〈2022年〉ahamo(アハモ)の申し込み方法を詳しく解説! 初めてでも安心

Moovoo編集部
2022-08-01

NTTドコモの格安料金プランahamo(アハモ)。手頃な料金プランが売りで、しかもカバーエリアが広いドコモ回線が使えるとあって高い注目を集め続けています。

「気になるけどオンラインでの申し込みが不安」という方に、ahamoの申し込み方法を徹底解説していきます。ぜひ参考にしてください。

PICK UP
  • ahamo
  • ahamoの料金プラン

  • 基本料金:20GB 2,970円(税込み)
    大盛りオプション追加:100GB 4,950円(税込み)
  • 20GBと100GBから選べる、国内通話5分無料


ahamo(アハモ)の料金プラン

サービス内容を解説するイメージ

Photo by iStock

ahamo(アハモ)とは、NTTドコモから2021年3月26日にサービスを開始した格安料金プラン。

デジタルネイティブ世代の若者たちをメインターゲットにしたサービスで、ドコモの高品質な通話・通信回線を手頃な価格とシンプルな料金プランで提供しています。

▼ ahamoの料金プラン
20GB(基本):2,970円(税込)/月
100GB(大盛り):4,950円(税込)/月

海外データ通信:20GBまで無料(海外82の国と地域
テザリング:利用可能なデータ量の範囲内で追加料金なく使える
データ量の追加オプション:1GBあたり550円(税込)

▼ ahamoの国内通話料金
5分以内の国内通話:無料(5分超過後は税込み22円/30秒)
かけ放題オプション:+1,100円(税込)

ahamoの申し込み前に、注意点をチェック

ahamoの申し込みには、大きく分けて2種類のタイプがあります。

  • 新規、またはドコモ以外からの乗り換えでahamoに申し込みをする
  • ドコモからahamoにプラン変更する

それぞれ押さえておきたい注意点について紹介します。

新規・乗り換え(MNP)の注意点

スマホから申し込むユーザーのイメージ

Photo by iStock

「新規」は、ahamoで新たに電話番号を取得する場合の申し込みです。初めてスマホを利用し始める人、または、サブ回線としてahamoを利用したい人はこちらです。

一方、利用中の電話番号をahamoに乗り換えたあとも続けて使いたい人は「乗り換え(MNP)」の申し込みを行います。

MNPとは「Mobile Number Portability(携帯電話番号ポータビリティ)」の略で、電話番号を変更せずに他社に乗り換えられる制度です。以下で解説しますが、新規申し込みの場合とは手順が異なるので注意が必要です。

▼ 乗り換え(MNP)では、MNP予約番号が必要

電話番号を変更せずに他社からahamoに乗り換える場合、契約中の携帯電話会社で「MNP予約番号」を受け取る解約手続き(MNP転出)を行う必要があります。

「MNP予約番号」とは、乗り換え(MNP)の手続きに必要な10ケタの番号で、予約当日を含めた15日間が有効期限です。

MNP予約申し込み連絡先

携帯電話会社

オンライン

電話

店舗

au

0077-75470
受付時間:9:00〜20:00

povo

UQ mobile

0120-001-659
受付時間:9:00〜20:00

ソフトバンク

0800-100-5533
受付時間:9:00〜20:00

LINEMO

Y!mobile

0120-921-156
ワイモバイルの携帯:116
受付時間:9:00〜20:00

楽天モバイル

▼ 法人名義・18歳未満の名義で契約は不可

ahamoの契約ができるのは18歳以上の個人に限られ、法人名義や18歳未満の未成年者名義での契約はできません。ただし、親権者の名義で契約し、18歳未満の人を利用者登録することは可能です。

親子でスマホを利用するイメージ

Photo by iStock

▼「dアカウント」発行と「dポイントクラブ」へ入会が必須

dアカウント」とは、スマホやタブレット、パソコンなどでドコモが提供するサービスや、ドコモが発行するdポイントを利用する際に必要な本人確認用のID。ドコモユーザー以外でも無料で発行できて、アカウント取得と同時にdポイントクラブにも自動的に入会となります。

また、「オンライン発行dポイントカード番号」の発行も必要。スーパーやコンビニ、街なかのdポイント加盟店でdポイントを利用できるほか、ポイント履歴の確認も可能です。

