Photo by iStock

〈2022年7月〉楽天モバイル、SIMのみ契約を解説 お得なキャンペーンも紹介

Moovoo編集部、森英信
2022-07-04

今あるスマホを使いながら楽天モバイルに乗り換えたい方は、楽天モバイルでSIMのみ契約することが可能です。申し込みから利用開始までの手順や、SIMのみの契約で利用できるキャンペーンについても解説します。

楽天モバイルを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事は、2022年7月時点の楽天モバイル公式サイトの情報をもとに解説しています。

楽天モバイルでは、2022年7月より新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」」に切り替わりました。新料金プランで何が変わったのか、詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください。

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT VII」とは? 7月1日からスタート
PICK UP
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅶ

  • 税込み 1,078(3GBまで)〜3,278円(無制限)/月
    ※2022年7月1日からの新料金プラン
  • データを使いすぎても3,278円、申し込みでポイント還元も


楽天モバイル SIMのみまとめ

SIMとは? SIMカードとeSIMについて

SIMとは「Subscriber Identity Module」の頭文字をとったもので、契約者の電話番号や固有のID番号が記録されたICチップのことです。携帯電話やスマホを使って、通話やデータ通信、SMSといったキャリア独自の通信サービスが利用可能になります。

SIMには、カード型のSIMカードと、スマホ本体に内蔵しているeSIMの2種類があります。

SIMカード|従来からあるタイプで対応機種が多い

SIMカードのイメージ

Photo by iStock

スマホ本体に差し込んで使うタイプのSIMです。従来からあるタイプで、一般的なスマホに対応しています。サイズが「標準SIM」「マイクロSIM」「ナノSIM」の3種類あり、通信機器によって対応サイズが異なるので注意が必要です。

楽天モバイルは「マルチサイズSIM」と呼ばれる全サイズに対応したSIMカードを採用。サイズを指定して申し込む従来タイプと違い、台紙から必要なサイズに切り離して使用します。

SIMカードの不便な点としては、契約後にキャリアから届くまで数日待つ場合がある点や、紛失や傷などによって使えなくなるリスクです。一方で、別のスマホに機種変更する際は、SIMカードを差し替えるだけと手軽です。

SIMカードの特徴

メリット

デメリット

・対応スマホが多い
・機種変更はSIMカードを差し替えるだけ
・店舗での申し込みも可能

・受け取りに数日かかる場合も
・紛失や故障のリスクがある

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

SIMカードの申し込みに不安がある方や、すぐに受け取りたい方は、楽天モバイルの店舗で契約する方法があります。

eSIM|オンラインで完結、早ければ即日開通

eSIMを申し込むイメージ

Photo by iStock

eSIMは、申し込みから通信サービスの利用開始までオンラインだけで完結できるのが特長です。SIMカードのように届くのを待つ必要がなく、早ければ申し込んだ当日から使い始めることも可能です。

とはいえ、全ての機種がeSIMに対応しているわけではないので、使いたいスマホが対応しているか事前に確認しましょう。たとえばiPhoneでは、2019年発売のiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降がeSIM対応モデルです。

また、SIMカードと比べたデメリットとして、eSIMは機種変更をする際に再発行の手続きや初期設定が必要になります。

eSIMの特徴

メリット

デメリット

・最短で申し込み日に利用開始できる
・SIMカードを抜き差しする手間が不要
・サイズの間違いが起きない

・対応機種が限られる
・機種変更する際は手続きが必要

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

楽天モバイルでeSIMを申し込む場合、運転免許証かマイナンバーカードがあればAIかんたん本人確認(eKYC)が利用できます。

eKYCとは、短時間でオンラインによる本人確認ができるシステムです。楽天モバイルによると、eSIM対応スマホが手元にあれば、アプリを使った申し込みから「約5分で開通」できるとうたっています。
参考サイト:eKYCとは/楽天モバイル

楽天モバイルの料金プラン

料金プランのイメージ

Photo by iStock

7月1日よりスタートした楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は以下の通りです。

【データ利用料】
3GB以下:980円(税込1,078円)/月
3GB超~20GB以下:1,980円(税込2,178円)/月
20GB超:2,980円(税込3,278円)/月

※楽天回線エリアなら、月間のデータ使用量が20GBを超過しても通信速度の制限なくデータ通信を利用できますが、パートナー回線エリア月間5GBを超過すると通信速度が最大1Mbpsに制限されます。
【通話料】
Rakuten Linkアプリ使用:国内通話は無料でかけ放題
OS標準の電話アプリ使用:30秒22円(税込)、15分かけ放題1,100円(税込)/月

