楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT VII」とは? 7月1日スタート

Moovoo編集部
2022-07-01

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

楽天モバイルで7月1日から新料金プランRakuten UN-LIMIT VIIがスタートしました。

「私の使い方だと、支払額は増えるの?」

「サービス内容で変わる点はあるの?」


そうした疑問をお持ちの方に向け、従来プランとの違いはどのような点なのか、新プランの注意点やメリットなどを解説します。


新着情報

Rakuten UN-LIMITを契約中・新規利用開始する人は、楽天市場の買い物での獲得ポイントが+1倍になるキャンペーンが、6月1日から始まりました。楽天のダイヤモンド会員ならさらに+1倍されます。

詳しい条件は以下公式サイトをチェックしてください。

楽天モバイル新プランのポイント

ポイント① データ利用量、月間1GB以下も有料に

スマホを見ている女性

Photo by iStock

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」も、従来のプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」も、月間のデータ利用量に応じて、料金が自動的に変わる仕組みです。

データ利用量が月間1GB以下だった場合、従来は0円(1回線目のみ、通話料などは別)だったのが、「Rakuten UN-LIMIT VII」では1回線目であっても980円(税込1,078円)へと有料化されました。無料だから契約していたユーザーにとっては、大きく影響する変更です。

一方、毎月1GBより多く使う人の場合は、従来と変わりはありません。たとえば20GBを超えても月2,980円(税込3,278円)と低料金で使い続けられる点に魅力を感じるなら、新プランでもそのメリットは残っています。

従来プランと新プランの比較

従来プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)

新プラン(Rakuten UN-LIMIT VII)

1GB以下

無料(0円)

980円(税込1,078円)

1GB超~3GB以下

980円(税込1,078円)

980円(税込1,078円)

3GB超~20GB以下

1,980円(税込2,178円)

1,980円(税込2,178円)

20GB超

2,980円(税込3,278円)

2,980円(税込3,278円)

ポイント② 従来のユーザーも自動的に移行

これまで楽天モバイルを使ってきたユーザーも、7月1日から「Rakuten UN-LIMIT VII」に自動的に移行しました。

楽天モバイルの解説画像

ただ、10月末までの最大4カ月間、月間データ利用量が1GB以下の場合、月額プラン料金が実質無料となるキャンペーンが実施されています。

「実質無料」の具体的な中身は、月によって変わるのでチェックしてください。

7~8月:プラン料金が無料に
9月:1,081円相当分の楽天ポイントをプレゼント
10月:1,080円相当分の楽天ポイントをプレゼント
※プレゼントされるのは、6か月の期間限定ポイント

ポイント③ 楽天での買い物はよりお得に

買い物のイメージ画像

Photo by iStock

ここまで新プランの注意ポイントを中心に解説してきました。一方でお得・便利になる点もあります。

まず、楽天モバイル契約者は、楽天市場での買い物で獲得できる楽天ポイントがさらに+1倍に。楽天会員ランクがダイヤモンド会員なら、くわえて+1倍されるキャンペーンが6月1日から始まりました。

また「Rakuten UN-LIMIT VII」を初めて申し込むユーザーを対象に、楽天ポイントが3,000ポイント還元されるキャンペーンも展開。

こうしたキャンペーンには適用に条件が設けられている場合もありますので、詳しくは公式サイトを確認してください。

ポイント④ 「楽メール」が使えるように

スマホやメールを使うイメージ画像

Photo by iStock

加えて、独自アプリRakuten Linkで7月1日から、無料メールサービス「楽メール」(らくメール)が使えるようになったのも注目ポイントです。楽メールの主な特徴は以下の通り(公式サイトより)。

・独自ドメイン(●●●●@rakumail.jp)のメールアドレスを提供
・各種フリーメールや携帯キャリア各社のメールサービスと送受信可能
・受信トレイ容量は1GB
・メールフィルター機能など

また以前は月額1,100円(税込)で「10分(標準)通話かけ放題」サービスを提供していましたが、7月からは同じ料金で「15分(標準)通話かけ放題」へと内容が充実しました。

楽天モバイルから乗り換えるならどこ?

楽天モバイルの新プラン発表後、無料で活用してきたユーザーを中心に、ほかのお得な乗り換え先を探す人も相次いでいます。

この章では、特に注目が高まっているpovoLINEMOを紹介します。

povo|基本料0円、独特の料金体系

povo2.0の解説画像

KDDIが展開しているpovoは「基本料0円」をうたっていることから、大きな注目を集めています。

ただ、公式サイトに「180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります」とある通り、ずっと0円で契約が維持できるわけではない点は注意が必要です。

料金体系も独特で、

データ追加3GB(30日間):税込990円/回
データ使い放題(24時間):税込330円/回
5分以内通話かけ放題:税込550円/月


などの「トッピング」を購入して利用します。たとえば外出先で仕事をしたいときだけ「データ使い放題(24時間)」を購入するなど、自分に合った柔軟な使い方ができるのが魅力です。

対象のコンビニや飲食店でau PAYを使って支払いをすると、データ容量がもらえる#ギガ活など他社にはないユニークな取り組みも注目です。

LINEMO|LINEユーザーは特にお得

ソフトバンクが展開するLINEMOは、新しい番号で契約または他社からの乗り換えで申し込んだユーザーを対象に、ミニプランを「最大半年間、実質無料」にするキャンペーンを実施中。ミニプランはデータ容量3GBで月額900円(税込990円)。キャンペーンが適用されると、最大6カ月間、毎月990円相当のPayPayポイントがプレゼントされます。

LINEMOの大きな強みは、LINEアプリのトークや音声通話、ビデオ電話を使ってもデータ容量を消費しない点。LINEをよく利用する人には、特に助かるサービス内容です。

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

PC・スマホ

>

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT VII」とは? 7月1日スタート


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!