▼「SIMロック解除」が必要な場合も

「SIMロック」とは、契約しているキャリア以外のSIMカードが利用できないようにする制限。「ドコモ→ahamo」なら同じ回線でのプラン変更なのでSIMロック解除は不要ですが、「他社キャリア→ahamo」ではSIMロック解除が必要になることも。

ただし、2021年10月1日以降に発売されたスマホは原則SIMロックの設定が禁止されているため、購入したタイミング次第ではSIMロック解除なしで他社に乗り換えできる「SIMフリー」の場合があります。

▼ iPhoneでSIMロックの状態を確認する(iOS14以降)
① ホーム画面の「設定」アプリを開く
②「一般」→「情報」とタップ
③「SIMロック」の項目が「SIMロックなし」ならSIMフリーの状態

▼ AndroidスマホでSIMロックの状態を確認する(Xperiaの場合)
①「設定」アプリを開き「デバイス情報」を選択
②「SIMカードステータス」をタップ
③「SIMロックステータス」が「許可されています」ならSIMフリーの状態
女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

SIMロック解除の手続きはオンラインで行うと無料でできます。不安な方は店舗でも有料で受け付けているので、ahamoに申し込む前に解除の手続きを済ませておきましょう。
SIMロック解除の費用

携帯電話会社

オンラインで解除する場合

店舗で解除する場合

公式サイト

au

無料

3,300円(税込)

ソフトバンク

無料

3,300円(税込)

▼ 店舗スタッフが申し込みを有料サポート

ahamoへの申し込みはオンライン限定です。もしオンラインでの操作が不安な方は、ドコモショップで申し込み手続きをサポートしてくれるahamo WEBお申込みサポートが便利。ただし、3,300円(税込)の料金がかかります。

ドコモショップのサポートでは、端末を実際に操作するのはユーザー自身が行い、必要なときに店舗スタッフが操作方法を教えてくれます。時間帯などによって混雑していることもあるので、事前に来店予約をしましょう。

ショップスタッフのサポートを受けるイメージ

Photo by iStock

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

インターネットで手続き可能な方は、オンラインでの申し込みがおすすめです。記事後半でahamoへの申し込み手順を詳しく解説しています。

ドコモからプラン変更する際の注意点

プラン変更について話をしているイメージ

Photo by iStock

ドコモからの変更ならahamoの公式サイトから行えます。

すでに触れていますが、ドコモユーザーがahamoへ変更する場合、他社キャリアから乗り換える前に行う「MNP転出の手続き」や「SIMロック解除の手続き」が不要です。

では、ドコモからahamoに変更すると「手続きが簡単で料金が安くなるからメリットしかないのか」といえば、実はそうではありません。以下の点に注意が必要です。

・ahamoでは利用できないサービスがある
・ahamoへの変更時に廃止などの手続きが必要になるサービスがある
・ahamoで継続利用するには手続きや月額料金がかかるサービスがある

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

「ahamoに変更して不便になった」ということのないように、変更や廃止が必要な以下のサービスについてよく確認しておきましょう。
(参考サイト:ahamoへプラン変更手続きを行う際のご注意/ahamo)
事前に「申し込み」が必要な場合