楽天モバイルは「契約手数料」が0円

ポイント

Photo by iStock

楽天モバイルでは、「ZERO宣言」をうたい、さまざまなサービスを手数料0円で提供しています。

解約時にかかることがある「契約解除料」については、総務省の働きかけにより他社でも廃止をしていますが、楽天モバイルでは「契約事務手数料」も0円です。

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

契約時も解約時も余計な手数料がかからない点は、試しに利用してみたい方にとってメリットですね。
PICK UP
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅶ

  • 税込み 1,078(3GBまで)〜3,278円(無制限)/月
    ※2022年7月1日からの新料金プラン
  • データを使いすぎても3,278円、申し込みでポイント還元も

楽天モバイル、SIMのみの申し込みで利用可能なキャンペーン

楽天モバイルキャンペーンのイメージ

Photo by iStock

楽天モバイルではさまざまなキャンペーンを実施中です。その中で、SIMの申し込みだけでも利用できるキャンペーンを紹介します。

SIMのみの申し込みで利用可能なキャンペーン(2022年7月時点)

キャンペーン

期間

特典

適用条件

【Web】
2022年7月1日00:00~7月31日23:59

申し込み同日の楽天市場での買い物でポイント+5倍
※獲得上限1,000ポイント

キャンペーンサイトからエントリー後にRakuten UN-LIMIT VIIの申し込み

【Web】
2020年10月7日9:00~終了日未定

【店舗】
2020年10月7日開店~終了日未定

最大1年、楽天ひかりの月額基本料無料

楽天ひかりとRakuten UN-LIMIT Ⅶをセットで申し込む
※すでにRakuten UN-LIMIT Ⅶ利用中の方も対象

【Web】
2022年6月6日9:00~9月7日8:59

オンライン動画配信サービス「Hulu」を31日間無料トライアル
※3ヶ月の継続契約なら2,052円相当分の楽天ポイント獲得

キャンペーンサイトからエントリー後に専用ページでHuluアカウントを登録

【Web】
2022年7月1日9:00 ~ 終了日未定

音楽聴き放題アプリ「楽天ミュージック」の利用料が90日間無料

Rakuten UN-LIMIT Ⅶの利用開始後にキャンペーンコード入力と楽天ミュージックにはじめて申し込む
※すでにRakuten UN-LIMIT Ⅶ利用中の方も対象

楽天モバイルへの乗り換え(MNP)手順|SIMの申し込み方法も

MNP(Mobile Number Portability)とは、携帯電話番号ポータビリティともいい、電話番号を変えずにほかのキャリアへ乗り換えできる制度です。現在使用中のキャリアから、楽天モバイルへ乗り換える手順について紹介します。

まずは、契約中のキャリアから「MNP転出」

MNP転出のイメージ

Photo by iStock

MNP転出とは、MNPを利用してほかのキャリアへ乗り換えるための手続きです。MNP転出をするためには、現在利用している通信サービスからMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP転出の手続きはオンラインでもできますが、大手キャリア各社では、直接スタッフに相談できる店舗や電話対応窓口を設けています。

MNP予約申し込み連絡先

キャリア

オンライン

電話

店舗

ドコモ

ドコモの携帯電話:151
一般電話:0120-800-000
受付時間:9:00〜20:00

ahamo

au

0077-75470
受付時間:9:00〜20:00

povo

ソフトバンク

0800-100-5533
受付時間:9:00〜20:00

LINEMO

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

MNP予約番号の有効期限は15日間あります。とはいえ、15日以内ならいつでもよいわけではありません。

楽天モバイルのウェブページから申し込む場合は、7日以上有効期限が残っている必要があるので注意しましょう。
参考サイト:他社からの乗り換え(MNP)/楽天モバイル

楽天モバイルに「MNP転入」する

楽天モバイルに申し込むイメージ

Photo by iStock

MNP予約番号を取得したら、次は楽天モバイルへの転入手続きです。手続きには以下のものが必要です。

【楽天モバイルへの乗り換え(MNP)で必要なもの】
・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
・楽天会員のIDとパスワード
・支払いに使用するもの(クレジットカード、銀行口座など)
・契約中キャリアのMNP予約番号と有効期限
・楽天モバイル対応機種
参考サイト:申し込みに必要な物が知りたい/楽天モバイル
女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

