR・ARコンテンツ化、職人技術のデータ化・可視化など、さまざまなシーンで応用が期待される。

モーションリブは現在、リアルハプティクス技術の普及を目指しパートナー企業を募集中。公式Webサイトから問い合わせを受け付けている。

・ ・ ・

未来の社会を支えるのは、力加減できるロボットかも?

  • Adeept
  • Adeept 5自由度 ロボットアームキット(Robot Arm Kit) DIYロボット キット STEM 知育 学習 OLEDディスプレイ 電子工作 プログラミング ロボットキット 10代と大人向け Arduino IDEと互換性

  • 税込み8,499円
リアルハプティクス

モーションリブ株式会社

CREDIT
Videographer :フィリピン下鳥
Curator :赤坂たつや

RECOMMEND



PAGE TOP