サービス

手続き内容

公式サイト

ドコモメールをahamoでも継続利用したい場合

「ドコモメール持ち運び(330円(税込)/月)」へ加入する
※ahamoへ移行後の手続き不可

利用料金の内訳を郵送で受け取っている場合

利用料金をスマホやPCから確認するサービス「eビリング」を申し込む
※ahamoでは請求書や利用料金の案内などの郵送受け取りが不可

事前に「変更手続き」が必要な場合

サービス

手続き内容

公式サイト

シェアパックの代表回線をahamoに変更する場合

シェアパックを継続する場合は代表回線を変更する

データ専用プラン(2台目プラス含む)を契約している場合

ahamoへのプラン変更ができないため、事前に「ギガライト」など音声対応プランへ変更する

請求書で支払いをしている場合

口座振替払いか、クレジットカード払い(定期クレジット)へ変更する

請求書の送付先住所が契約者住所と異なる場合

「一括請求の代表回線」および「単独回線でのご請求」の利用者が請求書送付先を「契約者住所と異なる住所」としている場合、事前に「契約者住所と同じ」設定へ変更する

料金明細サービスの確認方法が「Web+郵送含む」となっている場合

料金明細はahamoサイトでの案内になるため、「料金明細サービス」の確認方法が「郵送でのご確認(Web+郵送含む)」の場合は「Webでのご利用」へ変更する

契約者が未成年者の場合

ahamoは未成年者が契約者になれないため、事前にドコモショップなどで成人の家族へ名義変更する

契約者の家族(未成年)以外をdポイントカード利用者として登録している場合

事前にドコモショップで現利用者への名義変更が必要
「携帯回線利用者」と「dポイントカード利用者」の登録情報が異なる場合は、事前に同一になるよう登録内容を変更する

事前に「廃止手続き」が必要な場合

サービス

手続き内容

公式サイト

シェアパックに加入中で、ahamoへのプラン変更と同時に機種変更もする場合

「シェアパック」を解約する

「イマドコサーチ」を利用中の場合

子ども居場所がわかる「イマドコサーチ」を解約する
※ahamo契約者を検索対象として登録するのも不可

ahamoへの変更で「自動廃止」されるサービス

サービス

手続き内容

公式サイト

spモード コンテンツ決済サービス(dメニュー掲載コンテンツ)
※「コンテンツ決済サービス(Google PlayTM)」「コンテンツ決済サービス(iTunes)」は引き続き利用可

マイメニュー登録したコンテンツは自動退会(マイメニュー削除)
※コンテンツによって解約や、過去にご利用していたデータなどが消失する場合がある

ドコモ電話帳

クラウド同期したデータも消去
※機種に保存されている電話帳データには影響なし
※ahamoに変更する際にクラウド同期をオフにすること

・データ保管BOX
・dフォト(写真お預かり機能)
・クラウド容量オプション
・スケジュールなどクラウドサービス
(spモード ケータイデータお預かりサービス)
・ドコモアプリデータバックアップ

対象外となるため利用不可
※保存しているデータは、プラン変更ですべて削除

留守番電話サービス

プラン変更後に録音された伝言メッセージや設定内容が削除
※復元不可

PICK UP
  • ahamo
  • ahamoの料金プラン

  • 基本料金:20GB 2,970円(税込み)
    大盛りオプション追加:100GB 4,950円(税込み)
  • 20GBと100GBから選べる、国内通話5分無料

ahamoの新規申し込みに必要なもの

ahamoへ新規に申し込みをする際に必要なのが「本人確認書類」と「支払い方法」。それぞれ種類だけでなく、利用できる条件についてもチェックしましょう。

利用できる「本人確認書類」の種類と条件

申し込みのイメージ

Photo by iStock

本人確認書類の種類や記載内容によっては「補助書類」の提出が求められることがあるので注意しましょう。

「補助書類」とは、提出書類の住所が最新でない場合などに必要になるもので、「公共料金領収書」または「住民票」です。
(参考サイト:補助書類について/ahamo)

本人確認書類として使えるもの

書類

利用できる条件

補助書類

運転免許証

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる
・有効期限内
・都道府県公安委員会発行のもの
※国際運転免許証を除く

住所が異なる場合は必要

マイナンバーカード
(個人番号カード)

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる
・有効期限内

住所が異なる場合は必要

健康保険証
※補助書類が必要

・申し込みで入力する氏名/生年月日と一致している
・申し込みで入力する現住所と一致している
・保険者番号および被保険者記号/番号/枝番/QRコードは読み取れないようにマスキングしている
※修正できないボールペンなどで記入してある
※補助書類は公共料金領収証、または住民票

必ず必要

身体障がい者手帳

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる
・有効期限内

住所が異なる場合は必要

精神障がい者保健福祉手帳
(障がい者手帳)

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる

住所が異なる場合は必要

療育手帳

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる

住所が異なる場合は必要

運転経歴証明書

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる
・交付日が平成24年4月1日以降
・都道府県公安委員会発行のもの

住所が異なる場合は必要

住民基本台帳カード

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる
・有効期限内

在留カード

・申し込みで入力する氏名/住所/生年月日と一致している
・顔写真がしっかり確認できる
・有効期限内

分割払いの場合は「外国発行パスポート」が必要
※残留期間が分割支払い期間に満たないと分割払いの利用不可の場合あり

(参考サイト:各種お手続きで必要な確認書類について/ahamo)

支払い手続きに必要なもの

クレジットカードとキャッシュカードのイメージ

Photo by iStock

ahamoの支払い方法は、クレジットカード払いか口座振替です。申し込みの前に、手元に毎月の支払いに利用するクレジットカードとキャッシュカードを用意しましょう。

注意点として、申し込みに利用できるのは契約者本人名義のクレジットカードと金融機関口座です。

申し込み手順① 新規・他社からの乗り換え(MNP)

