Products

後片付けまでお任せ! 全部入りのロボット掃除機「ROIDMI EVA」

在宅勤務が生活になじんできたとしても掃除の習慣はなかなか変わらないもの。家にいる時間が増えても、掃除の回数が増えるという方は多くないのではないだろうか。

今回紹介する「ROIDMI EVA」は床の掃除だけではなく、セルフメンテナンスまでおこなってくれる全部入りのロボット掃除機だ。

以前bouncyで紹介した「ROIDMI EVA」だが、今回は実機を10日間実際に使ってみたのでレビューをしていく。

現在クラウドファンディングサイトMakuakeにて、99,990円(税込)から支援購入できる。2022年9月末に発送予定だ。

クラウドファンディング
  • ROIDMI
  • メンテナンスフリー!お掃除から手入れまで全自動の次世代ロボット掃除機ROIDMI|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービス

  • 税込み99,990円~
  • 年間売上199億円を超える掃除機界のパイオニアROIDMI(ロイドミ)から、5 in 1全自動ロボット掃除機「ROIDMI EVA」(ロイドミ エヴァ)が登場! 最初から最...

水拭きをしてくれるのはありがたい

まずは簡単に「ROIDMI EVA」のおさらいをしよう。掃き掃除、拭き掃除だけではなく、モップの洗浄と乾燥、ロボット掃除機本体からのゴミの回収などのメンテナンスも自分自身でおこなうロボット掃除機だ。

本体がステーションに戻ったときに、掃除機本体のゴミはステーションに取り付けられた専用のゴミパックに自動的に回収される。

同じくステーションに戻ったタイミングで、ステーションの浄水タンクに入れた水を使いモップの洗浄をおこなう。浄水に使用した水はステーションの排水タンクに溜まる設計となっている。

「掃き掃除&拭き掃除」「掃き掃除」「拭き掃除」の3つのモードを搭載。

掃き掃除を担当するメインブラシには縦回転し吸引するゴムのブラシを、サイドブラシとして横回転する3本のブラシを搭載する。

モップには直径14cmの回転するパッドを2つ搭載。12ニュートンのちからで加圧しながら水拭きする。掃除途中でもモップが汚れているとロボット掃除機が判断したら自動でステーションに戻り、モップの汚れを自動で洗浄する。

洗浄が終わると、掃除の途中だった場所まで戻り自動で掃除を再開してくれる。

今回は、実際に「ROIDMI EVA」を10日間使ってみた。開封して充電をしながらすることは、まずは浄水タンクへ水を入れること。ここに入っている水を使ってモップの洗浄をおこなう。

充電が完了したら、アプリをインストールし掃除をする範囲のマッピングをおこなう。今回は9畳の寝室で試してみたが、2分弱でマッピングが完了した。そのままアプリ上で掃除のスケジュールを行えば準備は完了だ。今回は10日間毎日掃除をおこなうように設定した。

浄水タンクの水は4リットルほど水が入るが5回の拭き掃除でタンクが空になった。このタイミングで汚水タンクの水を捨てたが、ヘドロのようなものがたまるほど汚れていた。どうやら、我が家の寝室は相当汚れているようだ……

・ ・ ・

初めて家でロボット掃除機を使ってみたが、私の中のイメージでは中途半端に掃除がされていたり、道半ばで充電ステーションに戻れず力尽きていたりするイメージだった。

しかし、「ROIDMI EVA」を実際に使ってみて、水の交換をするタイミングはあれど、ほとんどメンテナンスフリーでロボット掃除機の進化を好みで体感した。

家中の床掃除をロボット掃除機に任せられる日も近いかもしれない。

  • WEWE
  • WEAWE マイクロファイバー クロス 雑巾 吸水 速乾 タオル 多機能 ぞうきん 10枚入 (30.5×30.5cm)

  • 税込み1,694円
ROIDMI EVA

ROIDMI

CREDIT
Videographer :赤坂たつや

RECOMMEND

PAGE TOP