Products

直火のような低い焚き火台「焚火板」

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がbouncyに還元されることがあります。

「焚火板」は、焚火台と台形板を組み合わせて、直火に近い高さの焚き火台。

Makuakeでクラファン中。25,500円(税込)から1つ支援購入できる。目標額はすでに達成済み。発送は、2022年10月末までに受け取れる予定。

選べる直火に近い高さ

選べる高さは2種類。ほぼ直火のような4cmの超ロースタイルと、地面へのダメージを軽減する高さ約6.5cmのロースタイルを選べ、どちらも直火に近い低さ。

直火の焚き火は、地面に座り込んで火を眺め、ゆっくり時間を過ごせるのが魅力だという。しかしながら、自然保護や片付け等の側面から、直火NGとするキャンプ場が増えている。そんな中でも「焚火板」を使えば、自由な木の組みで直火のような焚き火体験ができる。

クラウドファンディング
  • 404 not found
  • まるで直火気分!?低さにこだわった焚火台!五徳はもちろん別スタイルの焚き火にも!|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービス

  • 税込み25,500円
  • 【とにかく焚火を楽しむ空間】をコンセプトに【404 not found】は7つのこだわりを詰め込みました。 ちょっと前までは焚き火とは地面でやるもので、もっと自由なもの...

組み合わせ次第で楽しめるスタイル

焚火台の上では、台形板を自由に組み合わせてウッドストーブとして使える。

また、台形板は五徳としても使える。フライパンやメスティン、ダッチオーブンや中華鍋までも乗せて料理などが可能。五徳の高さは、2種類の台形板の組み合わせによって変えられるから、火の調節も簡単。

さらに、焚火台の面積が広いので、ご飯を炊きながらカレーを作ったり、お湯を沸かしたりもできる。

このほか、ユニークなところでは、薪を集めて台形板でまとめることで、スウェーデントーチ化するといった使い方もできる。

焚火台は、幅47cm × 奥行47cmの8角形。総重量3.2kgのステンレス鋼板製。

・ ・ ・

ゆったりチェアに腰掛けて、ぼんやりと眼下の焚火を眺めていれば、心地よいアウトドアの時間を過ごせそう。

  • スノーピーク(snow peak)
  • スノーピーク(snow peak) 焚火台Lスターターセット SET-112S ステンレス

  • 税込み28,380円
焚火板

404 not found

CREDIT
Videographer :Tee

RECOMMEND

PAGE TOP