ドコモ以外の携帯電話会社から乗り換える人、または新たにスマホを契約する人は、以下に紹介する手順で申し込みを行います。

①「docomoを契約していない方」から契約内容を選択

契約内容の選択

スマホを新たに購入するのか、手持ちのスマホを利用するのか申し込みの前に決めておきましょう。

スマホとSIMセット:新たにスマホを購入し、SIMカードまたはeSIMを契約する
SIMのみ:手持ちのスマホを使用し、SIMカードのみ契約する
eSIMのみ:手持ちのスマホを使用し、オンラインで開通手続きが可能なeSIMを契約する(eSIM対応スマホが必要)

② 新規・MNPから選択

契約方法の選択

「他社からの乗り換え(MNP)」ではMNP予約番号が必要です。まだ取得していない人は記事前半の「ahamoの申し込み前に、注意点をチェック」で紹介している方法を参考にしてください。

③ スマホ購入なら、機種と支払い方法を選択

スマホとSIMをセットで購入の方

「スマホとSIMセットで購入」を選んだ場合、希望のスマホを選択し、その次に支払い回数や補償サービスについても選びます。

④ プラン内容を選択する

データ通信量・オプションの選択
女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

データ通信量を使いきったあとにデータ量を追加購入する場合、1GBあたり550円(税込)かかります。月間のデータ通信量がいつも24GB以上になる人は「大盛り」を検討しましょう。

通話料については、5分を超える通話が月間25分で「かけ放題オプション」と同じ1,100円に達します。長電話になることが毎月1回以上ある人は、かけ放題だと通話料を安く抑えられる可能性があります。

⑤ 契約に必要なものを確認

準備はできていますか?

これまでにも紹介してきましたが、手続きに必要なものが手元にそろっているか、再度確認しましょう。

⑥「dアカウント」でログイン、または新規作成

dアカウントの確認

dアカウントがあると、ログインすることで手続きに進めます。もしアカウントがなくても、ここから新規作成できます。

dアカウントでログインしたあとは、「MNP予約番号の入力」「本人確認書類のアップロード」「毎月の支払い方法を選択」を行ったうえで注文を確定します。

⑦ SIMのみ契約なら、ahamo対応端末か確認する

ahamo契約前の確認

はじめに「SIMのみを購入」を選んでいる場合、手持ちのスマホが対応していることが条件です。表示内容を確認したうえで「対応端末を確認して手続きへ」をタップ。開いたページでキャリアや機種、端末を選択してahamo対応端末であることを確認します。

「eSIMのみ購入」で申し込みをする手順

eSIMを利用するにあたって

eSIMを利用する際の注意事項が表示されます。eSIM対応機種は限られているので、「eSIMのみ購入」を選択する場合は手持ちのスマホが対応しているか、よく確認することが重要です。申し込みの手順は以下の通り。

① dアカウントでログイン
② MNP予約番号を入力
③ 本確認書類をアップロード
④ 支払情報を選択
⑤ 申し込みを確定

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

オンラインでの申し込みを不安に感じるかもしれませんが、画面に表示されている案内通りに進めていけば手続きを完了できます。
PICK UP
  • ahamo
  • ahamoの料金プラン

  • 基本料金:20GB 2,970円(税込み)
    大盛りオプション追加:100GB 4,950円(税込み)
  • 20GBと100GBから選べる、国内通話5分無料

申し込み手順② ドコモからahamoへのプラン変更

ドコモからahamoにプラン変更する場合、事前に手続きが必要なサービスがあるので注意が必要です。記事前半の「ドコモからプラン変更する際の注意点」を確認しましょう。

手続きが完了していれば、ahamoへのプラン変更は難しくありません。

①「docomoを契約中の方」から契約内容を選択

契約形態の選択

プラン変更と一緒に機種変更も行う人は上の「料金プラン変更+機種変更」を選択します。

②「dアカウント」でログイン、または新規作成

dアカウントの確認

dアカウントをまだ取得していない場合は、「持っていない」からアカウントの新規作成が可能です。取得している人は「持っている」を選択し、下の「ログインして次へ」をタップします。

