Products

庭から宇宙が覗ける? スマホと連携するデジタル天体望遠鏡「eVscope 2」

憧れの天体観測。専門的な設備や暗い環境でなくても観測できる高性能デジタル天体望遠鏡「eVscope 2」が登場した。

最新テクノロジーで高解像度を実現

「eVscope 2」はニコンの電子ビューファインダー(EVF)技術を適用した接眼レンズに、ニコン独自光学設計による高性能レンズ、マイクロ有機ELディスプレイで構成されているデジタル天体望遠鏡。

解像度は770万画素。天体からのわずかな光を蓄積させる「エンハンスト・ビジョン」という特許技術で、クリアな観測を実現する。

また、ソフトウェアで周辺光を処理することで、明るい都市部からでも銀河、星雲、彗星などの天体を鮮明に映し出せるという。

観測データをアプリで共有

このほか、天体の正確な位置を1分以内に認識。望遠鏡を最適な方角へセッティングする「認識自律フィールド検出」といった機能(特許技術)も搭載している。
 
専用のアプリを使えば、5,000点以上の天体を含むカタログを閲覧できる。観測したデータは自動で保存され、保存した画像をインターネットで共有、さらに最大10人で観測体験をリアルタイムにシェアが可能。
 
三脚を含むの本体の重さは9kgで、35時間相当の観測データが保存可能なストレージと約10時間持続するリチウムイオンバッテリーが内蔵されている。
 
「eVscope 2」はECサイト公式サイトで、4,199ドル(約529,800円)で購入できる。
 

・ ・ ・

本格的な天体観測が家でも楽しめる時代がくる?

eVscope 2

via gadgetflow

eVscope 2

Unistellar

RECOMMEND

PAGE TOP