使う予定のスマホが「楽天モバイル対応機種」かどうかは、製品名がわかれば公式サイトで確認できますよ。

▼ 楽天モバイル公式サイトからの申し込み

楽天モバイルにオンラインで申し込むには、楽天モバイル公式サイトから手続きをします。

新規に申し込む方と、他社から楽天モバイルへ乗り換える方は、「新規/乗り換え(MNP)お申し込み」を選択します。

楽天モバイルキャンペーンの画像

次に「プランを選択する」をタップすると、オプションサービスに加入するための画面が開きます。

オプション選択画面

通話かけ放題や保証プランなど、普段の使い方から必要に応じて選択してください。その次にSIMタイプを選びます。

SIMタイプとeSIMタイプの選択画面

SIMカードもしくはeSIMのどちらかを選択し、ページの最下部まで進むと申し込み内容が表示されます。

内容に間違いがないことを確認したうえで「この内容で申し込む」を選択すると、契約者情報の確認や本人確認、電話番号の選択、支払い方法についてのページへ移ります。

申し込み内容画面

本人確認は、本人確認書類を撮影してアップロードする方法のほか、SIMカードの場合なら配達員から受け取る際に本人確認書類を提示する方法もあります。

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

すでに紹介していますが、eSIMを申し込む場合は、運転免許証かマイナンバーカードを使って短時間で開通できる「eKYC」による本人確認が便利ですね。

▼ 楽天モバイル店舗での申し込み

楽天モバイルは全国に1,000箇所を超える店舗(一部の郵便局内にある楽天モバイルショップ含む)があり、店舗スタッフに直接相談しながらMNP転入などの申し込み手続きができます。

SIMのみの契約をする場合は、店舗で「手持ちの端末を引き続き使用したい」と伝えましょう。

店舗で申し込むイメージ

Photo by iStock

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

店舗で契約する場合は「来店予約」が便利です。各ショップページの「Webで予約する」ボタンから予約できます(電話予約は不可)。
参考サイト:ショップ(店舗)を探す/楽天モバイル

手持ちのスマホを使うなら「SIMロック」を解除

SIMロックのイメージ

Photo by iStock

「SIMロック」とは、特定の回線しか利用できないようにスマホにかけられている機能制限です。

たとえば、過去にドコモでスマホを購入した場合、そのスマホはドコモの通信回線以外では利用できないようにSIMロックがかけられている場合があります(2021年8月27日以降発売の機種)。

もしもドコモのSIMロックがかけられている場合、回線が同じahamoへの乗り換えであればロックを解除する必要はありませんが、auや楽天モバイルといったほかの回線に乗り換える場合はSIMロック解除の手続きが必要になります。

楽天モバイルのSIMカードをスマホに挿入したときに「SIMロックされています」「アクティベーションが必要です」などの表示が出たら、以前利用していたキャリアで解除の手続きをしましょう。

▼ iPhoneでSIMロックの状態を確認する
手順:「設定」アプリを開き、「一般」「情報」の順で選択すると、SIMロックの状態を確認できます。
参考サイト: [iPhone] 使っているiPhoneのSIMロックが解除されているか確認したい/楽天モバイル
▼ AndroidスマホでSIMロックの状態を確認する
Androidスマホはメーカーや機種によって確認方法が異なる場合があります。以下は一例です。
手順:「設定」アプリを開き、「デバイス情報」「SIMのステータス」の順で選択すると、「SIMロックステータス」が表示されます。「許可されています」と表示があれば、SIMロックが解除されている状態です。
女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

一度SIMロックを解除すると、今後はほかのキャリアへ乗り換える際に解除の手続きは不要です。Apple Storeやキャリア以外のショップで購入している場合は、はじめからSIMロックがかかっていない「SIMフリー」の場合があります。

2021年10月1日からは、SIMロックされたスマホの販売は原則禁止になりました。そのため、キャリアで購入していても解除の手続きが不要なスマホもあります。
参考サイト:SIMロックについて/総務省

SIMロック解除にかかる費用

SIMロック解除の申し込みイメージ

Photo by iStock

ドコモ・au・ソフトバンクでSIMロックを解除する手続きにかかる費用をまとめました。

SIMロック解除にかかる費用

キャリア

オンラインで解除する場合

店舗で解除する場合

電話で解除する場合

SIMロックが解除されているケース

無料
※2011年4月~2015年4月に発売された機種は店舗受付のみ

3,300円

3,300円

・機種代金を一括で支払ったスマホ
・2021年8月27日以降発売の機種

無料

3,300円

・2021年10月1日以降発売の機種

無料

3,300円

・2021年5月12日以降発売の機種
・2021年4月14日〜5月11日に一括払いもしくは分割のクレジットカード払いで購入した機種

【MNP開通】iPhoneで楽天回線を使う手順

iPhoneを使うイメージ

Photo by iStock

楽天モバイルのSIMが届いたら、MNP開通手続きを行います。iPhoneで楽天モバイルの通信サービスを使い始めるための設定手順について紹介します。

① 「my 楽天モバイル」にログイン

まずはiPhoneを最新OSにアップデートしましょう。それから「MNP開通手続き」を行いますが、開通受付時間によっては当日中に楽天モバイルの通信サービスを利用できない場合があります。