③ 生体認証、またはパスワードでログイン

dアカウントのログイン

dアカウントのログイン画面では、「生体認証または画面ロックで認証」、またはパスワードを入力して「ログイン」できます。

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

ここからはドコモ回線を使用した手続きが必要です。Wi-Fiに接続している場合は、ドコモ回線に切り替えましょう。

④「ワンタイムキー」受け取り用のメールアドレスを設定する

メールアドレスの登録

手続きに必要な「ワンタイムキー」を受け取るためのメールアドレスを入力。ドコモメールは使用できないので、Gmailなどのメールアドレスを使用します。

⑤「ワンタイムキー」を10分以内に入力する

ワンタイムキーの入力

届いたワンタイムキーを10分以内に入力、「次へ」ボタンをタップします。

⑥ 料金プラン変更の手続き

料金プラン変更

この画面では、ahamoにログインした状態です。下の「ahamo契約前の確認へ」をタップすると、料金プランの変更手続きに進みます。

① ahamoのプラン内容確認、オプションサービスの申し込み
② ahamoの契約と同時に申し込み・解約となるサービスの確認
③ 手続きに関する注意事項の確認
④ 手続内容の確認
⑤ プラン変更完了

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

ドコモからahamoへの変更では、基本的にSIMカードの差し替えは不要です。ただし、SIMカードの規格によっては4G/5G通信に非対応のものもあり、新規発行が必要になる場合があります。
PICK UP
  • ahamo
  • ahamoの料金プラン

  • 基本料金:20GB 2,970円(税込み)
    大盛りオプション追加:100GB 4,950円(税込み)
  • 20GBと100GBから選べる、国内通話5分無料

手続きがうまくいかない、対処法がこちら

疑問を解決するイメージ

Photo by iStock

「手順通りに進めたはずなのに、手続きできない」そういった場合でも、ほとんどのケースは対処できます。以下を参考に、解決策を探っていきましょう。

▼ アップロードした本人確認書類の画像が鮮明ではない

ahamo側で本人確認書類の画像を読み込めない場合、再アップロードの依頼メールが送られてきます。何もしないで一定期間が過ぎるとキャンセル扱いになるので注意しましょう。

また、補助書類は発行日から3か月以内のものでなければ認められません。

▼ 支払い方法に不備がある

契約者と支払い方法で設定したクレジットカードの名義が違っている場合や、これまで利用していた携帯電話会社への支払いが滞っている場合でも申し込みできないことがあります。

▼ ドコモの通信回線にトラブル

ドコモの通信ネットワークに障害が起きていて、手続きを進められない場合があります。過去にも「顧客システムの障害」により、新規契約手続きなどが一時的に利用できなくなったトラブルが発生しています。

▼ ドコモ回線に切り替わっていない

ドコモからahamoへプラン変更する場合は、ドコモ回線を利用して手続きを進める必要があります。通信状況を確認しましょう。

▼ 推奨環境ではない

ahamoサイトの閲覧や利用では、推奨環境で行いましょう。スマホで手続きをする場合、iOSなら最新版のSafari、Androidなら最新版のGoogle Chromeが推奨されています。

他社からの乗り換えや新規契約では、パソコンからも手続きできます。その場合、Windowsなら最新版のGoogle Chrome、またはMicrosoft Edge。macOSなら最新版のSafariが推奨されています。
(参考サイト:当サイトについて/ahamo)

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

エラーが起きている場合は、エラーコードが表示されます。一例を以下に紹介しますので、解決するための参考にしてください。
(参考サイト:エラーコード/ahamo)
エラーコードと対処方法の例

エラーコード

対処方法

・推奨環境で手続きしているか確認する
・端末の再起動、dアカウントの再ログイン、キャッシュ/cookieの削除を試す

dポイントクラブの会員ではないと表示されるため、dポイントクラブへ入会する

受付番号、連絡先電話番号、ネットワーク暗証番号の情報を確認する

・MNP予約番号を確認し、正しい情報を入力する
・MNP予約番号の有効期限を確認し、残り10日未満の場合は再度MNP予約番号を取得のうえ手続きを行う

・本人認証サービス(3Dセキュア2.0)を設定しているか確認する
・クレジットカードのパスワードを間違えていないか確認する

PICK UP
  • ahamo
  • ahamoの料金プラン

  • 基本料金:20GB 2,970円(税込み)
    大盛りオプション追加:100GB 4,950円(税込み)
  • 20GBと100GBから選べる、国内通話5分無料

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

PC・スマホ

>

〈2022年〉ahamo(アハモ)の申し込み方法を詳しく解説! 初めてでも安心


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!