画像は株式会社JVCケンウッド提供

「木が奏でる」初の完全ワイヤレスイヤホン JVCケンウッドが11月発売

Moovoo編集部
2021-10-27

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

JVCケンウッドは、「木の振動板」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「HA‐FW1000T」を11月上旬に発売する。同社によると、木は、音の伝搬速度が速いなど振動板として理想的な素材だという。オープン価格で、市場推定価格は税込み39,600円前後。


同社は2008年に業界初となる「木の振動板」採用の有線イヤホンを発売して以来、独自技術を進化させてきた。今回発売される「HA‐FW1000T」は完全ワイヤレスイヤホンとして世界で初めて、振動板に木を採用したという。無垢の樺(カバ)から作った振動板と、カーボンコーティングしたPET振動板を組み合わせることで、幅広い音域をクリアに再現する。

そのほかハイレゾ相当の高音質が楽しめる「K2テクノロジー」や、最新のノイズキャンセリング技術、音のにごりを抑える特殊構造のイヤーピースなどを採用している。

こちらの記事もおすすめです

HOME

>

グッズ

>

「木が奏でる」初の完全ワイヤレスイヤホン JVCケンウッドが11月発売


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!