Culture

初めての3Dプリンター、コスパに優れた「Ender3 S1」【動画ライター】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がbouncyに還元されることがあります。

こんにちは、3DプリンターYouTuberのえふてぃーです。

最近では数万円で買えるようになってきた家庭用3Dプリンター。でも3Dプリンターって本当に機種が多くて、どれを選んでいいのか分からないんですよね。下の写真は全部違う3Dプリンターなのですが、詳しくなければ全部同じに見えると思います。

でもこれらは印刷できるサイズが違ったり、印刷できる素材が違ったりと、それぞれに特徴があります。機種によって価格も違い、用途によってもオススメできる機種は変わってくるのですが、あえていま最初の1台を買うなら、というのを選んだので参考にして頂ければと思います。

  • Creality
  • Ender-3 S1

  • ¥52,900(税込)

「Creality Ender3 S1」のオススメポイント

今日はそのうちの1台、Crealityの「Ender3 S1」を紹介します。この機種は定番中の定番機種で、いま一番最初の機種に選ばれているのではないかと思います。必要な機能や機構が大体詰まっているという機種です。

この機種のいいところは「ダイレクト式エクストルーダー」という仕様で柔らかい素材が印刷できたり、印刷音が静かだったりレベリングという調整が簡単だったりと、初心者でも簡単に印刷できる仕組みになっている点です。

さらにこの価格帯の3Dプリンターって組み立てないといけないことが多いのですが、この機種なら8割ぐらいの組み立てが完了しているので、15分ぐらいで組み立てができます。

これだけの良い点がありながら価格が約5万円というのは、数年前では見られませんでした。とてもコスパが良いと思います。

・ ・ ・


とはいってもしっかりと5万円はするので、予算オーバーという方もいるかもしれません。次回は価格重視の2万円台で買える3Dプリンターの紹介をします。次回をお楽しみに。

ほなまた!

CREDIT
Videographer / Writer / Cast :えふてぃー
Support :のだ ゆうた

RECOMMEND

PAGE TOP