MNP開通手続きの手順としては、「my 楽天モバイル」にアクセスし、右上にあるメニューから「お申し込み履歴」を開きます。履歴の中から該当の申し込み番号を選択し「MNP転入する」をタップしましょう。

② APN構成プロファイルの削除

「APN構成プロファイル」とは、iPhoneでワイモバイルやUQモバイルといった格安SIMへ乗り換える際に必要なデータです。今までiPhoneで格安SIMを利用していた場合、APN構成プロファイルがインストールされているので、乗り換えるには削除する必要があります。

まず「設定」アプリから「一般」を選択しましょう。

設定画面

次に「VPNとデバイス管理」を開きます。iOS15、またはiOS14の場合は、「設定」アプリから「一般」、その後「プロファイル」へと進みます。

VPNとデバイス管理

以前契約していたキャリアのプロファイルを選択して、「プロファイルを削除」をタップします。パスコードを入力したあと、以下のように削除したいプロファイルが消えていれば完了です。
参考サイト:iPhone用のAPN構成プロファイル削除方法/楽天モバイル

プロファイルが表示されない状態の画面

③ SIMカードを差し替える

これまでに使用してきたSIMカードから、楽天モバイルのSIMカードに差し替えます。SIMカードを取り出すのにSIMピンとも呼ばれるツールを使いますが、なければクリップで代用できます。
参考サイト:iPhoneのSIMカードを取り出す/Apple

④ キャリア設定のアップデートを行う

新しくSIMカードを挿入し、iPhoneの電源をONにすると「キャリア設定アップデート」のポップアップが表示されるので、「アップデート」をタップして完了です。

eSIMの場合

最新のOSにアップデートしたあと、「my 楽天モバイル」アプリで以下の設定を行います。

(1)「位置情報提供」「通知許可」「位置情報の使用許可」を設定する
(2)楽天IDとパスワードでログイン
(3)APN構成プロファイルの削除
(4)MNP開通手続きを行う
(5)アプリ内の申し込み番号を選択し、「開通手続きをする」を選択
(6)モバイル通信プランをインストール
(7)キャリア設定のアップデート

参考サイト:初期設定方法/楽天モバイル

【MNP開通】Androidスマホで楽天回線を使う手順

redmi note 11 pro 5g

SIMが届いてから、Amdroidスマホで楽天モバイルの通信サービスを使い始めるための設定手順について紹介します。

① 「my 楽天モバイル」にログイン

SIMカードの差し替えはまだ行わず、古いSIMカードを入れた状態のスマホ、またはパソコンなどで「my 楽天モバイル」にアクセスし、ログインします。

ログイン後に、右上のメニューから「お申し込み履歴」を開きます。

② 「申込番号」を選択

該当の申込番号を選択します。

③ 「MNP転入する」を選択

「MNP開通手続き」にある「MNP転入する」をタップします。「MNP転入が完了しました」と表示が出れば完了です。これで古いキャリアから解約となり、SIMカードは使えなくなります。

④ SIMカードの差し替え

届いているSIMカードを台紙から必要なサイズで切り離し、古いSIMカードと差し替えます。SIMカードを差し替えは、スマホの電源を切って行いましょう。

SIMカードの差し替えには、iPhoneと同じくツールが必要なものもありますが、中にはツール不要でSIMカードの差し替えができる製品もあります。

eSIMの場合

eSIMの設定は「my 楽天モバイル」アプリで行うことが推奨されています。まずアプリをインストールし、楽天IDとパスワードでログインします。設定の手順では以下の通りです。

(1)アプリ画面右上のメニューから「申し込み履歴」を選択
(2)該当する申し込み番号を選択し、「開通手続きをする」を選択
(3)「Wi-FiでのSIMダウンロード」が表示されたら「OK」を選択
(4)画面上部に「開通手続きが完了しました」の表示が出たことを確認


上記の設定を行い、画面上部にアンテナのアイコンが表示されて、インターネット接続や通話ができるようになれば設定は完了です。
参考サイト:eSIMの開通(初期設定)方法/楽天モバイル

女性顔イラスト(検証コメント用)

ポイント解説

開通手続きの受付時間が夜9時以降になると、翌日の開通になるので注意しましょう。
参考サイト:MNP開通手続き方法/楽天モバイル
PICK UP
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅶ

  • 税込み 1,078(3GBまで)〜3,278円(無制限)/月
    ※2022年7月1日からの新料金プラン
  • データを使いすぎても3,278円、申し込みでポイント還元も

森英信
就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務、スマートフォンアプリやWebシステムの開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務において、個人としては、IT・HR関連記事の企画取材執筆・編集業務を担当。

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

PC・スマホ

>

〈2022年7月〉楽天モバイル、SIMのみ契約を解説 お得なキャンペーンも紹介


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!