Products

M1 Macを4画面化できる、パソコン向けドッキングステーション「ALMIGHTY DOCK CX1/CX2」

「ALMIGHTY DOCK CX1/CX2」は、豊富な拡張ポートを搭載したドッキングステーション。コンパクトなボディに合計17個のポートを搭載し、1本のケーブルをパソコンにつなぐだけで、多くの周辺機器を利用できるようになる。

3画面まで同時出力可能

「CX1」と「CX2」の違いは、ディスプレイ出力端子の違いと、SSD内蔵の有無による。

「CX1」ははHDMIポート×2、VGAポート×1を搭載。「CX2」はVGAポートの代わりにHDMIポートを合計3つ搭載。市販のSSDチップを挿入でき、macOSのバックアップ機能Time Machineに対応している。どちらも4Kディスプレイを含む最大3画面まで同時出力できる。

USB PDや高速データ転送が可能なポートが豊富

「CX1」と「CX2」は、それぞれUSB-Cポートが2口、USB-Aポートが7口ある。USB-Cポートの1口はUSB PD 3.0に対応し、CX1は最大85W、CX2は最大92.5Wまでの電力供給が可能だ。転送速度も最大5Gbpsとなっている。

なお「CX2」はACアダプタ(同梱)が必要だ。

前面のUSB-Aポートのうち3つは、5Gbpsのデータ転送が可能なUSB 3.2に対応。USB 2.0ポートは、前面に1つ、背面に3つ用意されていて、480Mbpsのデータ転送ができる。

SD・microSDカードスロットは、最大2TBまでの容量に対応し、データ転送速度は最大104MB/s。また、ギガビット対応のEthernetポートも搭載する。

本体には、3.5mmのマイクとヘッドホン端子をそれぞれ搭載している。余計な拡張ポートをつぶさずに、好きなマイクやヘッドフォンが使える。

カラーはスペースグレーとブラックの2種類。ボディにアルミニウム素材を使用し、放熱性が高いという。

大きさは25×73×58mm。

GREEN FUNDINGでクラファン中。15,400円(税込)でCX1を1つ、18,480円(税込)でCX2を1つ支援購入できる。どちらもUSB-Cケーブルが付属する。CX2には電源アダプターも付属する。SSDスロットの利用は、市販のSSDを別途購入する必要がある。目標額はすでに達成済み。発送は2022年6月以降の予定。

・ ・ ・

ひとつあれば、必要な機器は一通り接続できるようになりそう。

  • エレコム
  • エレコム USB Type-C ハブ ドッキングステーション 6-in-1 DST-C12SV/EC 100W PD対応 USB3.1 Type-C×1ポート USB3.0-A×2ポート 4K対応HDMI×1ポート SD/microSDスロット ケーブル長30cm Macbook Pro16まで充電/iPad Pro/Surface他対応

  • 税込み4,999円
CREDIT
Videographer :Tee

RECOMMEND

PAGE TOP