Products

ワンボタンで組み立て完了!電動ポンプで設営できるキャンプギア「GIGA Tent」

アウトドアシーン、テントの組み立ても楽しみの一つだが、サクッと設営でき準備時間が短縮されればもっと楽しみが増えるだろう。それを実現するキャンプギア「GIGA Tent」は、電動ポンプを内蔵し、空気を入れるだけで設営できるエアテント。誰でも簡単に設営・撤収できるのが大きな特徴だ。

テント内は4.8平方メートルの広さで、大人2名・子供2名が寛げるサイズ感。カップルでの使用はもちろん、家族連れでも広い空間を楽しめる。

高圧ポンプで簡単設営

一般的なキャンプ用テントは骨組みが金属やカーボンなどのフレームなのに対して、エアテントはフレームの代わりに空気を中に入れる構造のエアチューブを採用している。

手動のポンプで空気を送るタイプの製品も多いが、「GIGA Tent」は電動の高圧ポンプを内蔵。ボタンを押せば空気の注入を開始し、満タンになったら自動で停止する仕組みで、およそ3分で組み立てが完了する。

電動ポンプは、2,000mAhのバッテリーを搭載。本体のUSB Type-Cポートから5時間でフル充電が可能だ。また、IPX5の防水性能を備えており、多少の雨から保護できる仕様だ。ポンプ本体は、いつもはテントの生地内に格納されているが、操作のタイミングで水が侵入する可能性があるので、安心して使用できる。

優れた耐久性

テント本体は、IPX7の防水性能を備え、雨や水濡れに強い設計。また、テントの骨組みとなる4つのエアチューブは二重構造になっており、しっかりとした強度と安定性があるという。空気を使った骨組みが柔軟性を生み、強風や嵐にも耐えられる。金属製の支柱を使っていないため、破損の心配がないのもポイントだ。

テント内をもっと快適な空間にする「エアマット」

エアテント同様に、電動ポンプを内蔵したマットレス「GIGA Mattress」もオプションで用意されている。厚いTPU素材と空気漏れを防ぐ特殊なコーティング技術により、耐久性が高く長く使えるという。

耐荷重は最大で300kgまでOK。人間工学に基づいた体にフィットする設計で、マットの厚さは最大で14cmと肉厚のため、快適に眠れそうだ。

シングルとダブルの2サイズがラインナップされており、前者は約1分、後者は約2分で膨らみ、すぐに使える。

なお、マット本体と電動ポンプはIP68の防水性能を備えており、水上で使用しても平気だ。

片付けもラクラク

使用後は、空気を抜いて折り畳むだけで簡単に撤収できる。テントは50×20×20cmのコンパクトなサイズにまとめられ、重さはわずか3.55kgと軽量。持ち運びの負担が少ないのは嬉しい。

クラウドファンディング中

執筆時点でKickstarterにてクラウドファンディング中。「GIGA Tent」は229ドル(約29,800円)、「GIGA Mattress」は99ドル(約12,800円)から支援購入できる。発送は世界各国に対応し、お届けは2022年6月を予定している。

・ ・ ・

キャンプ初心者でも簡単に扱えるから、いつでもどこでもアウトドアを気軽に楽しめそう!

  • Amazonベーシック(Amazon Basics)
  • Amazonベーシック テント ドーム型 レインフライ付き

  • 税込み8,704円
GIGA Tent

Aerogogo Team

RECOMMEND

PAGE TOP