Products

自分だけのカスタマイズスクーターで公道を走れる 電動キックスクーター「VERACITY」

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がbouncyに還元されることがあります。

「VERACITY」は、カスタムパーツが豊富な、公道走行可能の電動キックスクーター。

クラウドファンディング
  • VERACITY
  • 【自分好みにカスタマイズ】最高時速65kmのハイパワー電動キックスクーター!|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービス

  • 税込み182,400円
  • 豊富なカスタマイズパーツで、日常に自分専用の相棒を 毎日の自分のライフスタイルを、ハイスペックな移動モビリティが充実させる。 細部までこだわり抜いた、無骨ながらスタイ...

公道走行可能

「VERACITY」は、「VX50」と「VX125」の2種類。どちらも道路交通法と保安基準に適合する部品を標準装備しているから、ナンバーを取得して免許とヘルメットを用意すれば、公道を走れる。

VX50は「第一種原動機付自転車」(原付一種)で、原付が運転できる免許が必要。最大出力1,000Wのインホイールモーター搭載で、最高速度は時速55kmという。

VX125は、「第二種原動機付自転車」(原付二種)で、小型自動二輪以上の免許があれば、運転可能。インホイールモーターの最高出力は2,000Wで、最高速度は時速65kmとしている。

メーターの上にあるボタンで、パワーモードを3段階で調節して、状況に応じたスピードで走行可能。
なお、一般道の法定速度は、原付一種だと時速30km、原付二種は時速60kmなので、速度を守って走行したい。

25,000mAhのバッテリーを搭載し、フル充電の状態で、最大70km走行可能という。フル充電まで4〜10時間ほどかかり、急速充電にも対応している。

タイヤは、11インチの大口径オフロードタイヤ。油圧式のフロントフォークサスペンションと共に振動などを吸収して、路面状態を問わず快適に走れそう。

フレームはアルミニウム合金製で、油圧式ブレーキと電子ABSも装備。安全性も高いようだ。

折りたたんで収納や持ち運びもできるが、本体の重さがVX50で約36kg。VX125だと、約39kgあるため、気軽に持ち運べるとは言い難いだろう。

豊富なカスタマイズパーツ

折りたたみや脱着可能な、座って走れるチェアや、折りたためるハンドル、メカニカルキックスタンドなど多数。

リモコンでカラーを変えられるフロアLEDまで用意されている。

イモビライザーのついたリモートキーもあって、防犯対策もできる。

Makuakeでクラファン中。VX50の場合、182,400円(税込)から1つ支援購入できる。オプションのカスタマイズパーツも追加購入でき、純正パーツと交換または取り付けして発送してくれる。送料は8800円。

・ ・ ・

カスタマイズして、自分だけの一台で走行を楽しめそう。

  • Segway-Ninebot(セグウェイ ナインボット)
  • [日本PSE取得品] Segway-Ninebot Kickscooter F20A / F30 / F40 電動キックスクーター キックボード ディスクブレーキ 大型10インチタイヤ アプリ連携 折りたたみ セグウェイ ナインボット 正規品

  • 税込み104,500円
VERACITY

VERACITY

CREDIT
Videographer :Tee

RECOMMEND

PAGE TOP